週末だけ更新するムダ遣い帳
東京中心にいかにムダ遣いをしたかを自省を込めて記録。但し観戦記は別サイトにお任せ。                                                                            ※表示文字サイズは「小(M)〜最小(A)」を推奨
[TOP] [すくすくBLOG]







Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール(その後)
スペイン遠征時の旅行会社から宅配便着。
「追加の請求書送っても払わないよー」なんて思いながら開けたら、
“campeon Lunes,2 de agosto de 2004”
リアソールピッチ上で雀が船杯もって「ハイ、チーズ」写真
 (アングルはこのままじゃないけど)

おー、そういえば,魯張▲灰鵝福朝日男)に頼んだわ。
△魯汽廛薀ぅ此またもグッジョブ@旅行会社。

督促(近いうちにリンク貼ります)とお礼しなきゃ。

あと、B面脱皮始まった。カユイカユイ。

2004/08/18 AM 01:34:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール(さぁ、面白くなってまいりました)
取敢えず、ツアー同行者で合議。
ってこのツアー、現地以外にツアコンいないのよ。少人数過ぎて。
(バルセロナではホテルと空港の送迎してくれたバルサソシオのおっちゃんがいたなぁ)
結局旅行会社へ連絡を取り、その後の対応について相談することに。
当り前だけど、航空会社との折衝はこちらでやらねば。

細かい話は割愛するが、当初はJALでミラノ経由東京夕方着
(当初プランからは半日遅れの到着)の提示しときながら、
やっぱり不可とか抜かして一同の総ツッコミを受ける。
すると逆ギレして「ムリなものはムリなのよ!」と分かりやすいリアクション。
どうやらミラノ行きはともかく東京行きは1日遅れでないと手配できないらしい。

兎に角、8月3日に帰国ができず→4日出勤不可も確定。
会社へ連絡取らねば。内緒にしてたのに〜。

私  「もしもし、今マドリッドにいるんですけど…」
先輩「は?どこの飲み屋?
私  「いえ、スペインの…」
先輩「何でそんな所にいるの?」
私  「いやいや、そんなことよりイベリア航空のディレイで4日出勤できなくなりまして…」
先輩「ふーん、伝えとくわ。で、何しに行ったの?」
私  「いやいや、今マドリッドなんで電話代高いんですよ。帰ったら話しますから…」
先輩「分かった。じゃ」

旅行会社がマドリッドの日本人を手配してくれたので、その到着を待つことに。
女性・子供もおり一様に疲労感を漂わせている。でも個人的には
「これだけマドリッドに拘束されるなら、サンチャゴ・ベルナベウ行きたい〜。」
とか口走りそうになる。口にしたら殺されかねない雰囲気だったんで自重しましたが。
やむなく空港内をフラつき、一枚だけ写真を撮る。何かは不明。

夕方に旅行会社の日本人到着。当日中にミラノへ移動、現地泊。
翌日昼の便で東京へ戻ることになったと伝えられる。

ミラノへ到着。夜中。本日の宿泊はHotel Ritter(★★★)
ホテルはなんか陰湿だし、周囲は嬌声が聞こえるし、街は暗いし。
フロントで英語通じるのはまだ良いんだけど。
今回の旅で初めて「エライところに来ちゃった〜」って感じ。
でも悪い考えが浮かんでるんだよね〜。

2004/08/02 AM 01:53:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール(オチはこれから)
弾丸ツアーもあっという間に終了。一路東京へ帰還。
7時からの朝食も、いつもどおり一番でビュッフェへ向かいガッツリいただく。
8時前にホテルを出て空港へ向かう為、朝食後は慌しく出発の準備。
往路は弾丸ツアーにも拘らず比較的余裕のある行程だったが、
復路はマドリッドの乗換時間が1時間しかなかったり、
ミラノの乗換時間が45分しかなかったりで

“弾丸ツアーらしくなってきました!!”

9時前にア・コルーニャ空港へ到着。
土産物屋を物色していると、搭乗便の出発が20分程早くなっているらしく、
チェックインを急がされる。
「マドリーでまた余裕できちゃうよ〜」

朝日男はここからマドリッド〜パリ〜北京で代表応援とのこと。
タフだなー。財布が。さすが社長。

飛行機に乗込み出発を待つ。
出発予定時間を過ぎる。「まぁ、当初より20分くらい早いし」
更に20分程経過。「おいおい、ぼちぼち飛んだ方が良くない?」
更に30分程経過し、やっと離陸。「やばいって、巻いていこー!」

眠気も吹っ飛び、時計を睨みながらマドリッドへの到着を待つ。
「は〜や〜く〜!!」
マドリッドへ到着するが次の飛行機のフライト迄あと10分。
バラハス空港の乗換はえらく遠く、荷物をピックアップした頃には
「はい、終了!!」

とりあえずツアコンに電話を架けてみる。が、繋がらない。
現地人に「この番号に電話を架けたい」と聞いてみると
「この番号はスペインの携帯電話じゃない」って。
続いてホテルに電話架けるが「外出中」オーイッ!
最後の最後にやってくれたぜ。イベリア航空&ツアコン!
アリタリアもやるやるとは聞いてたけど。

明後日から仕事なんだけど、何とか帰らせてくれよ〜。w

2004/08/02 AM 01:07:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール
試合終了後の余韻を楽しむ。記念の集合写真撮ったり。
そういえばこの写真がツアー唯一の集合写真だった。
長いことスタで騒いでたら、スペイン人達はもういなかった。
残ってたのは壊れた椅子と、ヒマワリの種の殻。
お前等栗鼠か!って位、大量のヒマワリの種の殻。

スタを出てもすぐ撤収という雰囲気には全くならず、
殊勲の選手の出待ちをするため、東京バス前へ移動。
塩田Trofeo Juan Acun~a持って登場。良かったぞ、ヒロシ!
ヒロミ登場するなり横から「俺の采配で取った買ったんだからよこせ!」
Trofeo強奪、そしてポーズ。やっぱり普段からこうなのか、この人。

社長の手にTrofeoが渡ったときに朝日男が「記念写真撮らせてよ!」
有り得ない要求も社長あっさり了解。いいの〜?
で撮った写真がコレ。調子乗りすぎだ。

最後に本日殊勲選手の1ショットを。写りがもう一つだぞ?
朝日男はルーカスにブラジル国旗をあげてた。
ルーの写真も撮ったけどもう一つ。ってかこっち向けよ。

ホテルに戻る。12時過ぎてるが大人しく眠れる訳はもちろん無く、
さぁ飲みに行くぞっ!最後の夜だっ!で、フロントに集合。
またホテル前のBarへ。昨日より飲み食いしたかも。
でもお金払った記憶が無いんだよな〜。
昨日はツアコンが「ツアー料金に入ってます!」なんて払ってたけど。

またフラフラになりながらも次の店探して移動開始。
でもさすがに日曜日の深夜2時過ぎ。店は閉まってるか、閉店間際。
そういえば昨日と比べて全然人がいない。
スペイン人も仕事に備えて早寝するのね。
しょうがない、明日の朝は早いし、寝るとするか。

しかしこっちに来てから楽しい思いばっかりだ。
こんなウマイこといって良いのか?

2004/08/01 AM 01:05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール(本番直前までと、直後)
部屋で観戦の準備。定刻にホテルロビーに集合すると皆「いかにも」って格好。
スタまでは歩ける距離なんで、バスだとあっという間。
スタ前でバスを降りて、チケをツアコンから受取ってるところ、MXに撮られてた。
(後日確認)

再度デポルオフィシャルショップへ。今度はデポルサポで激混み。
何事かと思ってると新ユニの発表会だって。トリスタンバレロンルケ登場。
当方現場では顔と名前が一致せず、ツアー同行者に教えて貰う始末。
一応写真撮ったけど、ブレブレで人に見せられるモンじゃありません。

上記3名撤収(Dさん接触試みるも失敗した模様)後、店内空いてきたんで
クリーTシャツもう一枚購入。都合5枚目。でももっと買えばよかった。
あとどういうわけかローマユニ着た外人登場。一週間後に備え友好を深める。
2ショット写真も撮ったが当方目瞑ってた。残念!(ハタヨーク調)

オフィシャルショップも飽きたんで、朝日男にくっついて露店へ。
いろいろいじくり倒すがおバカグッズ発見できず。購入断念。
朝日男はブラジル国旗購入。

開門迄まだ時間あった為、今度はチケ売り場へ。
アウェーゴール裏チケは既に持っているので、
ホームゴール裏チケを記念に購入、したつもりが…。

スタへ入場。ゴール裏を早速占拠。
電光掲示板は「R.C.Deportivo de La Corun~a−F.C.Tokyo」の表示
本当にこれからここで試合するのか〜。
やっぱ専用は良い。目の前でアップしてるデポルの選手が本当に近い。
うーん、デポルの選手…。リーガはそういうモンなのか…。

試合開始が近くなるとデポルサポも来場。
周りが外人、じゃない(これ何度目だ?)、スペイン人で埋まっていく
ひょっとして…、ここは…、そういうことなのか!?
まぁいいか。

東京の得点はいずれもアウェー側ゴールだったので(笑)、
ゴールの瞬間は誰が決めたのかも分からないまま「東京ブギウギ」大合唱。
後日MXで見たけどアンタ凄いよ、梶山
親にHDDレコーダー買わせて良かった。DVDに焼いて保存版だ!
欲しい人います〜?(イヤな聞き方だ)

試合結果はご存知のとおり、オフィシャルトーチュウ見てください。
「勝っちゃった!!!」
眠らない街、夜は続きます。

2004/08/01 PM 11:40:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール(もう少し待ってね)
Barでサンドイッチとコーラ注文。
喉渇いてたけどさすがに飲む気にはならず。
頼んだサンドイッチは“Riazor”と“Deportivo”
喰っとかねーと!
でも写真では別モノなのに、出てきたのは同じモノ。
文句も言えないし、値段も同じだし、まぁまぁまぁ。
でもなんで海産物食べなかったんだろう?

14時迄Barでグダグダしてるが、ショップは開く気配がない。
っていうか従業員来ないんですけど。
Barの店員に聞いてみると、シエスタ終わりは17時頃らしい。
という訳で17時に再集合ということでいったん撤収。
自由行動。

となったら行く処は一箇所でしょ?
スタ前のビーチへ目の保養と日焼けへ
ヤル気満々でビーチに行くが、あれだけ堂々と出されてるとすぐ飽きる。
2時間近く昼寝しちゃいました。しっかり日焼けもしちゃいました。
スペインのビーチ焼け!!
そういえば午前中は曇ってたのに、気付いたらメチャメチャ陽が照ってたぞ!?

17時にショップ前に集合。ってツアー同行者全員揃ってる?
でも相変わらず開店の気配なし、人の気配なし。おいおい…。
仕方がないんで駐車場に出てた露店でパチグッズ購入。
できるだけアホっぽい帽子を購入。
戻ると案の定皆に笑われる。予定通り。

自分がフラフラしてる間に店主が入店したらしい。
「早く開けろっ!」伝えたら「18時からだ」って返されたらしい。
あと20分位か。

相変わらず皆でショップ前にたむろしてるうちに、何で開店できないかわかった。
対面のBarで店員が飲み喰いしてやんの。
客来てんだから早く出勤しろよ、ってこれは日本人的発想か。

やっと18時、でもすぐには開店せず。ある意味予想通り。
5分程してやっと入店、皆クリーTシャツに突進。
他にもレプリカ(1stは無いのね…)・マフラー等、各所で謳われてる通り
ジャパンマネー炸裂。
ショップ出るとデポルサポ家族接近。
やっつけのデポルグッズを纏い、記念撮影を申出る。先方もノリノリ。
でもTシャツは「ハットトリックルーカスTシャツ

19時にホテルフロント集合なので、30分強で店を後にする。
海岸線を歩いてホテルへ戻る。ホントに良い街だ〜。
試合については書かないんですから、いいじゃないですか、引っ張っても…。

2004/08/01 PM 04:46:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソールァ淵瓮ぅ鵐妊ッシュはまだ先)
前日はかなりグダグダだった筈なのに、今日も6時頃には起床。
特技は早朝出勤だけのダメリーマンっぷりをここでも発揮。
朝食も前日同様ガッツリ食べ、観光出発の準備。
いかにもってな観光スポットは少ないみたいだけど、まぁまぁまぁ。
9時前にはホテルを出る。今日は天気良くないかも。

1.市庁舎マリア・ピッタ広場など
 ホテルから歩いて10分程の市庁舎と、その前の広場へ。
 なんだ、昨日飲んで大騒ぎしてた場所じゃん。
 フィエスタの行事の一つなのか、広場には旧車のセアトがワラワラ集まってくる。
 自分が広場にいたときは10台くらいかな。
 オーナー捕まえて「ブエン・コチェ(格好良いクルマ)!」と声掛けとく。
 でも一台も写真撮ってない。

2.サン・アントン城
 市庁舎からどれくらいの距離だろう。マリーナ沿いを歩く。
 当たり前だけど、日本の城とは違い装飾とかもなく、砦という趣き(なのかな?) 
 あと、海に近い城だからなのか、城から海に抜けられる用水路(?)があり、
 小船がある。
 城の内部は博物館になっており、石器・土器時代〜中世・近世・近代頃の
 当地の遺物が展示されていた。
 
3.エラクレスの塔
 サン・アントン城から海沿いをまたも歩く。
 昼近くなっても太陽出ず、モヤッてて歩いても歩いても塔見えてこない。
 1時間くらい歩いてやっと塔が見えてきた。でも殆ど塔の手前。
 塔への道の右手にグランドがあって、原博実登場。練習はもう終わってた。
 エラクレスの塔、2世紀頃からの灯台だとか。とりあえず登ってみる。
 最上部で海を臨み、絶叫しとく。「ア・コルーニャ遠すぎ!」どっかのHPのパクリ。

4.戻るつもりがリアソールスタジアム
 同行者が「路面電車でスタ方面へ向かう」というのでもちろん便乗。  
 タイミングよく路面電車到着。運賃いくらだ?1ユーロ?
 15分くらいでビーチとスタに挟まれた終点駅に到着。
 スタもあれだけど、ビーチが気になる…。
 邪念を振り払い、スタ方面へ歩き出す。ぐるり一周
 やっぱりガスサポと遭遇。デポルオフィシャルショップはシエスタとのこと。
 巷で噂のクリーTシャツ買えないじゃん!!
 諦めきれずショップへ向かって歩いてると、ツアー同行者に合流。
 ここでフィエスタ終わりは14時との情報を得たので、
 スタ対面のBarで食事兼時間潰し。

まだ引っ張ります。

2004/08/01 PM 11:27:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール
バルセロナ〜ア・コルーニャへ移動。
イベリア航空のちっちゃい飛行機。五月蝿いし揺れるし…だったらしい。
寝てたから全然知らない。
ア・コルーニャには21時頃到着したけど、まだ外は明るい。
ホテルを出るとツアコンがビデオカメラもって登場…、って朝日男
周囲の人達はナチュラルに朝日男に絡んでるし、私エラいツアーに参加しちゃった?
まぁいいや。
30分程でNHアトランティコ(★★★★)に到着。ヴェラクルスと同宿でした。

22時からゆったりツアー(6泊8日)組さん達と合流し、飲み会突入。
都合20人もいなかったかな?旅行会社よく決行しましたね〜。
驚いたのは古参サポさんが7ヶ月の赤ん坊を連れて来てた。飲み会にも出席してた。
海鮮系の食べ物をどんどん頼む。後はお約束の「セルベッサ!」連呼。
結構飲み食いしました。何食べたかは殆ど覚えてないけど(プルポは食べた)、
味付け濃くて美味。ついつい「セルベッサ!」連呼。
土曜の夜ということもあり、女性陣が部屋に戻った後市街へ繰出す。12時過ぎ位かな?
移動中は皆歌いまくり、外人じゃない、現地人に絡みまくり。
デポルサポ捕まえて煽る輩もいるし…。挙句「現地人と親交深めてきた」だって。

次の店に入ると別のガスサポさんと偶然合流。
ここでも歌いまくりでBarジャック状態。でも私は既に飲みすぎてて余り記憶にない。
私は2時過ぎにホテルに退散。
酒豪達は更に飲み続け、娼婦に絡んだり「ここはドコだ!」って吼えてたりしたらしい。

2004/07/31 AM 12:31:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール
バルセロナ観光
 前日2時頃迄飲んでたのに、翌朝6時頃勝手に目覚める。習性が恨めしい。
それにユーロサマータイムに完全に馴染んでる@私。
すぐ朝風呂に入り朝食。朝からガッツリ行っちゃいました。
バルセロナ発は夕方なので、ツアー同行者とバルセロナ観光に繰出す。
(当初予定では昼移動も、夜のフライトしか手配できず?グッジョブ@旅行会社)

1.サグラダ・ファミリア
 薄暗くてなんか汚いメトロで移動。乗り込む時嬌声が聞こえたんで
 様子を伺うと、どうもスリが捕まったらしい。いきなり緊張させるぜ。
 駅出た瞬間、例の尖塔が目に飛び込んでくる。すげえ。本当に言葉を失う。
 (表現が陳腐だなぁ)
 すぐに入場する訳でもなく、周りに出ている露店覗いて回る。
 Dサンが青赤ミサンガ発見。今日の趣旨は観光だけど、とりあえず購入。
 入場後はいかにもな観光客を装う。順路回ったり、尖塔登ったり。
 螺旋階段制覇しちゃったよ〜。膝ガクガク。でも途中のテラス(?)から
 見える景色
、浴びる風サイコー!来れて良かった。

2.カンプ・ノウ
 メトロで移動。乗換え無いから比較的楽。
 外人じゃない、現地人に道聞いたりしながら歩くこと10分位?
 スタが見えてくる。一同「オォ〜!(もちろん当方含む)」 が、これはBスタ。
 もう少し歩くと道を挟んで、ありましたよ。ホンモノ。
 デカッ!10万位入るんでしょ?
 スタに到着迄に並んでるグッズの露店もパチモン扱ってるっぽくて刺激的。
 でも公認グッズ扱ってるんだよね。
 バルサショップで商品に手垢付けまくった後で青赤なマフラーとペン購入。
 カード切ってみる。明細にムダに「Barca shop」とか出たら粋じゃない?
 でもネーチャン愛想悪いな〜。Dさんご立腹。
 その後バルサ記念館へ。私には少々難解。海外分からないんで。
 次にカンプ・ノウへ入場。メインからですけどね。
 入れたのは2階席メイン横からホームゴール裏のみだけど、満喫。
 何より2階席(それも上の方)からこの眺め。やっぱり専用スタはいいね。

3.グエル公園
 ここもガウディがデザインした何とかがあるんだって。
 目的は同行者が「『ツバサ君公園』でサッカーやって、管理人に怒られる」
 なんて言い出して(分かる人は分かってください。私は分かりません)、
 ガイド誌にも載ってる公園なんでついていこうと。
 でもね、えっらい坂なんですよ。エスカレータ設置されてるものの、
 動いてるのは最初だけ。えぇ、登りましたとも。ヒーヒー言いながら。
 てっぺんに着いて見渡すと、サグラダ・ファミリア、カテドラル、オリンピック公園
 一瞬サッカーに興ずるも、管理人登場せず。
 気づくと集合時間まであと30分、慌ててタクってホテルへ戻る。
 ア・コルーニャ移動以降は改めて。 

2004/07/31 AM 02:11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール
ここからしばらく遠征話。
参加者僅か8名。最小催行人数20名の筈なのに。まぁいいや。

7月30日。移動の話はなし、最終日除き。
夜にバルセロナへ到着。宿泊はホテルエクスポ(★★★★)
とりあえずチェックインし、ガイドに「安全」と聞いたBar(バル)へ繰り出す。
学生時代に第二外国語で選択してたスペイン語がどれだけ通じるのか楽しみ。

最初のうちは「セルベッサ、ウノ」とか遠慮がちに言ってたけど、
飲んでるうちに「楽しんだらなソンや!」ということで店員にムダに絡んでみる。
「セニョール、ポルファボール!」大声で店員を呼びつけては
何かわからないものをどんどん頼んでみる。
店員が皿への盛付けをほんのちょっとでやめようとしたところで
「ムーチョ、ムーチョ!(もっともっと!)」と叫ぶと、店員含め一同大爆笑。
店員は笑いながら皿に料理てんこ盛りで出してきた。通じたよ〜。
次に蟹の手のフライみたいなのを
「クラブ・マノ・スィエテ・ポルファボール!(蟹の手7つ頂戴!)」
これも通じた。自分でもビックリ。

どれもこれも味付け濃いけどウマイ!セルベッサ進む進む。
一緒に行った人が店員に「サビオラ、サビオラ」って絡んでる。
負けられねぇってわけで「コモテジャマス(お名前は)?」って聞いたら、
「ハビエル」だって。サビオラと同じファーストネームなモンだから、
一同大盛上がり。ムダに「サビオラ、サビオラ」大合唱。
当方も「コモテジャマス?」聞かれたんですかさず
ミツヒロ・トダ!アエロプエルト、ノー!」一同のみ大爆笑。

一同とってもタチ悪く、大声は出すわ盗み食いはするわやりたい放題。
閉店まで居座り、最後まで7人で大騒ぎして108ユーロ?安っ!
飛行機搭乗から24時間以上起きてたせいもあり、ホテルに戻ったら瞬殺。

2004/07/30 AM 10:54:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

Trofeo Juan Acun~a デポルティボ・ラ・コルーニャ−東京@リアソール
7月30日から8月3日まで3泊5日の予定で
「FC東京スペイン遠征サポートツアー」へ参加。
往路 成田−ミラノ−バルセロナ(一泊)−ア・コルーニャ
復路 ア・コルーニャ−マドリッド−ミラノ−機中泊−成田
詳細は別途。いろいろあった。
締めて258,000円

2004/07/30 PM 10:47:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スペイン遠征]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp