色は匂えと散りぬるを
JW(エホバの証人)2世として、幼少期から15歳までその特異な教育を受けてきた自分の、心の整理日記として書き始めたものです。 過去話、現在と入り混じり、不定期更新ですが、ぼちぼちやっていきます…。マニアック万歳〜☆

2005年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

プロフィール
名前いろは
年齢29
性別
星座蟹座

カテゴリー
日記(24)
エッセイ(4)
雑文(9)
手紙(1)
詩・詞・志(1)

最新記事
2008年01月24日  to U
2006年06月20日  禁煙順調☆かっこいいA兄弟♪
2006年06月16日  あれやこれやそれやこれ。
2006年06月07日  ちちうえ。お疲れ様でした。
2006年06月04日  見ない振り・・・

過去記事
2008年01月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2005年12月


カウンター









2005年05月22日  ならば味わいつづけよう 〜祈り〜 その参
〜強くつよく、静かにイメージを。
このしあわせが膨らんでゆくように
そう、願わくば、一緒に味わうことができるように〜



私はずっと淋しかったと知った時、母もそうだったんだと気付き、
私はあの時、楽しかったと知った時、母もそうだったんだと気が付いた。
身体の記憶、すなわち心の。


私が15でJWを排斥になり、もう二度とJWには戻らないと言った後、
母からもらった手紙がある。
この手紙を読む度に、言葉に出来ない想いで胸がいっぱいになって
私は涙して、いつの間にか、その言葉に出来なかったものが
母に伝えたい想いになって溢れてくる。


お母さんの愛する娘いろはへ

きょう佐藤さん(仮名)のところに研究に行ってきました。
千夏(仮名)ちゃんがおすわりして遊んだりおしゃべりしたり(何を言ってるのかはわからない)
しているのを見て、いろはの小さい時の事を思い出しました。
お父さんとお母さんが、子供を作ろうと思って頑張って出来た子供です。
だからお母さんの大切な大切な子供です。今でもです。
どんな苦労しても、どんなに大変でも、大切な大切な子供なので、
お母さんはあなたを絶対に楽園に連れて行きたいと思って、
今日まで頑張ってきました。(エホバからの助けもいつもありました。)
小さい時、とてもあなたは霊的なことを愛してくれました。
大変な中でも、いつも喜びを持つことが出来たのも、あなたがいたからです。
お母さんと初めて奉仕に出た日、覚えていますか?
疲れるから、一時間出ると言ったんだけど、
もっとしていくと結局3時間近くしました。
二人で再訪問する時も、なんだか頭がいたいからやめようかと言うと、
いろはは「お母さん頑張って出るといたくなくなるよ」と励ましてくれました。
奉仕から帰って楽園の絵を一生懸命描いたのもなつかしく思い出します。
あなたは、お父さんもお母さんの気持ちをも、いつも考えてくれる子供でした。
(いつもお母さんはエホバにもあなたにも感謝していました。)
お母さんはあなたもお父さんとも、やっぱり楽園に一緒に行きたいです。お母さんの夢です。
あなたが兄弟と家庭を持って、みんなで楽園の中にいる夢、いつもお母さんの夢にしたいです。

母より。

(乱筆乱文でゴメンネ)(お母さんも弱いんですよ。すご〜く。だからエホバが助けてきてくれました。)



これほどイタイ手紙はないと言えばそうなんだけど、
この手紙の中に込められている母の私への気持ちは、
ちゃんと伝わる。
そうですね、私もお母さんとお絵かき楽しかったです。
それはお母さんが、楽しかったからです。
お母さんがホントに楽しかった時は、
私もホント、楽しかったです。
今も、お母さんが嬉しい時、私も嬉しいです。


母の隣で苦楽を共にし、
母の好きなことを彼女の一番近くでみて知っていて、
彼女の弱さも、一番近くでみて知っていたのは私で、
ある意味私は母自身よりも、母のことを知っている。


隠しても隠し切れない嬉しそうな顔とか、
誤魔化しても誤魔化しきれない動揺とか、
いとおしい人間くさい母をね、
ちゃんと知ってる。


髪を切って、染めて、スタイリングしてあげて、
いい、いい、最高かわいい、ほら、黒木瞳みたいだよ、髪だけね^^
とか言った時の、照れた顔とかね、黒木瞳みたいと言われてまんざらでもないふうで、
何回も鏡をみている姿とかね、
みていて嬉しくなっちゃう。
横から妹が、おねーちゃん自分が切ったからって誉めすぎ!とかチャチャを入れてきて、
バカいうんじゃないよ、自分の腕に惚れてないと美容師はできんのよ、とかって
大口を叩いてみんなで笑ってさ、
いやーまじあん時は黒木瞳だったよ、母が。

母は料理が好きで、冷蔵庫にある食材で、
本当感心するほど何でも美味しく料理をするんだけど、
特にサラダがね、素材の組み合わせと彩りと切り方のセンスがよくて、
あまり生野菜をバリバリ食べる方じゃない私でも、口当たりのよさに
もりもり食べられちゃうサラダを作るんだよね。
で、んまいんまいー、サラダって誰でも作れるけどさ、
お母さんのサラダは世界で一番おいしいね、まぢまぢ。
とかって誉めると、ほんっと嬉しそうな顔をするんだよね。

昔から変わらない、いい顔をするんだよ。


そうそう、その顔。って、
もうねぇ、わかっているから、、もう頑張りすぎないでほしい。って、
いい顔をしたお母さんでいてほしい。って、
そんな言葉をかけてあげることは出来ずに、
ただすこし、母のために涙を流す。


心の隙間に、たまたま入ってきたJWの教えは、凄い魅力だったんだろうね
失ったもの、とかって考えたら、お母さんの性格じゃあ
今更今更・・・だよねぇ。怖いだろうな。
しかも楽園の夢がなくなっちゃうのやだしねぇ・・・


でもねぇ、お母さん、
私はここにいるよ
私の心も、すぐに揺れて、苛立って、
優しい言葉のひとつも
かけてあげられない時ばっかだけど、
でもお母さんを想ってるよ 


じゃあ私は、ずっとずっとこのしあわせを味わいつづけるよ
切ないと揺れる同じ分だけ、お母さんを想えるしあわせ
伝えたい想いがあるしあわせ

じゃあいくらでもいくらでも涙になるよ



お互い、自分も人のことは言えなかったと
なんとなくでも気づくことが出来るなら、
何度でも喧嘩をしよう

恥ずかしがってまた笑おう
少しづつ進もう 近づこう


そろそろまた白髪を染めてあげるね
また黒木瞳にしてあげる。

PM 06:49:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | [エッセイ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp