第1回の続きです。

確信が揺らいだのは二年ほど前、アストリッド・ヴァルナイ(1918年4月25日生)のデビューからバイロイト登場に至るまでの経歴をある程度知るようになってからです。
1941年12月6日、当時二十三歳のヴァルナイは、ロッテ・レーマンの代役としてMETにてジークリンデを歌いデビューします。キルステン・フラグスタートの推薦を受けて、再開直後のバイロイトにブリュンヒルデとして登場するのが1951年、ヴァルナイ三十三歳。その間、彼女は主にMETで、ヴァーグナーの諸役を歌っていたのです。その頃のライヴ録音が少なからず残っています。

ラインスドルフ指揮/MET 1941.12.6『ヴァルキューレ』ジークリンデ(ヴァルナイ二十三歳※デビュー公演のライヴ録音
ラインスドルフ指揮/MET 1943.1.2『ローエングリン』エルザ(二十四歳
ブライザッハ指揮/MET 1944.2.5『タンホイザー』エリーザベト(二十五歳
ブライザッハ指揮/MET 1946.3.30『ヴァルキューレ』ジークリンデ(二十七歳
スティードリー指揮/MET 1948.3.6『タンホイザー』ヴェーヌス(二十九歳
スティードリー指揮/MET 1950.1.7『ローエングリン』オルトルート(三十一歳
ライナー指揮/MET 1950.12.30『さまよえるオランダ人』ゼンタ(三十二歳
スティードリー指揮/MET 1951.2.3『ヴァルキューレ』ジークリンデ(三十二歳

それではヴァーグナー・ソプラノ各役をヴァルナイがMETで初めて歌ったのは何年で、ヴァルナイが何歳の時なのか?METのホームページの検索機能で調べてみました。
ジークリンデ 1941.12.6(二十三歳
ブリュンヒルデ(『ヴァルキューレ』) 1941.12.12(二十三歳
エルザ 1942.1.9(二十三歳
エリーザベト 1942.1.23(二十三歳
グートルーネ 1944.2.29(二十五歳
クンドリー 1944.3.29(二十五歳
イゾルデ 1945.2.3(二十六歳
フライア 1945.3.10(二十六歳
オルトルート 1945.3.15(二十六歳
ブリュンヒルデ(『ジークフリート』) 1947.1.7(二十八歳
エーファ 1947.2.1(二十八歳
ヴェーヌス 1947.12.27(二十九歳
ゼンタ 1950.11.9(三十二歳
<1951年バイロイトにブリュンヒルデとして登場>
ブリュンヒルデ(『神々の黄昏』) 1951.12.17(三十三歳
若くして、それこそ次から次へとヴァーグナー・ソプラノの大役を歌っていたことが分かります。

長くなってしまったのでいったんここで切ります。続く……。