たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

『バリでララァに会う。』へのコメント

FROM:おでっせい  2006/08/21 22:36:11
こんばんは、おでっせいです。
何ぁんと、バリ島に行ってしまいましたかっ!!
私、ハチジョウ島へ行ってました。小川程度なら見たんですが夕方暗くって生物は????

ん〜ん、ウラヤマシイ。どんなボウズ君が居たんでしょう?
インドネシアボウズハゼspで輸入されて来る連中が居ましたか? 興味津々

《求むっ!!》「詳細な写真アップ」です。
楽しみにしております。 ではでは

FROM:たろう [HOME] 2006/08/25 0:09:10
どうも、こんばんは。
川の底質が特異で、しかも夕方でやや濁った水だったので3種見たうちの2種は採集できなかったのですが、
ひとつはニジイロボウズハゼにかなり近いと思われる種類でした。

もうひとつはボウズハゼ属の魚でしたが、ルリボウズとは体色が異なっていたので、マウンテンロックゴビーの系統だったのかもしれません。
一番の収穫は現地のゴツい淡水魚図鑑を見つけたことだったのかもしれないのですが、
そこにはボウズハゼ属の仲間が7種類も載ってました・・・。

ちなみに、写真の魚はおそらくLentipes kaaea と思われる魚で、この図鑑にも載っていなくて、バリにいるということは未報告かもしれません。

今回は観光の中の1日にしては上出来だったと思っていますが、逆に1日でもこれだけ楽しめるあたりはさすがボウズハゼの国ですね。
ちょっと遠くてしょっちゅう行けないのが残念です・・・。

FROM:ゆう  2006/08/26 11:46:02
ええなあ。バリの魚類図鑑の表紙の画像みして。たろさんのBBSでいいので。

わしは昨日四国半周してトビハゼ探しに行ってきました。約20年ぶりに行ったけど、えらいことになっていて泣きました・・・

FROM:たろう [HOME] 2006/08/27 1:59:18
ゆうさん、どうもこんにちは〜。
本の表紙って、ネット上に勝手に載せちゃってもいいんですかね?
本の情報は以下のとおりです。
Freshwater Fishes of Western Indonesia and Sulawesi
(PERIPLUS社、A4サイズで固い表紙です)
図鑑というか、内容的にはFishbaseの情報を集めて書籍化したような感じの本です。

そうそう、写真に載せたヨロイボウズの仲間は、ゆうさんのニューカレドニアの図鑑に載ってた種類と同種かな、と思いました。
体と上唇に赤が乗るところと、胸びれの黒い斑点など、かなりよく似ています。
バリの個体は体調によってオスのヨロイ状のウロコが黒く縁取られるようでした。

四国もいいですね〜。
ただ、えらいことってのは・・・温暖化の影響でしょうか?それとも台風の爪痕??

FROM:ゆう  2006/08/27 11:50:21
あー、その本買いました。
なかなかいいですよねー

四国のえらいことってのは、吉野川は端をかけまくりになっていて、干潟が泥から砂地になっててトビハゼが激減・・・シオマネキ王国になってました。

FROM:たろう [HOME] 2006/08/27 13:07:54
おお、ゆうさん、この本をすでにお持ちとはさすがです!
ほかにもボウズハゼ類の情報のある海外本をご存知でしたら教えてくださいませ〜。

干潟が砂地になると、なかなか復帰しなさそうな感じがしますね・・・。
上流域の淵に砂がたまったのならまだ時間がたてば少しずつ戻る印象がありますが、
粒の大きいものが積もってから細かい状態に戻るというのはなんだかイメージできません・・・。
東京湾のトビハゼもそうやって減っていってしまったのかな・・・。

FROM:ゆう  2006/08/28 12:24:24
http://www5b.biglobe.ne.jp/~borneo/list/list4.html
ここでネットで買いました。ネットで探しまくると時々あたるんですよね。
ちなみにボルネオ島のクチン川の淡水魚っていう図鑑も出てて、それは人のお土産でもらいました。

トビハゼがいたって確認した那賀川。きのうナカちゃんが死んでたらしくて・・・ものすげーびっくりした。

橋をかけた後に、最低20年くらいあけてくれれば泥がまたたまりだすんだけどね・・・西表島でも同じ現象であって・・・

この記事にコメントを書く
名前
Mail
URL
内容

プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2006年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp