捨井の日々。
主にサッカー関係?あとはその時その時で興味のある映画とか本とか。

2006年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

プロフィール
名前steve
地域福岡
血液型AB型
星座乙女座

カテゴリー
日記(143)
日本代表(5)
映画(19)
読書(2)
ダービー。(2)
サガン鳥栖(73)
サッカー系雑談(60)
ときメモサッカー(119)
捨井スポーツ(9)
アンクラス(2)

最新記事
2007年12月09日  今日はもう一ネタいっとこうか
2007年12月01日  九州ダービー、だったんだけどね
2007年11月27日  何か早く目が覚めて
2007年11月04日  ちょっと、今のうちに書いておこう
2007年11月03日  さむ!

過去記事
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年07月



2006年04月10日  ガゼッタ・デロ・捨井 No.70
桜花杯決勝マッチレポート

イレブン・ウィナーズ×FCはばたき

          1 − 3
     前半   0−2
     後半   1−1

得点者
14分 松浦(FCH)
21分 佐野倉(FCH)
47分 伊集院(EWI)
68分 宗像(FCH)

警告
25分 麻生(EWI)

WOM
藤崎(FCH)
無失点なら文句なく藤沢(FCH)なのだが。終始押され気味の展開の中、冷静に戦況を見極めて前半2点のお膳立て。卓越した戦術眼を見せ付けた。

・EWIは麻生を中心としたDFラインで相手を封殺しながら中盤勝負に持ち込み、後藤を起点にし―つまりはFW以外の部分で勝ち上がってきた。一方FCHは毎試合誰かを欠く苦しい試合運びながら、エース佐野倉を中心にした前線の攻撃力でここまで来ている。双方のストロングポイントがどれだけ発揮されるかが勝負の分かれ目となりそう。
序盤立ち上がりはEWIが早い寄せからペースを掴む。7分には眠れるエース後藤がキーパーと一対一を迎えたがここは藤沢の勝ち。クリアもすばやく拾われ、苦しい展開のFCHだったが14分。藤崎、八重と繋がったボールはダイレクトに右の松浦へ。蹴り込んでFCH先制。この日のFCHは左の神戸が清川、橘に押さえ込まれていたが右が活性化していた。21分には中盤の八重から藤崎と繋ぎ、藤崎のスルーを佐野倉決めて2点目。EWIは今ひとつ調子の上がらない後藤を早めに下げ、伊集院をトップに。パワープレーの構えだが前半終了。
そして後半。開始と同時にEWIは陽ノ下を下げて森井を投入、サイドに佐野倉を張らせる。47分、橘のクロスを伊集院が頭で押し込んで一点差に詰め寄った。この後も一方的にEWIが攻める展開となったが、あと一歩ゴールが割れない。そして68分、佐野倉の独走から途中出場の宗像が押し込んで一点、試合を決定付けた。
前半だけ見るとほぼ同数のシュート数、枠内シュート数であり、決定力の差が試合を分けたといえる。また、後半でEWIの苛烈な攻撃を凌いだFCH守備陣の健闘も光った。


(拾)

PM 10:28:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ときメモサッカー]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp