クリニック日記(時々外断熱も)
開業してからも いまだに色々と大変です。 外断熱マンションの1階で開業。時々は、外断熱マンションの生活も紹介します。

2005年12月29日  今日は休日診療所担当



閑散とした休日診療所





本日は休日診療所担当でしたので、クリニックは休診とさせていただき、休日診療所で診療行いました。

まだ診療を行なっている医療機関も多いため、受診される方が少なく、待合室も閑散としていました。

しかし、年末年始になると多くの医療機関が休診となることと、この季節は風邪等の発症が重なるので、これだけ椅子があっても座れなくなることがあるようです。

今日は20人程度の受診でしたが、インフルエンザ感染者が3人おり、東京都もインフルエンザは流行レベルとなったとの注意を出していますので、気をつける必要を感じました。


PM 10:05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年12月26日  虹色の椅子





虹色の模様が入った椅子








待合室の椅子が一部虹色となっていますが、
            水槽がプリズムとなって生じた偶然の産物です。

朝9時30分頃まで見られますが、受付してすぐに座ってしまうと気が付かないようです。
(私も最近気がついたのですが・・・)

冬の太陽の高度で生じるものなので、一応期間限定です。
機会があったら御覧下さい。

AM 12:18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年12月23日  脊髄空洞症、キアリ奇形


  当院受診された
 キアリ奇形を伴う脊髄空洞症のMRI













今年の6月から手のしびれを自覚し、徐々に症状が強くなり当院を受診され、診察上、神経学的診察にて頚髄障害を認め、頚椎レントゲンを行なったものの軽度の障害しかありませんでした。

そこで、すぐに頚髄のMRIを行なったところキアリ奇形を伴う脊髄空洞症があり、脳神経外科に受診いただくことになりました。

私も同じ様な疾患の方の診察はいままで2名しかなく、当院へ初診いただき驚いています。
この様な状態では手術療法が有効なことがあり、早く受診いただき良かったと思います。

PM 11:03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [疾患]

2005年12月22日  冬の外断熱


今週になり気温も低下し、外断熱と言いながらも寒く感じてきましたので、この冬初めて暖房を入れました。


(因みに、暖かい日は今でも暖房は使っていません。)


しかし、どんなに寒い日でも18℃以下になることはなく、昨年より室温が安定して暖かく感じることが多いので、建物の躯体の蓄熱が安定してきているようです。

この建物に住んでいる方の中には、少し厚着をしているので、いまだに一度も暖房を使っていない方もいらっしゃいます。

暖房は夕方から寝る時まで使用すれば(25℃)、その後暖房を止めていても、朝起きた時にも寒く感じない程度(23℃)にコントロールできることがわかり、徐々に外断熱マンションの生活になれて来ていますが、まだ外断熱マンションの機能を有効に利用していないのではないかと感じています。


AM 12:16:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | [外断熱]

2005年12月17日  インフルエンザ

インフルエンザA型陽性であった診断キット












昨日、当院でもインフルエンザ感染の第1例の患者さんの受診がありました。
昨年は12月6日でしたので少し遅い感じです。

医師会から当地区でも発症者の連絡が来ておりましたが、とうとうかなと言う感じです。

今年3月頃までインフルエンザ感染者がおりましたので、私を含め当院スタッフは全員2回のインフルエンザワクチン接種を行い対策をとっていますが、それでも短期大量にインフルエンザウイルスを浴びたら発症してしまうと思います。

やはりうがい手洗いは欠かせません。

PM 05:31:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | [日記]

2005年12月10日  健診

いつも健康診断の重要が言われておりますが、病気の早期や初期の発見についてのことがほとんどで、インターネット検索でもその項目ばかり上がってきます。

しかし、健康診断の時点の状態を把握しておくことも重要であり、先日、具合が悪くなり受診した方の心電図が健診時と異なっていることで、対応が適切にできたことがありました。

以前にも同様の経験がありますので、定期的に健診を受けておくことは大切なことと思います。

PM 05:12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年12月03日  コエンザイムQ10(Co enzyme Q10)

コエンザイムQ10は以前より慢性心不全の方に使用しており、最近当院でも心房細動と心不全の併発している方(この方は食事量がかなり少ないです)や高血圧性心不全の方に使用し効果をあげていますが、その使用量はわずか30mgです。サプリメントの紹介記事を見るとかなり多い量になっているのでいつも不思議に思っていました。

コエンザイムQ10について、厚生労働省が安全性に関する食品健康影響評価について食品安全委員会に意見をもとめたこと(厚生労働省の資料クリック)があり、今回も消化器症状による健康被害の報告があったので、やっと厚生労働省も重い腰をあげたようです。

エイズを含め厚生労働省はいつも遅い対応ですね。
はっきりするまでは摂りすぎに注意しましょう。


いままでの健康管理は足りないものを補うことが主体でその結果、栄養状態がよくなり寿命が延びたことは確かですが、人類の20万年の歴史においてこんなに食品やサプリメントが蔓延しており、これからは摂りすぎによる弊害も充分注意していく必要があると感じています。

PM 10:47:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール
名前tsuchiya
URLhttp://wellness-kiba.org
性別
地域東京
連絡先メールアドレス :
gasyo.t.y@gmail.com

カテゴリー
未設定(2)
日記(442)
外断熱(16)
花火(5)
疾患(41)
museum(24)

最新記事
2013年10月14日  特別展 京都
2013年06月18日  研修会
2013年06月07日  開院記念
2013年05月05日  レオナルド・ダ・ヴィンチ展など
2013年03月24日  木場公園

過去記事
2013年10月
2013年06月
2013年05月
2013年03月
2012年10月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp