【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.141 さよなら? 2軸ワム

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

正確な情報ではないのですが、紙輸送に使われているワム80000型2軸有蓋車が12月のダイヤ改訂で廃止になるとの噂がネットで流れています.
いつも利用している常磐線柏駅では毎日午前10時20分過ぎに20両のワム+10両のコキを連ねた長い貨物列車(5262列車)が見られ、例の連結器とドアをガチャガチャを言わせながら通過して行く姿が過日の記憶と現実を結んでいました.残念ながら柏駅付近はロングレール化されているのでダン、ダン、ダン、ダンと車輪が1つずつ刻んで行くジョイント音は聞くことができないのですが.

今朝は天気も体調も良かったのでこの列車を撮影に出かけてきました.自宅からクルマで20分ほどの南柏-北小金間の歩道橋は、複々線の緩いカーブをアウトハイのポジションできれいに抜いて撮れます.鉄道ファン誌で紹介されたこともあって人気スポットになっていますが、フェンスや架線柱、電線の処理が難しい場所です.
EF81のスノプロがホチキスにかかってしまいましたが、まあイイでしょう.(ダメ?) 
常磐線貨物列車牽引のEF81はJR 東日本からの借り入れなので北斗星色が多く、95号機が来ることもあります.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

12月ではないにしても2軸車は間もなく見ることができなくなると思います.D51やEF15に牽かれた2軸車、ボギー車、まれに3軸車や3軸ボギーのタンク車などが混結された昔の長い貨物列車が懐かしいです.最後部の車掌車が刻む最後のタン-タンがいつまでも聞こえていました.タン-タン タン-タン タン-タン - - - - - - - -・

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

2005/11/18 PM 05:48:42 | [客車・貨車]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.