たろうのナンデモブログハゼ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

2010年06月01日  グラビア欲しさに週刊誌。
覚えている限り、人生初なのですが、
週刊誌を買いました。週刊朝日。

中吊り広告ってすごいなぁ。
それを見た僕を本屋に走らせ、買ったことがないのにちゃんと購入させるんだから。

中吊りには、だいたいこんなことが書いてありました。

「八代亜紀も応援、寝台特急の旅」

ほぅ〜、週刊誌でも滅びゆく寝台特急を記事にしたりするんだぁ。

これだけなら、僕は本屋に走ることもなかったでしょう。

しかし、さらに下の方に、小さくこんな文字が。

「水戸岡鋭治が描く、夢の寝台特急」

な、なにぃ〜!!
水戸岡鋭治さまとは、私の大好きな九州の列車たちに個性的なデザインを与えた、個人的に神様的な存在です。

しかも、いつか書いたことがありますが、寝台特急が次々と滅びゆくいま、新たに旅をデザインして素敵な寝台特急を復活させられるのは、水戸岡さまとJR九州のコンビしかないと思っていたんですよ。

なるほど、同じことを思っていた記者がいたんでしょうなぁ。

さて、本屋で早速発見。己の感情に間違いはないと確信しつつも、一応中をちらりと見てみる。
いわゆる東スポ的な中吊りである可能性もある。

すると・・・

おぉ〜!八代亜紀の寝台特急の思い出が見開き2ページ、ていうのはいいとして、水戸岡さまのデザイン画がなんと巻末カラー!

すごい!きれい!
値段は?
380円、よし、買いだ!

ということで、、この週刊朝日は私の永久保存版になりましたとさ。

ちなみに、モノクロページには、このデザイン画へのJR九州の社長さんのコメントも書かれていました。
そして、デザイン画の車内のデッキ口の上の方には、

AROUND THE KYUSHU

の文字が。
これ、描きおろしというけど、リアルに計画中なのでは。。。

あぁ、夢は九州を中心に広がっていく。。。


AM 12:37:14 | [れいるむし(旅以外の鉄)]

2006年06月11日  首都圏JR最速はこれだ!
仕事で久々に常磐線に乗った。
子供の頃はよく乗っていたし、実家に帰るときに使っていた時期もあるから、懐かしい車窓と列車たち・・・。
・・・と思ったら、違ってた!

そもそも、半蔵門線から直通の久喜行きに乗って北千住に来れちゃう時点で時代が変わっていたんだけど、常磐線のホームにやってきた車両は最新型車両のE531系。
屋根のパンタグラフのまわりに変電所のような複雑な機械が並んでいるのが(写真)、常磐線の取手の先の交流区間まで走れる電車の証。
この電車、はっきり言ってかっこよくはないので好きじゃないんだけど、性能はかなりのものらしい。

松戸を出て、新松戸を過ぎたあたりからスピードがぐんぐん上がって、読んでた本を閉じて思わず窓の外を見てみたくなったほど。
その後もスピードは上がり、時速120キロを越えるところまでいっていた。
普通の人は音から時速を察することをしないのか、平然と乗車している。
”この感覚は・・・”
と思い出すのは、関西の新快速と、TXことつくばエクスプレス。
それらは別格だと思っていたし、JR東日本ではそんな高速運転は不可能だと思っていたんですな。
しかし、これが現実。現在の常磐線なのだ。
しかも、この車両は新快速223系よりも高速走行時の車体のブレが少ない。

そういえば、常磐線では古くからスーパーひたちが時速130キロ運転を行っていたっけ。
それからも普通列車には新型車両の投入はほとんどなく、このE531系でついに高速対応の普通列車が走り始めたと言うわけだ。

んー、これはすごい。
ていうか、線路からきっちり整備すれば、他の長距離路線でも130キロ運転が可能だろうに・・・。
東日本さんには今後もがんばってどんどん便利になってもらいたいものです。

PM 01:20:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | [れいるむし(旅以外の鉄)]

2006年03月23日  関東は東武様の領土に。
3月18日にダイヤが改正され、その日に電車に乗ると、早速走り始めた東武の新型電車50050形を目撃。
この色が懐かしく感じるのは、埼玉育ちである証か。
この色が電車に登場したのはこの50000系が最初だと思うけど、実は東武バスには昔から使われていた色なのであります。
銀座線みたいだけど。

さて、このダイヤ改正でいろいろ変わった。
東武に直通する列車の種別には高輝度LEDの青もまぶしい「準急」が登場。
半蔵門線から東武側へ直通する列車が大増発したようだから、トンネルの向こう側の人たちはかなり便利になったのでしょう。

そして田園都市線では、なんと大井町線直通の急行が中央林間から少数ながら運行開始。
東急はこういう線路の使い方が異常に上手で、かつて街中を3両編成で走っていた目蒲線を目黒線と多摩川線に分断して、目黒線の方を武蔵小杉まで延長したりている。
さらに目黒では地下鉄南北線と相互乗り入れを開始し、人々を驚かせた。
誰だって、まさか目蒲線が地下鉄に乗り入れるとは思ってもいない。

この急行がまた5両で走るというから面白い。
そう、便利なら何をやってもいいのです。
JRだったら、11両で走る山手線に5両の車両を走らせたりはしないですからね。

さらに興味深いのが大井町線のシンボルマーク。
田園都市線の二子玉川から右に曲がってそのまま東京湾岸の大井町、さらにりんかい線に乗り換えてお台場へ行けることが顕著に表現されています。
東急のことだから、これも将来的にはりんかい線に乗り入れちゃうのかな?
ただ、東急はJRと仲が悪そうだし、りんかい線はJRの子会社みたいなものだし、どうなることやら。

さてこの日、いろいろ用事がてら、有楽町線に乗ると東武の9000系車両を目撃。
さらに、日比谷線に乗れば東武20000系を目撃。
つまり、半蔵門線も含めると東京地下鉄の実に3路線に東武が侵入しているわけです。
もともと路線エリアの広い東武ですが、何気に都心にも勢力圏を広げているんですな〜。

PM 10:07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [れいるむし(旅以外の鉄)]

2006年02月05日  並走列島、日々これ進化。
子供のころ。
東京に出かけて京浜東北線に乗ると、いつも田端から山手線と競走になった。
あの頃は、本当に決着がつかない戦いでした。
なぜなら、互いに同じ形式の車両だったから。

それが、いつしか山手線に205系という、JRでは当時登場したばかりのステンレスの銀色の車両が投入され、山手線が優勢に。

すると、しばらくして京浜東北線には209系という、制御方式の異なる車両が投入された。
この電車はすごくて、VVVF方式という、今ではあたりまえだけど当時画期的なシステムを本格採用。
圧倒的な加速性能で京浜東北線の時代がやってきた。

そして、今。
山手線にはE231系という車両が走っている。
車内のドアの上には液晶モニタが2つずつあり、どんだけ金があるんだ、と思わせる車両だが、制御方式は今もVVVFが主流だから京浜東北線にやっと追いついた形だ。
・・・だと思っていた。

そして今日。
たまたま山手線に乗り、並走する京浜東北線を眺めていると・・・。
あれ?京浜東北線が追いついてこない。
そう、追いつけないのだ。
山手線のE231系は、209系マークIIなどではなく、実は209系ZZ(ダブルゼータ)だったのだ。

これが、若さか。
これが、刻の涙か。
目立たぬところでも電車は着実に進化していたのでした・・・。

ところで、京浜東北線には、実は山手線の車両に似た電車がブルーの帯をまとって少数走っています。
つまり、今日も何度かはいい勝負が繰り広げられているわけです。
ちょっと違った京浜東北線に乗って、
しかも山手線に勝てたら、
それはなかなか運勢がいいと言えるでしょうね。

AM 12:10:36 | [れいるむし(旅以外の鉄)]

2005年04月15日  そうだ、京都へ行こう。
あいかわらず思いつきでする旅が好きなんだけど、ちょっと週末に京都でも行くかぁ、って感じで計画開始。
悪い癖で、計画を始めると「足を伸ばす」って言葉が頻繁に脳裏を漂って、時間と体力と予算の連立方程式に悩まされ・・・。
まあ、ある程度体力を犠牲に式を解こうとしているうちは僕もまだ人生若僧なんだなぁ、なんて思ったり。

京都で時間ができるとすぐに網を持って琵琶湖に行こうかな、って思うんだけど、今回も軽く行ってみようかな。
ヨシノボリには会えるかな。

写真は旅の計画に欠かせない時刻表。
ああ、たびてつは使わないか・・・。
ちょっと並べたくなったので。
自宅に常備の大きいやつで計画、ポケ時(=ポケット時刻表)を持って出発が基本ね。

今回は久しぶりに「乗りてつ」的な要素が濃い旅になるかな。
網は持っていくけどね。
初めて乗る列車もあるしな〜。うっしっし。

おっと、僕は電車を眺めて一人でニヤけちゃうタイプの人種では決してないですから、、、念のため。

AM 02:03:52 | [れいるむし(旅以外の鉄)]

2005年03月09日  Suicaグリーン、初体験。
今日は里山散策に出かけたんだけど、帰りにひとつお楽しみをとっておいたのであります。
Suicaグリーンを体験しつつ、湘南新宿ライン走破。

高崎線のとある駅で駅員さんに”Suicaグリーンはホームで買えるんですよね。”と確認したら、
「あ、いえ!当駅では券売機でしか買えないんですよ!」
と、グリーン車つきの列車が発車間際なので焦って教えてくれた。

で、なんとか間に合って、2階席のシートの上を見ると、ありましたよ!Suicaタッチパネル!
タッチしたらサインがグリーンに。ハイテクぅ〜。
車内にはグリーンアテンダントという、容姿から何から飛行機の客室乗務員みたいな女性がいたりして、リッチな気分です。
この人は頭上のグリーンサインを見ると、”ありがとうございます”と声をかけてくれます。
車内販売もしてましたよ。

そして、この車両、揺れないんですよね。
E231系、恐るべし。
しかも、神奈川に抜けるまで車窓に次々と現われる電車たちは首都圏電車博物館のよう。
さらに、昭和の頃からの首都圏鉄オタにはたまらないのが、元貨物線であるルートの景色。

湘南新宿ラインをグリーン車で乗る、これってなかなか楽しいですよ。
隠れ鉄オタの方々、ぜひ一度お試しあれ〜。

PM 09:14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [れいるむし(旅以外の鉄)]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫
プロフィール
名前たろう
URLhttp://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
年齢ハイジと同じくらい
ボウズハゼ類とヨシノボリの飼育、生き物の現状と保護などについて考えるサイト「Freshwater Goby Museum」を運営しております。

新聞読まない人に捧ぐ。

script>

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

最新記事
2010.06.01  グラビア欲しさに週刊誌。
2010.05.15  神奈川のカワヨシノボリ?
2010.05.02  カレー柿ピー!
2010.03.29  水槽の台に想う。
2010.02.06  タネカワハゼ、産卵!

カテゴリー的なもの
ぶろぐハゼ(魚)(29)
ぶろぐむし(雑談と写メ)(114)
れいるむし(旅以外の鉄)(6)
てれびむし(19)
ますだむし(0)
ちょこぼむし(ゲーム)(9)
おやつむし(26)
ごはんむし(26)
るるぶむし(旅先写メ)(63)
文学虫(18)

過去記事
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp