色は匂えと散りぬるを
JW(エホバの証人)2世として、幼少期から15歳までその特異な教育を受けてきた自分の、心の整理日記として書き始めたものです。 過去話、現在と入り混じり、不定期更新ですが、ぼちぼちやっていきます…。マニアック万歳〜☆

2003年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

プロフィール
名前いろは
年齢29
性別
星座蟹座

カテゴリー
日記(24)
エッセイ(4)
雑文(9)
手紙(1)
詩・詞・志(1)

最新記事
2008年01月24日  to U
2006年06月20日  禁煙順調☆かっこいいA兄弟♪
2006年06月16日  あれやこれやそれやこれ。
2006年06月07日  ちちうえ。お疲れ様でした。
2006年06月04日  見ない振り・・・

過去記事
2008年01月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2005年12月


カウンター









2003年08月01日  日記スタート
何か書き留めるトコロがあってもいいかなと思う。…というよりあった方がいいかなと思う。
日記というより、自分が思い出した事、整理したい事、溜まっていた感情の吐き出し場。

エホバの証人2世(親がエホ証の子供)として過ごしてきた子供時代。険悪な両親に挟まれ気を使いまくっていた子供時代。出来れば思い出したくない、思い出さなくて済むならそれに越した事はない。15でその組織から出てから長い事思い出さずにきた。エホ証の事、その中にいた自分…忘れる様に切り捨てる様に他人事の様に、深く考えずにきた。実際その時その時で精一杯で、過去の事を考える余裕も気も無かった。

だけど出産を機に仕事を辞め時間の余裕が出来た。なにより自分の子供の姿に触発されて、自分自身の子供時代の記憶が蘇ってきた事で、過去と向き合うことになった。避けて通ってきた道が、避けては通れなかった道だったんだと、気付いた。私という人格を形成してきた大きな部分はここにある。

その過去と向き合い、分析する事は苦しい事だった。ある意味自己否定だった。私は成人してから自分分析は趣味みたいなものだったけれど、それまで自分が色々考えてつながって納得していた自己というものまで、否定せざるを得なくなったり。自己全否定に陥った時が私のどん底だった。

そんな状態で長くいられる位不幸好きでもないし、それまで自分で思っていた程自虐的でもないらしく、どん底からは早々這い上がれた。今こうしている自分も自分自身だ。のんびり行こう。自分のペースで。

という訳で色々書いていこうと思う。少しずつ。

PM 05:36:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp