* SUGAR・FILES * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
おたく主婦の独り言 こっそり覗いてみませんか

戻りたい・でも戻れない
2011年01月21日 21:42:12 [ゲームばなし]
毎日毎日猛吹雪が続いています。それだけで気持ちが疲れてしまうほどです。北海道だからそんなこと慣れているでしょう? なんて言われそうですが、こんなに間が空かないままドカドカ降られたらやりきれないのは他県民と同様です。特に今日は歯医者予約も加わって一日ブルーとホワイトがごっちゃになった感じだったなあ。そんな私を見て流石に旦那が気の毒に思ってくれたらしく、「明日寿司(もちろん回転のほう)でも食べに行くか」と誘ってくれました。テレビで久々に劇場版デスノが見られるし、幸せと不幸せが半々で折半する事にしました。今はリアルタイムで録画して自分は池上さんの方を見ていますが…だってこの人をテレビ越しに眺められるのもあと少しなんだモノ。



家に閉じこもることも多いので、「久々に更新されたらしいぞー」という噂を聞きつけて魔恋の六騎士の公式サイトを見て来ました。正直騎士団好きを公言していた上にサイトでもショナ×コレットを書いていた私なんて、コーエーにとってもオトメイトにとってもちょうどいいカモなんだろうなーと思いつつ、それでも十年近く見ていた夢を壊されたような切ない気持ちになってしまうのはどうしてなんだか。新しいヒロインであるテレサ嬢には恨みもないのですが、これでオトメイトから入った新しい乙女ゲームユーザーから天空の鎮魂歌がボコボコにされるような気がして、とにかくそのことを心配しています。ゲームとしてはなかなかどーしてアレな部類ではありますが、私をゲームの世界に引っ張り込んでくれた大切なタイトルなんだもの。これを経由しなければコレットともゼフェルとも出会えなかったのはもちろん、遙かにもアメデオの作品たちにもガールズサイドにも学プリにもウィルオにも用心棒たちにも出会えなかったわけですし。
じゃあ何故サイトに出向いたり情報を集めたりするのか? それは単純に話をどうやって動かすのか興味があるからです。だって話は悲恋というか、バッドエンドが前提で、キャラも徹底した悪人で、明るい見通しなんて何一つないわけで。それをどのように乙女ゲームとして昇華させるのか、怖い物見たさの気持ちが私の中に少しはあるようなのです。でもこれがそのまま天空の鎮魂歌に続くのであればテレサ嬢は殺されるか、見捨てられるか、記憶を消されるかのどれかのような気がするし。もしかしたら騎士団とは別な善良なキャラがいて、彼らの手によって救われるとか…などと色々グルグルと考えることもあります。
ただこのゲームは買わないですよ。オトメイトはある意味ウィルオで充分楽しんだと思っているので(ぶっちゃけゲームとしてはすぐ飽きてしまうのです)。これがもし天空の鎮魂歌のPSP移植だったならタンスの中から偶然見つけたおもちゃの商品券を使ってハードごと購入したと思うけれどね。その商品券は今はまだ3DSをお迎えするために眠っていてもらうことにしました。

Comment(0) | TrackBack(0)

2011年1月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事




Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp