たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

2010年05月02日  カレー柿ピー!
久しぶりにスーパーに買い物に行ったら、大変美味しそうなおやつを発見!

亀田の柿の種スパイシーカレー!!

僕はもともと柿の種(正確には柿ピー。ピーナッツ入りのもの。)が大好きで、今やスーパーで当たり前に見かける6つ入りのパックをよく買います。

しかも、安いのもいろいろあるけど、結局味と値段のバランスが一番いいのは亀田製菓さんのやつなんですよね。

そんな亀田からなんとカレーフレーバーの柿ピーが新登場!
こりゃあ買わなくちゃ!

オリジナルと別のフレーバーの柿ピーは実は以前にも塩だれ味、わさび味などが出ていたのですが、まあオリジナルがやっぱ美味いかな、という結果のものばかりでした。

しかし、カレー味となると期待も膨らみます。

というわけで、買って早速食べました。
いやぁ、実に美味しいです!

しかも、ただのカレー味でなくスパイシーカレーというだけあって、カルダモンかなぁ、なんだかいいスパイスの香りもして、かなり気に入りました。

袋には残念なことに期間限定の文字が。
こりゃあ、買いだめ必須かな?!

PM 09:35:55 | [おやつむし]

2008年03月02日  なんでも小さけりゃいいってもんらしい。
コンビニに小型おやつが増えつつある今日この頃。
ルマンドをはじめ、「えっ!あのおやつもミニサイズで出た?!」という感じの王道おやつが増加中だ。

そして、またひとつ。
まさかのミニ版発売を成し遂げたおやつがこれ。


源氏パイ。


しばらく食べてない状態で目にすると異常に食べたくなる、カーネルサンダース現象を引き起こすうえに、なぜ源氏なのか全然わからない、ある意味神秘的ですらあるスーパーロングセラーおやつだ。

食べてみると、もちろん美味しい!
ただ、若干砂糖が少ないかなあ。

えてしておやつというのは外身が美味しい場合が多く、ミニサイズになると相対的に外身の割合が増すことがあるのだが、この源氏パイは外身についててジャリっとしてうまい砂糖の量まで忠実に縮小してあるもよう。
チッ、生真面目なやつ。

まあ、でも、源氏パイをライトに味わいたいときにこういうのがあるのは嬉しいかもしれんです。


PM 09:35:55 | [おやつむし]

2007年12月09日  逆襲の森永。
ヤバおやつの波が来ています。
しかもビッグウェーブ。

場所はキオスク宙域。
ふとチョコ商品群に目をやると、なんと青いチョコボールを発見!

チョコボールといえば、古くは赤い箱のキャラメル入りや、アポロチョコさえ参戦しないキオスク宙域で今も最前線にいる黄色のピーナッツ、キオスク参戦以降に登場したニューフェイスだが黄色いくちばしを通過できずに箱市場に参戦できないオレンジ色のアーモンドなどがある。

とにかく、青は初めてだ。

接近してみると、ビターと書いてある。
キョロちゃんを前面に押し出しているのに、子供のおやつじゃないぞと言わんばかりのギャップが心地いい。
中身はピーナッツらしい。

早速買ってみる。
ほんと、ファンタの法則※には逆らえない。
食べてみると・・・なるほど、確かにビターだ。
でも、個人的にはオリジナルの方がいいなあ。苦いし。まずくないけど。

さて、場所は横浜市にあるア・バオア・クー(青葉区)のスーパーマーケット。

袋菓子コーナーをふと見ると、僕を引き付ける秘密の呪文が・・・。

マミー。

これがコンビニで500mlパック100円で売り出したとき、僕は森永に感謝の祈りを捧げた。
…それはいい。私がそれを目撃したのは袋菓子コーナーだ。
森永はマミーを何らかの形で袋菓子戦線に送り込んできたのだ。
やるな、森永。

よく見ると、袋にはもうひとつ、よく見るロゴがついている。

ハイチュウ。

そう、これは強力な社内コラボだったのだ。
森永、やるな。

早速買って食べてみる。
・・・とりあえず、うまい。ただ、これ、マミーか??という感じ。
幾多の類似品を味わった上でなおオリジナルのマミーに勝るものはないと感じる私は、ピルクルかヤクルトかもわからんような味に、即納得はできないのだった。

もっとマミーっぽいのかと期待してしまったが、それでもハイチュウ内ランキングとしては最上位に入るかも。
そして、この冬のヤバおやつはまだまだこんなものではなく・・・。

つづく。

※ファンタの法則・・・
メーカーがある商品を発売した際、それに興味を持った人全員がその商品をひとつずつ購入すれば、それでメーカーは製作コストを還元できることを言う。
安価な消耗品に対して言うことが多く、ひとつ購入してみるが、ふたつ目を誰も買わなかったとしてもメーカーの儲けになっていることを意味する。またそのために、ロングセラーが望めなくても買いたくなるような商品ならばメーカーは発売し続ける。
すなわち、実態はひとまず別として、異常に購入意欲をそそるものについて言う。

PM 11:05:54 | [おやつむし]

2007年10月01日  ブルボン「ルマンド」中毒症。
こんな記事を書くと、某後輩君にまた人体実験されそうだが(8/26記事参照←ここをクリック)、
僕が食べ始めたら止まらないおやつのひとつに、ブルボンのルマンドというお菓子がある。

このお菓子の袋を開けると思考が停止し、
気が付くと個包装の袋の山。
袋を開けて、最後まで一気に食べ切らなかったことの方が少ない。
今日は実家に帰る電車にルマンドを持って乗ってみたが、やはり袋の山だ。

ラスト1本、ああ、また食べ尽くしてしまう、というその瞬間。
未知の本能に抵抗して、ふと手を止めて、パッケージを眺めてみる。

クッキー?

ルマンドってクッキー??
ちょっとクッキーの定義を改めて調べたくなるが、
僕の中ではルマンドってオリジナルジャンルなんだけどな。

サクサク感、おいしさアップ?
・・・そうかな?
かれこれ中毒歴が長いけど、変わった感じはしないけど。
むしろ、”ルマンドは変わるな。”的なものがあるし。

とかいってるうちに、やはり抗えないのが本能なわけで、
最後の1本もひと思いにパクり。いつもどおり完食。

食後に残る袋の山。
ああ、そうか。
ルマンドを個包装にしたというのは、”あなたはまたこんなに食べてしまいましたよ”
と自覚させてくれるための、メーカーの優しさなんだなぁ、きっと。
(ただ表面がとけやすいだけだと思うけど)

ちなみにこの個包装は、中からの空気圧で袋を膨らますことにより、
ボロボロとくずになりやすいルマンドをある程度守る役割も果たしています。

なお、このお菓子をスーパーやコンビニで買うのはご法度。
同じものを置いている100円ショップを探しましょう。
では、みなさんも是非一度お試しあれ〜。

AM 12:37:14 | [おやつむし]

2007年03月25日  John, Wake up.
ローソン×ポテロングのコラボレーションアイテムは、実は前にもありました。
それが、どれも非常に美味しいのです。

私の記憶が確かならば、前にあったのはポテロングのグリルソーセージみたいな味と、忘れもしないガーリックバター味。
このガーリックバターは少し前にもまた売っていて、非常に美味しい。

しかし!今回さらにヤバイフレーバーが登場!

旨味カレー味・・・。

ポテロングとカレーのコラボは反則(販促?!)だろ!
美味しいのが食べる前からわかるので、とりあえず3つ購入。
食べてみると・・・・当然美味しい!

かっぱえびせん以上に止まらない危険性が漂う。

近所にローソンがある方、ぜひお試しあれ。

ちなみに、タイトルは・・・
テレビっ子なら何のことだかは分かるでしょう。
あれって、インテルのCMだったのか・・・。
あのアメリカ人女性のリアクション最高。
ってことで、この投稿とは何の関係もありません。

AM 12:23:40 | [おやつむし]

2007年01月16日  また出た愛しのダコワーズ。
先日、東急ストアさんにて衝撃的な出会い?を果たしたダコワーズと私。
てっきり、北欧のどこかでひっそりと受け継がれてきたお菓子なのかと思っていました。
つまり、自ら探し歩くきっかけでもない限り、もう出会うことのないお菓子かもしれないと思っていたのです。

しかし今日、思いがけず何の気配もなく2度目の遭遇はやってきました。

午後3時過ぎ。
会社のおやつで配られたお菓子を見て戦慄の感覚が甦ります。
これは・・・メレンゲ系ではないか!

そして、商品の名前を見て2度びっくり。

「収穫月(みのりづき)のダクワーズ」・・・。

って、これ、ダコワーズじゃないかっ!

食べてみたら、もちろん美味しい!
メレンゲ感の中にソフトなクッキー的な食感。
そして、食べていくと突然あっと思わせる心地よい酸味が。

慌てて原材料をチェックすると、さくらんぼジャムが入ってるとのこと。
同時に、美味しさのキモである、レモン果汁inside も確認。

しかし、さくらんぼジャムかぁ〜。
ふぅーん、ダコワーズってそういうのもありなんだ。
ふわふわで若干さくさくのメレンゲエリアをもってダコワーズと言うのかな。

んー、ますますダコワーズファンになってしまった。
そして、いろんなお店のダコワーズが食べたくなってしまった、
おやつどきのオフィスでありました。

AM 01:11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年12月31日  年の瀬「デジタル洋菓子」試す・書く編。
東急ストアさんにて、未知の洋菓子を捕捉した。

ガレットダコワーズ。

ほかにもいくつか並んで売られていたが、今回買ってみたのはこの2つ。
もともと洋菓子に詳しいわけじゃないが、聞いたことない名前だ。
一緒に並んでるものに目を走らせると、どうも「マドレーヌ」などと同等の区分で扱う名前らしい。
つまり、ほかのお店でもこういうお菓子をこれらのように呼ぶわけだ。

さて、上がガレット
原材料にレモン香料と書いてあったので、迷わず手に取った。
僕はレモンの香りのするクッキーとか、オレンジまたはみかんが、ヨーグルトおよびチョコレートなどとコラボしてるお菓子など、柑橘香料系のおやつが大好物なのだ。
それぞれ生で食べるのは特に好きでもないが…。
食べてみると、しっとりしたクッキーのような感じで、やはりレモンの香りが絶妙だ。

そしてダコワーズ
僕がまず「これはっ!」と思ったのはこちらの方だ。
メレンゲ系で砂糖満点のお菓子がまた大好物な私は、このくじらぐものような白い色にまず反応してしまった。
そして、手にしたときの軽さ…。
間違いない。これはメレンゲ系だ。
しかも、原材料にはメレンゲと究極の相性を発揮するアーモンドとココナッツに加え、50音順なのか、締めくくりに書かれているのはレモン香料…。
こいつは鬼にバズーカだ。

食べると、思いのほかクッキーっぽい感じがしたが、予想通りメレンゲ感もたっぷり。
ハマりそうな香りがぷんぷんするものの、ウエストのリーフパイと同様、値段の高さがかろうじて財布のひもを締めてくれる。

まあ美味しいおやつをたくさん知ってるのはいいことだ。たぶん。
ただ、それらをローテーションで食べ続けると、結局財布はゆるゆるなわけなんだけどな…。

PM 05:09:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年12月20日  愚痴ップス。
久々に僕のツボにグサッとくるポテチに遭遇!

相変わらず輸入系ポテチなんですが、名前は
「テラチップス」
と言うのかな?
これのオニオンガーリックフレーバー。

これはヤバい!
はっきり言ってグラム単価が高いんだけど、
実にうまい!

異常に厚切りで、空腹でないときには数枚で満腹になることも・・・。
でも、そこがまたいいっ。
これを一度食べると、カルビーポテチってうっすいなぁ〜って思うようになる。

業界的には厚さ何ミリまでがポテチなんですか、そしてそれを越えると何と言う名称になるんですか?なんていう脳内疑問が湧いてくる、超ポテチ級のおいしさ。

海外ポテチとしてはLAYSの黒のポテチもかなりいいけど、
なかなか売ってないんだよなぁ。
その点、テラチップスは仕事帰りにも寄れる成城石井様にもレギュラー配備されとります。
ついつい食べちゃうと、毎日じゃがいも1個食べるという前代未聞の健康法を確立しそうだから、我慢して買わない日というのも設定せねば。

さて・・・、最近妙に忙しいなぁ。
ていうか、あまり愚痴らないと自覚していたつもりが、こうして文字に記している時点で溜まっているものがあるのかも。

その点、カワテッポウエビ君はえらいなあ。
水槽での働きっぷりを見ていると、タネハゼ君に巣穴に乱入されても常に冷静。
自分の好みの間取りに巣穴をすぐに補修する。

おっといかん、そろそろボウズハゼ類の繁殖期が始まりつつあるから、水槽久々に掃除しなきゃなぁ〜。
飼っているすべての種類に繁殖環境を用意してあげられないから、
今年はどの種類をVIP待遇にしてあげようかな。

まずはフデハゼ(=アカボウズハゼ)夫妻かな。
あと、ナンヨウボウズに少し我慢してもらって、外国産で求愛行動を観察したいのもいるし。

んー、おうちもなかなか忙しいぞ〜。

AM 03:41:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年11月29日  懐かしのハニー焼。
今日は仕事で湯島にある外注さんのところへ打ち合わせに。

少し前に来たときは、帰りにお気に入りの甘味処に寄ったのですが、
食べたかったメニューがやってなかった。
そのおやつはなんと冬限定だったのであります。
いつから売り始めるんですか?と店員さんに問うと、
「来週くらいからですね」とのこと。
くらい、っていうところがますます悔しい。

そして、今日。
またそのお店に寄る。当時から言うところの「来週くらい」はとっくに過ぎている。
すると・・・

ありました!ハニー焼!

このおやつの美味しさは、言葉では表現できませぬ。
大判焼のようですが、表面に蜂蜜を塗ってあるのか、香ばしくてサクッとした食感があります。
そして、甘すぎない味が蜂蜜の香りを引き立てます。
・・・言葉でけっこう表現できてるか・・・。

このおやつの思い出は、僕が小学生の頃にさかのぼります。
このお店の前を通るときには、店頭で親がハニー焼を買ってくれたり、
店内で安倍川もちを食べたりしたものです。
のすたるぢいなぁ。(=懐かしいなぁ)

僕は昔のこととか潔く忘れてることが多いのだけど、
この味と名前はなぜか憶えておりました。
だって、おいしいもん。

また食べに来よっと。
今シーズンはいつまで売ってるのかわからないけど・・・。

AM 02:45:57 | [おやつむし]

2006年10月07日  ブルーダイヤを知っているか。
少し前に実家に帰ったときに、実家の近くにとても大きい酒屋を発見した。
酒屋と言うよりは、アメリカ的な広々としたリカーショップだ。

そこにはたくさんのおやつ(おつまみ?)が売られていて、ナッツフリークの私としてはパラダイスなお店だ。
中でも、ブルーダイヤのナッツが充実しまくっている。

ブルーダイヤとは。
洗濯機用の洗剤ではない。
Blue Diamond といえば、世界的にメジャーなナッツメーカーだ。
いろんなナッツの中でも私が特に好きなものの一つが、
フレーバーもののアーモンド。

普通のアーモンドについては、
はっきり言って他社のものとたいして変わらない。
しかし、ブルーダイヤのアーモンドにはフレーバー付きのものがいくつかあるのであります。

私が一番好きなのは、この「スモークハウス」フレーバー。
アメリカ物のおやつのフレーバーの名称はいまいちよくわからないものが多いのだが、スモークハウスというのは直訳すれば「燻製屋」だろうか??
よくわからんが、とにかくうまい。

さらに今回初めて発見したフレーバーが、BBQ!
これがまた異常にうまい!
文字どおり?バンバン食う私。
止まらなくなっちゃうんだけど、
アーモンドって大量に食って大丈夫なのかな・・・。

さて、実家に帰らずともこれを入手できるお店を探さねば。
まずは通勤ルート上の成城石井様あたりからチェックかな。

PM 11:19:42 | [おやつむし]

2006年09月11日  いつも心においしいおやつ。
この週末は、大学時代からのお友達チームで那須ツアー。
貸し別荘に泊まったのは久々だったけど、なかなか楽しめるもんです。

最近会社で知ったおやつ、亀田製菓「ちぎれ餅」を普及させるべく、今回持って行った。
このおやつを初めて会社でもらったとき、教育に関する仕事にあって言葉を選んでいるはずの私にして、思わず言ってしまった。

「この煎餅、ヤバいっすね・・・。」

しかも、これはいただいただけでは満足できず、迷わず自らも購入することに。
ところが、なかなか見つからない・・・。
会社から駅までに立ち寄れる数軒のスーパーにもない。
あられ・おせんべいの亀田製菓なのに、これほど見つからんとは・・・。
とか言ってたら、意外にも家の近所のスーパーで発見!
灯台もと暗しっちゅうやつですなぁ。

これがもちろん那須でも大好評。
みんな気に入ってくれましたが、みんなバラバラに住んでるので、みんなそれぞれに販売しているお店を探すわけかぁ。

さて、貸し別荘で朝を迎えてから出かけた道の駅にて、キウイソフトなる超うまそうなデザートに遭遇!
どうも、このあたりではキウイを名産物として売り出そうとしているらしい。
キウイは僕にとって2位に位置する大好物フルーツだ。
僕はずっと前から、ホテルの朝食とかでよくあるように、家でもヨーグルトにキウイジャムをのせて食べたいと思っていたので、
この道の駅のように、キウイのジュースやジャムがいつでも買えるのはかなり羨ましい。
もちろん、キウイジャム購入。

いやあ、常に新しいおやつを考案してくれる人たちには感謝するしかないですな。
みんなもとりあえず今はちぎれ餅とキウイジャムを世に広めていこう!

PM 01:20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年08月26日  本日の寒天。
今年の夏はなぜか寒天スイーツを店頭で多く見かける気がする。
これまでも「あんみつ」や「みつまめ」は売っていたけど、あんこはもちろん、フルーツとかも入ってて、寒天しか食べたくない僕としては余計なものだらけだった・・・。

しかし、今年はちがう!
豆寒天なるスイーツが多く売られているのである!
よしよし、だいぶ僕の理想に近づいてきた。
まあ、これでも「豆」はいらないんだけど・・・。

要するに寒天だけを大量に食べたい僕としては、フルーツが入っているせいで商品の値段が高くなっているのが許せなかったのであります。
僕にとって主役は寒天なのに。フルーツも豆も食べずに捨てちゃうのに。

しかも、複数のメーカーによる商品が同時に並んでいることもあるようだ。
ただ・・・寒天と蜜だけを食べてる限りではあんまり味は変わんないなぁ・・・。
まあ、しいて言えばはじめに寒天が浸っている蜜(僕は「初期蜜」もしくは「保存液」と呼んでいる。基本的には蜜をかける前に捨てるもの。)に酸味があるかどうかの違いかな。
そして、ひととおり買いだめしておく。
寒天って、缶詰めでなくてもけっこう賞味期限が長いのである。

いやぁ、寒天おいしい。
ナタデココともタピオカとも違う、絶妙な歯ごたえは未来永劫私の好物であり続けるでしょう。

AM 03:43:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年08月08日  願いは叶う!炭酸が燃料の人の味方、石井さん登場。
最近通ってなかったルートで帰ってみたら、なんと近所に素晴らしいお店がオープンしておりました。

その名は、
「成城石井」。

知ってる人は知っている、輸入食品系やちょっとマニアックなおやつや食材が充実しているスーパーであります。

これはねぇ、実にうれしい!
だって、これで近所のスーパーで、
ブロックのパルメザンとかブルーチーズとか、王子サーモンとか、大好きなフェレロチョコのラファエロとか、食べたら止まらなくなっちゃう木の実類とか、チェリーコークまで、好きなときに買えるではないか!

ちょっと高級な食材が好きなマダムから、ジャンクフード大好き人間まで、いろんな変人に好まれるこのスーパー。
今回の戦利品は、これまた大好物の「冷しあめ」!
京都のお寺に夏に行くと売ってて、これがたまらなくうまいのです。
これは水道の水で作ったらまずくなりそうでもったいないので、飲むときは天然水買ってこよ。

そして、炭酸好きなら興味本位でとりあえず買ってしまうであろう、「ダイエットカナダドライクランベリージンジャーエール」なるものを発見。
「スーパーストリートサイダーZERO2ダッシュターボ天空の花嫁」みたいな飲み物に発展しそうで怖いけど、
とりあえず購入。
んー、味はまあまあかな。

それにしても石井さん、よくぞ近所に来てくれました。
最近うちの近所はお店の入れ替わりが激しいんだけど、
お気に入りのTシャツ屋さんがどこかに移転してしまったから、
それに替わるいい感じの洋服屋さんとかできたらうれしいんだけどなぁ。
これからも家の近所が住み良い街になっていきますように。

AM 01:29:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2006年06月25日  氷の微笑&果物の王様&アートシーン。
梅雨の真っ只中ですが、近所のスーパーはもう夏ですニャ。
アイスクリームコーナーが日に日に充実してきておりますよ。

私はパッケージに氷菓と書かれたアイスばかりを好んで食べるのですが、今年のヤバい氷はこちら。
カネボウ 「かき氷バー いちご」。
いやぁ、これはヤバい。
買って帰った日なんて、いきなり立て続けに4本食べちった(バカ)。

普通の氷いちごの味なんだけど、練乳っぽいコーティングがうっすらあるところがまたうまい。
このコーティングがあまり厚くなると氷菓っぽくなくなってくるからアウトなんだけどね。
「ガツンとみかん」や「カルピスアイスバー」もいい線いってるんだけど、これほどは食べ続けなかったかも。

そして、忘れてはならないのが、ビワの季節が到来しているということ。
僕の中でキングオブフルーツであるビワ。
ビワ学者かよというくらいに買っては食べてを繰り返しております。
実家でも今朝の新日曜美術館を見ながらパクパク食べて、自分の部屋に帰ってまた食べて。

ちょっと待った!
そういえば新日曜美術館はモデルのはなちゃんと山根アナの方がよかったなぁ、なんとなく。
はなちゃんの大仏マニアっぷりとかかなり楽しかったし。
教育放送は語学系の番組に若いタレントを多用したり、サイエンスの番組に眞鍋かをりが出てたりしてるのに、何故いま檀ふみさんなんだろう・・・。
んー、納得できませんぞ〜(by ヒゲジイ)

しかしヒゲジイっていうキャラのネーミングも、公募だし語呂がいいとはいえ、そのまんまでつまんないな〜。

AM 12:23:40 | [おやつむし]

2006年05月06日  玉家さんの和菓子&意味なく総括、GW。
これは実家に届いた和菓子なんだけど、実家にはいろんな「和」ものの器があるので、撮影してみた。
左手に懐中電灯でライティング、右手はデジカメ、という家庭的な機材にしては、良く撮れたかも。
この玉家さん(福島県白河市)というお店の和菓子はとても美味しくて、各地のお土産として次々と登場するお菓子などとは違って、伝統的な味を堪能いたしました。
”こういう和菓子って、どこのお店のが美味しいんだっけ?”
と思うことがあるけど、そんなときは考える前にこのお店に注文して発送してもらった方が早いかも。

GWももう終盤かぁ。
前半はダラダラ過ごして近場のヨシノボリを見に行っただけで終了。
後半は、GOさんとの楽しいハゼ談義に始まり、実家に帰ってから箱根へ1泊の家族旅行。
箱根といえばヨシノボリなんだけど(どこでもそうだろ・・・)、今回は時間もシビアだしハゼ観察は遠慮(網を家に忘れた)。
なんだか、文化遺産だという古風な宿に泊まって、贅沢な時を過ごしました。
そして、箱根から帰った日の深夜、実家の近所でヨシノボリ観察。

千葉の野に 多摩と近しい ヨシノボリ
古く棲む子か 若き歴史か 
(句を考えるようにすれば、語彙力の衰退が回避できると最近思い込んでいる)

遠出しなかったせいか、連休を有意義に過ごした感覚が全く無いけど、まあこれはこれでいいかな。

AM 12:24:43 | [おやつむし]

2005年12月27日  IT系アイス。
新しいのか古いのか、一部のスーパーで今売ってるこのアイスが異常にうまい!横に並べたフエラムネももちろんうまいんだけど、このアイス、りんごヨーグルト味という、なかなか素敵なフレーバー。
僕の大好きな「氷菓」が姿を消すこの季節、ヨーグルト系アイスは僕の心のよりどころ。

そして、このアイスのパッケージには、
「爽やかさ アップグレード」
の文字が。
アップグレード? は??
グレードアップでしょ、普通。
なんだか、変な形でパソコン用語を使ってしまった感じの若干気持ち悪い響き。

アイスもアップグレードできるんなら、ダウンロードしてインストールしてセットアップもしちゃえば??って感じ。

・・・まあ、とりあえず美味しければそれでよし。
でも、ガリガリくんやファンタと一緒で、この味も少ししたらほかの味が出てきて消えてしまうんだろうな〜。

盛者必衰の理、ここにも見られり。

AM 12:00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年12月19日  世のジャンク星人はみな買ったはず。
このラベルを見た瞬間、
「やられたっ!」
と思った。
世のジャンクフードフリークは、迷わず買ったに違いない。

その名も、
「こどもののみもの」!
ラベルには、「こどもだってカンパ〜イ」の文字。
たしかに、大人のビールの真似がしたくてお母さんに買ってもらうこどももいるかもしれない。
しかし、見るからに今の世代のこどもは対象外。
どうみても昭和を意識してるじゃん。

ジャンクフードフリークならビンビン感じるはす。
”これはうまそうだ・・・”
いかにも無果汁って感じだけど、何かのフルーツの味でもないため、無果汁の無の字も書いてない。
でもそれでいい。
ジャンクフードフリークは、果汁や栄養など望んでいないのである。
ただひたすら、味がうまいと感じられればそれでいい。
以外なのだが、ていうか謎に近いが、このジュースにはDHAが無理やり入っている。
・・・それは、まあ、うれしい。

そして飲んでみる。
・・・これはけっこうレベルが高い!
原材料を見ると、ジャンクドリンク界のミラクルフルーツ、ガラナ様の名前が。
しかも、ビールに似せているのか、微妙な苦味も感じられる。
これはすべての世代がハマる可能性を秘めているのでは。

ジャンクフードフリークを喜ばせる要素満載のこのジュースを作ったのは、サンガリア。
もともと100%ジュースのようなものは作っていない、ジャンクドリンク専門メーカーとも言える。
そんなサンガリアが研究を重ね、ジャンクフードフリークが喜ぶものを極めたのがこの「こどもののみもの」なのだ。
ジャンクな私は言う。お見事!

そして、このジュースのラベルには、サンガリアのキャッチとしてこんなことが書いてある。
「はてしなく自然飲料を追求する サンガリア」
自虐オチまでさえてる〜。

※追記:このジュースのすごいところをもうひとつ発見!
「こどもだってカンパ〜イ」
なんと、クリーミーに泡がたつ・・・。

AM 02:38:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年09月02日  緑のファンタ。
あれ、しばらくブログ書いてなかった〜。
やっぱ石垣島が楽しすぎて、まだ余韻を引きずってるらしく、ついこないだのような気がしているんだな〜。

さて、今日はお決まりの近所のスーパーで新しいファンタ、
「キウイ」フレーバーを購入。
少々口に含んで、第一印象は・・・
”ん?よく見ないで買ったけど、「胡瓜」味のファンタだったか??”
と思った・・・。マジで。

まあ、評価としてはなかなかおいしいんだけど、慣れない味に感じるのはなぜだろうと考える。
・・・キウイのソースとかは朝食に出るヨーグルトとかでも最近見かけるし、あれはほんとにうまいと思うんだけど、・・・

んー、つまり、こういうことか。
ファンタは果汁が少ないことが特徴とも言えるジュースだけど、キウイの香料ってのはあまり経験がないんですな。

実際、僕はパイナップル味のデザートとかヨーグルトとか大好きなんだけど、果汁100%のジュースならまだしも、実のパインは少しでもすっぱいとアウト。
しかし、パイナップルの香料はきらいなので、果汁が10を切ると、それもアウト。
ジャンクフードマニアにもダメな香料ってのはあるんですよ。
まあ、イチゴみたいに、香料100%でも大歓迎だけど甘い実でも一切食わないものもあるのだが・・・。

ところで、今日はオロナミンC10本セット578円も購入。
これは驚異的な価格。
オロナミンCのヘビーユーザーしかわからないかもしれないけど、オロナミンCは他のジュースより安い110円で買える反面、薬局などでも100円を切ることは少ないのであります。
それがなんと1本あたり58円という異常な安さ!
最近、朝の渋谷での乗り換えの時に必ず1本買って飲むのが日課となっているので、うれしい爆安ですにゃ。

PM 09:35:55 | [おやつむし]

2005年08月05日  発売中止!
このジュース、世の炭酸中毒の皆さんは飲んだことがあるでしょう。でもワケあって今は飲めません。そう、売れすぎちゃったのです!製造が追い付かず、やむなく発売中止。そりゃ、この猛暑の中で、回復できる宿屋を久々に見つけたかのようにコンビニに入って、それでコールドドリンクコーナーにこの爽やかそうなジュースを見たら、炭酸中毒でなくても買ってしまうでしょう。そしてたちまち発売中止。そういえば、食べ物に用いた場合にもっとも食欲を失う色が青だと聞いたことがありますが。夏場の飲み物だけは例外あり、なんてことは学術的にも触れてないんでしょうな・・・。こりゃもしかして、早く発表したもん勝ちか?!

AM 12:10:36 | [おやつむし]

2005年08月02日  氷の微笑。
スーパーで美味しそうなアイスを発見。DOLEの名前がついてマズいアイスはないでしょう。

ところで、僕はアイスを食べる前にチェックする項目があります。
このラベルには「氷菓」と書いてありますね。
これ、合格。

皆さん見たことはあるけど忘れている単語なのだと思うのですが、ほかに個人的に不合格な表記は、「アイスミルク」そして「ラクトアイス」。
詳しい数字はよくわかりませんが、牛乳が一番多く入っているのがアイスミルク、次いでラクトアイス、そして一番氷っぽいのが氷菓です。
そう、僕はシャリシャリの氷系のアイスが好きなのであります。

コンビニにあるカップのみぞれアイスなんて、氷を砕いて砂糖かけただけじゃないか、なんてよく言われます。
ああ、そうだとも。僕はあれに60円の何倍もの美味しさを感じるんだっ。

・・・さて、このアイス、よく見たら果汁20%と書いてありますね。
DOLEならみんな100%ってことではないんだなぁ。
自分的DOLE支持率若干下降。

PM 09:35:55 | [おやつむし]

2005年07月22日  ガラナーにゃ。
おなじみ、近所のスーパーに来てみたら、500ミリのペプシエックスがなんと78円!しかし、あまり売れてはいない様子。こんなうまい飲み物がこんなに安いのに買わないなんて、さては僕みたいにこれを好んで飲むやつは少数派なんだな?まあ、そんなことは知ったこっちゃあおまへんで。好物が半額近い値段で飲めるっちゅうことで、一人で得をさせてもらいますよ〜。とりあえず、軽く5本くらい買って帰ろうっと。あ、タイトルに深い意味は無いです。

PM 01:35:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年07月14日  北海道と化学と椰子と豚骨。
よく行くスーパーにいきなりリボンナポリンが現れてからしばらくたった今、こんどはコアップガラナが登場!
これは、北海道との流通経路が確立したと見ていいのか?

このスーパーでなくても売り始めているものだけど、NaHCO3なんて飲み物が出た。
こんなの、化学科の関係者しか買わないんじゃないの?
僕は買ってしまったけど。
NaHCO3の味って・・・と想像しちゃうんだよね、化学の人って。僕もいまだにそう。

さらに、パインとココナッツという、僕の好物ブレンドとも言えるジュースも出た。
買ってまだ飲んでないけど、好物とはいえ、牛肉と枇杷のブレンドみたいなことになってないことを祈る・・・。

そして、このスーパーでは、僕の知る限り最高にうまいカップラーメンも売っているのだ!
マルちゃんの「熊本風 黒とんこつ」である。
麺にこだわりがある人には、所詮100円前後のカップめんだから、と言われてしまうかもしれないし、実際麺は普通以下。

しかし!スープがヤバい!

仕上げとしてありがちな、「香味油」と書かれた小さな袋からは、あの熊本特有の黒く香ばしい油が!

僕が食べたときの第一印象は、
”この味・・・カップで出せるんだ・・・”
というものでした。
見かけたらぜひご試食あれ。
100円級ラーメンとしては、圧倒的なうまさだと思いますよ。

ていうか、これに負けるラーメン店がいくつも脳裏に浮かんできます・・・。

AM 01:38:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年06月15日  やみつき飲料・ナポリンはシトロンの5倍以上のゲインがある。
マイキングオブジュースをなんと近所のスーパーで発見!!
その名も、「リボン ナポリン」。
これを知ってる人は北海道マニアか、北海道在住か、どっちかだな。

リボンシトロンというジュースは全国的に販売されているので知っている人も多いでしょうけど、名前的にもデザイン的にもシトロンの兄弟的な存在であるこのジュースは、本来かなり厳しく北海道限定なのです。
沖縄で飲めるルートビアが大好きな私だけど、缶のルートビアで我慢するなら輸入雑貨屋さんで売ってるわけですよ。

しかし、ナポリンはちがう。
ほんとに北海道に行かないと飲めないから、僕もここ5年くらいは飲んでないし、今度北海道に行ったら滅んでいるんじゃないかという心配がいつもありました。

そんなナポリンが・・・いきなり近所のスーパーに・・・。
とりあえず5本買いました。

そして、早速飲みましたよ。
んんめーーーッ!!
うますぎる!
このうまさは、残念ながらまったくもって形容の仕様が無いんですよ。
フルーティだけど無果汁。
僕の知ってるどの果物とも違う味だけど、この味がする果物がもしあったら、それはたちまち僕の大好物になるでしょう。

まあ・・・しいて味が似ている果物を挙げるなら・・・
ていうか、色も似てるけど・・・
そう、ビワかな!

なぜ北海道限定なのか分からない。
でも、札幌ビール園でジンギスカンを食べるときのメニューにもしっかり載っている、道内ではメジャーと思われるジュース。
そんなことを思いながら、前に飲んだときから少しリニューアルしたと思われるラベルを見ると、なんとも驚きの文字が!

「SINCE 1911」

な、なんだって?!
こりゃあ、もしかしてルートビア並みに歴史のあるジュースなんじゃないのか?

そこで、インターネッティング。
なんと、さすが、ルートビアは Since 1866 らしい・・・。
それはともかく、なんと僕のようなナポリンファンが実は各地に潜伏しているらしいことが判明した。

そして・・・
僕がずーっと不思議に思っていた疑問も解消した。
それは、
「ナポリン」
というその名前。

サッポロビールが1911年(明治末期!!)から作り続けている北海道限定ジュースということで、おそらくアイヌ語かなにかだと思っていたのだが・・・。

その名前の由来は、その色がある食べ物の色に似ているところにあったのだ・・・。
・・・
・・

ナポリタンスパゲッティらしい。

さすがに、しばし絶句・・・。


AM 02:03:52 | [おやつむし]

2005年05月14日  果物の王様じゃぞ。
じゃ〜〜〜ん! 出たっ!
これが果物の王様(僕の中で)、ビワ様であります!
今回食べた個体は熊本県天草産。
おいしかった〜、あいかわらず。

ちなみに、その雄姿を写真に撮ろうと思って、母親に「何かいいお皿ない?」と言ったら出てきたのがこのお皿。というか高坏(たかつき)。
これがビワに合うかどうかは微妙だけど、高級感は多少増したかも。
”うちには僕の知らない食器がどれだけ隠されているんだろう・・・”と思った。

今日、お惣菜屋さんで買い物している母親を横で見ていたら、お金を払って商品を手にしたところで、
「ああ、おかず忘れちゃうところだった」
と発言。
母親のこういうところを知っている僕はすぐに言いたいことがわかるんだけど、店員さんは???っていう顔。
”おかず、今買って手に持ってるじゃん。”
っていう表情。
で、母親は微妙に右手を差し出す構え・・・。
そう、「おかず」じゃなくて「おつり」なんですよ、母親が言いたかったのは。

ほんと、こういうの多いんだよね、うちの親。
ふと思い出すと、ふと笑う。
つうか、本題と大きくズレたぁ〜。
みなさんもビワの持つ王様級のおいしさにどんどん気付いていこう!

ていうか、王様とかおじいさんのセリフで「○×じゃぞ」っていうのがよくあるけど、お年寄りが「〜じゃぞ」っていう言葉を使ってるところ、見たことある??

PM 12:26:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | [おやつむし]

2005年05月06日  これでもか〜ってくらい、食べてみたいよな〜。
今年もやってきましたよ、この季節。
僕が年に一度、狂ったように果物を食べ続ける季節が。
その果物とは・・・枇杷(ビワ)であります!

僕は特に果物好きではないのだけど、なぜかビワだけは特別。
間違いなく、マイ・キングオブフルーツ!
しかも僕のビワ好きは異常なようで、こないだも後輩君から、
「果物屋でビワを見たら、たろうくんを思ったよ。」
と言われるほど。後輩だけど、「くん」って・・・。
カエラさんがライブでファンに対して「バカヤロー!呼び捨てにすんなっ!」と言い放っていたけど、「くん」付けされては怒る気にもなりません・・・。

そのほか、友人の家に遊びに行ったときには、ご家族に焼肉屋さんに連れて行ってもらい、メニューを見ているときに、
「たろうちゃんは何が好きなの?」
と聞かれて、
「ビワですね。」
と言って爆笑されるなど、普通でないビワ好きなり。
普通は「カルビ」とか「ロース」とか言うところだったんだね・・・。
普通に一番好きな食べ物を言ってしまった・・・。

で、写真はミスドで発見したビワゼリー。
こういうのも大好き。

カエラさんのブログを見たら、カエラさんも相変わらずよく食べてる様子。
味噌コ―ンバタ―ら―めんかぁ〜。いいなぁ。
でも、北海道第3「段」って、カエラさん・・・字が・・・さすがです。

AM 12:24:43 | [おやつむし]

2005年03月17日  幻の寒天スイーツ。
僕は子供の頃によく親が用意してくれたみつ豆の缶詰が大好きで、甘いものを出してくれるお茶屋さんとかに行くと今でもみつ豆を食べたくなります。
でも、僕はみつ豆の何が好きなのかというと、ズバリ寒天だけなのです。
一緒に入っているフルーツなんてあっても無くてもいい。
ただひたすら寒天と黒蜜(あるいはシロップ)だけを大量に食べたい。

しかし、探してみるとわかるんだけど寒天だけを食べられる状態で売っているものは見当たらず、
”この忌まわしいフルーツ類さえ入っていなければ半分くらいの値段で理想のみつ豆が食べられるんじゃなかろうか。”
と思いながら缶詰のみつ豆を買って食べたりしていました。

そんなある日、
”そういえば、寒天って作れたような気がする・・・”
と思って、お気に入りの食材店に行ってみた私。
”んー、意外と高いな〜”
と思いながらも、スティックシュガーのように小分けになってて、めんどくさがりの僕でも作れそうなものを購入。
ついでにとてもおいしそうな高価な黒蜜も購入・・・。
・・・しかし、いまだに作ってみようという動きには至らず・・・。

ところが、こないだ近所の安売りスーパーに行ったら、思いがけずマイ・キングオブ・スイーツと遭遇!!
しかも148円?!!

このスーパーの安い食品群を疑うわけじゃないんだけど、とりあえず1つ買って食べてみて、間違いなかったら(何が?)買い占めだぁー!
今の私には食前も食間も食後もない!
家に帰るなりさっそく食べてみる。
・・・・・
・・・・
・・


ほんものや!

この寒天スイーツはまさに僕のような人間向けにカスタマイズされており、中身は2つにパック分けされていた。
しかも、その1パックの量たるや、寒天のみを食べ続けてちょうど満足するくらいの量。
この翌日に2パック目を食べて、いざ安売りスーパーへ!
目指すは、その日店頭に置いてある寒天スイーツについて議決権ベースで100%!(謎)

しかし・・・
この日はもうキングオブスイーツの姿はなかったのであります。
あのとき、あるだけ買い占めるべきだったか・・・。
後悔株式先に立たず。

またいつかこの安売りスーパーで会えるといいなー。
夏になっても会えなかったら、製造元に問い合わせて、上原多香子の e−コレクト で玄関でカード払いじゃ!


AM 01:40:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [おやつむし]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫
プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp