声楽の先生をされているYUKIさんが、ご自身の体験に基づき、歌手と年齢についての記事を書いておられます(「オペラでのキャラクターの年齢と歌手の年齢」「音楽雑記2」「音楽雑記3」)。
専門的に声楽を勉強されたYUKIさんのお話、たいへん勉強になります。ぜひともごらん下さいませ。

今朝、学校へ出かける前にちょこっとネットサーフィンをしていたのですが、いつもこっそりと目を通させてもらっている、とあるBlogにおじゃましてびっくり。あちらにはコメントを一度もつけたこともないし、私が一方的に愛読しているだけで管理人さんは私のことなどご存知ないはずなのに、記事の中に私の名前が出ているのです!
Blog「オタンチン・パレオロガス 皇徳のまな板」の管理人でいらっしゃるオタンチン祇い気鵑蓮鋭い視点が光るドラマ・レヴューのみならず、オペラも含めたクラシック音楽にも造型が深く、やはり読み応えのあるご感想を書いておられるのですが、そのオタンチン祇い気鵑、私がこの三日ほどの間書き散らした恥ずかしい記事の内容に、細やかなご批評・ご叱正を下さいました(「優秀なワーグナー歌手が出ない理由」)。
弊Blogの16日の記事にトラックバックを下さったのですが、その時は、私はそのトラックバックに気づいていなかったのです(おい)。
いやあ、びっくりした……こういうことってあるのね。機械音痴、ネット音痴の私としては、頭では分かっていてもやはり驚いてしまいました。
オタンチン祇い気鵝∨榲にありがとうございます。

この「オペラ歌手、主にヴァーグナー歌手と年齢考」はあともう少し続ける予定ですが、次回は、オタンチン祇い気鵑里竿稟修謀えてゆく形で書いてゆこうと思います。

というわけで、本題の続きはまた明日、ということで、悪しからず。今学期最初の研究会で、ちょっと疲れているものでして……。
それにしても、こんなにほぼ毎日Blogを更新しているのは、Blogを始めてから今までなかったんじゃ、と我ながら思います。