ルナのたんたん上海生活
なんとなく暮らしていた上海。 帰還してから、かなりたちましたが、 こういうこともあったんだなぁ、って感じで、 当時のブログを残しておきます。 暇つぶしに、どうぞ!

* 2017年11月 *
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

* プロフィール *
名前ルナ
年齢32
性別メス
血液型O型
星座牡羊座
2年半の上海生活
(留学&仕事)を終えて、帰還。

現在は東京都内にて勤務。

フリーで翻訳(中、英)もやってます。

趣味:
ダンス、歯磨き粉収集、
語学学習
(ハングル検定、受けます!)

* カテゴリー *
未分類(90)
歯磨き粉事情(6)
その他製品事情(12)
ゴミ集めおばあちゃん(6)
リモコンをめぐる旅(3)
へんな中国語(6)
韓ドラ・韓国朋友(15)
ゴキブリ(4)
上海の風景(14)
中国朋友(6)

* 最新記事 *
・2005年04月07日  お休みのご挨拶
・2005年04月05日  お小遣い
・2005年04月01日  将来の夢
・2005年03月28日  翻訳仕事再開
・2005年03月27日  ご飯食べた?

* 過去記事 *
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月

* リンク *

* お役立ち情報 *

 一個陌生女人的来信 2005年03月09日 15時24分
友達からもらったタダ券があったので映画を観てきました。

タダ券がなければ映画なんて観に行く気にならないでしょう。
だって、映画一回見るお金で海賊版DVDが5、6枚買えちゃう
んですから。

映画館は女性でいっぱいでした。
私と同じく、三八婦女節のお陰で午後半休の人たちでは?

観たのは
『一個陌生女人的来信』という、中国の若手4大女優のうちの一人、
徐静蕾が監督・主演したものです。

(若手4大女優:チャン・ツィイー、ヴィッキー・チャオ、周迅、徐静蕾。
この中では私は周迅が一番好き。ちょっと整形っぽいんだけどね)

内容は、ずーっと一人の男性を思い続ける女性と、その女性のことを
全く覚えていない男性の話。

真面目に撮ってるはずの映画なのに、それに、作者は全然ウケを狙ってる
はずないのに、所々結構笑えましたよ。劇場内も大爆笑!

だって、なーんでこの男性、こんなに忘れっぽいんだ?健忘症、ひどすぎ。
あと、女性の方だって、なんであんな全然カッコ良くない男が好きなんだ?って。

そして、映画の内容よりもずーっと面白かったのが、私の横に座っていた
3人のおばちゃんトークです。

こっちの方々、映画始まってもおしゃべり全然やめないし、携帯電話で
平気でしゃべってます。
まるで、自宅のテレビの前でおしゃべりしているようなノリ。

で、この3人のおばちゃんも、画面で観たものに対する感想を、すぐさま
述べてくれます。

例えば、画面に食べ物が映ると

「あら、おいしそう〜!!」

登場人物が近所に餃子を配って歩くと

「へ〜、東北地方にはああいう習慣があるのかしらねぇ?」

そして、主演の徐静蕾が画面に大写しになると、

「あら、この子肌が汚いわ。毛穴開きすぎ」
「それに目のクマひどいわね。心臓が悪いに違いないわ」
「子役の子の方がずっと可愛かったわねぇ」

今度は徐静蕾の手が大写しになると

「この子の手、大きくてかっこ悪いわねぇ〜」

そして、相手役の姜文については

「彼、この役全然合ってないわよ。雰囲気がないもの。梁家輝がやったほうが
いいんじゃないかしら」

更に、徐静蕾についても

「女性のほうもマギー・チャンがやったら合うんじゃない?」
「マギー・チャンは現代的な雰囲気だから、こういう中国っぽい作品は
似合わないんじゃ?」
「でも、マギー・チャンって作品によって化けるじゃない?大丈夫よ」

…もう、無茶苦茶言われてます。勝手にキャスティングまでしてます。
主役の二人、面目なしです。

ま、この映画、日本で「華流(?)」でも起こって、徐静蕾がチェ・ジウなみに
売れでもしない限り、日本で公開されることは絶対にないだろうな…。

Comment(2) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 元肖節 2005年02月24日 21時41分
昨日は元肖節ってやつでした。
旧暦の1月15日です。

お家ではみんなで胡麻団子とか食べるらしい。
冷凍食品の胡麻団子が売れまくり。

丸い団子食べながら、今年も家族みんなで仲良く円満に、
暮らそうぜ、って願うんだってさ。

私も胡麻団子パックを思わず買ってしまいました。
これ、なかなかうまいんだよね。

で、外では爆竹バンバン!
部屋のカーテン越しに稲妻みたいな光が何度も何度も
走ってるのが見えます。

この元肖節が終わると、お正月期間が終わりなんだって。
なんだか寂しいなぁ。

こっちに来てから、
新暦のお正月は普通の日だし、
旧暦のお正月は日本に帰るし、

で、お正月がないような、二度あるような?

日本モードでは新年からもう2ヶ月経っちゃったよ〜。
でも、中国モードでは、年はまだ明けたばっかり。
これから今年はどうすごそうって考えなきゃ、って感じ。

なんにしろ、気持ちをリセットできる物が2回もあるなんて
なかなか素敵であります!
さ、今年の抱負でも語ってみますかね?

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 寒さとダウンジャケット 2004年12月30日 11時52分
ここ数日間で上海はいきなり寒くなりました。
今日は更に冷え込んでます。数週間前までの暖冬が嘘みたい!

予報だと0−3度らしいですが、零下にも行ってるんじゃないか?
って思うくらい寒い〜です・……!!

上海は緯度的には暖かそうなところにあるのですが、冬は結構寒くて
更に、湿気があるため、ひやっ、としてるのです。

雪も既に何回か降っています。噂によると、今日も降るらしい。
パラパラ降るだけで、全然積もんないんですけどね。

で、昨日、あんまり寒いんで、そろそろダウンジャケットを買おうかなぁ、
と会社近くのあるお店をに行ってみました。
そしたらなんと、全部売り切れ!!!

この間まで、あんなに売れ残ってたのに…みんな考えることは同じらしいです。

そして、他の店にも行ってみたら、黒色のばっかり残ってる…。

日本(関東?)だったら黒から売れていきそうだから、黒が残ってるのは望む
ところです。でも、中国の影響を受けつつある私は、赤とか、白とか、明るい色
を着たいのだ!

黒とか茶色とか、暗い色のならいらないぞ!って思い、結局買いませんでした。
今日も普通のコートで震えながら出勤してます。

…とうとう中国の方々と争って服を買うようになってしまったぞ!?
私たち、好みが一緒???

Comment(4) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 可愛的上海人? 2004年12月29日 11時31分
最近、地下鉄の駅などでよく見かける標語があります。

「与文明同行 做可愛的上海人」

意訳すると「マナーを守って、愛される上海人になりましょう」って感じだと
思うんですが、

それにしても「可愛的上海人」ってなんなんでしょ?!
上海人、ちっとも可愛くないですよ〜〜〜!
ケチな上海人、とか、気が強くて怖い上海人(特に女性)、とか、なら分かる
んですけど(笑)?!

って思ってたら、Fちゃん(中国人女性、外地人)が笑って言いました。

「"可愛的上海人"じゃなくって、"可悪的上海人"だよね!」
(可悪: 憎むべき、憎らしい)

Yes, that\'s right!!!

…でも、可愛的上海人も、たまにいることはいますよね?!

Comment(1) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 こじき様 2004年12月20日 15時22分
歩道で乞食の方がうつ伏せの苦しそうな体勢で倒れていらっしゃいました。

頭は白髪交じりでボウボウ、顔は見えません。
片手には「入れてくれ〜」とばかりに空き缶が握られています。
洋服はつぎはぎだらけです。

でもね、よーく見ると、このつぎはぎのご衣装、実は手が込みすぎてますよ!!!

だって、本当に細かい細かい布を何枚も何枚もつなぎ合わせてあるんですから。
これ作るの、下手なパッチワークやキルトよりもかなり手間がかかったはず。

そう思うと、ぜ〜んぜん、かわいそうじゃないですよね。演出、がんばりすぎです。
もちろんお金なんてあげません。

あと、聞いた話によると、一部のこじき様達は実はとっても裕福で、タクシーに
乗ってご出勤・ご退勤されたりするとか。
それに、いきなり携帯電話を取り出してお仲間にお電話される方もいらっしゃるとか…

だから、この立派なご衣装をお召しのこじき様も、お仕事時間が終わったら、すくっと
元気にお立ち上がりになって携帯でタクシーを呼んで、家に帰るんだろうな…

みなさんも上海のこじき様達の巧みな演出(?)に騙されちゃだめですよ!

Comment(2) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 不好意思! 2004年12月02日 14時59分
最近、道でぶつかったりしたときに「不好意思!(すみません!)」
って言ってくれる人が増えたような気がします。気のせいでしょうか?

以前はぶつかったら、お互いに「ぶつかったお前が悪い」とばかりに
睨み合って終わりってパターンが多かったんです。

でも、最近は「さぁ、私も睨み返してやるか」と思った矢先、「不好意思!」
と言われて、拍子抜けすることが多いです。

来たばっかりの頃
「道でぶつかっても相手にあやまっちゃいけないんだ。
スミマセン、ゴメンナサイって中国語は一番始めに習うけど、実際は使わない
言葉なんだ」って思ってました。

だから、何かがあったら、あやまるよりも、反射的に睨み返すことが習慣に
なっちゃいました。

それが「対不起!」「不好意思!」(スミマセン、ゴメンナサイ)って単語が
実用的なものになりつつあるのかな?

…って思ってたのに、今朝、私にぶつかってきた姉ちゃんに
「当心!!!(気をつけてよ!!!)」って怒鳴られちゃいました。
悪いのはお互い様の位置でした。
私が睨み返したのは言うまでもありません(…怖い?)。

…う〜ん、全面的な実用化はまだまだみたいですね。

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 交通マナー改善に向けて 2004年11月22日 22時09分
今朝、おもしろいものもらっちゃいました。

名づけて「交通安全3点セット」(我ながらしょぼい名前だ…)。
3点が何かというと:

1.車の運転に関する小冊子

道路交通安全法、事故に遭ったらどうするか、事故時の連絡先、
市内の駐車場の場所、運転のときの正しい姿勢、
運転時に必ず携帯しなければいけないもの、等々が書いてあります。

2.自転車の運転に関する小冊子

19ページあって、各ページに戦前の教科書に出てきそうなレトロな絵(?)が
載っています。例えば、信号無視して突っ込もうとしてる自転車の絵とか。
そして、各絵の下には「これをやると罰金**元」という解説が書いてあります。

3.道路交通安全法を解説するVCD(VIDEO CD)

まだ見てないんですが、交通安全法を解説する映像の入ったVIDEOのはず。
金かけてますねー。

制作は、上海市公安局、上海市精神文明建設委員会、ってなってます。
「精神文明建設委員会」って、なんだかスゴイ名前だ!

会社の近くの道路で、おっちゃんたちがたくさん集まってて、人海戦術で
道行く人々みんなに配ってました。お姉ちゃんにも、おじいさん、おばあさんにも。

上海政府、交通マナーの改善に向けて、がんばってるんですね!
意気込みを感じます。

でも、私は上海(中国?)のむっちゃくちゃな交通マナーがなんとかなるのって、
50年くらいかかるんじゃないか、と思ってたんですが。
さーて、効果はどのくらいあるんでしょうね?

マナーの改善、万博に間に合うのでしょうか?!見ものです。

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 果物と野菜 2004年11月04日 11時09分
上海にいてうれしいことの一つに、果物が安くておいしい、
ということがあります。

最近はみかんの出回る季節。

私は近所の果物屋で10個くらいずつ、チマチマ買ってます。
(たくさん買って腐らせるのもかわいそうなんで。)

果物、野菜は基本的に全て量り売り。
みかんの山から自分で選んで袋に入れて、最後に店の
おっちゃんに量ってもらいます。

10個でだいたい2元くらい(27円といったところでしょうか?)。
気のせいか、買うたんびにだんだん安くなってきているような。
ちなみに、昨日は1.6元でした。

私は全然値切らないのですが、値切ったら実はもっと安いかも
しれません。日本の果物の高さと比べたら信じられないですよね?

あと、有名な話ですが、スイカは1年中売ってますよ。
広い中国のこと、いっつもどこかで何かが育ってるんです。
私のお気に入りは片手のひらに乗っかっちゃう、小さな小さなスイカ
(今度、写真撮りますね)。

あと、野菜もかなりうまいです。
自炊をするようになって発見したのですが、野菜にちゃんと
匂いがあります。大根の味噌汁を作ったら、汁が甘くなってて
びっくりしました。

中国の野菜、日本にたくさん輸出されてるはずですが、匂いなんて
ないですよね?輸出用に匂いを消しちゃってるんでしょうね。
もったいないな〜。

ってな感じで、私、中国の農作物をがんがん食べてるんですが、
これって、がんがんと農薬を体に蓄積していることになるんですかね?
だったら、かなり怖いんですけど…?!

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 タクシーとお土産 2004年10月13日 11時00分
またまた帰りのときの話。

タクシーにお土産の入った袋を忘れてきてしまいました〜!
あーこれで、誰にも何もあげられない〜。なんたること…

と思った瞬間、タクシーでレシートをもらっていたことを思い出しました。

私、タクシーに乗るときはレシートをもらったりもらわなかったり。
でも、今回は運転手さんがちゃんと渡してくれたから、もらっていたんです。

で、レシート上の電話番号に電話して、タクシー会社の人に
車番号、レシート番号他を伝え、運転手さんに連絡をとって
もらうよう頼みました。

そしたら、しばらく経って、運転手さんから電話がきました。

「荷物ありますよ。これから(あなたの場所まで)届けますよ」

やった〜。それに、届けてくれるなんて、なんて親切なんでしょう!

無事荷物を受け取った後、タクシー会社に再度連絡して運転手さん
を誉めておきました。「荷物ちゃんと届けてくれて、超親切だった」って。
彼の成績にちゃんと反映してくれるでしょうか?

上海のタクシー、数が多すぎるんで、レシートがなかったら、
絶対運転手さんに連絡を取れなかったと思います。

皆さん、もしものときのために、タクシーに乗った際はレシートを
ちゃんともらっておきましょうね!

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 オリ猫 2004年09月28日 22時01分
家の近くの飲食店の前に籠が置いてありました。
中には猫が入っています。籠の上には紙が貼ってあって、
そこには次のように書かれていました:

「喜歓猫 就拿走」

猫好きだったら持ってって、ってことですね。

生まれたばっかりの子猫がたくさん入ってるのなら分かるのですが、
中に入ってるのは、ちょっと薄汚れた大きな猫です。
目を細めてあくびなんてて、のん気なもんです。

私が思うに、その飲食店で悪さをする猫を、お店の人が籠に
閉じ込めちゃったのではないでしょうか?そして、誰か好きな人が
持ってってくれたらありがたいなぁ、みたいな感じ。

張り紙と猫を見て、私がクスッと笑ったら、横に立っていたお店の
おっちゃんもクスッと笑ってました。私の考え、かなり当たっているのでは?

この猫さんの運命、どうなるのでしょう?
今日帰りにまたその店の前を通って、チェックです!

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 おうち見学 2004年09月27日 20時28分
元中国人同僚のCさんのお宅にお邪魔しました。
なんでも、Cさんご自慢の「一目ぼれ」のお家なんだそう。

場所は上海郊外。地下鉄1号線の端っこの駅が最寄駅です。
そこから専用のバスで10分くらい行くと、Cさんの住んでいる
住宅地に到着です。

着くと、とーっても広い、緑の多い敷地に集合住宅がたーーーーくさん
建っていました。

5階建てだったり、20階建てくらいだったり、一戸建ての別荘風の家だったり、
…といろいろな形式・大きさの家が場所ごとに集まっています。
(値段はそれぞれ違うらしいです。)

そして、これら、形式・大きさの異なる家の外観は全て、落ち着いた
オレンジ、ブラウン系の色で統一されています。

敷地内には各種レストラン、カフェ、クリーニング屋、コンビニ等
があり、スポーツジム、体育館、プールもついています。
この団地に住んでいる子供たちが通うための小中学校もあります。
併設の公園もとても大きいです。全敷地の四分の一くらいを占めるの
ではないでしょうか?池もあって、釣りができるそうです。

もちろん、Cさんのお家の中も見せてもらいました。広くって、きれいで、
私の住んでいるゴキブリ屋敷とは大違い!(比べる方がバカ?)

でもCさん曰く
「俺の家なんてたいしたことないよ。
奥に建ってるのはもっと高級なんだから」

そこで、そのCさんの言う「奥に建っている高級な家」、
すなわち、今分譲中の最高級な一角にあるモデルルームも
ついでに見学してきました。

そこは入り口のロビーからして4ツ星のホテルみたい。金色系の色がたくさん
使われていて、キラキラしてます。

そして、部屋の中は5ツ星な雰囲気が漂っていました。ゆったりした居間
と大きなダブルベッドの入る寝室、書斎、子供部屋、大きなキッチン、…

私、モデルルームめぐりなんてしたことないんで、日本の家がどんなだか
分からないのですが、日本の高級マンションもおそらくこんな感じなのでは?

こんなにでかくちゃ掃除が大変だぞ!と思ったものの、こういう家に住む人は
お手伝いさん雇うからいいのか、なんて考え直したり。
あと、キッチンがせっかく広くてもこっちの奥さん、料理しない人多そうだから
意味ないんじゃ?とも思ったり。(旦那さんORお手伝いさんのために広い?)

その部屋は139屐お値段は1屬砲弔1万元だそうです。
ってことは139万元だから、…約1900万円ってことですね。
日本の小金持ちだったらころっと買えちゃうお値段なのでは?
現地物価感覚だととっても高い家ですが、日本の感覚だと、
これだけきれいでこのお値段、コストパフォーマンス高いのでは
ないでしょうか?

場所は市の中心から離れていて少々不便ではありますが、小金持ちの
皆さん、拠点として中国に一つ家を持つなんて、いかがですか?
…私も商売で儲けたあかつきには買いたいと思います。
(そんな日が来るんかい?)

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 無敵の横断歩道 2004年09月17日 11時03分
最近、上海の歩行者用信号がバージョンアップしました。
赤と緑のほかにカウントダウンの数字がついたのです。あと、音声も。

まず、緑になると「ピッピッ・・・・」と人を急かすような音声が流れます。
日本の「とうりゃんせ」や鳩さんの鳴き声みたいなもんですね。
この音が聞こえてくると、なんだか急いで渡らなきゃいけないような気に
させられます。

で、赤に変わる時間が近づくと数字が表示されて、
あと10秒、9、8、7、6、・・・・ブーッ、みたいな感じで赤に変わります。

これにプラス、人海戦術です。各横断歩道にはおっちゃん、おばちゃんが
ついていて交通整理をしています。
で、歩行者が赤信号でちょっとでも道路に飛び出そうものなら
「ピーッ!!!!!!」とすごい勢いで笛を鳴らされます。

ご存知、上海の交通マナーはむっちゃくちゃです。車もむちゃくちゃですが、
歩行者もむっちゃくちゃ。歩行者の信号無視は当たり前で、ちょっとでも
隙があれば渡ろうとします(また、このタイミングの取り方がうまい!)。

バージョンアップ信号の出現と人海戦術は、このマナーの悪さを無理やり、
力ずくで改善しよう、って措置なんですかね?
きっと来るオリンピックと万博に向けて、マナーのいい国際都市を
目指して政府ががんばってるのでしょうね?

ところで、会社近くの交通整理のおっちゃん、外人を見かけると
「また来たな」て感じで「にかっ」と笑って英語で挨拶してるんですよ!
やるなー。

今朝はなぜかおっちゃん、私にも「にかっ」と微笑んできました。
おっちゃんの挨拶リストに私も加えられたのでしょうか?

ゴミ集めおばあちゃんといい、会社の掃除のお姉ちゃんといい、
みんな「にかっ」としている…。私はそんなにおもしろい&めずらしい顔を
しているのでしょうか???

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 小さなパスタ屋 2004年09月09日 15時24分
会社近くでいい店見つけました!
小さなパスタ屋さんです。

前々から気になってたのですが、一緒にご飯を食べに行く
中国人の同僚の皆さん、パスタには興味ないみたいで、
入ったことなかったのです。

で、みんなが出張&会議でいなくて1人になった日、
行ってみることにしました。

その店、部屋にすると10畳くらいしかないんじゃないか、
ってスペースに収容可能人数20人くらい。
中は白壁のすっきりした内装、清潔な感じ。

入り口には西洋人のお兄ちゃんが立っていて、
中国語で案内してくれます。
いかにも田舎から出て来たっぽい、真面目そうな
中国人のお姉ちゃんが3-4人、てきぱきと働いてます。
西洋人のお兄ちゃんが彼女たちを指図しているところ
を見ると、彼はこの店のオーナー?

お店の中にいる人たちも、ちょっとその辺にいる人たちと
人種が違います。

ピザハットでは西洋かぶれ、西洋のものをかっこいいと思って
雰囲気を味わいたい、という人がいつも列をなしているそうです
(ほんと、ものすごい行列なのです)。

でも、この店の中は本物西洋人、または、海外生活の長そうな
雰囲気のちょっと違う中国人ばっかり、って感じなのです。

で、肝心の食べ物ですが、私の食べたのはランチメニュー。
スープORサラダとパスタのセットで、38元です。
スープもサラダも4種類くらいから選択。パスタも選択ですが、
20種類くらいあって、無茶苦茶まよってしまいました。

38元って500円くらい、ってところですが、こっち物価では
豪勢な昼飯になります。でも、それだけ払っても
いいな、って気になりました。だって、何かにつけてうまい。

しょっぱな出てきた無料のパンから既にうまかったです。
で、これはいける、って思ったら、後に続く料理も
いい感じでした。パスタも上海ではめったにお目にかからない、
ちゃんとした固ゆで麺。コシのある麺は自分の家でしか
食べられない、と生意気なことを考えてたんですが、
ちゃんとありましたよ!

プラス16元(だったかな?)でコーヒーとデザートも出てくる
らしいです。そのデザートがまた、遠目に人が食べているのを
見たところ、おいしそう&まともそう、なのです。

上海、どんなにきれいな店でもデザート系は見掛け倒しでイマイチ
なところが多いのですが、ここはよさそうな感じがします。直感ですけど。
今度は胃袋&時間に余裕のあるとき、デザートにも挑戦したいです。

場所は…ポートマンの周辺、と言えば分かるでしょうか?
ご興味のある方、探してみてください。

なんだか表参道あたりで昼ご飯を食べたような、いい気分に
させてもらっちゃいました。

でも、いったん外に出たら、やっぱりそこは砂ぼこり漂う上海
だったんですよ…!!!

Comment(0) | TrackBack(0) | [上海の風景]

 ドロボウ?! 2004年09月02日 14時59分
家の中にタバコの吸殻が落ちてました。
…超冷や汗ものです。だって、私タバコ吸わないんで。
遊びに来る友達だって、吸いません。

家の鍵を持っているのは私だけです。
大家さんだって、中には入れません。
ってことは、誰かが窓から侵入してタバコ吸ってったの?!

でも、何も盗まれた形跡はありません。
ドロボウが家に入ってみたのはいいけど、何も盗むような物が
なくって(本当です…)、腹いせにタバコを吸って床に
捨てていったのでしょうか?

きゃ〜〜〜!!!気持ち悪〜い!!!


と思ったのもつかの間、家の外を歩いてみて謎が解けました。

落ちてる、落ちてる、タバコの吸殻が…。マンションの周りを
囲むかのように、たーくさん落ちているのです。

この建物にお住まいのみなさん、窓からゴミ、吸殻、などなど、
なんでもポイポイ捨てちゃうんです。
人によっては痰もお吐きになります(目撃経験有り)。

なので、私の部屋にあったタバコの吸殻は、上の階の人が
窓からポイ捨てした物だったんですね。
それが窓を開けていたときに入っちゃったんだと思います。

あ〜安心した。
というより、マンションの下を歩くときは頭上注意、ですね。

Comment(0) | TrackBack(2) | [上海の風景]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp