たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

2007年07月30日  自民大敗、民主が参院第1党に。
こんなタイトルで書くと、それだけで半ばギャグになってしまうほど、僕は政治ネタでものを書いてこなかったらしい。
まあ、選挙のときくらいは多少興味が湧くのだが。

はっきり言って、今回は投票する気が無かったのだが、国の動きを左右する選挙で投票しないなんてお子ちゃまだと友達に説教気味に非難され、逆に意地をはって「よーし、じゃあ、投票してやろうじゃないか。」と思って、期日前に投票してみた。

今日は選挙ステーションなんぞをずーっとつけっぱなしにしてゴロゴロしとりました。
前に自民が大敗した時は、放送中から「これは大変なことになりましたよ!」なんていう雰囲気だったから、けっこうドキドキして見ていたんだけど、今回そうでもないということは、だいたいみんな大敗を予想していたんだよね。

そして、テレビは田原総一郎にバトンタッチして、「自民はともかく、公明党がこんなに少ないとは思わなかった!」なんていう、いきなり僕のレベルではさっぱりわからない次元の話題になってる。
しかも、中川幹事長が「これはオウンゴールでしょうね」とか、ちょっとシャレを効かせて言ったのに、田原さんは「オウンゴール」の意味を知らない雰囲気で、「はあ、、なるほどね。・・・じゃ、お疲れさんでした。」みたいな気持ち悪い空気が流れたりしてるから、そろそろ寝ようかな。

僕は自民党に勝たせたくないとは思っていたんだけど、ただ、丸川さんが当選した時にちょっと”よかったね!”と思ってしまったところが人間的に弱いなぁと思ったり。
でも、票の取り合いになった同じく自民党のおっさんが、「彼女を入れるわけにはいかない」とか言ってるのを見ると、そんな大人気ないおっさんは世代交代の波に飲まれてしまいなさい!と思うんでしょうな。

さて、開票速報を見ると、比例区で僕が投票した人の得票数が思わずコケるほど少なくって、笑ってしまったり。
単純に自治体数で割ってみると、うちの市で僕一人しか投票していない可能性もあるんだけど・・・。

写真は、夕方に実家の周辺を散歩してみたときの町の様子。人がいないけど、みんな期日前とかで投票したのかな〜。
そして、神奈川の友達の家の方とか、東京とか、雷雨の警報出てるというのに、傘も持たずに歩いている私。
田舎なんだなあ、ここって・・・。
そしてそして、町の選挙管理委員やってる母は、この時間まだ帰ってこない。
大変なんだなあ、役所の人たちも。

AM 12:57:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐハゼ(魚)]

2007年07月28日  バカビスタ。
Windows Vistaを使ってる方、さぞお怒りでしょう。
僕もお怒りです。

だって、バカなんだもん!
会社のパソコンが発売直後にVistaになったんだけど、セキュリティがどうのとか言って、何かと慎重すぎるし。

このプログラムを起動しますか?(はい)

本当に起動しますか?(はい!)

Windowsはこのプログラムの発行元を知りません。起動しますか?
(いやいや、Adobeとか普通知ってるでしょっ!)

いいんですね?(もう、しつこいっ!)

・・・みたいなやりとりが日々繰り返される上に、そのまま起動したら頻繁にフリーズしたりする。

まあ、前途有望なOSの赤ちゃんと思って、育ててやってくれみたいなことも聞くけど、こちとら赤ちゃん相手に仕事してられないのだよ!

いつフリーズして大事なデータを失うかわからんので、DVDにバックアップをとろうとしたら、所要時間がこんなにかかるんだって。
ふーん、DVDって1枚でそんなにデータがいっぱい入るんだぁ。

・・・って、バカ!付き合ってられないわ!

最新鋭のVista君にDVD1枚焼かせると、明日の夜までかかるんかい。
笑うしかない。

しかも、途中でエラーが出て、結局違う方法でバックアップとることにした。

ていうか、24時間以上になることを製作段階で想定して、それを「1日」と表示したりする変な気遣いが余計ムカつくんですけど。

部長はあまりにムカついて、部内のパソコンをぜんぶMacにしてやろうかとまで考えたという・・・。
社内でも大ブーイングを浴びているVista君でありましたとさ。

PM 10:40:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

2007年07月26日  干物不要論。
あなたは干物(ひもの)が好きですか。
僕は嫌いです。

あれは・・・何なんでしょうな。
魚を干して、身が縮んで、固くなって。
美味しいかな、あれ。

まあ、まずくないのは認めよう。
消費期限が延びるのも、まあわかる。
昔はよく食べたものだよ・・・
古代の遺跡から干物が出土しました・・・
そういうことはあるのかもしれない。

だがしかーし!
今の時代、けしからんかも知れないけど、保存と輸送の技術が進歩して、港から遠くても生で食べられるわけでしょ。
生や塩焼きよりも干物が美味しいとは、客観的に考えられないんだけど。
それに、身は細くなるけど骨は痩せないから、結果的に骨をとって食べる労力がかなり増している。
そこまでして干物が食べたいのだろうか。
うちの母は。

・・・そう、うちの食卓には、比較的高い頻度で出るんですよ、干物が。
僕は干物を保存の技法だと思っているが、母は干物を高度な料理法と考えているのではなかろうか。
すべてのものに謎はある。

ちなみに、「みりん干し」という、和製でジャンクである意味Rockな干物は結構好きで、こないだ魚捕りに行ったときもおみやげに買ってしまったほど。
しかし、干物の類をお土産として自分で買ったのは人生初めてだ。
歳をとったと思った。
干物は親の世代の食べ物だと思っていた証拠なのであった。

写真 : 自宅の食卓に出たカレイの干物。 まずはじめに、この魚がカレイかヒラメかを判別したら、それでもうこの魚には興味なし。 ネコニャンだったら、僕の何倍も嬉しそうな顔して食べるんだろうなあ。 最期に偏食者の食卓にのぼってしまったこの魚は、不運な生涯としか言いようがない・・・。

AM 02:08:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | [ごはんむし]

2007年07月24日  Fresh な Water の Goby に会いに行こう。
週末、うちのサイトの掲示板によく来てくれる高校生のkonatuさんと川遊びに行きました!

僕は水中写真をとるために出かけたつもりだったのに、天気は雨・・・。
この時点で僕の今日の楽しみ方は、水中撮影から、konatuさんが会いたかった魚のいる場所で一緒になって見たり捕ったりして遊ぶことにチェンジ!

場所は静岡の清流。
写真の場所は、魚の数は少ないけれど、いかにも水の綺麗な川!って感じのする、気持ちよさ抜群の川。
こういう川があるんだ・・・ってことを知って欲しいから、案内してみました。
普段は超クリアーな水だけでも感動できちゃうんだけど、この日はちょっと増水してて、ただの危ない激流じゃんとも言われかねない状況・・・。
でも幸いにして、ヨシノボリとボウズハゼがわれらを迎えてくれて、楽しむことができました。

僕はジャンクフードフリークだから、koantuさんがもし望めば、ランチはファミレス、ラーメン、マック、ケンチキ、何でもOKできたのですが、
あえて、ご当地の美味しいものをたべるのもいいもんだよ、みたいなことを言って、干物屋さんの横のレストランでお昼。

要するに、僕はやっぱり教育界の匂いが染み付いた体なんですね。
konatuさんと一緒に川に行くはこびになったのも何かの縁で、
僕から何か伝えられる感動があるならば、それを伝えなければ、結局誰にも感動を伝えられないかもしれない、なんて思ったり。

人それぞれにはそれぞれの得意分野が与えられ、その造詣を深め、人間全体、もしくは地球といった大いなる生命の叡智のために知識を還元するという、そんな役割を果たしているのではないかと思うことがある。
僕が何かの感動の伝承の役に立てるかもしれないのにそれをしないならば、僕にしかできない役割を放棄することになるのではないか。

と、そんなことも考える年齢になってしまったんですね、私も。
現象的に見れば、同じものに感動できる友達だから、一緒に遊んで楽しみたい、それでいいんでしょうけどね。

「人は、愛するものしか守ることはできない。
また、守りたいと思ったものがあれば、それを愛しているということにほかならない。」

いつか考え事をしながら思ったことですが、最近、いろんなことについてそう思うことが多い毎日であります。

AM 01:38:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | [文学虫]

2007年07月17日  デザイン更新&なめろう美味。
大型で強い勢力の台風、台風4号が過ぎ去ったと思ったら、こんどは中越で強い揺れを伴う地震発生。
大丈夫か、日本列島。

しかも、気味の悪い寒気が走ったのは、さきほどあった震度3の地震。
地震というのは、慣れると震源が遠いか近いか、揺れ方でおよそ分かるのだが、これはまた新潟で大きな地震があったと思った。

すぐにテレビを見て、地震速報に目を凝らす。
震度3・・・茨城県南部。
実家の近所だ。確かに、そのくらいの揺れだった。
地震は結構速度が遅く、新潟で起きた地震が関東に届いた時、
その段階でテレビをつけたら、地震速報はすでに流れている。
しかし、新潟の震度は出てこない。

何度か繰り返し表示されるうち、その奇妙な地震の全貌が明らかになってきた。

震源は京都府沖・・・。
揺れのあった地域には、「帯広」の文字が・・・。

テレビ局がテロップを間違えたと思った。
同じ地震で茨城と帯広が揺れるのはわかるが、
その地震の震源が京都で、新潟が揺れないというのは考えづらい。

チャンネルを変える。
「先ほど起きた、広範囲にわたる地震については、後ほどお伝えします。」
・・・広範囲??

結局、報道は何も間違ってはいなかったようだ。
京都の北、日本海の地下深くで起きた地震。
これが、太平洋の海沿いの各地にだけ揺れをもたらしたようだ。

気持ちが悪い。
だって、近くの人は全然揺れなかったのだ。
地震そのものは海の表面で起きるのではないから、3次元的に揺れが伝わるのはわかるが、
しかし、放射線状に揺れが伝わるものと思うし、遠く離れた茨城にさえ震度3の揺れをもたらした地震で、震源の近くは震度1も揺れなかったと言うのか。

何かおかしくないか。
とても後味が悪く、いつまでも記憶に残る地震となりそうだ。

さて、それはそうと、今日は台風明けで気持ちがいい陽気なので、海に出かけてみた。
海のそばの道の駅で、なめろう定食を食べた。
かなりおいしかった〜!
また食べたい!!

そして、このブログのデザインを変更。
ほんとはもう少しかっこいい感じのものにしたかったんだけど、
・・・まあ、これはこれでいいか。
トータル的にかっこいいデザインって、難しいなぁ。
どうしてもゴシック感が拭えない私。
これからの課題であります。

AM 01:40:24 | Comment(18) | TrackBack(0) | [ごはんむし]

プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2007年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp