クリニック日記(時々外断熱も)
開業してからも いまだに色々と大変です。 外断熱マンションの1階で開業。時々は、外断熱マンションの生活も紹介します。

2004年08月29日  院外薬局
いままで、院内処方で薬を出してきましたが、まもなく、院外薬局が近隣に開業することが決まり、院外処方となることが決まりそうです。
当院で院内処方をするにあたって、家庭医として困らないように目薬や外用薬を含め250品目以上薬品を揃えましたので、ほとんど困ることは無かったのですが、2つほど困ったことがありました。それは水薬(小児用)の処方が出来ないことと 一包化が出来ないことでした。
これで、先程の点が改善されますし、私も頑張って説明していましたが、来月から薬の説明がより詳しくなり、診療時に聞きそびれたことも確認出来る様になると思います。
少しでも納得できる医療に近付けて行ければと思います。

PM 06:23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月25日  ボツリヌス療法
今日は大学の診療日でしたが、私は古い人間ですので、昔(?)には考えられない治療も外来で普通に行われる様になったと感じています。
特に、ボツリヌス療法は、食中毒の原因となる「ボツリヌス菌」が産生する毒素を使用し、痙攣している筋肉にほんの少量注射して、その筋肉を緩ませることにより主に眼瞼痙攣や顔面痙攣の治療を行う方法です。以前は色々な内服薬を処方してもあまり良くならない事が多く、手術を行ったりしていましたが、ボツリヌス療法が開発されて、手術することがほとんど無くなってきました。
遅れないように、常に勉強を続けていかなくてはと思うのですが・・・

附)眼瞼痙攣とは、まぶたが勝手に収縮を起こし、まばたきが増えたり、進行すると目を開けることが困難になる状態です。顔面痙攣はそれが顔面全体(ほとんどは片側)に起こる病気です。

AM 12:41:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月24日  生活環境による病気の変化
気候の変化ため、呼吸器疾患の方が来院するようになりました。
特に、家族で来院されることが多く、これは冬の寒い時期に換気することが少なくなってうつりやすくなることと同じく、今年は暑いのでエアコンをかけているため同様に換気することが少ないため、家族内でうつってしまうのではないかと思います。
生活環境によって、病気の起き方も変わるものと実感した次第です。

AM 12:16:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月21日  ディズニーリゾートの花火
ディズニーリゾートの花火は、日によって(風向きかも)打ち上げる場所が2箇所あるようです。今夜は、家から見やすいところに上がりましたので、デジカメで撮ることが出来ました。
時間が短いのでシャッターチャンスが少なく、望遠を使ったので少し手振れが入りあまり上手く撮れませんでしたが、一番最後のクリスマスツリーの様に見える花火だけちょっとは見られる程度に撮ることが出ました。
実際は残像効果もあるので、もっと綺麗でしたが・・・
見たことが有る方、ごめんなさい。

AM 12:04:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | [花火]

2004年08月19日  休み明け
休み明けとなり、休み前に病状が気になった方や治療途中の方が来院され、大きなトラブルもなく安心している所です。(休診中に連絡を取った老人ご夫婦も元気になっておりました。)
しかし、処置の間隔が少しあいた為、症状に少し変化がおきた方がいらしたので、大変申し訳なく感じているところです。

PM 08:56:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月14日  花火
外断熱マンションとは関係ありませんが、東京湾大華火祭があり、自宅の窓から綺麗に見えました。
しかし、佃島の高層マンションのため、完全に見えなかったのが残念です。
ここの所、花火大会が多くて自宅の窓から良く見えて、週末は楽しめます。
今度はディズニーリゾートの花火を載せましょう。

PM 11:58:48 | Comment(3) | TrackBack(1) | [花火]

2004年08月13日  夏の外断熱マンション
いつも拝見させていただいている
外断熱マンションで日本を変えよう!
  http://plaza.rakuten.co.jp/satokaa/
外断熱こみゅにてぃさいと(ふりーとーく)
http://sotodan.main.jp/modules/gsbbs/
においても、夏の外断熱マンションの過ごしやすさを理解していただくのが難しく、色々と工夫している様子がうかがえます。
確かに、温度や湿度だけならエアコンで調節すれば良いし、外断熱マンションだからといってエアコンを使わずに生活している方は少ないようです。しかし、今年は暑いのにエアコンが効きすぎると感じたり、使わないで過ごせる時間も多いので、夏でも快適性はあがっていると思っています。
私の認識が間違っていなければ、日本の外断熱マンションは寒冷地での保温性から発達してきた経緯があり、日本の夏の高温多湿な暑さに外断熱マンションが適していると言う客観的データーが少ないのではないかと感じています。

PM 03:27:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [外断熱]

2004年08月12日  休診中
本日、いわゆるお盆休みで休診しています。
一昨日に発熱を呈して、お年寄りのご夫婦だけで暮らしている患者さんが来院されました。尿路感染が原因でしたが、色々なことを心配されていたので血液検査を行い、昨日夕方電話で検査結果で心配ない事をお伝えしましたが、まだ時々熱が出ると不安な様子でした。
どのような病気でも、病気の勢いが有り体の対応が整わなければ、すぐに治ることは無い旨説明したのですが、まだまだ不安の様子でしたので、連絡がとれるようにしておきました。その後、特に連絡も無く、こちらの方が心配になり、本日電話したところ熱も下がりよくなってきているとの事でした。また、連絡が取れると安心したので、少し位は様子を見てもよいという気持ちになったこともあるようでした。
不安感は体の免疫力にも悪影響を与えることが知られていますので、少しは回復のお役に立てた様です。

PM 02:03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月08日  外断熱マンションの効果
今日は、エアコンを切って外断熱の温度変化を体感してみる事にしました。
私の部屋は東南に有り、レースのカーテンを日除けとしていますが、少し日差しが入ります。外の温度計は北側ベランダの日陰に置きました。
◎午前11時:室内(温度24.0℃、湿度55%)、外気温29℃
外の方が暑いので窓を閉め、換気孔もわずかに開く程度にしました。
(少し冷やしすぎでした。)
◎午後1時30分:室内(25.0℃、湿度65%)、外気温31℃
室内の熱源としてはテレビとパソコンと私、2時間程度ではほとんど変化を感じません。
◎午後3時:室内(温度26.0℃、湿度67%)、外気温32℃
温度的には良いのですが、何となく蒸し暑い感じです。
◎午後4時:室内(温度26.7度、湿度68%)外気温31℃
やはり蒸し暑い感じです。扇風機があればちょうど良い感じかも
◎午後6時:室内(温度27.2度、湿度69%)、外気温29℃
外に風も出てきたので、ここで窓を開けました。すぐに室温28、3℃湿度75%になりましたが、風のため少し涼しく感じました。
7時間で3.2℃の上昇でしたが、比較するデーターがないので、普通のマンションでも窓を閉めていればこの程度の温度上昇で済んでいるのかわかりません。それに、風があることによる体感温度のためもっと暑くても、涼しく感じてしまうこともあると思いますし、日除けを作れば温度上昇ももっと抑えられると思います。
今日も外断熱マンションの機能評価するには、あまり適切な気候ではなかったようです。環境とは、温度や湿度の様な数値データーだけでは評価出来ない点もあり、自分で体感できる時でないといけません。
また、何回か試みたいと思います。

PM 09:03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [外断熱]

2004年08月07日  にんにく注射
最近、数人の患者さんから「にんにく注射」はしていませんかとの問い合わせがありました。
にんにく注射とは、実際にニンニクを注射するわけではなく、注射したときに鼻の中でニンニクのような匂いがすること、更に、にんにくの成分「アリシン」がビタミンB1の取り込みを促進する作用とビタミンB1の注射する事とが同じ効果であることにより名づけられたようです。(平石先生命名)
ビタミンB1には、「乳酸」という「疲労物質」を燃やして、エネルギーに変える働きがあります。そのため「にんにく注射」とはビタミンB1を多く含むビタミン注射で、通常よりも早く疲労を回復させる働きがあることから行われています。
この注射液はだいたいどこの医療機関にも置いてあるものですので、当然、当院でも行えます。病気治療で使うこともありますが、多くの場合健康促進のために行うものですから、それを行うことで病気の診療で待っている方々の待ち時間が増えては困ると思案中です。
今はそれほで混んでいないので、悩むことでは無いかもしれませんが・・・ (^^;

PM 04:14:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月04日  休診日
水曜日は日大板橋病院の兼任講師としての仕事があるため休診日としております。
帰宅して、クリニックの留守電をチェックしたら患者さんからの伝言がはいっており、あわてて連絡を取ったところ、曜日を勘違いして診療日と思い電話したことがわかりました。聞きたかった内容としては、ほんのちょっとしたことでしたが、私に聞いておきたかったとのことでした。
都市部ですので、救急状態については救急病院を受診していただくことが可能と思いますし、カルテのコピーを全てお渡ししており、他院を受診していただいても現在どのような治療をしているかわかる様にしておますので、休診日の対策はある程度できていると勝手に思っていましたが、今回のように救急や他院受診するほどではないが聞きたいことがある場合、どのようにするかということの対策を考えなくてはいけないと思う出来事でした。
まだまだ患者さんの立場に立った医療には程遠いのですが、少しずつでも近づけられればと考えています。

PM 08:23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月01日  待合室の植物




























開業祝いでいただいた木や花が枯れそうになってしまいました。室内でエアコンの下にばかり置いていたのが原因のようですが、手入れもうまく出来ていなかったこともきっかけになっています。特に、ベンジャミンの木は、かなり元気が無くなってしまいましたので、肥料や活性化剤を入れて、毎日日光浴させたところ少し元気になってきました。
いただいた方々に申し訳ないので、何とかしたいのですが、全部が日光浴だけで元気になるわけではなく、手入れの方法を知らないので、他の木や花をどうしたらよいか悩んでいます。

PM 10:42:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | [日記]

2004年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

プロフィール
名前tsuchiya
URLhttp://wellness-kiba.org
性別
地域東京
連絡先メールアドレス :
gasyo.t.y@gmail.com

カテゴリー
未設定(2)
日記(442)
外断熱(16)
花火(5)
疾患(41)
museum(24)

最新記事
2013年10月14日  特別展 京都
2013年06月18日  研修会
2013年06月07日  開院記念
2013年05月05日  レオナルド・ダ・ヴィンチ展など
2013年03月24日  木場公園

過去記事
2013年10月
2013年06月
2013年05月
2013年03月
2012年10月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp