たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

2006年01月27日  行くな!竜馬
歴史って苦手。
でも時代劇は面白い。
ただ、基本的にドラマはあんまり見ない。

そんな僕がハマったドラマがありました。

「行くな!竜馬」。

このドラマは、4話完結のドラマで、フジテレビが昨年深夜に放送したもの。
第1話を見て、何か不思議な感覚に促されるようにして、途中からだけどすぐに録画し始めた。
翌朝が早いので、とりあえず見ずに就寝。

しかも、4話録画したものの、しばらくハードディスクに眠らせていた。

そしてしばらくして、時間があった時に見たら、これが面白い!
ドラマをあまりみない僕だからかもしれないが、
今までで感動したドラマトップ3には入ると思う。
(ほかに何に感動したか思い出せないが・・・)

竜馬役の俳優は最近度々見かける、好感の持てる青年さん。
そして加藤ローサがヒロイン役なんだけど、なるほど不思議な魅力のある人だと思った。

4話のお話には布石がいっぱいで、もう3回以上見てしまったけど、
ほんとに面白いし感動した。
ひとつのドラマをこんなに繰り返して見たことはない。
最近のドラマは、次が気になるだけで見るようなことはあっても、感動はしていなかったんだなぁ、と思いました。

現代のまんじゅう屋の娘と坂本竜馬が遭遇するという設定も、適当なセレクションでなく、しっかり最後までお話の柱を成しているし。

そういえば、トヨエツが出てたナイトヘッドも、その後にやった椎名桔平と山本未来のドラマも、フジテレビの深夜だった。
あの辺も感動というわけじゃないけど、かなり面白かった記憶がある。
今も昔も、フジの深夜には、才能ある若手制作者による面白い番組がいっぱいだ。

行くな!竜馬、
今おすすめしたところで見られるものではないのかもしれないが、
でもおすすめ。

やっぱり今一番面白いテレビは、地方局と、フジの深夜の短編ドラマだね!

AM 02:13:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | [てれびむし]

2006年01月26日  教育放送学ぶ気ゼロ。
スペイン語会話。

NHKの教育放送でやっている外国語講座のひとつです。
これが、実に面白い!
ちょっと前からNHKは外国語講座にアイドルを出演させたりして、よく意味のわからない視聴率稼ぎをしていました。

そして、今やっているスペイン語会話には・・・。
なんと、”笑い飯”が出演しているのです!

笑い飯ってご存知だろうか。
ネタの構成とかが面白くて個人的に気に入っているお笑いコンビです。

番組の前半は、一応笑い飯の2人も初心者として、大学の先生と思われる先生にスペイン語を学んでいる。
しかし、中盤。
ここが一番面白いところ。

なんと、笑い飯の「ネタ」タイム!
もともとネタが面白い2人だが、そこはさすが外国語講座。
その日に習ったフレーズを必ずからめている。
しかしお笑いのネタですから、徐々にエスカレートした話になってきて、
基本的には先生の口癖をマネたり、先生をおちょくったネタが炸裂!
こうなると、英語を習い始めたばかりの中学生の悪ガキ2人組状態!
・・・毎週録画しようかな、スペイン語会話・・・。


それはそうと、落ち着いてみれば、NHKはなんでこんな配役で客を引く必要があるんだろう。
僕みたいに、スペイン語を学ぶ気ゼロの人がいっぱいこの番組を見て、
それで視聴率が上がればそれでいいのだろうか。
ほんとに学びたい人は、そんなことしなくても見るだろうに。

んー、謎だな〜。



AM 12:35:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | [てれびむし]

2006年01月22日  日本全国白石区化計画。
いやあ、降った降った。
雪ですよ、東京にして。

東京で雪国歩きをするなんて年に1回くらいだから、
季節感を感じられるイベントとして考えられなくもない。
実際、僕は雪が積もるとどこかワクワク感を感じる。

面白いことに、雪の日に電車に乗ると、駅とかでカメラを手にした鉄オタさんたちをよく見かける。
その理由は、自称元鉄の僕にはよくわかる。
都心の電車が雪をかぶって走る、あるいは雪景色の中を走るという貴重なシーンを撮影しようというわけだ。
実際、去年の冬には僕も雪の日に迷わずカメラを持って出かけ、
近所の電車の写真を撮ったりした。
そして今回も携帯だけど山手線を撮影した、と。

雪道でコケそうになると、年末に放送されたホワイトストーンズのデブ戦闘員を思い出す。
あんなふうにコケたらかっこわるいな〜と思ったり。
あのドラマの終わりの歌は妙に心に響くものがあって、
お気に入りの歌なんだけど、
作詞は番組の企画のひとつとして鈴井氏が担当している。
・・・と思いながら作詞者のところを見たら、
なんともう一人別の人物の名前が・・・。
ほぅ〜、だから心に響いたんだ、とは思わなかったけど、
こういうセンスもある人なんだなぁ、って感じがした。

普通に考えたら極めてマイナーな人なので、特に名前は言いませんが、
逆にこの名前を知ってそうな人というのはホワイトストーンズのDVDを持ってたり、録画するなどして見られる状態にしているでしょうから、終わりの歌のスタッフロールを見るのもまたおかし。

そういえば、先日のさんまのまんまに大泉洋氏が出ていて、さんまにうまいことやられていた・・・。
しかし、洋ちゃんも徐々にメジャー番組慣れしてきたというか、
世間的な認知度が増したからなのか、どの番組で見ても面白くなってきた気がする。

それにしても、最近ブログの投稿が進まないのは、ちょっと前に機種変した携帯からの投稿ができないからだ〜。
早く対応してくれないかな〜・・・。

PM 11:57:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

2006年01月12日  CUEさま!
この写真を見て、ちっとも「さわやか」じゃないじゃん!と思った人は、北海道マニアでしょう。もっとマニアックに行けばプロレスオタクの場合もあるか・・・。

年末年始と、TVK(テレビ神奈川)で、
「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」
を放送しました。
オフィスCUEという会社の役者さんが主に出演する、北海道ローカルで過去に放送された番組です。
いやあ、面白かった。
しかも、プロレス好きの人が見たら、安田という役者の動きが猪木に取り憑かれていることに気付いて、余計に面白い。

僕のCUE好きっぷりは「水曜どうでしょう」という番組に始まり、TVKとMXテレビで放送される番組を見るうちにSaku Saku を見る時間が無くなってしまったほど。
近い世代の人たちが素直にバカをやっていること、それをありのままに放送することが一番面白いのだな、とつくづく思う今日この頃。
それに気づくと、普通のメジャーチャンネルの番組が本当につまらない。

正月に実家で父が、
「つまらんテレビばっかりやで。」
と言って囲碁や将棋を見ているのに合わせて、
「ほんまにな。」
なんて言ってみたり。
その基準は全然違うんだけどね・・・。
とにかく、CUEさんにはこれからも期待することにいたしましょう。

ちなみにこのドリンクヨーグルト、
飲んでも特に「さわやか」ではない・・・。
ほんと、まいっちんぐだ。

AM 01:37:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | [てれびむし]

2006年01月03日  あけまして・・・やっぱやめとこ。
年が明けて、実家に滞在中、親戚さんが来て外食に出た。


おばあさ   おばさん   おじさん
テーブルテーブルテーブルテーブルテーブル
テーブルテーブルテーブルテーブルテーブル

たろう    ちちおや   ははおや


とまあ、こんな感じで着席した。
うちの親も何かと普通でないところがあるのだけれど、
おばあさんがこれまたおもしろくて、参った。

状況を説明しよう。
●料理は釜飯+懐石のコース料理みたいなやつ。
●お店は庶民的で、大声でしゃべればフロアに響く。
●料理が量的に食べきれないことが判明しつつあった。
●おばあさんは少し耳が遠い。
ってことで、以上の設定で場面を想像しておいてください。

おばあさんの吐いた言葉に参ったのは次の3つ。
ていうか、その前に、おばあさん、林家パー子の姉ですか?っていうくらいの声で笑うんだよね・・・。
耳が少し遠くなって、音量がアップしてた。
・・・えー、3つね。

 淵魁璽肯鼠について)
まだ来るの? やだ、もう食べれないよー。
どうする?


(どうする?って・・・。どうする???)


◆陛弘がさらに運んできて)
あらー、ふーう。
(店員)「・・・食べたくないですか・・・

(食べれない、どうする?も聞こえていたか。店員、耐え切れずツッコミ。)


(美味しい料理を食べながら、料理に対して)
いいオヤジだね。

はい? 僕は反射的に一度吹き出しましたが、みんな食べるのに夢中な時で聞いていなかったのか、笑わない。
むしろ首を縦に振って賛同の意思表示。
それは聞いていなかったことへのごまかしか?

いや、聞こえていないはずはない。
おばあさんの音量は閣僚級だ。

ならばなぜ一人も笑わない。
料理に対してオヤジ?
料理がオヤジ?
いや、料理を作っている人がいいオヤジ?
ていうか、おばあさんの口からオヤジ???
これは何重落ちかわからん発言だぞ??
ツッコミ芸人だったら、これを放置したら罰金だ。


しばらく場も気にせず黙って考えた結果、ようやく謎が解けた。


はじめは僕だけが何か聞き間違えたのかと思った。
しかしそれはない。
僕がおばあさんに一番近いところにいたのだから。
てことは、おばあさんは、間違いなく、
いいオヤジだね。
と言ったのだ。
そしてみんながそれを聞き間違えて、
そして賛同した。

<NGシーン>
「いいオヤジだね。」

<OKシーン>
「いいお味だね。」

おばあさんはそう言いたかったのだ。
しかし、少々耳が遠くて、言ったことの訂正ももちろんしなかった。

いやあ、参ったなぁ。そんなの言われたら笑うっつの。
家族以外の人と食事したりすると結構神経使って疲れるんだけど、疲れを忘れさせる笑いで笑い疲れ。

疲れを思い出して、丸八真綿で、疲れも2倍!2倍!(バカ)

えっと、年明け1本目ってことで、あけまして的なことを書こうかとも思ったが、ブログって日記かあ、と思ったら自分に「あけまして」的なものは気持ち悪いだろうと思ってやめました。

ってことで、今年もよろしく!
(それが気持ち悪いだろっ)


AM 02:28:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp