ルナのたんたん上海生活
なんとなく暮らしていた上海。 帰還してから、かなりたちましたが、 こういうこともあったんだなぁ、って感じで、 当時のブログを残しておきます。 暇つぶしに、どうぞ!

* 2004年12月 *
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

* プロフィール *
名前ルナ
年齢32
性別メス
血液型O型
星座牡羊座
2年半の上海生活
(留学&仕事)を終えて、帰還。

現在は東京都内にて勤務。

フリーで翻訳(中、英)もやってます。

趣味:
ダンス、歯磨き粉収集、
語学学習
(ハングル検定、受けます!)

* カテゴリー *
未分類(90)
歯磨き粉事情(6)
その他製品事情(12)
ゴミ集めおばあちゃん(6)
リモコンをめぐる旅(3)
へんな中国語(6)
韓ドラ・韓国朋友(15)
ゴキブリ(4)
上海の風景(14)
中国朋友(6)

* 最新記事 *
・2005年04月07日  お休みのご挨拶
・2005年04月05日  お小遣い
・2005年04月01日  将来の夢
・2005年03月28日  翻訳仕事再開
・2005年03月27日  ご飯食べた?

* 過去記事 *
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月

* リンク *

* お役立ち情報 *

 某日本人の集まり&ごあいさつ 2004年12月31日 11時24分
中国カレンダーに沿ってるため、日本企業とはいえ大晦日の
本日も通常出勤しております。

天気予報によると、今日の気温は-4〜0度だって…。
外は一応晴れてはいるんだけど、まるで冷蔵庫に風が吹いて
いるみたいです…。あ〜、寒かった!

昨日は上海にはありえないはずの大雪でした。
上海で雪景色って、本当にありえないことなのです!!

そんな中、昨晩は、某日本人の集まりに出かけました。

行きはタクシーがつかまらないし
(雪道で危ないから、運転自粛してたらしい)、
帰りは最終バスがなくなっちゃうし、
雪景色の中を一人さまよい歩き、ヒドイ目に遭いました…。

で、その集まりですが、

上海の日本人社会は広いようでとーーーっても狭いんで、
どこかで誰かと必ずつながるようになってます。

昨日も、同じビルの下の階の会社に勤めている、何回かお見かけ
したことのあるおじさまと知り合っちゃっいました。ううっ、狭っ。

あと、みなさんのお話を聞いていると、男性で私よりかなり年上で、
私よりもずーっと責任のある仕事をしてても、私のヘナチョコ給料と
あんまり変わらないくらいのお給料だったりするんですね。

…お金の文句を言っちゃいけないんだな、と思いましたよ、ホントに。

-------------------------------------------

ところで、新暦のお正月をお祝いする習慣のないこっちは、全然
年越し気分、盛り上ってません!

今日明日は、最近某所から頂いた短波ラジオで日本の放送を聞いて
年末年始気分を勝手に盛り上げたいと思います。
(ラジオをくださった方、ありがとうございます!確かに受け取りました。)

特にこれといった強い使命感もなく、軽いノリで始めたこのブログですが、
アクセス数を見る限り、結構多くの方が見てくださっているようでびっくりです。
どうもありがとうございます!

2005年は、このブログを今ご覧になっている全てのみなさんに、たくさん
いいことがありますように!!!(ついでに、私にもね!)

良いお年をお迎えください!

(余談: 会社のエレベーターでまだ「ジングルベル」が流れてるぞ…
地下1階のマクドナルドでも「サンタがやってくる」がかかってる…
一体いつになったらやめるんだろう???)

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 寒さとダウンジャケット 2004年12月30日 11時52分
ここ数日間で上海はいきなり寒くなりました。
今日は更に冷え込んでます。数週間前までの暖冬が嘘みたい!

予報だと0−3度らしいですが、零下にも行ってるんじゃないか?
って思うくらい寒い〜です・……!!

上海は緯度的には暖かそうなところにあるのですが、冬は結構寒くて
更に、湿気があるため、ひやっ、としてるのです。

雪も既に何回か降っています。噂によると、今日も降るらしい。
パラパラ降るだけで、全然積もんないんですけどね。

で、昨日、あんまり寒いんで、そろそろダウンジャケットを買おうかなぁ、
と会社近くのあるお店をに行ってみました。
そしたらなんと、全部売り切れ!!!

この間まで、あんなに売れ残ってたのに…みんな考えることは同じらしいです。

そして、他の店にも行ってみたら、黒色のばっかり残ってる…。

日本(関東?)だったら黒から売れていきそうだから、黒が残ってるのは望む
ところです。でも、中国の影響を受けつつある私は、赤とか、白とか、明るい色
を着たいのだ!

黒とか茶色とか、暗い色のならいらないぞ!って思い、結局買いませんでした。
今日も普通のコートで震えながら出勤してます。

…とうとう中国の方々と争って服を買うようになってしまったぞ!?
私たち、好みが一緒???

Comment(4) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 可愛的上海人? 2004年12月29日 11時31分
最近、地下鉄の駅などでよく見かける標語があります。

「与文明同行 做可愛的上海人」

意訳すると「マナーを守って、愛される上海人になりましょう」って感じだと
思うんですが、

それにしても「可愛的上海人」ってなんなんでしょ?!
上海人、ちっとも可愛くないですよ〜〜〜!
ケチな上海人、とか、気が強くて怖い上海人(特に女性)、とか、なら分かる
んですけど(笑)?!

って思ってたら、Fちゃん(中国人女性、外地人)が笑って言いました。

「"可愛的上海人"じゃなくって、"可悪的上海人"だよね!」
(可悪: 憎むべき、憎らしい)

Yes, that\'s right!!!

…でも、可愛的上海人も、たまにいることはいますよね?!

Comment(1) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 うざい質問 2004年12月28日 10時33分
昨晩は、新卒で入った女の子(中国人)の歓迎会でした。

お店で席が空くのを待っているとき、その女の子とおしゃべり
してたんですが、いきなり屈託のない笑顔で聞かれました。

「ルナさんって、結婚しないんですか?」

おおおお、来ました。うざい度100%の質問。
どうしてこういうことをサラっとニコニコして聞けちゃうんでしょう?

これがもし日本人の男性だったら、どんなにいい人だったとしても
この種の質問をした時点で「なんてデリカシーのない奴だ」と日本の
国債並に格下げです(笑)。

でも、彼女は若いし、女の子だし、中国人だし、ってことで許したげます!

で、止めを刺すつもりでこう答えてみました。

「結婚したくても出来ないから、結婚しないんだよ。
私の付き合う男ってみんな結婚に関心のない人ばっかりだからさ」

こう答えたら、さすがに次は何も言えなくなるだろう、って思ったら、
彼女めげません。

「じゃ、「結婚しようよ〜!」とか、相手に言ってみたらどうですか?」

「そんなこと言ったら、次の日から連絡がこなくなるよ。
中国人は「何歳になったら結婚しなきゃ!!」って考えがまだまだ
強いけど、日本では「自由が奪われるし面倒だから結婚はしたくない」
って男が増えてるんだよ」

「え〜、そんなん本当の愛情と違うじゃないですか〜」

ううっ、かわいい…!
そうそう、私は彼女の言う「本当の愛情」ってものがどっかにあれば
いいなぁ、と思いつつ、さまよっているのです。

Comment(5) | TrackBack(0) | [未分類]

 美しい物語の裏には… 2004年12月27日 12時06分
単に偶然なんですが、立て続けに郭在容映画を2本DVDで見ました。
今更ながら、なんですが、韓国映画『僕の彼女を紹介します』と
『ラブストーリー』です。

(これから見られる方、ネタバレが困る方は以下、読まないでください…)

『僕の彼女を紹介します』は『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンが全く同じ
ようなノリで婦警役で出てます。

彼女、あんまり可愛いとは思わないんですが(ファンの方、すみません)、
とりあえず、佇まいが無茶苦茶かっこいいですね。
あんなかっこいい警察、実際にいるわけないじゃん?!

最後の方で「あ、だから『僕の彼女を紹介します』ってタイトルなのね」
って納得。

私は韓国映画の、こういう風に最後の方で「あ、そういうことだったんだ!」
っていう仕掛けがあるところが好きなのです。
でも、なんで最後にチャ・テヒョンがいきなり出てくるの?
感動するより笑えてしまいました!!!

『ラブストーリー』は見てて恥ずかしくなるくらい、コテコテの純愛映画で、
キレイに撮ってありますね。

この映画、主人公のお母さんの昔の恋愛話が自分の恋愛と重なるように
して描かれて行きます。

で、最後の方で自分の恋愛相手が実はお母さんの昔の恋人の息子だった
ことが判明。

「私たちの出会いは運命だったのね!時を越えて結ばれる運命だったんだ!」
ってな感じで、めでたしめでたしで終わります。

…でもさ、ちょっと思ったこと。この若い2人、「じゃ?私のお父さんは全然愛され
てなかったわけ?」、「間に合わせで結婚された俺のお袋の立場は?」って
思わなかったんでしょうか???

あと、セカチューのずーっと昔の恋人を思いつづけているおじいちゃんと結婚した
おばあちゃんも同じような感じで可哀想だぞ…!

それに、これと似たような映画、昔にもありましたね。「ガラスの城」とかいう
スー・チーとレオン・ライが出てる香港映画。これもお父さんとお母さんが昔の
恋人と出会って一緒に自殺しちゃうんだっけ?

…ってな感じで、変なところが気になって素直に感動できなかった私だったの
でした。

美しい物語の裏には、実はたくさん泣いている人がいる、ってことですね!?

Comment(4) | TrackBack(0) | [韓ドラ・韓国朋友]

 緑茶ハミガキ 2004年12月24日 15時08分
カルフールに行ったのですが、買う予定だったもののことを
すっかり忘れて、やばい売り場へ足を運びました。

そうです、歯磨き粉売り場です!

私は新発売のものや、珍しそうなものがあると、ついつい買い
たくなってしまうんです。

でも、最近は商品の動きも少ないし、特に買いたいようなのは
ないはず、って通り過ぎようとしたのですが、
見つけてしまいました…。

黒人ハミガキ(黒人牙膏)の新製品が出ていたのです!!!

名前は「茶倍健」、英語名は「Tea Care」
なんでも、龍井(ロンジン)茶のポリフェノール成分が入ってる
んだそうだ。

パッケージも、緑色のメタリックタイプで、キラキラしてます。
これ、黒人ハミガキの「ノーマル」、「超白」、「天然水」に続く
4種類目ですね。

そして、一瞬迷ったのですが、もちろん「買い」でした。

あと「美白」歯ブラシも買っちゃいました。
歯ブラシの中央にゴムみたいなのがついてて、歯を白くして
くれるんだと。ウソっぽいけど、形がおもしろいのが気に入り
ました。さて、本当に効果はあるのでしょうか?

…で、この歯磨きグッズ二つをカゴに入れた後、妙に充実感が
あり、レジにそのまま向かって帰りそうになりました。
今日、そもそもカルフールに来たのは何を買いたいからだった
のか、思い出すのにかなり時間がかかってしまいました…。アホ。

それにしても、あ〜、これで家にある歯磨き粉は10本になって
しまいました。歯ブラシも5本くらいあったような?
…家族を増やしでもしない限り、全然使い切れませんね!

Comment(5) | TrackBack(0) | [歯磨き粉事情]

 元彼ご来訪 2004年12月23日 13時01分
おとといは、元彼のお誕生日でした。
なんで、こんな感じのメールをふざけて送ってみました。

--------------------------------------------------------

Subject: お誕生日おめでとう!

メール本文: 

ワーカホリックの○○へ

また「大きく」なったんだね。お祝いとして「私に」プレゼントを贈ってくれ〜。
二胡か電子辞書が欲しいなぁ。

漂亮的小姐(きれいなお嬢さん)より

--------------------------------------------------------

そしたら彼、昨日いきなり出張で上海に来てて、夜ゴハンおごってくれちゃい
ました。

あと、前回、「私の家のゴキブリがひどい」という話をしたのを覚えていて、
殺虫剤も買ってきてくれてました。高級なお茶も。

で、更に別れ際に封筒をくれました。
何だと思ったら中にはお金が入ってて、「これで二胡、買いなよ」だって!
あ〜、びっくりした。

でも、前々から「過去に2年連続、仕事で忙しくって、(私の)誕生日を忘れた
埋め合わせをしたい」って言ってたし、クリスマスだし(?)、ま、いっか、
ってことで有り難くもらっちゃいました。

で、奴、笑いながら、こう聞いてきます。

「でも、なんだってあんな悲しい音色の楽器を習いたいわけ?聞くだけで自殺
したくなるじゃん」

その悲しい音色がいいんじゃん!
で、こう答えときました。

「(あなたが)聞いて自殺したくなるくらいうまくなるよう、練習頑張るからさ!」

この人、決しておごってもらったり、物もらったりしたからじゃないけど、
良いなぁと思います。

なんでかっていうと、笑顔が良いです。
どんなに頑張って見ても、かっこいい方には決して、いや絶対入らないんだけど。
あと、目もきれいです。ご飯を食べる様子も、うまそうで良いです。

こういう人と一緒にいたら楽しいかも、って思いました。
…惚れ直しましたかね???

Comment(2) | TrackBack(0) | [未分類]

 在外日本人(ホンモノ) 2004年12月22日 15時19分
ちょっと古い話なんですが、先週末、たまたま知り合った人たち2人と一緒に
飲みました。

お2人とも日本人なのですが、

1人がお父様のお仕事の関係で日本に何年かしか住んだことなく、今までの
人生をほとんど海外(香港、シンガポール、イギリス等)で過ごした、という20代
の女の子。

もう1人がアメリカで20年間生活してから上海に来た、というオジサマ(年齢不詳)。

お2人は今、同じ外資系企業でお勤めしています。

お2人とも「自分の日本語がちゃんとしているか心配だ」とおっしゃいます。
(たしかに、ちょこっとあぶなっかしかったです…(笑))

オジサマ曰く、20年も「全然日本語しゃべらないで生活していたら日本語わすれ
ちゃった」んだそう。それに、「日本人の集まりに出ると、かえって(気を使うんで)
疲れる」そうです。

あと、年齢のかなり違うお2人ですが、完全なるタメ語で、仲良くしゃべってます。
お友達しゃべり、です。あと、話が盛り上ってくると、ときに、手をつないじゃったり
してます(付き合ってるわけじゃないんですよ)。

会社の話もしています。オジサマ、20代の女の子に向かって言います。
「来年あたり、昇進するんじゃん?」「君には期待がかかってるんだよ〜」

外資系ってやっぱり、係長になるのに何年もかかる日本企業とは全然違うらしい??
あと、話を聞く限り、この女の子、とっても重要な仕事を任されてるみたい??

それに、給与・人事はばっちり報奨制になってるらしく、がんがん仕事を取って
いけば、がんがん昇りつめていけるし、給与もどんどん上がっていくらしい??

私は「ちょっと古臭い考えの両親に育てられて、今までずーっと日本に住んでて、
日本で教育受けて、日本企業にずーっと勤めている」者です。
こういう私と、このお2人、根本的なものが全然違う世界に生きているみたいで、
なんだかおもしろかったです。良い、悪い、ってんじゃなくってですよ。

とある有名な作家がベストセラー本で「生まれ育った環境は一生体にしみ付く」
みたいなこと(ちょっと違うかな?)を書いてましたが、私にも長年の日本生活で
色々しみ付いてるんだな〜と実感した夜でした。

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 翻訳と厚化粧 2004年12月21日 15時39分
私は最近、本業のサラリーマン以外に翻訳のおしごとを
始めました(11月29日参照)。

たったいま、2つ目の仕事を終えて、メールで送っちゃったところです。

前回の初仕事が突貫工事だったんで(12月13日参照)、結構不安
だったんですが、すぐに2つ目のお仕事くれた、ってことは、
大丈夫だったってことですね!

2つやってみて思ったことですが、

原文を読んで「へ〜、こんなことがあるんだ〜〜〜っ」って知識が
増えるのが楽しいです。自分が普段あんまり関わりのない分野の
文章を真面目に読むことになるんで。

あと、真面目にやろうとしたら、いくらでも真面目に出来ちゃうのも
やなところです。こだわればこだわるだけ、時給換算すると損してる
ことになるんですよね(お給料は原文の字数で決まるんで)。

ま、どんなお仕事でも、真面目にやればやるほど給料が薄くなる
んですけどね。

それに、文章を見れば見るほど、誤訳が見つかったり、
「やっぱりこう訳した方がいいんじゃないか?」みたいなことが
出てきて、きりがないです。

これ、何かに似てる…って思い出したのが、私が某ダンスを習って
いたときの発表会のこと。

衣装を着てからステージに立つまで時間があまっちゃうと、一旦
しちゃった厚化粧をさらにいじりたくなります。
で、ステージに立つ瞬間まで、顔がどんどん厚く塗りたくられて
いくのです…。

あんまり厚塗りになるのもなんだから、
→あんまり文章いじりすぎるのも、きりがないから、
ってことで、さっき、締め切りより早めに提出しちゃいました。
もうスッキリです。これからは「会社で」休憩です!
(なんていう社員だ!!!)

しかし、翻訳仕事、やっぱり「くっらーい」んですよね。静かな自宅で
一人、文章に向かってると、ただでさえ内向的な性格が、更に内に
向かっていって、気が変になりそうです。

翻訳家をやっている某知人が家で猫を飼っているんですが、その気持ち
が分かるような気がしました。

私も黒パグくんを飼って、なでなでしながらお仕事したいもんです〜。

Comment(0) | TrackBack(0) | [未分類]

 こじき様 2004年12月20日 16時47分
歩道で乞食の方がうつ伏せの苦しそうな体勢で倒れていらっしゃいました。

頭は白髪交じりでボウボウ、顔は見えません。
片手には「入れてくれ〜」とばかりに空き缶が握られています。
洋服はつぎはぎだらけです。

でもね、よーく見ると、このつぎはぎのご衣装、実は手が込みすぎてますよ!!!

だって、本当に細かい細かい布を何枚も何枚もつなぎ合わせてあるんですから。
これ作るの、下手なパッチワークやキルトよりもかなり手間がかかったはず。

そう思うと、ぜ〜んぜん、かわいそうじゃないですよね。演出、がんばりすぎです。
もちろんお金なんてあげません。

あと、聞いた話によると、一部のこじき様達は実はとっても裕福で、タクシーに
乗ってご出勤・ご退勤されたりするとか。
それに、いきなり携帯電話を取り出してお仲間にお電話される方もいらっしゃるとか…

だから、この立派なご衣装をお召しのこじき様も、お仕事時間が終わったら、すくっと
元気にお立ち上がりになって携帯でタクシーを呼んで、家に帰るんだろうな…

みなさんも上海のこじき様達の巧みな演出(?)に騙されちゃだめですよ!

Comment(2) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 練りアイス 2004年12月17日 18時41分
久光(そごう)の地下には日本食品がたくさん売ってます。

会社帰りの格好の寄り道スポットであります。
日本のオジサマたちもたくさん見かけますよ。

その久光の地下で、前々から気になってた「トルコ風アイス」を
買ってみました。

日本からの輸入もんだけあって、値段はちょっと高め。
14元(190円)くらいだったかな?
こっちだと安いゴハンが2回食べれちゃう価格ですよ〜。

ちなみに、ローカルのカップアイスは5元(70円)くらいだったかな?
棒アイスだったら1元(13-14円)からありますよ。

あとあと、ハーゲンダッツは日本よりも高く、小さなカップが27元
(370円くらい)でしたね。ローカル物価に慣れると全然買う気に
なれない値段です。

なんで、ぷくぷく太ったお金持ち家庭のお子様がハーゲンダッツの
アイスを食べてると、「私があんまり食べないものをなんであいつが
食べてるんだぁ!」ってむかつくんだな〜。

で、そのトルコ風アイス、早速食べてみました。

「練って伸ばすとおいしく食べられる」んだそうですが、たしかに
クニョクニョになっておもしろくはありました。

でも、練るのが楽しいだけで、はっきり言って、ローカルのカップアイス
のがうまいって感じ。もう一回、買わないだろうなぁ。

これ、日本での評判はどうなんでしょう?
こういう目新しさで売ってる品物って、出たときからもう消えることが
約束されてるって感じで、なんだか哀愁漂ってますね。

でも、がんばって海を渡ってきたね。えらいえらい。

Comment(4) | TrackBack(0) | [その他製品事情]

 罵り言葉 2004年12月16日 19時32分
中国語は罵り言葉が豊富みたいです。
バラエティに富んでます。もちろん、全部把握してませんが。

友達に聞いたところによると、韓国語も、タイ語も、色々あるらしいです。
そう言えば、昔々勉強した広東語は、無茶苦茶豊富だったなぁ。

一方、日本語って罵り言葉が少なすぎやしませんか?
「**」ってなんて言うの?って聞かれて、いっつも答えにならずに困ります。
だって、全部「アホ」か「バカ」に集約されちゃうんで。

それ以外だったら、一般の人は使わないようなのとか。
時代劇やヤクザ映画にしか出てこないようなの、とか。

あと、性的な罵り言葉も日本語だとよく使われるものは、強いて言えば
「お前のかあちゃんでべそ」くらいのもんでしょうか?かわいいもんです。
(これも小さい頃、由来を全然知らないで使ってましたけど。)

それから、中国でよく「死ね!」「殺す!」とかふざけて言いますけど、
これ、日本語で言われたらショック大きすぎですよね?

この罵り言葉の少なさと、死ね!殺す!と言われたときのショック度の
理由は何なんでしょう?
「私たちってお上品な国民だからさ!」…って訳じゃ全然なさそうだし。
どなたかご存知の方、教えてください!

ところで、この間、ある人に「日本語で「死ね!」「殺す!」ってどう言うの?」
って聞かれました。

で、私こう答えときました。

「日本語ではあんまりそういうこと言わないよ。そう言いたいときは
「超むかつく」くらいにしておいて方が良いよ」

…「超むかつく」も、年代によっては受け入れがたい言葉です。
答えになってなかったかな?

もし、「チョー、ムカツク」を連発する外国人に会ったら、それは私の知り合い
かも知れません…。ごめんなさい。

Comment(7) | TrackBack(0) | [へんな中国語]

 全身マッサージ 2004年12月15日 13時58分
翻訳仕事で疲労していると言ったら、昨日も登場のCさん(中国人、元同僚)
がマッサージに連れて行ってくれました。

行ったのは、徐家匯にあって日本人の間ではちょっと有名な盲人按摩のお店。
(って言ったら、お分かりになる方はピンと来ますよね??)

1時間45元(約600円くらい?)の全身マッサージをやってもらいました。

私を担当したのはとっても元気でおしゃべりが大好きって感じのお姉ちゃん。

一方、私は美容院とかでしゃべるのが苦手な内気な性格。
なんで、彼女の相手はCさんとCさん担当のお兄さんに任せときました。

そしたら彼女、マッサージしながら色々私の体についてコメントしてます。

「この子、首の左側、調子悪いね、右は大丈夫だけど。
姿勢が悪いんだね。普段テレビ寝転んで見たりしてんじゃないの?」

…そんなことしてませーん!
きっとパソコン使うときの姿勢が悪いんだ…

「足、引き締まってんねー。普段よく運動してるに違いない」

…いやいや、運動らしい運動はほとんどしてません。
上海の汚い空気を吸い込みながら、その辺をがんがん歩き回ってるせいだよ。
それか、週末クラブで踊りまくってるせい?

で、極めつけは頭のマッサージをしてもらってたら

「この子、頭大きいね〜!!」

ぐっさー…
私、決して小顔ではありませんが、大きい方でもないと思うんだけど???
この姉ちゃん、芸能人の頭マッサージしかしたことないに違いない(?)。

そしたら続けて、

「頭が大きいと頭がいいのよ〜」

…そんなフォローされても、うれしくねぇ。

あと、頭いじりながら言われました。

「あなた、不眠症でしょう?」

なんで分かるのか聞いたら

「頭皮が堅いのは血液の循環が悪い証拠。よく寝てないせいだ」

で、頭ガシガシってマッサージされながら言われました。

「よく寝なきゃダメよ〜、美容、美容のためよなんだからね〜。分かったね〜?」

はいはい、分かりました。


…ってな感じで、自分の体についての理解が深まった、1時間マッサージ
だったのでした。

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 記憶的証明2 2004年12月14日 12時54分
昨日、中国人の元同僚Cさんのおうちにおじゃましたんですが、

なぜか一緒に中国のTVドラマ『記憶的証明』(第二次大戦中の日本人兵士
と中国人捕虜の物語)を見ることになりました。

このドラマ、昨日放送分も疲れる内容でしたよ〜。

中国人捕虜を殺すことに喜びを感じているような、どうしようもない日本人兵士
がうれしそうに中国人に向かって日本刀を振り回したり。

で、その兵士のセリフがなぜか、中国人を怒鳴りつけるときだけ日本語だったり。

で、その人が年取ってから、誇らしげにたくさん中国人を殺したことを語ったり。

あと、日本人の隊長が、中国人の捕虜の命よりも、自分の飼い犬の命を優先
しようとしたり。

そして、こういう日本人の役を演じてるのが、みんな日本人の俳優さんたち
なんですよね。彼らは一体何を思ってこういう役を引き受けてるのでしょう??

Cさんに言いました。

「このドラマ、日本でちょっと話題になってるらしいよ。反日感情を煽ってるってさ」

そしたらCさん、

「うん、確かに中国人の反日感情は笑っちゃうくらい奥深いものがあるよ」

…だそうだ。

上海で普通に暮らしてる分には特に何も感じることはありません。
でも、全部が全部でないにしろ、深〜く、心の中で昔のことをいろいろ思い続けて
いる人たちがたくさんいる、ってことなんですよね。
そりゃそうです。当時、実際に家族、親戚が殺されたりしたんですから。

このドラマ自体は、はっきり言って、ドラマという娯楽番組として考えると、
あまりおもしろいものではありません。仕事から疲れて帰ってきたホワイトカラーの
人たちが楽しんで見る類のものではないと思います。

事実Cさんも、以前ちょっと見始めて、つまらないのですぐやめた、と言っていました
(昨日はたまたま、私が見るから見てみた、って感じ)。
あと、戦争時代の日本兵や中国人の描き方が誇張しすぎていてウソっぽい、
とも言っていました。

でも、昔を思い出しながら、このドラマの内容に同感して見ている人や、「日本人は
みんなこんなんだ」って画面の内容を素直に受け入れて見ている人もたくさんいる
んだろうな……って思うとちょっと、いや、かなりコワイ。


ところで、私は本編とは関係ない、くだらないことが気になってたまりません!

主人公の女の子(現代を生きる日本人女性、日本の女優さんが演じてる)ですが、
メイクと洋服が全然日本人っぽくな〜い!
中国人のメイクさんを使って、洋服も中国人チョイスだったに違いない!
(日本のアパレル会社がスポンサーになるわけもないだろうし…)。

また、その女の子が住んでいる日本のアパート、全然日本人の女の子の部屋に
見えな〜い!日本には絶対にない家具も置いてあるし。あれは中国のスタジオ
で撮ったに違いない!

日本の警官の制服が変〜。中国のどっかのガードマンの服をテキトウに着せた
としか思えない!

…等々、関係ないところで突込みどころ満載のドラマでもあります…。

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 初仕事 2004年12月13日 17時40分
土曜日の夜、アムロ好きのタイ人少年、Gくんと家でアムロのCD
聴きながら平和に遊んでいました。
(私は別にアムロファンではないんですけどね…)
そしたら、いきなり電話がかかってきました。

出てみると、…もっちろんゴミ男(遠距離恋愛の電話くれないオトコ)では
ありませんでした(期待してないけど…)。

女性の声です。
こんな知り合いいないぞ、間違い電話か?
っと思ったら、なんと、翻訳会社からの初仕事の依頼でした。

で、本来やってくれるはずだった人が見つからないから、私にやって欲しい。
67ページに及ぶパワーポイントを2日間で仕上げて欲しい、だって…。

お陰でその次の日、すなわち昨日の日曜日はずーーーーっと朝10時ごろから
夜の10時ごろまでの12時間、会社のパソコンの前に座って、悩みながら字、
打ってました。

(なぜ会社かというと、家のパソコンにはパワーポイントがないのです。
会社の資源、無駄遣い???スミマセン…)

会社だと音楽かけるわけにも行かないし、なぜか昨日は残業してる人も
あんまりいないし、で、あんまりにも1人。
とーっても孤独で暗い気分になってきて「自殺したい人って、こんな気分かなぁ」
って考えちゃいましたね。

それに、その間、ろくな物食べてないし。朝食のパンとスタバのアップルパイと
カップラーメンだけ。なんだか生活習慣病一直線です。

そして、家に帰ってからは、プリントアウトした訳文を更にチェック。
寝たのは2時ごろです。

今日も会社に早く来て、分からなかったところを、中国人の同僚に聞いて手直し。

ってな感じで、ついさっき翻訳会社にやっと完成版を送付したばっかりです。
今現在、目は真っ赤でガビガビ、肩も凝りまくってます。

翻訳の仕事って、肩凝り解消のためのマッサージ代とか、心身の健康
損ない代とか考慮すると、割に合わないかもなぁ。

で、今回、時間が優先で、突貫工事みたく、がーっとやっちゃったんで、
いまいち納得できない出来でした。これのせいで次の仕事が来なかったら
困るんだけどな。

ま、とにかく今晩はゆっくり休みたいと思います。

Comment(0) | TrackBack(0) | [未分類]

 なんでいるか? 2004年12月10日 12時46分
「なんで上海にいるの?」

ある中国人同僚に言われて、ちょっと考えちゃいました。

彼曰く

「別に中国に恋人がいるわけじゃないんだし、わざわざ先進国の居心地の
いい日本を離れて上海にいたい、ってのが理解できない」

んだそうだ。

「上海がおもしろいから」と言っても、日本で楽しい学生生活をおくった
その同僚は「日本のがいいじゃん」と全然分かってくれません。

ついでに

「あんた、中国語もあんまり話せるわけじゃないし」

とまで言われたぞ!(グッサー!!!)

私の勤めている会社は日系企業です。
社員は日本人か、日本に5年くらい住んだことがあって、日本語が
無茶苦茶堪能な中国人ばっかり。

なんで、仕事は全部日本語ですすんじゃうため、中国語を話さなくっても
いけてしまう。また、話すのがアホらしくなってしまうようなところなのです。

なんで、私がほとんど中国語をしゃべらないから、全然出来ないと思われ
てるらしい…?!

でも、「なんでここにいるか」についてはちょっと気になったんで、
上海で暮らすメリットについて改めて考えてみました。

・(上にも書いたけど)上海がおもしろいから

・街に活気があって、気持ちが明るくなるから

・上海の発展していく様子を見届けたいから

・これから発展していくところだけあって、世界各国から人が集まってくるから
様々な人と知り合うことができる

・物価が安いので、贅沢をしなければ日本にいたときよりもお金に関する
圧力が少ない(給料も安いんですが…)

・見栄っ張り代(洋服、化粧品、美容院代など)にお金をかけずに生きていける
(元からあんまりかけてないけど…)

・中国語をタダで勉強できる
(の割に、上みたいなこと言われてっけど。とにかく書籍も手に入れやすいし、
テレビもすぐ見れるし)

・世界各地の映画DVD、音楽CDを安価に、すぐGETできる
(違法コピーですよ、もちろん…)

・みかんや西瓜がうまい(…かなりマイナーな理由?)

…うーん、まだまだありそうだ。またいつか、続きを書こっかな。
デメリットについてもね。

Comment(6) | TrackBack(0) | [未分類]

 すれ違い 2004年12月09日 12時06分
ゴミ集めおばあちゃん(8月23日参照)のために、プラスチック系のいいゴミを
家にためこんでた私。

今朝、やっとのこと出しに行きました。

そしたら、この時間、いっつも健康器具のある場所で運動ORおしゃべり
してるおばあちゃんが、今日に限って「い・な・い!」

(上海の公園とか、いたるところに、足腰を鍛える系の健康器具がいくつか
設置してあって、お年よりの憩いの場になってるのです。)

会社に行かなきゃいけないし、おばあちゃんを待ちつづけるわけにはいきません。

で、近くにいた警備員のおじさんに「ゴミ集めてるおばあちゃんが来たら渡しといて」
と頼んでみました。

そしたらその警備員さん、門の外にいた軍服っぽい緑の服を来たリヤカー
引っぱってるおっさんに声かけちゃいました。
「お〜い、ゴミだぞ!」

その軍服のおっさん、私に「謝謝、謝謝!」ってニコニコしてます。

…私はおばあちゃんにあげるためにゴミをためこんでたというのに〜、
このおっさんにあげるためじゃなかったのに〜、残念でなりません!!!

こんな感じで、すれ違いがちの、おばあちゃんと私なのでした…。

Comment(2) | TrackBack(0) | [ゴミ集めおばあちゃん]

 記憶的証明 2004年12月08日 11時11分
毎朝、ぼーっとした頭でテレビをつけると、必ずやってるCMがあります。

「日本人真的做過那様的事嗎?(日本人は本当にそんな事をしたの?)」

わざと日本人っぽくしたようなアクセントで叫ぶ女性の声が、妙に強く
印象に残ります。中国のTVドラマ、『記憶的証明』の宣伝です。

このドラマ、「現代を生きる日本人女性」と、その「戦争時代を生きた祖父」
を軸に、過去を振り返るという形で描く、抗日戦争モノらしいです。
日本・韓国からも俳優が出てるみたいですね。

こっちのドラマにでてくる日本人って、大体「バカヤロー!!」って
叫んで刀振り回して人を殺す、なんてのが多いです。
人格がない化け物みたいな感じですね。

このドラマでは日本人にちゃんと人格が与えられてるんでしょうか?
どんな描かれ方をしてるんでしょうか?
果たして、日本人女性の叫んでいる「那様的事(そんな事)」とは何をさすんでしょうか?

こっちに暮す日本人としては、ぜひチェックしておきたいドラマですが、
いまいち生活時間帯と合わず、見れてません。

中国ではいろんな放送局で繰り返し繰り返し同じドラマを放送します。
またどこかの放送局で再放送されたら、私もぜひ初回から見てみたいもんです。

Comment(2) | TrackBack(0) | [未分類]

 拾っちゃった 2004年12月07日 12時13分
私には悪い癖があります。
物をなかなか捨てられないのです。なので、家は物であふれてます。
そして捨てたとしても、また拾い上げちゃったり。

先日、ゴミ箱にポイしたはずの遠距離恋愛のオトコ(11月23日参照)も、
拾い上げちゃいました。

あんだけやめようって思ったのに、アホなもんで、
なんとなく電話したくなっちゃったんですね。

だって「白い巨塔」のDVD見てたら、唐沢さん演じる財前先生が、
ゴーマンな感じといい、目が笑ってないところといい、奴になんとなく
似てたんで。で、懐かしくなっちゃったんです。
(そこのあなた、男の趣味超悪いって思ったでしょ?その通りです…)

あと一つ言い訳をすれば、国際電話カードもせっかく買ったんで、
もったいないな、って思ったし。

(国際電話カードは、親にではなく、奴に電話をかけるために買っているのです。
お子様のいらっしゃるみなさま、親の思われ度なんて、こんなもんです…(汗))

で、超普通にしゃべっちゃいました。相手も今回は機嫌良くって、超普通でした。
天気のこととか、仕事のこととか、最近の出来事とか、とっても普通の話をして、
「まったね〜」って感じで切りました。

相手は露にも、私が前回の電話のせいで落ち込んでたなんて気がついて
ないんですよね。で、自分がゴミ箱に片足突っ込んでいたことも、全然知らない
んだよね。

ホント、人間ってわからないものです。私も知らないところで誰かを傷つけて
ゴミ箱に入ってるかもな、って思っちゃいました。

…皆さんも気がついたら、パートナーにゴミ箱ポイされかかってるかも
知れませんよ?今一度、ご自分の行動を振り返ってみるといいかも?!

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 外見こそ全て? 2004年12月06日 11時32分
結婚願望満々で花嫁大募集中のWくん(韓国人男性、11月16日参照)が
また、上海に遊びに来てくれました。

で、一緒にゴハンを食べたんですが、なぜか外見の話になり、Wくん曰く

「男性も女性も外見はすっごく重要、特に女性。
営業だったら営業成績にも響くし。
だから韓国では多くの女性が整形するんだよ」



実際、Wくんの従妹もあごを削ってシャープにしたんだそうです。

でも、営業成績に響くって…
営業って、気さくだとか、親切だとか、愛嬌があるとか、知識があるとか、
気が回るとか、そういうのがもっと重要なんじゃないの?

さらに、Wくん

「でも、僕個人的には整形してない女性のほうが好きだけどね」



Wくんと同じようなことを言う韓国人男性、多いです。っていうか
ほとんどそうかも?

韓国の方々は「超見かけ重視」だということを、聞いたことがあります。
女性はきれいじゃなければ男性に価値を認めてもらえないから、
きれいになるために一生懸命なんだ、と。

で、その結果、整形美人が増えるけど、男性のほうはそういう美人は
イヤだってこと?!

あ〜、韓国の女性は大変だな、と思います。
全ては男性が「貴女の外見をどう見るか」にかかってる、って感じでは
ないですか!

ちょっとムカっときたので、Wくんをさらっといじめときました。

「整形が多い、って、男性が女性の外見を極度に重視しすぎるからじゃん!!

あ〜、韓国の女性はオトコのせいで美に対する圧力が強くって
超かわいそう。ぜーんぶ、オトコのせいだよ。

みんな男性は基本的に外見重視するかもしれないけどさ、日本は韓国ほど
ヒドくはないよ。もっと中身を重視するよ。」


さて、私の言ったことはどこまで本当なんでしょう?
日本人男性のみなさま、おしえてくださいませ…。

Comment(7) | TrackBack(0) | [韓ドラ・韓国朋友]

 山崎パン 2004年12月03日 17時41分
ユニクロ(9月8日参照)に引き続き、
「日本ではどってことのない普通の物だったのに、こっちに来たら
輝いているもの」第二弾。

それは山崎パンです!

今年の夏にオープンした「そごう」(名前は「久光」と言います)の
地下にYamazakiショップが入っています。
パンは袋入りのものではなく、お店で焼いています。

私、かなりのパン好きであります。
でも、上海、色々うまそうなパンを売ってる店は増えつつあるものの、
見掛け倒しだったり、今ひとつだったり、…なかなか素敵なパンに
出会えません。

そこで、日本のパンの味に限りなく近く、でも、日本の基準に照らし
合わせるとあんまりにも普通の山崎パンがとっても輝いて見えるよう
になってしまったのです。

山崎なんて、ただの「どこにでも売ってるパン」だったのに〜
ヴィ・ド・フランスなんて、普通のパン屋だったのに〜

という訳で、夜ご飯作るのがめんどくさいとき、でも、中華料理を食べ
たくないとき、このYamazakiショップ、よく利用してます。

(ヤマザキの関係者のみなさま、悪口になってないよね?
お店に通ってるから、いいでしょ?)

この間は「チーズ蒸しケーキ」を買い、「これって、受験生だったころ、
流行ってたよなぁ」なんて思い出しちゃいました。

しか〜し!店員さんは思いっきり、全然日本っぽくないですよ。
全然ありがたくなさそうに、ブスっと「ありがとうございます、また
おこしください(謝謝再次光臨)」って言ってくれますからね!

ここで、やっぱり上海だったなぁ、と思い出すのです。

Comment(2) | TrackBack(0) | [その他製品事情]

 不好意思! 2004年12月02日 15時07分
最近、道でぶつかったりしたときに「不好意思!(すみません!)」
って言ってくれる人が増えたような気がします。気のせいでしょうか?

以前はぶつかったら、お互いに「ぶつかったお前が悪い」とばかりに
睨み合って終わりってパターンが多かったんです。

でも、最近は「さぁ、私も睨み返してやるか」と思った矢先、「不好意思!」
と言われて、拍子抜けすることが多いです。

来たばっかりの頃
「道でぶつかっても相手にあやまっちゃいけないんだ。
スミマセン、ゴメンナサイって中国語は一番始めに習うけど、実際は使わない
言葉なんだ」って思ってました。

だから、何かがあったら、あやまるよりも、反射的に睨み返すことが習慣に
なっちゃいました。

それが「対不起!」「不好意思!」(スミマセン、ゴメンナサイ)って単語が
実用的なものになりつつあるのかな?

…って思ってたのに、今朝、私にぶつかってきた姉ちゃんに
「当心!!!(気をつけてよ!!!)」って怒鳴られちゃいました。
悪いのはお互い様の位置でした。
私が睨み返したのは言うまでもありません(…怖い?)。

…う〜ん、全面的な実用化はまだまだみたいですね。

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 大長今、見終わりました! 2004年12月01日 11時45分
大長今(デジャングム)、日本タイトル『宮廷女官 チャングムの誓い』、
先週、54話+スペシャルまで、全て見終わっちゃいました。

長いなぁ、これ全部見終わるんかい?、って思ってたものの、見出すと
スイスイでしたね。「もう続きがないのか」って思うと、ちょっとさみし
かったりして。

私のお気に入りキャラは悪役の二人、チェ尚宮とグミョンです!

チェ尚宮はギラギラの見事な悪役ぶりなのに、NG集などを見ている限り、
役者さん自身はお茶目でかわいらしい性格みたいですね。
このギャップをみて、更にお気に入りに!

グミョンはすっごくいろいろ頑張ってるのに、優等生の域を脱せず、決して
天才にはなれない。なんとなく、いっつも孤独で、おいしいところを全部
チャングミに持っていかれるあたり、すっごく現実的なキャラクターだと
思いました。「私もグミョンだ」って思う人は結構いるんじゃないかな。

あと、チャングミの相手役の俳優さん、私個人的には、今超日本で騒がれて
いるらしいヨン様よりずーーーっとかっこいいと思うんですけど。

っていうより、ヨン様ブームが去ったらこの人が今度は奥様方のアイドル
として台頭してくるんでしょうか??

韓国語の昔風の言いまわしも結構覚えましたよ。
今度、韓国人の友達の前で「陛下〜」ってふざけて使ってみようと思います。

そして、チャングムが終わった現在、引き続き、友人から貸してもらった
「白い巨塔」のDVDにはまっております。

日本のドラマは細部まで作りこんであって、やっぱり、すっごく良いですね。
(って言うより、字幕読まなくっていいから、私が細部にまで気を配れるって
のもあるかも?)充実の45分が、さーっと過ぎてしまいます。

ところで、白い巨塔になってから、夜はなぜかよく眠れます。
チャングムを見ていた期間、なんとなく、ずーっと眠りが浅かったのです。
あのどぎつい色彩が脳を刺激していたせいだったのでしょうか???

Comment(0) | TrackBack(0) | [韓ドラ・韓国朋友]



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp