捨井の日々。
主にサッカー関係?あとはその時その時で興味のある映画とか本とか。

2005年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

プロフィール
名前steve
地域福岡
血液型AB型
星座乙女座

カテゴリー
日記(143)
日本代表(5)
映画(19)
読書(2)
ダービー。(2)
サガン鳥栖(73)
サッカー系雑談(60)
ときメモサッカー(119)
捨井スポーツ(9)
アンクラス(2)

最新記事
2007年12月09日  今日はもう一ネタいっとこうか
2007年12月01日  九州ダービー、だったんだけどね
2007年11月27日  何か早く目が覚めて
2007年11月04日  ちょっと、今のうちに書いておこう
2007年11月03日  さむ!

過去記事
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年07月



2005年10月02日  ガゼッタ・デロ・捨井 No.15
第2回TM杯直前特集・その3

いよいよ大会形式・日程も発表され否応なく盛り上がりをみせるTM杯。今回のガゼッタでは直前特集と題して本大会での展望を(またしても)SSS捨井監督に聞いた。



―いよいよTM杯も正式に要領が決まりましたが、SSSの戦い方としては

「戦い方も何も…、とりあえず2ステージ制ということで、より試合数が増えるから選手のやりくりを考える必要があるのでは。といいつつも、ワイルドカード(…でいいのか?)の総合成績2位まで、という規定もあるんで、まんべんなく取りこぼさないことが大事になるだろ。勝てなくとも分ける、負けても大差負けしない、とか」


―どちらかのステージを制覇すればプレーオフには進出できますが

「あんまり一位突破は考えていないというか、多分出来ないんじゃないかなー。ステージ単位で見るとパッとしないんだけど、気が付けば総合で2位以内じゃん!みたいな渋い感じで進みたい」


―本大会で特に警戒するチームは?

「いや、どこも変えてきてるからよくわからん。唯一変化の少ないオールスターズは優勝してるし…って、ウチは弱いくせに変化が少ないなー」


―練習リーグ後半戦をテスト連発で棒に振った捨井監督なら、あるいは1stStageは捨てにかかる…ようなことも考えているのでは?

「結構鋭いトコ突くな。…でも、チーム的な見極めは済んでるつもりだし、戦いながら相性を探ってくカンジかなー」


―率直に言って手応えの程は?

「どこも3バックできてるんで、3バック攻略さえはまれば大勝ちできるハズ、とは思ってる。3バック攻略の基本といえばサイドからの揺さぶり、これしかない。…そのために戦術もいじってるけど、」


―それが機能するかは別の話、と

「…まあそゆこと。今回は1ステージ分余分に楽しめるんで、まあゆっくりやろうかねってことで」


―ありがとうございました


(拾)

PM 10:08:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | [ときメモサッカー]

2005年10月02日  今日は珍しく2日だけど休み
なので、も少し語ってしまう。

最近の審判問題のこと。

…今年の5月ですか、応援してるサガン鳥栖が不可解な判定(ぶっちゃけ誤審)でPKを取られる→ロスタイムで負け、ということがあって、審判の名前とか判定に興味(というか怨念)を持って調べてみると、いろんなことが分かってきて少々ビックリ。

そういえばこないだも、ワールドカップ予選でウズベキスタンに抗議を受けて再試合が決まり、国際舞台での出場停止させられたのも日本人審判でした。東アジア選手権でもカード出す選手を間違えたり、これも日本人審判。…ぶっちゃけ日本人審判の世界での評価って落ちまくってるんだろーなー…。

こうまで日本人審判絡みのトラブルが多いと、普通にJリーグと国際試合でのレフェリングの基準が違うんじゃないの?という疑問が出る所です。ていうか違います。試合見比べたら一目瞭然。
Jと、それ以外だったらどこの国のリーグでもいい、見比べてみると明らかに分かる。Jはやたら試合が止まります。…それは選手が下手だからとか上手いからとかそーゆーレベルではなくて、「とにかくファウルの笛が多い」んです、Jリーグ。
「止める」ということは「些細な接触であってもファウルを取っている」ということで―、それはある意味「審判が見逃さずよく見てる」と取れなくもないんですけど弊害はあって。

些細なファウルが取られる→DFは激しく当たりにいけない→一対一に強いDFが育たない

宮本(G大阪)みたいなDFも個人的には好きだし、対極の理想形だとは思うけど、やっぱ一対一に強くないDFって信用できないですね。ここ一番で体張ってくれないような気がして。やっぱ松田(横浜FM)だよな(あれはあれで問題な気もするが…)。

一方、攻める方の弊害。

転んだらファウルを取ってもらえる→競り合った時にとりあえず転ぶようになる→競り合えない選手の完成

ファウルを取ってもらえるのもあくまで「J基準」なんで、海外に出ていつものようにプレーしてもファウルを取ってもらえない…なんてパターンも増えてますね。
「とりあえず転ぶ」と書いたけど、多分狙って転んでる選手はいないでしょう。でも、「これくらいならファウルになるよな?」の計算があれば無理に踏ん張ることもまずない―わけで。
結局ここ一番で踏ん張れない選手ばっかりになっちゃいます。



日本サッカーの育成の問題って、実は審判が一番のガンかもしれないですよ?


AM 09:23:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | [サッカー系雑談]

2005年10月02日  そーいえばこの頃
ときメモサッカーネタばっかでしたが、昨日サガン鳥栖はめでたくホームにて勝利!…そして観戦には行けず…。

だから、1,2と21、22日は行けないって!
なんでその日のホームゲームがこうも多いかね。…アウェーなら見に行けないから諦めもつくのに…。

それとこないだ、村主⇔立石のトレード(どちらも期限付き)移籍が。…怪我人も多く、ヒトケタ番号6をつけてスタメンの村主と、アビスパではサテライトでしか出場機会がない立石の交換…。

宮原の時もそうだったが、なんかやるせないなあ…。
あんときの濱田も向こうでは「出番なし要員」だし。

でもまあ、ここから濱田も立石も再生、とかなったら「再生工場」として鳥栖は認知されて、あちこちから「素質はあるんだけどイマイチな選手」がいっぱい預けられるようになるかもしれない(ていうか、今季既に再生工場だよな…)。その選手の能力を引き出すことは単純に日本サッカーにとっていいことだし、何より「選手を育てて売って儲ける」タイプのクラブを目指せるかもしれないしね。ウディネーゼみたいな。

そのためにも、松本監督にはここで骨を埋めちゃって欲しい。
迷惑かも知んないけど。

AM 08:48:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [サガン鳥栖]

2005年10月02日  ライバル発見!!!
…私は以前尿管結石を患ったことがあり、それ以来。週に3〜4回くらいでジョギングというかランニングというか、まあ走っています。仕事終わって走りに行くんで、晩の8時とか9時とか。その辺の時間です。
で、ただ走ってるだけじゃ飽きるんで(実際何遍か飽きた)、サッカーボールをキープしながらドリブルというかランニングというか。してます。
ジョギングとか犬の散歩とかは見かけるんだけど、流石にサッカーボールと一緒に走ってるのは私くらいでw、少し恥ずかしいというか微かな優越感というか―まあ微妙な感情で走ってました。

そんなついこの間。

いつものドリブルコースである公園を突っ切ろうとすると、軽快にリフティングをこなしているあんちゃん発見!
…回れ右して逃げる。だって、わしリフティングできんのじゃよー。MAX3回くらい。

もうあのコース走れないなあ…。

なんてタイトルに似合わない内容なんだ…。

AM 12:29:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp