ルナのたんたん上海生活
なんとなく暮らしていた上海。 帰還してから、かなりたちましたが、 こういうこともあったんだなぁ、って感じで、 当時のブログを残しておきます。 暇つぶしに、どうぞ!

* 2017年4月 *
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

* プロフィール *
名前ルナ
年齢32
性別メス
血液型O型
星座牡羊座
2年半の上海生活
(留学&仕事)を終えて、帰還。

現在は東京都内にて勤務。

フリーで翻訳(中、英)もやってます。

趣味:
ダンス、歯磨き粉収集、
語学学習
(ハングル検定、受けます!)

* カテゴリー *
未分類(90)
歯磨き粉事情(6)
その他製品事情(12)
ゴミ集めおばあちゃん(6)
リモコンをめぐる旅(3)
へんな中国語(6)
韓ドラ・韓国朋友(15)
ゴキブリ(4)
上海の風景(14)
中国朋友(6)

* 最新記事 *
・2005年04月07日  お休みのご挨拶
・2005年04月05日  お小遣い
・2005年04月01日  将来の夢
・2005年03月28日  翻訳仕事再開
・2005年03月27日  ご飯食べた?

* 過去記事 *
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月

* リンク *

* お役立ち情報 *

 お休みのご挨拶 2005年04月07日 05時15分
おはようございます。

突然ですが、都合により、このブログを休載したいと思います。
今まで読み続けてくださった皆様、
どうもありがとうございました。

ところで、昨日は私の誕生日でした。
お祝いのメッセージをくださった方々、ありがとうございます。

今まで生きて続けて来れたことと、周囲に生かしてもらったこととに
大いに感謝いたします。

皆様の人生が今後も楽しく、充実したものでありますよう、
願いつつ・・・

ルナ

Comment(348) | TrackBack(101) | [未分類]

 お小遣い 2005年04月05日 23時12分
父からお小遣いをもらいました。

情けないながら、帰国したばっかりで日本円の少ない私に、
援助をしてくれた、って訳です・・・。
にわかにちょこっと金持ちになりました。

で、母があるものをものすごく欲しがってたので、冗談半分で
言いました。

「お父さんからもらったお金で、母の日にプレゼントしよっか?」

そしたら、母

「お父さんはあなたが自分のものを買うためにあげたんだから、
自分のために使いなさい」

なんで、ついでに、父ちゃんのいいところ、教えてあげました。

「実はね、お父さん、私の小さい頃、母の日に
「お母さんに何か買ってあげなさい」
ってお金くれたんだよ」

もう時効ですよね、これ教えても。
一見冷たそうに見える私の父も、陰でこんなことやってたのです。

そしたら、母
「(お父さんに)そんなところがあったの・・・」

えらくびっくりしたらしいです。
そのあと、母が鼻をグシュグシュする音が聞こえましたが、
果たして感動して泣いていたのか、単なる花粉症なのかは不明でした・・・。

永遠に知られなかったはずの父の心遣いを、やっと母に知らせることが
できて、ずーっと気に掛かっていたものが取れたように、気持が
すっきりしたのでした。

Comment(10) | TrackBack(0) | [未分類]

 将来の夢 2005年04月01日 22時21分
上海にいたときに、中国人同僚が話していたこと。

彼女の親戚で小学生の女の子がいて、その子に
じーちゃんばーちゃんが一生懸命、英才教育をほどこし
たんだそうです。

習い事をいーっぱいさせて、勉強も、たーくさんさせて。

で、その女の子もそんなじぃじとばぁばの期待に応えて
すくすくと「私、優秀なんだ!」って感じの女の子に育って
いったんだそう。

そして、その頃の彼女は「将来科学者になりたい」って
言ってたんだそうです。

それが、両親の仕事の都合で日本に行くことになり、
日本の学校に通ったら、

彼女の夢は「主婦になること」に変わっちゃったんだそうです。

これを聞いて、英才教育をほどこしたじぃじとばぁばは
とってもガッカリしたんだそう。

ここまで彼女の考えを変えちゃう日本の空気って、なんだか
すごい・・・。

そう言えば、私も将来の夢の欄に「可愛いおばさんになりたい」
なんて、書いてたんだっけなぁ。やる気のない子どもだ・・・。

だけど、個人的に実際、
日本社会では、女性はヘタにやる気を出すよりも、男性に頼って
ナンボだよ、って思うこと多々ありです。

Comment(26) | TrackBack(0) | [未分類]

 翻訳仕事再開 2005年03月28日 22時01分
携帯電話に不思議な番号の着信が入りました。

86-10-…

86は中国の国番号、0前に引っ付けて、010は北京のはず。

北京に友達なんていないぞ?誰だ?って思ったら、
お世話になってる翻訳会社からの連絡でした。

「新しい中文日訳のお仕事お願いしますね」って電話でした。

ネットもメールもあることだし、日本に帰ってからもお仕事
くださいね〜ってその会社にはお願いしといたんですが、
ホントにくれました。

能力不足を誠実さで補ってきた所以でしょうか?
帰国後の初仕事、がんばります!

ところで、このとき担当者の声、初めて聞きました。
今までメールでやり取りしたことがあっただけで、中性的な
名前の人だったので、実は性別すら知らなかったのです。
おばちゃんかおっさんかと思ってたら、若いお姉ちゃんで
びっくり・・・。

それにしても、この仕事、
日本の会社から北京側に依頼があって、それがぐるっと回って
私のいる日本に再び戻ってきたんですよね。

そう思うと、なんだかかわいらしいです。「よく来たねぇ」って。

そして、報酬として人民元が、私の上海の銀行口座に
静かに振り込まれていくのです。

実際に会ったことのない遠隔地の人間同士のやりとりで仕事が
出来上がって行っちゃうこの世界、なんだか結構狭くって良いぞ?!

Comment(4) | TrackBack(0) | [未分類]

 ご飯食べた? 2005年03月27日 20時28分
昔々、香港にちょこっと住んでたとき、香港人によく聞かれ
たんですよね。「ご飯食べた?」って。

それに対してクソ真面目に

「まだ食べてない」なんて答えて、相手にとっても心配された
私でした。

ご存知、この「ご飯食べた?」って単なる挨拶なんですよね。

かつてご飯を食べるのが大変だった時代に、相手のお腹が
ちゃんと満たされているか、って心配して心遣いを示す、

そんなとこから始まった、ただの挨拶です。

だから、「食べたよー」「食べてないけどすぐ食べに行くよー」
とか、テキトーに答えとけばいいんですよね。

でも、この挨拶、挨拶だと分かっていても私、未だに慣れません。

韓国も他民族からの侵略を受け続けた歴史があるせいか、
「ちゃんとご飯を食べられたか」
「相手のお腹がいっぱいになっているか」ってことがずーっと
重要な関心ごとだったらしいんですね。

そんなところから始まって、やっぱり「ご飯食べた?」って
挨拶します。

で、韓国人のMくんも、電話で私に毎日「ご飯食べた?」って
聞いて来ます。夕方でも、夜でも、深夜でも必ずこの質問。

これに対して、「食べたよー」「何食べたの?」「日本料理ー」
なんて会話を繰り返してるんですが、なんだかおっかしくって
たまりません。

どうして当たり前のこと、毎日聞いてくるの?って。
相手に対する心遣いのこめられた、素敵な挨拶、なんでしょうけどね?!

かつて、日本語に興味のある中国人・韓国人によく聞かれたもんです。
「「ご飯食べた?」って日本語で何て言うの?」って。

一応何て言うか教えつつ「これ、日本では挨拶にならないからね」
って説明も加えとく私。
言葉の違い、文化の違いはなかなかおもしろいのであります。

Comment(14) | TrackBack(0) | [未分類]



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp