たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

2005年12月31日  日暮里駅2番線Departures。
実家に向かうべく,今日も京成線を利用。
しかしいつもと違うのは,時間が早かったためにイブニングライナーではなく,最終のスカイライナーだったこと。
青砥に停まらないので日暮里から乗車。

京成さんの窓口は対応が迅速で,普通にギリギリ乗り換えるタイミングでも特急券を買える。
今日もギリの乗り換えになってしまい,牛丼屋での注文のように必要事項をまとめて伝える。

「京成成田まで乗車券と特急券,禁煙で一枚。」

京成成田という一言にも暗黙の意思疎通を考慮したつもり。
これを,正しい駅名の「成田」と言ってしまうと,空港か京成成田か,必ず聞かれる。
スカイライナーで成田に行くと言ったら,空港に決まってんべ!という人が多いのも事実だからそれはいいけど,時間がないときにやり取りがひとつ省略できるのは大きい。

おかげでちょっと時間がありそうだったので,
「窓側にしてもらうことできますか?」
と聞いてみると,迅速な駅員さんが一言。

「ええ、もちろんそのようにお取りしてあります。」

???
あれ,僕はいつの間にかニュータイプとして覚醒して意思を伝えられるようになってる!!
・・・じゃなくて,駅員さんがニュータイプなんだね。
じゃなくて,僕ら二人とも・・・
いや、とにかくなんで分かったのか,かなり謎だった。

ホームに下りると,上野を出発して長い旅に向かう北斗星がちょうど通過。
北斗星は何度乗ってもまた乗りたくなるんだよね。
しかも今日は大晦日。
日付が変わったら車掌がアナウンスしたり,ロビーでイベントをやったりするんだろうな〜。
北斗星はそういう列車なのである。

そしてホームに目を戻すと,旅行客と思われる外国人さん with デカいスーツケース を発見。
そこへ,スカイライナーの3分前に発車する特急の成田空港行きが到着,外国人さんはこれに乗っていきました。
しかし、ふと思う。
あの人は,ホントはスカイライナーに乗るつもりだったのでは??
明らかに空港に行く荷物だったし。
スカイライナーの3分前に Limited Express for Narita Airport が来たら,僕が英語の国から来た旅行者だったら乗ってしまうだろうな〜。

そしてスカイライナーに乗車。
実にガラガラで,空席だらけ。
なるほど,ひとつ遅らせてイブニングライナーにすれば特急料金も半額くらいだし、最終のスカイライナーってのはこういうものなのか。
駅員さんが「もちろん窓側」と言った意味が、いま判明・・・。

ちなみに写真は幼少時代に撮影した写真で、実家にて発掘したもの。

AM 01:02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

2005年12月27日  実は飼い主を観察していたビワトウ夫妻。
琵琶湖水系のトウヨシノボリ、いわゆるビワトウが水槽にて繁殖期のピークを迎えております。
別に珍しくないヨシノボリとはいえ、その求愛・繁殖行動は、一度は見てみたいと思っていたので、ここにまたひとつ観察目標を達成。

オスの体色は思ったとおり求愛時だけ極端な色になり、体は真っ黒、上唇から目の前のあたりまでが明るい灰色になりました。
また、さらにオスの興奮が高まると、第2背びれの基部付近にも橙色が出る様子も確認できました。
やっぱり淡水ハゼのこの瞬間の体色というのはスゴいの一言です。

淡水ハゼにおいては、何か目立つ特徴というのは求愛時にアピールするためのものでる場合が多いのですが、トウヨシノボリの場合はその名のとおり橙色に輝くオスの尾びれの模様がそれにあたります。
写真のとおり、オスは橙色の部分を高く持ち上げて、ひらひらさせながらメスを巣穴に誘導します。

さらに、ビワトウは頭が大きいなあと思っていたのですが、どうも巣穴のそばでメスを誘い込むときに頭を震わせる行動を頻繁に繰り返します。
多分、われらには聞こえないけど音を出している模様。

さて、オスの求愛が実り、この後メスは巣穴に入りました。
すると、穴の奥の方でオスに守られるようにしてピクリとも動かなくなりました。
ウシヨシなんかは昼間でもすぐに産卵するのですが、本種は夜にならないと産まないのかな、と思って、水槽の照明をオフに。

・・・動かない。

カメラを準備して、産み始めたら撮影だぁ!と思って待機しているのに。
これは、体内時計もあるかも、と思い、夜になってからまた見てみる。

・・・動かない。

暗くしてみるか、と思って、部屋の電気もオフ。
しばらく真っ暗の部屋で待機して、懐中電灯で見てみる。

・・・動かない。

こうなると、何がいけないのかわからない。
時刻は午前3時半。
休みの日でなかったらあきらめているところ。
でも、休みの日だからあきらめきれない・・・。
ビワトウ夫妻との我慢勝負だ。
しかし・・・ついに睡魔が限界。

飼い主様に反抗するとは、何たるハゼだ。
よし、同じ水槽で同居しているヨシノボリ諸君、
ここは私のためにちょっと我慢してくれよ・・・

照明をオン!
申し訳ないが、ここまでネバって、産卵の撮影をあきらめる訳にはいかんのだよ。
今晩だけは照明ギンギンで夜は来させんよ。
産卵は明日じっくり観察させていただく!
これぞ飼い主の特権!飼い主に反抗する貴様が悪いのだぁ、なんて思いながら眠りにつく。

さて、翌日。
・・・あ、産み終わってる・・・。

どゆこと??
明るい間は産まないんじゃなかったの??
待てよ・・・明るかろうが、暗かろうが、
ビワトウ夫妻は僕が眠るのを待っていたのか・・・。

ビワトウは見ていた・・・。
・・・参りました。

チクショーッ!次回は絶対撮影するぞー!

AM 02:26:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐハゼ(魚)]

2005年12月27日  IT系アイス。
新しいのか古いのか、一部のスーパーで今売ってるこのアイスが異常にうまい!横に並べたフエラムネももちろんうまいんだけど、このアイス、りんごヨーグルト味という、なかなか素敵なフレーバー。
僕の大好きな「氷菓」が姿を消すこの季節、ヨーグルト系アイスは僕の心のよりどころ。

そして、このアイスのパッケージには、
「爽やかさ アップグレード」
の文字が。
アップグレード? は??
グレードアップでしょ、普通。
なんだか、変な形でパソコン用語を使ってしまった感じの若干気持ち悪い響き。

アイスもアップグレードできるんなら、ダウンロードしてインストールしてセットアップもしちゃえば??って感じ。

・・・まあ、とりあえず美味しければそれでよし。
でも、ガリガリくんやファンタと一緒で、この味も少ししたらほかの味が出てきて消えてしまうんだろうな〜。

盛者必衰の理、ここにも見られり。

AM 01:54:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年12月20日  カニ最高!
このカニは、先日職場の方にいただいたカニで、その日のうちに茹でて食べてしまいました。
ズワイガニは地域によって呼び名が変わるのですが、これは「香箱蟹」と言うのだそうな。
・・・聞いたことがない。

しかし、一緒にもらった「おいしい茹で方」の紙を見ると、どうやらかなり貴重なものらしい。
なぜかと言うと、これがズワイガニのメスだから。
カニの国、北海道や、そのほかの多くの場所でも漁獲高維持のためにメスは捕獲していなかったり制限を設けたりしているとか。

そして、食べたら・・・これがめちゃめちゃうまい!
冷凍していない、さっきまで生きてたカニというのは、これほどうまいのか。
特に鮮度で味が落ちるカニ味噌なんか、臭みなんてなくて、異常にうまかった。
そしてなんと言っても卵!
「外子(そとこ)」と「内子(うちこ)」という2つの味が楽しめて、外子の食感も最高で、しかもおいしい塩を選んで使ったのでいい味がついてる!
そして、内子の味もまた最高。

いやぁ、幸せだ。
カニの天敵と言えるであろう私は、今日もカニを食べました。
仕事のお付き合いの方との忘年会でズワイガニ登場!
ズワイとしてはかなりうまかったけど、香箱蟹のうまさってのはまた別なんだよな・・・。

これはカニ好きとしては毎年要チェックだぁ。

AM 12:34:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ごはんむし]

2005年12月19日  世のジャンク星人はみな買ったはず。
このラベルを見た瞬間、
「やられたっ!」
と思った。
世のジャンクフードフリークは、迷わず買ったに違いない。

その名も、
「こどもののみもの」!
ラベルには、「こどもだってカンパ〜イ」の文字。
たしかに、大人のビールの真似がしたくてお母さんに買ってもらうこどももいるかもしれない。
しかし、見るからに今の世代のこどもは対象外。
どうみても昭和を意識してるじゃん。

ジャンクフードフリークならビンビン感じるはす。
”これはうまそうだ・・・”
いかにも無果汁って感じだけど、何かのフルーツの味でもないため、無果汁の無の字も書いてない。
でもそれでいい。
ジャンクフードフリークは、果汁や栄養など望んでいないのである。
ただひたすら、味がうまいと感じられればそれでいい。
以外なのだが、ていうか謎に近いが、このジュースにはDHAが無理やり入っている。
・・・それは、まあ、うれしい。

そして飲んでみる。
・・・これはけっこうレベルが高い!
原材料を見ると、ジャンクドリンク界のミラクルフルーツ、ガラナ様の名前が。
しかも、ビールに似せているのか、微妙な苦味も感じられる。
これはすべての世代がハマる可能性を秘めているのでは。

ジャンクフードフリークを喜ばせる要素満載のこのジュースを作ったのは、サンガリア。
もともと100%ジュースのようなものは作っていない、ジャンクドリンク専門メーカーとも言える。
そんなサンガリアが研究を重ね、ジャンクフードフリークが喜ぶものを極めたのがこの「こどもののみもの」なのだ。
ジャンクな私は言う。お見事!

そして、このジュースのラベルには、サンガリアのキャッチとしてこんなことが書いてある。
「はてしなく自然飲料を追求する サンガリア」
自虐オチまでさえてる〜。

※追記:このジュースのすごいところをもうひとつ発見!
「こどもだってカンパ〜イ」
なんと、クリーミーに泡がたつ・・・。

AM 12:15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年12月11日  さよならG3、ようこそ3G。
 最近、財布の口が緩んでいてイカンと思っているんだけど、そんな中、今日は愛用機としてメインで使っていたデジカメを何年かぶりに買い替え。また買い物してしまっている。

 思えば、ずーっと使っていたCanon Powershot G3は僕が初めて買ったデジカメでもあったわけで、今までほんとにいろんな光景を記録してくれました。
使い慣れていたせいもあるけど、本当に使い勝手がよかった。
今だって、壊れちゃったわけでもないし、なかなか丈夫。
グリップの形がいいのか、1/20秒くらいのスローシャッターでも不思議と手ぶれしなかったし。
はっきり言って、致命的な欠点は今も全然無い。
 それでも買い替えようと思い始めた理由は、コンピュータの高性能化により、安くてピントの合焦速度がとても速いカメラが出始めたこと。
これは魚の写真を撮る上でとても重要で、これが遅いともちろんシャッターチャンスを逃してしまう。
 で、この写真はNEWカメラで撮ってみたんだけど、やはりものすごく速くなってる。
異常な速さのUSMズームと0cmまで接近できる脅威のスーパーマクロは感動ものなんだけど、その反面、通常モードの接近距離が犠牲になっているようで、しかも手ぶれ補正機能は、ぶれるかどうかぎりぎりの所では無駄に働いているようにも思われるので、このあたりは慣れが必要かも。

 長らく一緒に旅をしてきたのに今日で突然使われなくなってしまったG3は、どこか寂しげに見えてくる。
しかし、これからは実家で第二の人生を送る予定。
親は写るんですをはじめとするフィルムカメラしか使ったことがないけど、まあオート撮影のやり方だけでも教えておけば、簡単にきれいな写真が撮れるし使うことはできるでしょう。


 さて、しばらくブログに書き込みしてなかったのには理由が・・・。
先週末に携帯を機種変更した。
Vodafone の 3G機種。これもまた買い物か・・・。まあ1000円だったけど。
高画質の画像もブログに貼れるように、ってことで機種変したようなものなんだけど、なんとブログがこの携帯からのメールを受け付けない!
どうなってんの、ブログ管理者さん!とかいうお問い合わせのやりとりをしつつも、結局まだ解決せず。
つうか、どうやら悪いのはどちらかというとVodafoneらしい。

たしかにVodafoneショップのやさしいお兄さんは言っていた。
「3Gというのはバージョンアップというよりも、全く違うキャリアだとお考えいただいた方が・・・」
しかし、
「今までの電波環境がこれ以上よくなることはありませんし、全く違う電波方式ですから今までより電波がよいところもあるでしょう。」
とも言っていた。実家なんて、このご時世に圏外だったもんな〜。

で、この3Gってのは新世代機種みたいに急速に売り込まれているけど、要はVodafoneが本拠地の方式を日本にいきなり持ち込んだだけのことみたい。
いきなり新しい方式でメールが送られてきても、ブログ屋さんも対応できない、ということらしい。

おかげで海外からでもこの携帯で普通に話せちゃうってのはさすがにすごい。
しかし、僕が海外にいるときにこの携帯に世間話をしようとかけてきた人はどうなるんだろう?
30分くらい話した後に、「ところで今どこ?」とか聞かれて、「地球の裏側だよ。」
なんて答えようものなら、絶交どころかお金の問題まで発生するぞ。
そして、”あいつに電話してもし海外にいたら最悪だぞ”なんて話が広まると、そもそも普段から電話してもらえなくなっちゃったりして・・・。

んー、とにかく、3Gがあたりまえな時代よ、早く来てくれぇ、って感じ。

ちなみに写真のキャラクターは、横浜市営地下鉄のマスコット、「はまりん」。
こういうキャラに弱いんだよな〜。
北海道に住んでたら、多分onちゃん買ってるだろうし。
これもまた買い物だ・・・。マジでイカン。

PM 06:59:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

2005年12月02日  出た、マニアック表示。
普通は「電車が来ます」とかだけなのに、僕の知る限りでも6種類の多彩な接近表示が楽しいこの表示器。結構レアと思われる表示がこれ。後続電車接近中。つまり、運転間隔の短いラッシュ時とか、この駅で発車が遅れたとき、電車が発車する前の一時にしか見られなさそう。でも、これって業務連絡じゃないの?乗る側としては、電車が来ます、というのと何ら変わらない情報だし。それとも、この電車の車掌がモタついてるから後ろに追い付かれてしまいました的な、車掌を反省させようという表示なの??

PM 10:40:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

2005年12月02日  ダメ路線とダメな鉄道会社。
これは、以前よく使っていた某N武線に久々に乗ったときの写真。混みすぎだろ〜これは。仕事を終えて帰ろうってときにこれじゃあひどい。実は前に使ってた頃からこれには頭にきてた。たくさん電車を走らせても混んでるというならともかく、そうでもない。車両が足りないから本数が少ないならともかく、そうでもない。だって、朝はもっといっぱい走ってるもん。その気になれば走らせられるわけだよ。やる気なさすぎでしょ。これだから某JRは嫌い。ライバル私鉄とかがないと、殿様商売気分になっちゃって、すぐこれだよ。この路線はATSの速度設定ミスも見つかってるし、これじゃいつか尼崎みたいな事故を起こすぞ、きっと。

PM 10:05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ぶろぐむし(雑談と写メ)]

プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2005年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp