* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

ブログ移転のお知らせ
2012年01月22日 23:02:19 [日々の雑記]
スクロールバーが表示されない不具合が改善されないので(他所のすくすくblogでは問題ないところが多いのに!)、主に例会報告を書いていた別ブログの方で与太記事を書くことにしますね。

別ブログは今まで「魚沼ボードゲーム振興会倉庫」というタイトルでしたが、このたびの引越しで「魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 2nd」に改名します。

ただし、状況が改善されたらこちらに戻ってくるかもしれません。長年使っていたブログだから愛着がありますし。今までの記事はとりあえず残しておきます。他所のすくすくblogを調べてみると、放置したからといって削除されるわけでは無さそう。

そんなわけで、今後はこちらの方をよろしくお願いします。

Comment(590)

ここ最近の日常話その34 狂気の豪邸※にて
2011年12月10日 22:52:34 [日々の雑記]
※wikiによれば、日本では「マンション」は比較的大規模な共同住宅を意味する呼び名で使われているそうで、英語では「豪邸」といった意味を持つそうです。

本日、クトゥルフ版ディセント?のマンション・オブ・マッドネスが到着しました。今回はアマンゾより安いショップにて送料代引き手数料込みの¥6970で購入。

このゲームには探索者やモンスター、カルティストのミニチュアが沢山入っていて、クトゥルフ神話クリーチャー好きの自分はショゴスやティンダロスの猟犬やクトーニアンとかを見てニヤニヤしてます。ミ=ゴはちゃんと脳みそを引きずり出している造型だったりw ミニチュアは暇を見て彩色したいですね。とはいえ、ドレフリがまだ全部塗り終えていないし、ウォーハンマー4万のスペマリも放置中なので、どれから手をつけていけばよいものやら。

ゲームの方も早くテスト‘ソロ’プレイしたいところですが、仕事とか塗装作業とかいろいろやらなければならないこと&やりたいことが多くて、しばらくはルールブックとシナリオを読むくらいしかできないかも。ゲームについてある程度分かってきたら、後であらためて記事を書きます。

それにしてもこのブログ、スクロールバーが表示されない状態が改善されません。このままの状態が続くなら、いよいよ別ブログの方に引越しを検討するかな。


Comment(0)

ここ最近の日常話その33 積み木ゲーin三条ホビオフ
2011年10月30日 21:27:43 [日々の雑記]
今日は新潟県加茂市に初めて行ってきました。何故行ってきたのかというと、まあ野暮用でなんですけども。「だから何故なの」と聞くのは野暮ってことでOK? 加茂山公園のリス園はとても楽しかったです。詳細はこちらを参照。

で、三条のイオン近くにあるブクオフ兼ホビオフに寄ってみたら、コロンビアゲームズ社の積み木ゲーのハンマーオブスコッツ第2版が¥2100で売っていたんですよ。

というわけで、いつものことながらゲーマーの性ゆえ保護してきました。ウォーゲームは苦手なんだろとかそもそも遊ぶ機会があるのかとか細けぇことはいいんだよ! 俺はゲームと名が付きゃ構わず買っちまう男なんだぜ。もっとも、購入を決めた理由には値段の安さもあったり。

他にツクダ社のシミュレーションで天空の城ラピュタ ティディス城塞が売っていたんですが¥3000以上もしたのでスルー。自宅に帰ってきて調べたら、ラピュタのゲームは2種類あるようです。まあ、これは正直要らないですな。

箱の中身を調べてみたら、未使用新品で和訳は無し。新潟のゲーマーが購入したものの、遊ぶことなく手放したのでしょうか? リサイクル屋で思いもかけないものを見つけると、こういうことに思いをはせてしまう自分って変ですかね?

ネット上には和訳が公開されていますけど、さらに調べてみたら、本国では第3版ルールになっています。となると、付属の第2版ルールより、最新ルールの方を訳すべきか。

とりあえず公開されている和訳を参照にしつつ3版ルールを翻訳してみようと思います。遊べるようになるのは(機会があるかどうかも含めて)当分先の話になりそうです。


Comment(0)

今年もこの日がやってまいりました
2011年10月17日 20:42:21 [日々の雑記]
     ______        ______
   /  __ ___ \     /  __ ___ \
  /  /_/    |  \   ./  /_/    |  \
  |   _/   \/    |   |   _/   \/    |
  |   / ___ /\    |   |   / ___ /\    |
  |   _____.     |   |    _____.    |
  \   / | \    /  \   / | \    /
   \______/     \______/
     \||||||||||||||||/        \||||||||||||||||/
       ̄ | |  ̄7周年ワッショイ!. ̄! !  ̄
 \\    │ |   7周年ワッショイ! │ |     //
   \\  │ |  7周年ワッショイ!  | |   //
.      +  | ∧__∧  ∧__∧ ∧_∧ |  +
         |( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) O
   + ((  O (    ノ(つ  丿(つ   | |  ))  +
        | ヽ ( ノ ( ヽノ  ) ) )│
        |__|(_)し し(_) (_)_)_.|

ということで、7周年に突入した魚沼ボードゲーム振興会です。地方の過疎ゲームサークルが存続していられるのも、遠方より参加していただいている皆様のおかげであります。

月1回のペースで開催を目指している魚沼ゲーム会は、今年は今現在で6回開催しています。10月23日で7回目になります。残りの11月と12月もなんとか開催したいところ。この調子でいけば、来年にはゲーム会の開催が50回に到達する予定です。赤飯でも炊いとく?

この与太話ブログも書き始めてから約6年と5ヶ月少々と続いていますけど、最近はどうもネタが無くて記事を書けないですね。「買い物した時くらいしか書くことがない」→「記事が無い時=金が無い時」ってことでもあるんですがw

まあ、欲しいボードゲームはアマンゾの「ほしい物リスト」にいくつか入っているし、ミニチュアゲームでも欲しいミニチュアはたくさんあるしで、ゲームに対する情熱は今のところ失っていないはず。3X歳となった身だと、どうも日々の生活の中で「俺こんなことやってて良いんだろうか?」と悩むことが多々ありますけど、ことゲームに関しては、悩むのは遊ぶ機会の少なさくらいだし。

そんなわけで、これからも魚沼ゲーム会&この与太話ブログをよろしくお願いします。

Comment(5)

ここ最近の日常話その32 最近は買い物した話しか書くネタが無い
2011年09月15日 09:50:06 [日々の雑記]
ので、今回も購入したものについて一記事。

ボードゲームではそれはオレの魚だ!日本語版を買いました。このゲームは2009年5月の魚沼ゲーム会で遊んだことがあり、なかなか面白かった作品なのでこの機会に入手した次第。コンポーネントが小さいコンパクト版ですが値段も手頃です。ルールが簡単で時間が掛からないゲームなので、例会で軽めのゲームを遊びたい時とか時間調整に遊べると思います。

書籍ではクトゥルフ関係のものを2冊入手。クトゥルフ神話TRPGのサプリメント「忌まわしき古代遺跡」と、学研から出た「ヴィジュアル版 クトゥルー神話FILE」です。

前者はクトゥルフ神話に関係のある世界各地の遺跡について書かれていて、イスの偉大なる種族の遺跡、無名都市、(日本オリジナル設定の)石見銀山の詳細な情報が載っています。他に遺跡を舞台としたシナリオも載っています。なお、前作のホラーショウで「ホラー映画的展開を再現するための特別ルール」があったのに対し、こちらには「インディ・ジョーンズ的な冒険活劇を再現するための特別ルール」はありません。

後者は学研から出たムック本。コンビニで買いました。クトゥルフ神話世界のクリーチャーやアイテム、登場人物に有名な土地について解説しています。フルカラーのおどろおどろしいイラストが数多く載っており、見ごたえがあります。ただ、P92の夜鬼(ナイトゴーント)のイラストはどう見てもシャンタク鳥っぽい気がするのですが。

最近は懐の事情で物欲を抑えることが多いんですが、クトゥルフ関連の書籍はまだまだ欲しいものが多いですね。TRPGのサプリメントでアーカムやインスマウスとか。あと、日本語版が出るというクトゥルフ版ディセント?のマンションオブマッドネスも欲しいところ。


Comment(0)

ここ最近の日常話その31 デッキ構築型game meets dice
2011年08月08日 21:11:26 [日々の雑記]
本日、アマンゾに注文していた新作ゲームが到着しました。今回入手したのは、デッキ構築型ダイスゲームと言われているクォーリアーズ!完全日本語版です。

このゲームはドミニオンなどのデッキ構築型ゲームで使われるカードの代わりに6面体ダイスを使用してデッキを構築していくのが特徴です。

プレイヤーは手番時に自分専用の袋からダイスをツモり、振って出た目によって様々な行動を行います。先ほど振ったダイスの中から、魔力(ドミでいうところのお金)を消費してモンスターを召喚したり、魔法を使用したり、場にあるダイスを入手したりするわけです。

もちろん、場に用意されるダイスは無作為に選ばれるので、ゲームごとに違った環境で遊べます。

ゲームに勝利するには得点をたくさん稼ぐ必要がありますが、得点はモンスターを召喚することで獲得します。召喚したモンスターが次の手番まで生き残っていれば、モンスターの種類に応じた得点がもらえます。「生き残っていれば」というのは、召喚したモンスターで他のプレイヤー全員のモンスターを攻撃することができるからです。

テスト‘ソロ’プレイしてみた現段階では、デッキ構築の最適解がまだよく分からず面白さが見えてこないのですが、もっと研究する必要があるかな。ツモ運とかダイス振り運の要素をうまく戦略でカバーできるようになれば、面白さが見えてくるかも。

21日の魚沼ゲーム会で遊んでみて、感想や意見を聞きたいところです。

Comment(0)

ここ最近の日常話その30 久しぶりの長岡で発掘したもの
2011年08月07日 19:04:15 [日々の雑記]
久しぶりに記事を書いているやつです。先月は1つしか記事を書かなかったんですが、ここ最近はどうも日記のネタに困りがちです。

さて、今日は久しぶりに長岡方面へ出かけてきました。定番の小千谷ブクオフから長岡のブクオフ3軒めぐりの旅です。

ブクオフでは収穫がありませんでしたが、ホビーオフの方で昔のシタデルミニチュアを2箱発掘しました。「HEROIC FIGHTERS」と「ETERNAL CHAMPION」というもので、箱に書いてある数字を見ると前者が多分1986年製、後者が多分1985年製だと思います。どちらも¥525とかなりの低価格でした。

なんで長岡のホビーオフにこんな昔のシタデルミニチュアがあるのでしょうか? 新潟人のコレクターが手放したか、あるいは新潟県内のおもちゃ屋か模型店の倉庫に眠っていたものか? 出所に思いをはせるのも、中古屋めぐりの醍醐味ですね。

「HEROIC FIGHTERS」にはold worldだのwave of chaosだのどこかで聞いたような単語が書いてあります。ウォーハンマー世界が関係しているんでしょうか?

「ETERNAL CHAMPION」はその名の通り、エルリックとかエレコーゼとかホークムーンとかコルムといった、マイケル・ムアコックの作品に登場する永遠の戦士たちのミニチュアが入っています。

ムアコック作品については、昔にハヤカワSF文庫でメルニボネの皇子を途中まで読んだことがある程度で、他にはケイオシアム社からTRPGが出ていたのを知ってるくらいの知識しかありません。この機会に作品を入手して読んでみようかしらん。

明日にはアマンゾに注文していた新作ゲームが届く予定なので、それをネタに記事が書けます。今月はあと2つか3つ記事を書けるかも。

Comment(0)

ここ最近の日常話その29 モンスターマニュアルだけでごはん三杯はいける
2011年06月27日 21:45:09 [日々の雑記]
こないさ、i-ogmの中古コーナーを覗いたら、クトゥルフ神話TRPGのモンスターマニュアル的サプリメント「マレウス・モンストロルム」が売っているのを発見。前から欲しかった品で、SAN値より先に財布の中身が0になりそうなのにも関わらず、即買い。どうも狂気の兆候が見られるようですが、はてさて。

元値が¥4725するだけあって(ちなみに中古価格は¥2800)ボリュームが結構あります。自分、基本ルールの他にはモンスターマニュアルさえあれば十分という性格なもので、読んでるだけでわくわくしてきます。

長岡や新潟のTRPG会でクトゥルフ卓が立てば参加したいところ。いつかキーパー(GM)をやってみたいという目標もあったり。プレイヤーにせよキーパーにせよ、何事も経験を積まないとね。


ここ最近の日常話その28 約5ヶ月ぶりにゲーム購入 
2011年05月30日 21:27:43 [日々の雑記]
最近は例会告知と例会報告くらいしか記事を書かないやつであります。久々の記事は久々にゲームを買った話。

去年の末に中古のパンデミックを買って以来、約5ヶ月ぶりにゲームを買いました。今回購入したのは、ドミニオンに代表されるデッキ構築系ゲームのアセンション日本語版です。

このゲームの特徴は、開始時にカード環境のセットが無いことです。たいていのデッキ構築系ゲームは、全てのカードの中から決まったカードのセットをあらかじめ場に用意しますが、アセンションでは決められたカードセットは2つだけ(あと一つあるけど、これはプレイヤーが入手できない)。

あとは全てのカードを混ぜ、裏向きにして一つの山札にして、6枚だけ表にして場に並べます。プレイヤーは表になっているカードから選んで入手していきます。カードが入手されて空いたスペースには、山札から1枚カードを引いて場に置きます。この点が他のデッキ構築系ゲームとは大きく異なっています。

ゲーム内容については「アセンション カードゲーム」でググってもらえば、詳しく解説しているところがあるのでそちらを参照してもらうとして、ここではテスト‘ソロ’プレイしてみた後の感想をば。

「ストレスの少ないゲーム」というだけ、さくさく遊べるのが良い感じです。手札が腐る(使い道が無い)ような場合があまりなく、デッキ枚数が増えたことでゲームが長引くようなこともなく、展開がスピーディーです。

1つの山札からランダムでカードが出てくるので、運の要素は結構あります。強力なカードは1枚しかありませんから、手に入るかどうかは運次第。しかも早い者勝ち。効率の良いデッキ構築を研究していくタイプのゲームではないので、そういうテイストを求める人には不向きでしょう。デッキ構築系ゲームを遊んだことの無い人には、最初にこれを遊ばせるのもありかな?

カードのイラストは、和製ゲームの萌えや、サンダーストーンの絵画的かっこう良さとは異なる、“渋い”画風でまとめられています。

ドミニオンなどとは違ったテイストで、これはこれで面白いと思いました。6月の魚沼ゲーム会ではぜひ遊んでみたいところです。

賭けてもいいですけど、今後のデッキ構築系ゲームではアセンションの「一つの山札から何枚かのカードを場に並べていく」システムを使ったゲームが出るはずです。ひらがなのタイトルの最後には「○○!」とか「○○っ」が付くゲームが(間に☆印を挟むのもあり)。もちろんイラストは萌え全開で。

Comment(3)

ここ最近の日常話その27 「13日の金曜日part11 ジェイソン アーカムへ」
2011年02月03日 07:23:36 [日々の雑記]
あるいは「エルム街の悪夢 ザ・ドリームランド」とか。

クトゥルフ神話TRPGのサプリメント「クトゥルフホラーショウ」を入手しました。こないさ発売されたばかりのこのサプリメントには、いわゆるB級ホラー映画的な設定でロールプレイを楽しむためのルール、参考記事、3本のシナリオが掲載されています。

剣と魔法の世界でヒロイックに振舞うTRPGも悪くは無いんですが、一番好きなジャンルのTRPGは、なんといってもホラーです。そんなんだから、今回のサプリメントは読んでいてとても楽しめました。これは機会があれば遊んでみたい一品。長岡方面で立卓される時があればぜひ参加したいところ。あるいは希望者を募って魚沼TRPG会の開催してみますかね。

クトゥルフのようなホラー系TRPGの個人的に良いと思う点をいくつかあげてみますと

○基本的に現実社会が舞台なので、背景世界の理解と認識が容易であること。

○キャラクター全滅などといったバッドエンドでも、ホラー物なら一つの物語の結末として受け入れられること(ホラー物の小説でも映画でも、話の最後がバッドエンドで終わるなんてよくある事ですね)。

○面子が少なくても遊べること。人数が少ない方が恐怖感を味わえるんじゃないかと。また、ファンタジー物の戦闘にありがちな「戦争は数だよ、兄貴」という理論が、ホラー物では必須というわけではないので(特にクトゥルフでは戦闘するより逃げ出した方が良い状況が往々にありますし)。まあ、数の暴力で怪物を圧倒するのも立派な解決方法の一つではありますが。

ここからは自分語り。子供の頃はホラー物が怖くて仕方ありませんでした。

当時はドラえもんとかのアニメ番組のCM中にホラー映画のCMが普通に流れていて、怖くてチャンネルを変えたり座布団で画面を隠してたりしました。町角に置かれていた映画館の看板には死霊のはらわたなんかのポスターが貼られていて、恐ろしくて看板を見ないようにして足早に通り過ぎるようにしてました。レンタルビデオ店が1泊2日で1本につき¥500も取っていた時代の頃、ホラー映画が置いてあるコーナーには全く近寄れませんでした。怖い話の本とか怖い話の漫画なんて読むのは全く駄目でした。

ところが、中学生の頃を境にホラー映画を怖く感じなくなっていったのです。友人数名とホラー映画の鑑賞会をするうちにホラーに対する耐性がついたのか、むしろ面白いと思えるようになりました。

それからはホラー映画を積極的に観るようになり、ホラー物の書籍も読むようになりました。ホラーを深く知るようになって、自分の世界が広まったという感じでしょうか。今では小説でもゲームでも映画でもTRPGでも、一番好きなジャンルは?と言われればホラーだと答えるほどです。

ホラーに関する話が延々と続きそうなのでそろそろ止めときますけど、自分がクトゥルフホラーショウのシナリオを作るならどんなものにするか?と考えて思いついたのが以下の設定。

「解くことができれば宇宙の究極の真理を理解できる」というパズルボックスを解いた瞬間、何も存在しない空間から無数の触手が伸びてきて、パズルボックスを解いた者に絡みつく。犠牲者はばらばらに引き千切られ、究極の混沌の中心部にあるアザトースの棲む神殿へと連れて行かれる…

分かる人には分かると思いますが、元ネタはヘルレイザー。かなり安直ですね。ここから先のシナリオ展開が思いつかないあたりに才能の限界を感じていますorz

Comment(1)

謹賀新年
2011年01月01日 23:56:08 [日々の雑記]
新春を寿ぎ、謹んで新年の御慶びを申し上げます。

今年は去年以上にゲームを遊ぶ機会を増やしていこうと考えてます。

1月はお休みしますけど、魚沼でゲーム会をじゃんじゃん開催したり、長岡や新潟方面のTRPG会やボードゲーム会に遊びに行ったりとか。

だいぶ放置していたミニチュアゲームも遊びたいですね。今年はウォーハンマーFBを再開しようと考え、年明け前にミニチュアをいくつか注文しました。ミニチュアはそのうちに届くかと思いますが、肝心のスタートセットをまだ未購入なので、実際にFB第8版を遊べるのは先の話になりそうです。北の趣味人アサイさん、その時はよろしくお願いします。

なにはともあれ、今年も楽しい1年になりますように。

Comment(3)

ここ最近の日常話その26 ここ最近の買い物話
2010年12月28日 21:28:21 [日々の雑記]
今年も残すところあとわずかになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。南魚沼のやつです。南魚沼地方は12月になってもなかなか雪が降らず、最近になってやっと降ったかと思えば、二日間くらいで終了。雪の量で言えば、南よりも北の魚沼の方がいっぺ降って積もっています。

で、今週はちったあ雪が降ると予報で言われていましたが、昨日も今日もばかいい天気でした。去年や一昨年みたいに大晦日から正月中にかけて雪がごーぎ降ってくるんじゃないかと思いますが、雪が商売のタネになっている人は、この小雪では大変でしょうね。降りすぎれば困るけど降らなすぎるのも困るというのが雪国の厄介な事情でして。

こないさのゲーム会でじゃんさんに「小さなサイズのスリーブ」の存在を教えてもらい、アーカムホラーのカードに使えるということでi-ogmに注文。ついでに中古のパンデミック英語版も買いました。

協力型ゲームでは有名なパンデミックですが、実は一度もプレイしたことがありません。中古で安かったので、この機会に遊んでみようと思い入手。テスト‘ソロ’プレイしてみましたがなかなか難しい。治療薬を3つまでは完成できても、あと少しというところでアウトブレイク発生→コマがなくなってゲームオーバーというパターンに陥ったり。なかなか面白いので、今後の魚沼ゲーム会に持って行きます。

最近は長岡方面や三条へ行った時にブクオフ探索をしても、いまいち当たりを引けなかったので「有るか無いか分からん掘り出し物を探しに行くなんざ博打や宝くじと変わりねえ」と考え方を改め、ブクオフオンライン等で探すことが多くなりました。昔は「マーケットプレイスで買ったら負けかなと思っている」とか言っていたものですけども。

そりゃ現地で掘り出し物を発見した時など心が躍るものですが(クトゥルー神話ものの小説の主人公が古本屋で偶然にも魔道書を見つけてしまった時のような気分)、「本そのものよりも、本を売っているのを発見するという行為に価値をおく」ようになるのはちょっと問題があるような気がしましてね。とにかく、わざわざ有るかどうか分からない本を探しに遠征するのはアレだなと考えるようになった次第です。財布の紐がきつくなったというのがありますが、ひょっとすると歳のせいで億劫になったか?
 
いざブクオフオンラインを利用してみると、なかなか便利なもので、どうしてもっと早く利用しなったのか悔やまれます。青心社のクトゥルーに創元推理文庫の黒の碑とラヴクラフトの遺産といったクトゥルー神話物、買いそびれたコンビニ本?のゾンビ関連本、蒼天航路などなどを入手。

また、ブクオフのリアル店舗では、新潮文庫のローマ人の物語:ハンニバル戦記とかDVD付き深海魚本を1冊¥105で入手。古代戦記物は好きなんですが、なぜか日本の戦国時代物には興味が湧かなかったりします。魚類恐怖症なのに怖いもの見たさで深海魚の本を買ったりしてます。オニキンメとかシンカイエソなんかは最恐(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


ブクオフで見かけた時に買わなかったことを激しく後悔している本が2つあります。六日町にブクオフができたばかりの頃、中世の怪物画ばかりを集めた画集が¥1000で売っていたんですが、大海蛇とか大ダコといった海洋型クリーチャーの絵が怖くて見れないといって買わなかったんです。あと、小千谷のブクオフで国書刊行会の真ク・リトル・リトル神話全集(絶版の箱入りのやつ)が1冊¥200で売っているのを見かけたのに、なんとなく気乗りがしなくて1冊も買いませんでした。星辰が正しくなかったとか旧神からの干渉でもあったんでしょうか? どちらも後日見に行ったら、やっぱりというか売れていましたorz この2つは今でも発掘できないかと探し回っていますけど、そうそう見つかるもんじゃありませんな。

古本の話ばかりしてきましたが、新品の本では月刊少年チャンピオンで連載中の「ハカイジュウ」1巻と2巻を買いました。突然現れた正体不明のクリーチャーが人々を襲い、町を壊滅させていくというもので、異形クリーチャー好きの自分にはたまらない作品です。今のところ人間サイドは逃げ回るだけでなすすべも無くやられていくという絶望的展開。個人的には「強大な力を持つ存在に対し、人間はあまりに無力」といった雰囲気の話が好きなので、人間サイドはささやかな抵抗の余地を残しつつ、翻弄されるがままの立場でいてほしいかと。グロ描写が結構あるので万人には勧められませんが、とても面白いので、今後の展開に注目したいところです。

だらだらと長文を書いてしまったのでこの辺で止めときますけど、これが今年最後の記事になりそうです。それでは皆様良いお年を。


ここ最近の日常話その25 果報は寝て待て(投売り割引とかね)
2010年12月08日 21:11:26 [日々の雑記]
いやー、なんだかあっという間に12月ですよ12月。あと少しで2010年が終わってしまいますよね。2011年になれば「2012年人類滅亡説」で盛り上がるんだろうなあ。

さて、このたび7体目のfigmaとなる「figma 巡音ルカ」を入手しました。前の記事で欲しい欲しいといっていたのがこれです。購入元はいつものアマンゾにて。送料無料(代引き¥260)と高い割引率が魅力なので、最近はアマンゾでしか買い物していません。たまに買うゲームも「アマンゾで売っているか」が選択基準だったりしますし。

可動箇所とか気になる方はとっくに他所を覗いていると思いますから、今回も入手に至った経緯と感想のみ書きます。

巡音ルカはなかなかfigma化されなかったのですが、出たら買おうとは思っていました。最初は10月に出る予定が11月に延期され、アーカムホラー日本語版とだいたい同じ時期に発売することになったので、一緒に購入して「ルルイエ★ナイトフィーバーwww」などという与太記事を書こうとか企んだりしました(;´Д`)

しかし、予約時点での値引率がいまいちだったので、とりあえず様子見することに。アマンゾは在庫品の投売り割引が凄い場合があって、ひょっとしたらかなり下がるんじゃないかと考えてました。まあ下手すると売り切れになってしまって、様子を見るつもりが泣きを見ることになるんですけども。

案の定、発売からしばらくすると値が下がりはじめます。「どこまで値が下がったら手を出すか」「この辺で誰かが買ってしまうんじゃないか」という葛藤をしばらく続けた結果、¥1350割り引きの¥1450の時点で購入。物にもよりますが、アマンゾでの割引率を考えれば何がなんでも発売当初に買おうとは思わなくなりました。セコい?

他所様のレビューを見てみると、「首が長い」といったレビューが目立ちます。届いた品を見ると確かに長い気はしますが、頭部の角度次第ではそんなに気になりません。スカートのせいで開脚があまり出来ないのはしょうがないかな? 髪型はちょっと後ろに広がりすぎな感じがしますが、何か動きのあるポーズを取らせると髪がブワッと広がるような雰囲気があって格好良く見えます。ルカといいパッションといい、ロングヘアーをうまく再現しつつ可動域を確保するというのは難しいんでしょうけど、パッションと違って横からのアングルにも強いのがfigmaクオリティーですな。

Comment(3)

ここ最近の日常話その24 待てば海路の日和あり(日本語化とかね)
2010年11月22日 23:02:19 [日々の雑記]
えー、だいぶ記事の書き込みをサボってました。魚沼のやつであります。名前をヤツからやつに戻しました。

今月の初旬に鉄男の新作をレンタルして観ましたが、まあまあ面白かったけど期待がちょっと高すぎたかも?というのが感想。予告編を観た時はすごく面白そうに思ったんですけどね。1作目や2作目にあった勢いというかぶっ飛んだ感が薄くなっていたような感じ。監督の考え方や作風が1作目や2作目を製作した頃に比べて、何かしら変わってきたのがあるんでしょうけど。

さて、ここからはゲームの話。先週の土曜日に、アマンゾで予約していたアーカムホラー日本語版が到着しました。

アーカムホラーは以前から欲しかった舶来のゲームで、日本語化されたうえに訳付き英語版より安く、しかもアマンゾで予約した時点では¥1500割引という値下げっぷりだったため入手意欲が刺激され購入を決意。

かわりに以前の記事で散々欲しいと言っていたモンポカの新スターターは予約をキャンセル。同じ時期にアーカムホラーが出なければモンポカの方を購入していたと思いますけど、11月になってから色々と迷いが生じてきて、「遊ぶ機会があるか分からないのに入手してどうする」とか「まだボルトロンを対人戦で遊んでいないだろ」などと考えているうちに入手する意欲が薄れてしまい、今回は入手を見合わせることに。興味は悶々とあるので、いつかは新スターターを入手したいとは思っています。

どうも最近は「遊ぶ機会が無さそう→(新作も含めて)ゲーム買わない」という考えに至ることが多いです。財布の紐が硬くなったというのもあります。年末にかけて何かと出費が重なりそうでしてorz

まあ、アーカムホラーも遊ぶ機会があるかどうか微妙なところですが、これはコレクターズアイテムというか、クトゥルフ神話ファングッズみたいなもんですかね。内容を眺めてニヤニヤするというか。実際、ゲームに登場する神話生物やアイテムを見てニヤニヤしてますけども。

せっかくだからアーカムホラーを11月末の魚沼ゲーム会に持って行きます。私自身はとても遊んでみたいですが、プレイ時間が長時間(3〜4時間?)の協力型ゲームで、しかも原作を知らないと雰囲気がいまいち分からない内容なので、立卓は難しいかもしれません。

遊びたいとなれば「限定ゲーム会」を開催しないと駄目かな?

Comment(0)

ここ最近の日常話その23 11月は欲しい物だらけ
2010年10月22日 23:02:19 [日々の雑記]
いやー、11月に本当に出るみたいですねアーカムホラー日本語版。これは遊ぶ機会を作るのが難しいとしてもぜひ欲しい一品です。

ドミニオンの新セット「繁栄」も11月に出ますし、これも欲しいところ。といっても、今までに出た追加セットをそれほど遊びこんではいないんですけどね(;´Д`)。基本は結構遊んだんですけど、陰謀は2回、海辺は3回、錬金術は1回くらいしか遊んでいなかったり。 もっと遊ぶ機会を増やさないといけませんな。

モンポカの2人分のミニチュアが入った新スターターの情報が公式のフォーラムで出ていました。新スターターを入手した人が開封した中身について書いているんですが、一部を抜粋すると

Box 1 Contents:

Armodax (Alpha & Ultra)
Brontox x2
Carnidon x3
Carnidon Elite x2
Raptix x3
Raptix Elite x2
Spikodon x1

Deimos-9 (Alpha & Ultra)
Vanguard x3
Vanguard Elite x2 (one broken off its base)
Hunter x3
Hunter Elite x2
Power Pod x1
Saucer x2

Nuclear Power Plant
TV Network High Rise
Oil Refinery
Office Building
Downtown High-Rise
Bank Headquarters
Apartment Building
Radar Array
Skyscraper

Box 2 Contents

Cthugrosh (Alpha & Ultra)
Spitter Elite x1
Meat Slave x2
Squix Elite x1
Task Master x1
Squix x4
Spitter x4

Defender X (Alpha & Ultra)
Mobile Ops Center x1
G-Tank x4
G-Tank Elite x1
Repair Vehicle x2
Rocket Chopper x4
Rocket Chopper Elite x1

Buildings
Radar Array
Nuclear Power Plant
Downtown High Rise
Bank Headquarters
Apartment Building
TV Network High Rise
Office Building
Oil Refinery
Skyscraper

分かる人にしかわからない話ですが、6つある勢力のうちいずれか2つが入っていて、それぞれ同じ勢力に所属するモンスターとユニットがセットになっています(どんなミニチュアなのか知りたい方は公式のギャラリーを参照いただきたい)。なお、同じ勢力のセットでもモンスターが異なるものもあるようです(ユニットの内容は同じ)。

あと、建物が1BOXに6個じゃなくて9個付いてくるようです。第1弾のRiseセットの9種類の建物が1個ずつ付いてくるかんじ。今から始めようと考えている自分にとって、これはお得な内容ですね。

どの勢力が入っているかはランダムなので、手に入れてみなければ何が入っているか分かりませんが、個人的にはクトゥルーかG.U.A.R.D.かゾアーマンあたりが欲しいところ。

それにしても、本当に11月中旬頃にアマンゾから届くんだろうか?

Comment(0)

6周年目は長文御免
2010年10月17日 20:42:21 [日々の雑記]
     ______        ______
   /  __ ___ \     /  __ ___ \
  /  /_/    |  \   ./  /_/    |  \
  |   _/   \/    |   |   _/   \/    |
  |   / ___ /\    |   |   / ___ /\    |
  |   _____.     |   |    _____.    |
  \   / | \    /  \   / | \    /
   \______/     \______/
     \||||||||||||||||/        \||||||||||||||||/
       ̄ | |  ̄6周年ワッショイ!. ̄! !  ̄
 \\    │ |   6周年ワッショイ! │ |     //
   \\  │ |  6周年ワッショイ!  | |   //
.      +  | ∧__∧  ∧__∧ ∧_∧ |  +
         |( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) O
   + ((  O (    ノ(つ  丿(つ   | |  ))  +
        | ヽ ( ノ ( ヽノ  ) ) )│
        |__|(_)し し(_) (_)_)_.|

HP開設から6周年。魚沼でボードゲームを遊べる機会を作ろうと考えて作った魚沼ボードゲーム振興会は、現在も細々と続いています。魚沼ゲーム会主催者のやつです。

6周年といっても何か記念になるような出来事は無いので、近況心境報告みたいなものを一筆。

まずボードゲームに関してですが、今のところドミニオンの新しい追加セット(繁栄)が欲しいくらいで、あとは特に欲しいと思うものがありません。

あー、完全日本語版が出るという噂があるアーカムホラーが欲しいかな。長時間なうえに協力型ゲームだから遊ぶ機会があるかどうか微妙ですけど。昔、アマンゾで英語版を買いそびれて悔しい思いをしたものの、日本語訳付きの英語版¥10500はさすがに買う気がしなかったゲームがより安く(といっても¥6400らしい)しかも日本語化されたもので手に入るとなれば、クトゥルー神話ファンのゲーマーとして買いです。

正直、ゲームを遊ぶ機会が限られているので、昔みたいに次から次へとゲームを買うような気になれないのが現状。財布の紐も簡単に緩まなくて、アマンゾあたりで¥1000以上割引とかなら買ってもいいかなというくらい。どうもセコイなあ。

ミニチュアゲームに関しては、現在はモンポカ方面に関心が向いてます。このゲームは発売当初にも関心がありましたが、トレーディング系のゲームだったので手を出す気になれなかったんですね。ボードゲームと違って、トレーディング系のゲームは一つ買っても遊べない(あるいは面白さが分かるほどの遊びが出来ない)難点があるので。

新しく発売されるスターターには、ネットの情報だと6勢力のうちランダムで2勢力分のセット(それぞれモンスター2形態、ユニット13個)が付いてくるという話。なので、スターターが1個か2個あれば相手の分のミニチュアも用意して対戦するといった遊び方ができるんじゃないかと思います。スターター1個で完結したボードゲームと思えばいいですかね。

どうしても欲しいミニチュアはシングルで買うか諦めてブースター買えばなんとかなると思います。まあ、今のところセットに含まれるミニチュアがどんな内容になるか分からないのですけども。

あと、ボルトロン買った時に思ったんですが、ミニチュアゲームだけどミニチュアに色を塗る手間が要らないというのがすごく精神的に楽な気がしました。昔に比べて情熱とかガッツが無くなったか? いや、色塗り自体は嫌いではないんですけどね。気力が続かないというか飽きやすいだけで。

ウォーハンマーに関しては、ファンタジー方面は休止中。8版スタートセットを買う気になれないし、ミニチュア増やそうという気にもなれない。4万方面だとティラニッドかオルクを増やしたいなあと思っていますが、モンポカの方に関心が向いているので優先順位は低いです。

北の趣味人アサイ殿、近い将来wh40kを2000ポイント編成で対戦しませう。当方、スペースマリーンにて迎撃の用意ありです。

振り返ってみると、2年前の6月だか7月にfigmaに手を出して以来、見た目と割引価格につられて買っているうちに、現在では8体の可動フィギュアが飾られることに。昔、アメコミのスポーンとかのフィギュアを集めていた事があって、そのうちにフィギュア集めを止めてボードゲームを集めるようになったのですが、ここにきてボードゲームよりフィギュアを集めるほうになってきたような。正直、もう1体欲しいと思っているフィギュアがあるので迷っている。様子を見ているうちに泣きを見ることになったりして。

このブログの内容も、書き始めの頃はそれなりに真面目?な記事が多かったんですが、いつの頃からか与太話ばかりになってしまっていますね。魚沼地方でゲームに興味を持っている人がHPにたどり着いても「主催者の日記を見たらドン引きして、魚沼ゲーム会に参加する気が失せた」なんてことがあったかもしれませぬ(;´Д`)

Jtrimで画像加工できるようになってから、ますます記事の与太っぷりに拍車がかかってきてます。こういうことに限ってクリエイティブな悪知恵発想が思いついたりするから困るんですが、そういう記事を書く時は実に楽しかったりするのも事実。

そんな諸刃の剣な内容のブログですけど、こちらも細々と続けていくつもりですのでよろしくお願いします。

実は、日記に書くネタが全然思いつかない時に「次の○周年の時こそ【本日でブログの更新を休止します。ご愛読ありがとうございました。やつ先生の次回作にご期待ください】と書こう」って考えることがあったりするんですけどね。

Comment(0)

ここ最近の日常話その22 ふたりは同キャラ
2010年09月28日 21:28:21 [日々の雑記]















































まずはこちらのキュアパッションをご覧いただきたい。一見、普通のプリキュアと変わらないように見えるが、実は彼女、以前はラビリンス幹部のイースだった人物なのである。

今夜はイースがどのようにしてキュアパッションへ変わったのかを、アメリカのTV番組『HOW DID THIS HAPPEN(どうしてこうなった)』からご覧いただこう。


                          (長いので省略)


……数分後、そこには4人目のプリキュアとして元気に立っているイースの姿が! 

お分かりいただけただろうか。この間、わずか数分の早業である。

と、ここでネタばらし。実は4人目のプリキュアはせつな(イース)に決まっていたが、彼女がプリキュアになるのを悪い力が邪魔していたという。そこでアカルンは、イースの寿命が尽きた瞬間にキュアパッションに生まれ変わらせようと試みたのだ。

アカルン:彼女は心肺停止状態にあり危険な状態でした。すぐに処置する必要があったのです。

そして、この試みは見事に成功。イースはキュアパッションに生まれ変わることで、奇跡的にも死の淵から生還したのだ。凄い、凄すぎるぞアカルン!

これにはミユキさんが4人目のプリキュアだと考えていた子供たちも思わず苦笑い。

パッション:あの時、シフォンとアカルンの的確な応急処置がなければ、私が助かる事はなかったでしょう。本当に二人には感謝しています。


分かる人にしか分からない与太話を長々と書きましたが、ここからはフィギュアーツのキュアパッションについてあれこれ書きます。毎度のことながら、可動個所や内容物などに関しては他所様のほうがよほど詳しく紹介してますから、そちらの方が参考になります。ここでは入手を思い立った経緯と感想くらいしか書いていませんので。

イース様を購入した時から、パッションが出たら購入しようと考えていましたが、ボリュームのある髪型や複雑な形状のコスチュームをどうやって形作るのかといった不安がありました。

発表された最初のサンプル画像を見る限り、衣装の造型は結構良いかんじに思えたので、とりあえずは安心。しかし、顔が似てないとか評判が悪く、正直自分も似てるとは思いませんでした。

次に公開された完成版のサンプル画像は、写真写りが悪かったのか、似ていないどころか作画崩壊気味な印象の顔付きになっていて、この画像(特に4枚目)を見た時「本当にこの出来なら私、堪忍袋の緒が切(ry 」と思ったくらいヽ(`Д´)ノ

で、実際に届いた品を見たら、肝心の顔は似ているかといえば微妙なところですが、作画崩壊というほどひどい出来ではありませんでした。

他の3人とは異なるパッション独特の複雑な衣装は上手く作ってあり、そこそこの可動域が確保されています。ただし、スカートの関係で足を大きく上げたりはできません。また、頭部はボリュームのある髪のせいでやや上向きになってしまうのと、あまり左右へ向けられない作りになっています。この点がちと残念ですね。

完成版のサンプル画像を見た時は予約したことを激しく後悔していましたけど、実際の品はなかなか良いもので、全体の完成度は個人的に満足できる品でした。

それにしても、バンダイは何故あのような酷いサンプル画像を使ったんでしょう?

あえて印象の悪い画像を使用することで、実物の製品版パッションの印象を「(サンプル画像と比べて)意外とマシじゃね?」と購入者に思い込ませようとするバンダイの陰謀だったんだよ!

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

さて、前回のイース様にはナキサケーべ・カードを自作して持たせたので、今回のパッションにはファッションセンターしまむらのチラシを自作して持たせてみました。分かる人にしか分からないネタですが、雰囲気は出ているんじゃないかと(分からない人は「東せつな しまむら」で検索すると分かります)。

今年の12月末にキュアエンジェルピーチが限定販売される予定ですけど、エンジェルパッションは出るのでしょうか? 出たとしても¥4725だとさすがに高い気が。あと、chibi-artsのイース様は買うべきかとか、chibi-artsでもパッションは出るのだろうかとか色々考えてたり。

……それにしても、ここは本当に‘ボードゲーム関連’のブログか?(;´Д`)


ここ最近の日常話その21 情熱と受難の赤
2010年09月25日 20:19:10 [日々の雑記]
今年の3月後半に初めてS.H.Figuartsに手を出しましたが、このたび2体目のフィギュアーツ「S.H.Figuarts キュアパッション」を入手しました。

キュアパッションとは、日曜の朝に放映していた「フレッシュプリキュア!」に登場するキャラクター。寿命が尽きたイース様が4人目のプリキュアとして生まれ変わったもので、放送時には「誰が4人目になるか?」でちょっとした議論が沸き起こっていたのは有名な話。

自分、それまでは原作に関心が無かったのに、いつの間にか増えていた赤いプリキュア(パッションね)を見て「これ何者?」と調べ始めたのがきっかけで、大きなお友達の仲間入りをすることに(;´Д`)

正直、パッションの存在を知らなかったら、イース様の存在も知ることは無かったんじゃないかと。どうしてこうなった?

フィギュアーツの「フレッシュプリキュア!」シリーズでは、イース様が真っ先に発売し、その後にピーチ、パイン、ベリーが順次発売、今月に最後のパッションが発売しました。

4人の中ではパッションを入手するつもりだったので(他の3人はスルー)、予約開始から某所にて予約して発売と同時に入手。今回は「発売後のレビューを見てから購入を考える」なんて野暮は言いませんぜ。

感想などは明日以降の記事でいろいろと書く予定です。


ここ最近の日常話その20 本日、大相撲の夏巡業in南魚沼を見に行ってきました
2010年08月06日 22:53:38 [日々の雑記]
本日、南魚沼市ディスポート六日町にて行われた「雪国・南魚沼場所」を見に行きました。

自分は今までテレビ中継でしか見たことが無いので、この機会を逃したら、多分生で見る機会なんて一生無いんじゃないかと考え、思い切って行くことにしました。

初めて間近で見る(土俵から席は遠かったですけど)力士たちの激しいぶつかり合いはとても迫力のあるものでした。幕内力士や横綱が登場すると会場のテンションも一気にアップし、声援が沸き起こります。

朝の8時過ぎから15時頃まで約7時間会場にいましたが、幸い熱中症になったりせず、最後まで相撲を楽しむことができました。昨日の日記で「会場内は冷房が無い」と書きましたが、扇風機や送風機が設置してありました。自分の席は幸い送風機の近くだったので、少しは涼しかったですが、それでも暑かった。館内アナウンスでは引っ切り無しに「水分を補給して熱中症に気をつけて」と言っていましたし、実際に気分が悪くなった人もいたようです。

最後に、今回の幕内力士の取組結果を載せておきます。左が勝った力士です。

翔天狼(寄り切り)琴春日
北勝力(突き出し)玉飛鳥
武州山(寄り切り)玉鷲
豊真将(寄り倒し)隠岐の海
木村山(突き落とし)臥牙丸
高見盛(寄り切り)黒海
土佐豊(うっちゃり)豪風
垣添(寄り切り)猛虎浪
嘉風(寄り切り)若荒雄
徳瀬川(上手投げ)豊響
鶴竜(寄り切り)若の里
豊ノ島(押し出し)雅山
北大樹(寄り切り)豪栄道
旭天鵬(うっちゃり)時天空
阿覧(寄り切り)朝赤龍
霜鳳(寄り切り)栃煌山
白馬(送り出し)栃ノ心
稀勢の里(上手投げ)琴奨菊
日馬富士(突き落とし)琴欧州
白鵬(寄り切り)把瑠都


ここ最近の日常話その19 明日、大相撲の夏巡業in南魚沼を見に行きます
2010年08月05日 17:21:53 [日々の雑記]
明日、南魚沼市(旧六日町)のディスポート六日町にて大相撲の夏巡業が行われます。この巡業には、野球賭博問題で名古屋場所を謹慎休場した豪栄道、豊ノ島、雅山たちも参加します。

今日の午後4時半頃に大関の把瑠都が南魚沼市役所を訪れたとニュースで言っていましたが、そのことが分かっていれば見に行きたかったなー。

そういえば、家の近くのホテルには高見盛などが泊まっているようです。飲み屋が多い富士見通りには体格の良い相撲取りの人たちが歩く姿がちらほら見られたり。明日の朝一にホテルの前で待っていれば、高見盛や他の幕内力士に会えるかも?

明日は8時の開場に会わせて行ってきます。力士のぶつかり合いを生で見られるのが楽しみですね。聞いた話では、会場内には冷房設備が無いらしく、色んな意味で熱気あふれる巡業になりそうです(^^;)

Comment(0)

ここ最近の日常話その18 約1年ぶりに新しいfigmaを入手
2010年08月03日 07:23:36 [日々の雑記]
久しぶりにアマンゾでfigmaを注文しました。今回注文したのは「figma セイバーオルタ」です。

去年の今頃に「figma 御剣冥夜」を入手してたので、 約1年ぶりに新しいfigmaを入手したことになります。飾るスペースにも限界があるというのに。

毎度のことですが、ここでは入手を思い立った理由と感想についてしか書いていないので、稼動箇所とか気になる方は他所を覗くことをお勧めします。

で、入手に至った理由は「安かった」から。いつもの「見た目の印象で買い」というのも少々あるのですが、アマンゾにおける割引率が高かったので、安いうちに買っておこうという衝動買いだったりします。

注文した時点での価格は¥1565で、なんと¥1235割引。私が注文する前はもうちっと安かったそうです。この値段じゃなかったら買わなかったと思います。けち臭い?

例によって原作を知らないので調べてみたら、「闇に染まった」とか「暗黒面に堕ちた」とかいう設定らしいです。アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになったようなもんですかね。インペリアル・マーチが似合いそう。

悪っぽいというかダークサイドな雰囲気でなかなか格好良いデザインですけど、ポーズを取らせる際は、腕部とか脚部の尖った部分に気をつけないと手を怪我してしまいそう。特に膝のトゲトゲは凶器といっても過言ではないような?

2008年の6月だか7月頃にfigmaに手を出して以来、フィギュアーツも含めれば7体目のフィギュアになってしまいました。この上、9月と10月にも欲しいと思うフィギュアが出るので、あと2体は増えるかもしれません。

……ゲームは買わんのか?

Comment(0)

ここ最近の日常話その17 ドミ二の錬金術師
2010年07月11日 19:43:34 [日々の雑記]
略してドミレン。いや、別に深い意味はありませんが。

ドミニオンの最新拡張セット「錬金術」を入手しました。今回のセットでは、カードの購入の際にお金の他にも「ポーション」が必要になる新カードが存在します。購入する場合の手間が増えますが、その分強力なものや面白い効果をもたらすカードがあり、ゲーム展開をより変化させると思います。

特に面白いのは「支配」というカード。次のプレイヤーのターンと手札を乗っ取るという凶悪な効果を持っています(さらに複数枚を使用したり、玉座の間と組み合わせることで効果は累積する)。しかもこのカードはアタックカードではないので、堀とか灯台では防御できないというチート仕様だったりします。購入コストが高く入手しづらいカードではありますが、一度は「俺のターンは俺のもの、お前のターンも俺のもの」をやってみたいところです。

ここから愚痴話。カードを入れるスリーブを¥100ショップに買いに行ったら、売れ残りっぽい歪んだスリーブしか売っていなかったんです。一番まともそうなものを選んで買ってきましたが、カードを入れてみたらスリーブがカードにピタリと密着せず、表面がデコボコしていて、錬金術のカードだけ区別ができる状態に(ノд`)今度、きれいなスリーブが再入荷したら買いなおして入れ替えないといけません。ああ面倒くさいorz

8月の魚沼ゲーム会に持っていくので、ぜひ遊びたいですね。しかしながら、陰謀や海辺のほうもたいして遊んでいないので、こちらの方も遊ぶ機会をつくらないといけません。

Comment(6)

ここ最近の日常話その16 7月の第1日曜日の過ごし方
2010年07月04日 22:14:08 [日々の雑記]
1年間の半分があっという間に過ぎて、とうとう7月になりました。相変わらずたいした出来事も無い日々ではありますけど、何かしら日記は書いとくべきと考えて、とりあえず今日のことを綴ってみます。

この日曜は朝っぱらに消防団の防災訓練があるため、目覚ましを5:30にセットするも、猫の鳴き声で4:30頃に起こされる。しょうがないので、そのまま起きてて防災訓練へ参加。

今年から地元の消防団に入隊したので、今回が初の防災訓練。消火栓の使い方の説明を初めて聞いたり、実際にホースを繋いで水を飛ばすところを見る。その後、魚野川にて消防団による放水訓練。水をくみ上げるポンプの排気ガスに(寝不足のせいもあって)気分が悪くなる。自分は新人1年目なので右も左も分からずうろうろしているうちになんとか防災訓練を終える。

消防団の人達と昼食後、十日町のブクオフとおもちゃ屋のみかわやへ。ブクオフでは気に入ったCDが¥500だったので購入。最近はずいぶんセコくなって、本やCDを買う時は¥500という価格設定が買うか買わないかの境目になってたりする。そういえば、漫画は¥105コーナーのものしか買わなくなったような(まれに気に入ったものは¥350とかそれ以上でも買うけど)。

みかわやでは、フィギュアーツのイース様に使える組み立て式のスタンドを¥300くらいで購入。これでイース様を転ばさずに飾れるようになったわけだが、初めからスタンドが付いてれば問題なかった話(イース様以降のキュアピーチとかパインにはちゃんとスタンドが付くというんだからおかしな話で)。

その後、六日町に戻ってブクオフを覗くが収穫は無し。ジャスコでアイスを買って食べながら帰る。それにしても休日のジャスコは子供であふれているけど、みなゲームコーナーで遊びまくっているのを見ると、よく金があるなあと思う。親とか爺婆がよく金を出すなあとも思う。これじゃ金のかかる遊び方しか知らなくなるわけだと余計なお世話ながら心配してしまう。ケチな貧乏人のひがみか? ま、もうちっと大きくなったら魚沼ゲーム会に来なさい。タダでボードゲーム遊び放題だぞw ただし、魚沼ゲーム会ではバトルスピリッツとかデュエルマスターズのTCG類は遊んでいないのであしからず。

家に帰って夕食後、だらだらとランドレイダー製作。どうも塗る根気が続かず、ちょっと塗っては中断してしまうのでなかなか完成しない。そうこうしている内に21時になったので、日曜洋画劇場のセンターオブジアースを観る。なかなか面白かった。

で、歯を磨いたりストレッチしたりした後、日記を書き出したのが今。気がついたら日付が変わってしまいましたので、そろそろ寝ます。

Comment(0)

ここ最近の日常話その15 ルアーブルが届いたので試してみた
2010年05月18日 20:12:32 [日々の雑記]
本日、アマンゾに注文していたル・アーブルが届いたので、先ほどまでテスト‘ソロ’プレイしてました。ルールとゲームの流れを把握する意味で、一人3役の3人ショートゲーム形式で途中まで遊んでみましたが、これは難しいゲームですね。ゲームに関する詳細はこちらを参照してもらうとして、以下は個人的感想をば。

アグリコラの時もそうでしたが、初回プレイ時は何をどうすればいいか見えにくいようです。ただ、アグリに比べればルールや勝利条件がすっきりしているので分かりやすいですね。

ただ、ルールブックの記述が読んでて分かりにくい気がしました。分量はそう多くは無いんですが、結構重要なルールや説明が別々のページに飛び飛びに書いてあり、内容を把握しにくい感じでした。アグリの時もそうでしたが、これはHJ訳だからということじゃなくて、元々の原文自体分かりにくい記述になっているのかもしれません。

食糧供給に四苦八苦する点はアグリと同じですが、供給できなかった時のペナルティーを挽回する手段が用意されているので多少はマシです。まあペナルティーなんて貰わないに越したことは無いんですが。

手番に取れる行動は少ないのですが、行動の選択肢がけっこう多いのが悩ましい感じ。「やりたいこと」と「やるべきこと」が沢山あるのに、できることは限られている中でいかに最良の判断をするかで頭を悩ませて行きそうです。

建物カードの役割を理解するのが重要だと思いますけど、最初の頃はそれが一番難しい。建物カードの枚数はそこそこ多く、いきなり内容を把握するのは結構大変かもしれません。こればかりは何回かゲームをして慣れないといけませんが。建物カードの内容を把握できて、並べられたカードの展開を読みつつ、各場面でどの行動をとればいいのかが見えてくると、面白くなってきそうです。

さて、ルールはある程度把握したので、30日の魚沼ゲーム会に持っていってインストするくらいはできそうです。とりあえず遊べたらいいかなあと考えてますが、ショートゲームでも初回プレイ3時間越えとかいう話なので、皆の賛同を得られるかどうか。それよりフルゲームで遊ぶ機会があるのかとか、再プレイする機会があるのかどうかという問題もあったり?

Comment(0)

ここ最近の日常話その14 アマンゾで一部ゲームの値引率が凄い件
2010年05月16日 20:00:08 [日々の雑記]

どうもこの時期というのは何かと支出が必要になって、財布からマニーがどんどん消えていきますね。国家の取り分とか車検費用とか町内会費とか、それはもう「ホテルが建ったボードウォークに止まった」くらい支出が半端なかったりします。

そんな時は自然と物欲も抑制されて、欲しいものも我慢できるようになるんですが、久々に覗いたアマンゾでいくつかのゲームが安く売っていたのを発見したのがまずかった。

知っている人はとっくに知っているかと思いますけど、そのなかで気になったゲームが以下の品々。価格は5月16日現在のものです。

ル・アーブル日本誤版 ¥6,930→¥4,816(31%OFF)
落穂の問題       ¥6,930→¥3,486(50%OFF)
エル・カピタン      ¥7,500→¥3,818(49%OFF)

他にもいくつかありましたが、このなかからル・アーブルを購入。落穂は面白そうだけど、なんとなく地味そうだし、カピタンはタイクーンというゲームのリメイクで、昔に持っていたから(売って処分した)要らないかな、ということで。

このル・アーブル、評判を調べてみるとなかなか良いゲームですけども、プレイ時間がかなり長い印象(慣れないうちは3〜4時間?)なのが気になるところ。そういえば、同じ作者がデザインしたアグリコラを購入した時も同じ不安を抱えてたような。

まあ、本当に面白いゲームなら時間が過ぎるのも忘れて楽しめるから、それはそれで構わないと思いますが。アグリと同じく、勝てる勝てないは別として、ル・アーブルも問題なく遊べると思います。多分。あとは現物を見てみないと何とも言えません。
   
問題があるなら、遊ぶ機会があるかという点のほうが難しいかも。今度の魚沼ゲーム会で午後の部の時間を費やして遊んでみますかね?  

「出費と出費予定が多いこの時期に何散財してんだよ」との考えが頭の中に浮かびますが、面白そうなゲームを見ると手を出さずにはいられないのがゲーマーの業。それに、色々と込み入った要素の多いルールやシステムのゲームは、他人にインストしてもらうより自分でテスト‘ソロ’プレイして理解するほうが気楽だからというのもあったりします。

Comment(4)

ここ最近の日常話その13 長岡で遊んだ&手に入れた
2010年05月02日 22:15:24 [日々の雑記]
皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか。休日は本日だけで、明日からは平常どおりに仕事するヤツであります。

そんなわけで、貴重な休日を有意義に過ごすために、アサイ氏を誘って長岡のゲーム会へ参加してきました。遊んだゲームは以下の品々です。

ブタ仲間
クイーンズブレイド・ザ・コロシアム
ほんのきもちです
リンク
エンデバー

各ゲームの詳細については後ほど書きます。

画像は、長岡ゲーム会に参加していたじゃんさんから頂いたスモールワールドの拡張セット2つと、帰りの途中に寄ったブクオフで入手した「血まみれスケバンチェーンソー1巻」と「写真が記録した日露戦争−旅順攻囲戦」。

スモールワールドは結構好きなゲームなので、拡張を加えて遊んでみたいですね。5月の魚沼ゲーム会で遊べるかも?

血まみれ(ry は以前の日記でちらっと書いた、コミックビームで連載中の三家本礼の作品。立ち読みで済ませようと思ってましたが、読み出したら面白くて購入。

写真が(ry は日露戦争の陸戦について書いてあるもので、写真が豊富に載っているのが良い感じ。CMJの日露戦争を対戦プレイしたくなってきました。

Comment(0)

ここ最近の日常話その12 新作公開記念につき改名
2010年05月01日 23:56:08 [日々の雑記]
今月の22日に、塚本晋也監督の新作「鉄男 THE BALLET MAN」が公開されるのを受けて、ハンドルネームを「やつ」から「ヤツ」に変更します。作品に関する詳細は公式サイトを見てもらえばわかるかと。たいした変更ではありませんけど、公式のCAST紹介では「ヤツ」(演じるのは塚本晋也)になっていましたので。

鉄男気鮟蕕瓩憧僂燭里確か12年くらい前なんですが、まさか21世紀になって鉄男の新作が見れるとは思わなんだ。

あー、鉄男には二作目の「鉄男供BODY HAMMER」というものがあるんですが、兇廊気鉾罎戮SF風味が増して、ストーリーや背景設定などが多少は明確になっています。個人的には一作目の方が好きです。いや、兇睫滅鬚い鵑任垢韻匹諭

三作目の印象は気鉢兇鯊して、外国人が主人公なので一見外国映画風なんだけど、中身はやっぱり塚本晋也の作品だなあという印象。なかなか面白そうですけど、長岡のT・ジョイや三条のワーナーマイカルシネマズには上映予定が無いので、DVDレンタルになるのを待つしかないかもしれません。残念無念。

で、今月15日には、「完全鉄男 『鉄男』から『鉄男 THE BULLET MAN』までの軌跡」というDVD付きの書籍が発売されます。DVDは鉄男気吠埆犬妊ットされた映像を復活させたバージョンのもの。冊子は鉄男三作品の資料、写真、インタビューなどが収録されています。ものすごく欲しい一冊ですが、値段が¥5460と高価で、買うのはちょっと躊躇われます。ボードゲーム1個は買える金額ですからねー。

本が高いのかゲームが高いのか。うーん困ったものだ。

Comment(0)

ここ最近の日常話その11 いあ! いあ! 半額!
2010年04月23日 21:01:40 [日々の雑記]
最近はボードゲームをアマンゾで買ったり、リサイクル屋で買ったりするので以前ほどネット通販店をこまめに覗かなくなったやつであります。

こないさ、久しぶりにi-ogmを覗いてみたら、クトゥルフ神話TRPGのサプリメント「クトゥルフ・キーパーコンパニオン」が¥2340→¥945とほぼ半額以下になっていたのを発見。¥945なら買いということで注文し、本日到着しました。

この価格変更があったのが4月7日なんですが、全然気がつきませんでした。他には戦国時代を舞台としたクトゥルフ物の「比叡山炎上」も3,990円→1,995円になってましたがこちらは特に興味が無いのでスルー。

クトゥルフ神話TRPGのサプリメントでは「マレウス・モンストロルム」が欲しいところですが、問題はクトゥルフ神話TRPGを遊ぶ機会があるかどうか(;´Д`)

さて、以前に長岡の某書店でキーパーコンパニオンを見かけた時は、あまりの薄さと値段の高さで購入する気がしなかったんですけど、現物を久しぶりに手に取って見たら、確かに値段のわりに薄い気がうわなにをするまどにまど




Comment(0)

ここ最近の日常話その10 話題の戦国EXPOに行ってみた
2010年04月15日 09:50:06 [日々の雑記]
本日、南魚沼市の新たな観光スポット「戦国EXPO」に行ってきました。

オープン初日は仕事で行けなかったのですが、入場者が多く来て結構な賑わいだったようです。今日は平日だったので、自分の他にお客さんが数人いる程度でした。

入り口にはなぜかSDガンダムが展示してあり(種類は忘れました)モニターには最新作のUCの宣伝とガンプラの販売宣伝をやっていました。

戦国なのにUCとガンプラ?という疑問はさておき、¥500で入場券を買うと、「戦国絢爛チョコ」を貰いました。今回は入場者全員がこれを貰えるようになっています。

最初のコーナーは戦国武将の甲冑(複製)コーナー。昨年に南魚沼の経済発展に貢献した直江兼続と上杉景勝の甲冑をはじめ、徳川家康とか織田信長といった有名人の甲冑が展示してあります。個人的に格好良いと思ったのは徳川家康の甲冑。金ピカで、兜にごちゃごちゃ飾りが無いデザインのものなんですが、なんて名前の甲冑だったかメモし忘れました。

その次は戦国無双コーナー。壁面に戦国無双のキャラクターが描いてあり、説明文がとなりにありましたが、「この設定は史実とは異なります」みたいなことわり書きがあったりw 

あと、戦国無双の直江兼続のフィギュアが展示してましたが、他の武将はシルエットだけ。順次追加されるんでしょうか?

その先の通路では、11日に行われた「コスプレ写真コンテスト」の写真が展示してありました。県内外から12人の応募があったようです。どれも主催者が用意した姫甲冑(約7キロの重量があるらしい)を着ていましたが、自前で用意した人はいなかったのかな? 戦国無双コスの参加者多数とか想像していましたけど、さすがにコスプレイヤーは来なかったようで。

この12人のなかから、誰が一番良いかを選ぶ投票がありまして、1位に選ばれた方は温泉ペア宿泊券と南魚沼産コシヒカリがもらえます。また、このコンテストは何回か行われ、上位の人たちでユニットを組む企画があるとか。

現時点では公式HPでの写真公開&インターネット投票はできないようですが、近い将来できるようになると思います。ちなみに、自分は「民和(たみお)」さんに1位を1票。

その先には戦国無双3や信長の野望を遊べるゲーム体験コーナーや、ゲーム中のデモムービー上映会がありました。自分はあんまりTVゲーム方面は詳しくないので、ここはちょっと見ただけで通過。

続きましては、一風変わった形状の兜を展示したコーナー。「遠目で見ても認識しやすい」とはいえ、どう見ても非実用的な奇抜なデザインの兜が結構あるんですけど、その形になった何かしらの理由があるんでしょうね。低いところをくぐる時はいちいち兜を脱いでいたのか? 記事を書く頃になって、係の人にいろいろと話を聞いてくればよかったと後悔orz

お次は映画「火天の城」のメイキング上映コーナー、作中で使用された衣装の展示コーナー。映画の詳細についてはこちらを参照ください。ここもちょっと見ただけですぐ移動。

そろそろ出口も近くなってきましたが、ここからは戦国時代がテーマの劇画の複製画展示コーナー。本宮ひろ志(夢幻の如く)、原哲夫(花の慶次)、武村勇治(義風堂々 直江兼続)、さいとうたかを(作品名忘れましたw なんか忘れてばっかりだな)のイラストや漫画の1ページが展示されてました。写真撮影OKかどうか分からなかったので、写真は撮りませんでしたが、撮っても良いようです。何枚か撮ればよかったorz

最後は売店コーナー。お菓子、酒、漬物、キーホルダーなどといった普通に見かけるお土産物に混じって、戦国無双のフィギュアとか城のプラモとかSDガンダムが売っていました。また、書籍コーナーには歴史群像シリーズの戦国関係のものがありましたが、さすがにウォーゲーム日本史は置いていませんでした。

というわけで、ひととおりを見てきましたが、あまり戦国時代に思い入れの無い自分でもなかなか楽しめました。個人的には甲冑と変わり兜のコーナーが良かったですね。

まだ始まったばかりのイベントですけど、これから様々な企画が行われるでしょうし、ゴールデンウィークにかけては各地から訪れる観光客で賑わうんじゃないかと。それと、第2回写真コンテストではコスプレイヤーが集(ry

当ブログは、戦国EXPOがより発展する(のと、より面白いネタを提供してくれる)ことを期待して応援してます。

Comment(1)

ここ最近の日常話その9 戦国EXPOがもうすぐ開催
2010年04月06日 22:53:38 [日々の雑記]
ご存知の方も多いかと思いますが、今月の11日に南魚沼市(旧六日町)で戦国時代関係の漫画、ゲーム、その他の戦国ネタを集めた戦国EXPOがいよいよ開催します。

本日、散歩がてら会場を見に行きましたが、ちゃんと開催できる造りになっていました。今までぜんぜん気がつかなかった(ノд`)

外から見える場所に馬鹿でかいSDガンダムが飾ってありましたが、これは劉備ガンダムというらしく、三国志の劉備玄徳をモチーフにしたガンダムだそうで…なんで戦国なのにガンダムとか三国志が関係あるのかはよく分かりませんが。

戦国EXPOに関する詳細は公式HPを参照ください。

なお、オープン当日は「第1回 戦国EXPOコスプレ写真コンテスト 」というイベントが行われます。応募者(20人限定で、16歳以上の女性に限る)が、主催者が用意する姫甲冑を着て会場前ステージで写真撮影するというもの。

ちなみに主催者の用意する甲冑ではなく自前のコスチュームでも可とか。自前って…どこまでが許されているのか分かりませんが、こんな感じ?

なんだか、当日の会場周辺は大変な混沌…もとい混雑が予想されそうw 残念ながら、当日は仕事で行くことができませんが、平日に時間を取って行ってみる予定です。 


≪ 前の30件| 次の30件
2020年12月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp