どうでもいい話
これまでの人生や毎日の生活の中で思ったり考えたりした“どうでもいい話”をまとめてみました。

最新記事
2011/01/10  新年が明けて…
2010/12/23  ピッタリ1ヶ月
2010/11/23  珍しくまた更新
2010/11/18  ご無沙汰
2010/10/24  クリシェ

2006年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

過去記事
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年08月

カテゴリー
本当にどうでもいい話(980)
どうでもいい独り言(371)
どうでもいい恋話(50)
どうにもならない話(130)
どうにもぶっちゃけた話(16)
どうにもインパルス(221)

プロフィール
ニックネームsaki
HPhttp://www22.tok2.com/home2/amachan/
性別
体を動かすよりはるかに頭を使う方が得意なおなご。
あれこれ考え過ぎて自分を見失いかけるおなご。
最終的にはその考えに振り回されて自分を追い込むおなご。
そんなおなごの“どうでもいい話”をまとめてありまする。


2006年11月30日  目で感じる寒さ
日に日に寒さを感じる季節になりましたね…ちょっと今更ですが。

私は父と一緒に毎朝6時10分頃、家を出て駅に向かいます。

まだ日の出前。当然外は薄暗い。信号のライトがはっきり見えるくらいです。

…寒いって、そんなに感じないんですよね。不思議な事に。

仕事を始め、休憩に入るのがお昼頃。

ロッカーがちょっと離れた別ビルにあるので必ず外に出ます。

…あれ、朝より寒いかも?

私服はセーターにコート、昼間は制服っていう違いこそありますけど、それでも何となく寒い感じがするんです。

この時期は仕事の終わる17時を過ぎるともう真っ暗です。

着替えるために外に出ると…そんなに寒く感じません。

これが1日や2日程度ではないんです。ほとんど毎日感じています。

何でだろうって考えていて、ふと気が付いた事が1つ。

もしかして、視界が暗いからじゃないかしら…?

昼間は太陽の日差しがあります。太陽は暖かい。

それなのに寒い。太陽が出てるのに。辺りが明るいのに。

出勤時や夜は太陽がなくて暗い。太陽の暖かさがないから寒いのは当たり前。

そういう事なのではないかな〜と。

人間はあらゆる情報の80〜90%を目から得ていると言います。

だから“暗い=寒い”、“明るい=暖かい”という印象があるのではないかと。

暗い時は寒いのが当たり前。覚悟して外に出てみたけど、思ってたより寒く感じなかったり。

明るい時は暖かいはず。それなのに、思っていたよりずっと寒く感じてしまったり。

視界から感じる寒さ…きっとこれが理由なのではないかと思う今日この頃です。

PM 10:16:25 | [どうでもいい独り言]

2006年11月29日  肌荒れ注意報
この数週間、肌荒れがヒドイです。

頬にニキビ…おっと、私の年じゃもうニキビじゃないですね。吹き出物がポツポツ出来てます。

うーん…何でだろう?

風邪でダウンする前なら分かるんですけどね。食生活ヒドかったですから。

特にライブを見に行った週末。朝だけマトモな食事で昼はなし、お菓子を食べて夜もなし。

…だから風邪引いたんじゃね???

まぁ、今はそんな事もなくなりました。

3食ちゃんと食べてます。間食もしてないです。

睡眠不足? そんな事もありません。6時間前後の睡眠を心掛けてます。

…え? って事はさ。

逆に考えて、生活習慣が良くなったから肌が荒れたって事????

まさかね。気付かないうちにストレスが溜まってるのかな。

とりあえず、洗顔とお手入れはちゃんと心掛けよっと。

PM 10:45:13 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月28日  マックを食べる時
私の地元駅にはマックがあります。

毎日の通勤帰り、マックの前を通って今は何のバーガーがあるのかなって覗いてみたりします。

…ある時、ふと気が付いた事がありました。

最近、食べるとしたら専ら1人だよなぁ…と。

学生時代は友達とはもちろん、恋人と食べる機会が多くありました。

今、職場の人と食べに行く機会はほとんどありません。

まぁ食べに行くとしても、マックでって事にはならないんですけど。

家に帰れば母が食事を作ってくれていますし、母が留守の時は父が買っておいてくれたりします。

…そうなると、結局食べる時が1人の場合に限られちゃうんですよね。

今やってるグラコロ、食べられるのはいつになる事やら…。

PM 11:35:13 | [どうでもいい独り言]

2006年11月27日  またしても新宿へ
今日は健康診断の申し込みをしている日。

何故か提携している病院が新宿にあるらしく、せっかく行くならタダでは終わらせたくないと、今日にしていました。

受付時間が14時〜15時なので、仕事は半休扱いに。

その時間内に受付するなら、そんなに遅くはなりません。

そう、“5じ6じが見られるじゃない”っていう事です。

月に1度の平日公休を24日の長崎ツアーに使ってしまった今月。

5じ6じを見るために仕事を休むなら、有休を使うしかなかったんです。

でも健康診断に行くとなれば、堂々と半日で帰れるじゃない!

しかも場所が新宿です。そりゃ今日にしますよね。

…ところが、数日前に5じ6じのMCがなくなりました。

おまけに、7じ9じの出番もなくなりました。

今日はるばる新宿行く意味、なくなっちゃいました…。

でも予約制で申し込んでるのでキャンセル出来ません。健診はちゃんと行ってきました。

検査目的の採血、何だか痛かったです。献血の時の方がよっぽど痛みないです。不思議ですね。

健診が終わって、さぁ帰ろう…なんて思ったりしません。

まず1つ目。普段は全く行かないルミネ1のブックファーストに行きました。

…目的のもの…ない。探しましたが見つかりません。

もしかして2の方なのかな…とりあえず外に出ました。

ルミネ2に行く前にタイムズスクエアのHMVへ。ポルノグラフィティのアルバムを買いました。もちろん初回版。

そしてルミネ2へ。こちらのブックファーストなのかな…?

あ、あった。目的のモノ発見です。

それは“ガッチャガッチャ本”と宣伝ポップ。

ガッチャガッチャMCの3組が個々で宣伝用ポップを書いており、それが都内や関東内の本屋さんに置かれているというのです。

…で、私が気になるといえば堤下さん。

これが3組7人の中で1番と言っていいほど近いところ、新宿ルミネのブックファーストにあるというのだから驚きです。

1か2か分からなかったのですが、まさか劇場のある2じゃないだろうと思って1に行ったんですけど…2だったとは。

恥ずかしながら写メしてきちゃいました…。そして本も買いました。

最後に劇場に行って、ファンレターをBOXに入れて帰ってきました。

何だかんだいって、普段よりちょっとだけ早い帰宅となりましたとさ。

PM 09:05:45 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月26日  新たなジンクス
何だかんだ言って今月2回目なルミネの日です…多分。

まず、チケットを取っていたのは1じ3じ公演でした。

…何も考えず、東京理科大の学園祭のチケットも申し込んでいました。

先日、理科大の学祭チケが当選したというメールが届きましたが、開場が13時30分、開演が14時。

思いっ切り1じ3じと重なってます。さてどちらを優先させますか…。

年内最後であろう学祭、でも1じ3じは有料。しかもイイ席。

理科大学祭実行委員の皆さんごめんなさい! 1じ3じを観に行きました。

新宿に向かう途中、電車の中から理科大を見ました。ははぁ…これだけ近ければ充分1じ3じ、4じ6じと掛け持ち出来るわな〜。

1じ3じを楽しんだ後、知り合いの方から譲って頂いた振り替えチケットで4じ6じのチケを買いました。

今度は思いっ切り端の席。最後までいるつもりがなかったので立ち見の仲間になって見てました。

…が、前説で新喜劇が先に行われると知り、急遽席に着いて見ました。

貧乏サーカス、前回も見てるのでこれで3回目。すいません、前半ちょっと寝ちゃってました…。

休憩の後、ネタ組トップはインパルス。

家では父の作ったカレーが待ってる。最後までは見てられないと出ちゃいました。ゴメンナサイ。

…ちょっとだけ、待ってみようかな…そう思ったのは幸か不幸か…。

さすが日曜日、すんごい人です。見極められるか、かなりパニックになってました。

そんな中、えぇ!? あれ板倉さんじゃない???

こんなとこから出てこられるなんて、それを見られるなんて奇跡だわ!

…と興奮したのも束の間。奇跡という事は、奇跡という事は…更にパニックに。

“板さんを見たら、逆に逢えないかもしれない”…そう思ったからです。

その予感は見事的中。お逢いする事が出来ませんでした。

とは言ってもそんなに長く待っていたわけではないので、もしかしたらまだいらっしゃったのかもしれませんが…。

はぁ〜こうなると明日の7じ9じがなくなっちゃったのは痛いなぁ。

長崎で買ってきたお土産、どうしようかなぁ…。

PM 10:11:21 | [どうにもインパルス]

2006年11月25日  父の誕生日
今日は正真正銘の父の誕生日です。

毎回行く度にせっせとアンケートを書いているために、今回もダイレクトメールが届いたレストランへ行きました。

土日、しかも母の仕事が休みの時を選んで食べに行ってるので、普段はバースデーと一致する事はほとんどありません。

父は今回のアンケートに“誕生日当日に家族と食事が出来て嬉しい”と書いていました。

…私は…というと。

このレストラン、去年の夏くらいまで憧れてるというか、応援してる店員さんがいたんです。

その方はアルバイトだったそうで、就職が決まって辞められたとか。

食べに来た時に働く姿を拝見出来るのが楽しみだったので、ちょっと寂しかったものです。

で今回、その方に代わる応援する人を見つけました!

アンケートにしっかり名指しで“頑張って下さい”とコメントしちゃいました。

…あ、父の誕生日が関係なくなってきちゃいまいた。話戻します。

その後は某スーパー…元アルバイト先へ行って父にプレゼントのネクタイを買ってあげました。

…父の誕生祝は、ここまで。

今日の夕飯は昨日までのツアーで買ってきた明太子とさつまあげがおかず。

シンプルかつ、やや粗食な和食となりましたとさ。

PM 10:08:39 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月24日  ただいま
























無事に帰って参りました。

飛行機ツアーin長崎。2日目である今日はハウステンボスを後にし、長崎市内観光となりました。

まず最初はカステラ直売のお店でショッピング。私の記憶が確かなら、ここでカステラ買ってないですね。アハ。

続いて、日本に生まれたなら一生に一度は見なければならないと思う場所、平和公園を巡りました。

最初に目に入った平和祈念像…“記念”ではなくて“祈念”。平和を祈るその姿は素晴らしかったです。

平和の泉…“のどが渇いてたまりませんでした”から始まる9歳の少女の言葉…。

当時の状況を物語っていて、本当に涙が出そうになりました。必死でこらえました。

原爆落下中心地を見て昼食となり、その後はめがね橋とべっ甲資料館を見に行きました。

最後は大浦天主堂とグラバー園を見学。写真はグラバー園から見下ろした長崎市街です。

そしてバスは福岡空港に到着し、19時15分発東京行きの飛行機で羽田に帰って参りました。

あっという間の2日間。楽しい旅となりました。

PM 09:42:21 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月23日  初、長崎上陸
両親と、すっかりお馴染みになったバスツアーに参加中です。

今回の旅は飛行機まで利用して長崎までやってきました。

本日1日目はハウステンボス。

ただ、あいにくの雨模様。しかも風が強くて寒い!

とりあえず雨風しのげるような室内メインで行動しました。

最初に見たのは“ミステリアスエッシャー”。主人公の女の子が愛犬のために滝の水を探しに行くというヤツです。

続いて入ったのは“フライト・オブ・ワンダー”。魔法使いのお話。

ディズニーランドみたいだと母と2人で大興奮。写真も購入しました。

次に見たのは“ホライゾンアドベンチャー”。800トンもの水を使った大洪水を再現したもの。椅子が動いたのにはやられました。

そして、別料金が必要なものの、ツアーに入場券が含まれていた“IFXシアター Kirara”を見ました。

“もしも月がなかったら”というテーマで作られた、“愛・地球博”に出品された三菱未来館のアトラクション。

…これはホント凄かったです。テーマの壮大さはもちろん、映像の美しさもお見事。

鏡を利用していて見ている客も映像の一部に入り込み、“私たちも奇跡の1つである”と訴えているようでした。

思わず感動して泣きそうになっちゃいましたよ。

それからは泊まるホテルや翌日の待ち合わせ場所を確認し、宮殿である“パレス ハウステンボス”を見ました。

オランダの宮殿とその庭園が見事でした…雨でしたけどね。

それからは気持ち早めに夕食を食べました。長崎名物のトルコライス。美味しかったです。

コーヒーブレイクした後、お疲れな父はホテルへ、母と私はお土産売り場を巡りました。

そして再び父と合流し、1日目の最終イベント、クルージングで花火を楽しみました。

ライトアップされたオランダの風景を見ながらのクルージング、素敵でした。

寝るのがもったいない気持ちでしたけど、お風呂に入ってすぐに寝ちゃいましたとさ。

PM 09:55:33 | [どうでもいい独り言]

2006年11月22日  餞別を選びに
24日に退職する人が2人います。

…あいにく、明日から1泊2日で長崎に旅行に行く私は最後の挨拶が出来ないのですが…。

ここのところ、毎月誰かしら辞めていく職場。

いつも午前パートの方がお餞別を買って下さり、私や先輩はそれに便乗して後から支払いをするだけでした。

ところが、そのパートさんのお父様に不幸があり、それどころではなくなってしまいました。

…気が付けば既に明後日に迫っており、先輩と相談して私たちで餞別を決める事に。

そんなわけで今日の仕事帰り、餞別を選びに行ってきました。

…慣れない事なので悩みました〜。

2人のうち1人はパートさん。2人の息子さんがいるお母さんです。

これからも素敵な働くお母さんでいてほしいと、ハンドタオルを2つセットで買いました。

もう1人は私も凄くお世話になった算定の先輩。結婚退職です。

最初はダンナ様の分と合わせてバスタオルでも…と思っていたんです。

…バスタオル、高ぇ〜。1人分だけでも結構するんですね。

で、ピンと思いついたのがバスマット。これなら共通で1枚で済むじゃないですか!

幸いな事にバスタオル売り場とバスマットは隣接してるわけで、パパッと決めて包んでもらいました。

両方とも24日に出勤する先輩に託して帰ってきました。

どうぞ宜しくお伝え下さいまし〜…なのです。

PM 10:32:15 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月21日  右手に負荷が…
昨日から右肩が凝っていて治りません。

お風呂でじっくり温まっても、湿布をしても効き目なし。

結局今夜も湿布をしています。

その凝りの影響か、右手上腕部にもしびれが出ています。

こちらも先程湿布をしました。

おまけに、右手首にも若干のしびれが…。

これは職業病に近いものがありますね。

算定の業務に入っていると、右手を酷使するからです。

薬や処置、検査など、算定で出てくるものには全て5桁のコード番号が割り当てられています。

何度も出てくるものは記憶に残っているので、コード番号を直接入れて算定する事が出来ます。

だからキーボードの右側にあるテンキーばっかり使う事になるわけで。

それで、右手を使わざるを得ないわけなのです。

…今日はそんなにやってないんだけどなぁ。

むしろ明日の方が大変のはず。休日前だし。

右手側だけで3ヶ所に湿布が貼られている私…。

明日にしびれが残らない事を願うばかりです。

PM 09:56:54 | [どうにもならない話]

2006年11月20日  またしても…
算定研修中の人が無断欠勤したらしいです。

今月に入って既に2人目。困ったものです。

最初の1人目は週3のパート勤務。今月中にある程度は形になってもらいたいと思っていました。

…が、出勤3回目となる日から2日連続欠勤。

この時は連絡がちゃんと入りましたが、翌週の出勤予定日は音信不通。

現在も連絡が全く付かない状態だそうです。

もう1人の人は、私が休んでいた先週の火曜日からやってきました。

出勤3回目となる日に、初めて挨拶を交わしました。

…で、私と入れ替わったかのように翌日欠勤。この時は連絡有り。

土曜日は元々公休日としても、常勤の彼女は今日は当然出勤日。

やはり無断欠勤で音信不通だそうです。

多分ダメでしょうね。無断で休むくらいなら…。

ベテランパートさんが言っていました。

“今時の人って入ったばっかりでもすぐ休んじゃうんだね。私は頑張ってたけどなぁ”

…確かに。私も入り立ての頃、ちょっと熱がありそうでも出勤してました。

風邪を引いて喉が痛かったけど、マスクをして仕事してました。

その昔、新卒で入った会社も同じ。狂い掛けながらも何とか1年働き続けました。

2日3日働いただけで、向き不向きが分かっちゃうものなのでしょうか。

私も一応“今時の人”ではありますけど、私には分からないです。

24日に1人、来月にも1人いなくなってしまう算定メンバー。

本当にピンチです。どうなる事やら…。

PM 10:36:32 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月19日  自分を殺す
平日は日テレですが、日曜日はTBSを見ている我が家。

今日も起きて居間に行くと“サンデーモーニング”やってました。

最後のコーナー、結構気になって見ています。

今日のテーマは最近急増している自殺…について。

出勤前の母も見ていて、あれこれブツブツ言っていました。

“アンタもこういう風に思った事あるでしょ?”…ちょっとドキっとしました。

あります、確かに。“なくはないけど”と答えておきました。

…どうしてだろう? あんな風に思ったのは…。

2年前の今頃でした。

何度も何度も、自分で自分を苦しめていました。

1度は本気で、行動にも移しました。

見えない何かに縛り付けられて、辛くて苦しくて。解放されたくて…。

消えてしまいたかったんです。

こんな時、周りが全く見えなくなるんですね。

ただ一言、父でも母でも、姉でも友人でも誰でもいいから、苦しみを打ち明けられれば良かったのに。

“どうせ言っても無駄”とか“私の気持ちは誰にも分からない”と決め付けて、独りで悩んでいました。

…当時、付き合っていた恋人がいたにも関わらず、彼にも言えなかった…。

答えが、欲しくなかったのかな。今だから思う事。

“死んだら終わりだ”とか、“どうにもならない”とか…そういう当たり前の言葉を聞きたくなかったのかもしれません。

だから、私は唯一、打ち明けられる場所にだけ自分の感情を表していたのかもしれません。

…それが、このブログです。“どうでもいい話”。

ネット上にアップしてはいるものの、自分のためだけにこのブログを書いていました。

元々そんなにアクセスされてるブログじゃない。アドバイスが来るはずもない。

自分の感情を書き綴り、自分で見る事で、自分の気持ちを整理し、何とか保っていました。

…最終的に救ってくれたのは恋人でしたけど…ね。

恋人に振られ、奈落の底の底まで落ちました。

落ちるところまで落ちたら、あとは昇るしか、道はありませんでしたから。

少しずつ落ち着いてきて、思い切ってブログの内容を全てサーバーから削除しました。

忘れるために。

新しく始めるために。

だから、この“どうばな”は去年の2月から始まっているのです。

狂い掛けた事もある。

本気で自分を殺そうとした事もある。

それでも立ち直る事が出来た。

だから今がある。

今ここでこうして生きている。

…良かったって、思う。

また落ちる事がないとは言えないけど。

でも、落ちたらとことん落ちていこう。

そしたらきっと…また昇ってこられるよね。

一緒にいてね、私。

一緒にいようね、私。

私はいつでも、どこでも私の傍に居るから…。

PM 10:04:31 | [どうでもいい独り言]

2006年11月18日  夢からの言葉
多分、前にも書いてるとは思うのですが、改めてもう1度。

私は“夢”には全て意味があると思っています。あ、寝てる時に見る夢です。

起きて活動している時間を“意識ある時間”とするなら、寝ている間は“無意識の時間”。

その“無意識の時間”に見るものが“夢”ならば、夢は“無意識からのメッセージ”であると。

学生時代、特に意識していなかった異性の同級生が夢に出てきてビックリした想い出があります。

…気が付いたら、私はその彼の事を好きになっていました。

自分では意識していなかったけれど、無意識の中では気になっていて。

それが夢というメッセージで表されたのだ…と。

だから、気になって仕方がないのです。

昨日の夢が伝えたいメッセージが何なのか…。

自転車に乗って辿り着いた見知らぬ街。

そこで出会ったお婆ちゃんとその息子さん。

悲しい運命を背負った家族と触れ合った僅かの時間。

あれは一体、何だったのでしょう?

涙まで流して、本当に涙を流して泣いてしまったほどの鮮明な夢。

そのメッセージは、何?

私は、私に何を伝えたかったの?

分からないまま、また夜を迎えようとしております…。

PM 10:46:32 | [どうでもいい独り言]

2006年11月17日  夢の話
何の変哲もない、変わりのない毎日。

私は特に目的もなく、自転車に乗って街に出た。

ただ何となく、外に出てみたいと思っただけ。

自転車って、暫く乗ってなくてもいざ乗ってみるとすんなり漕げる。

もう身体で覚えてるんだろうな。子供の頃乗れなかった時があったなんて何だか不思議。

そんな事を考えながら前へ前へと進んでいく。

…いつの間にか、見知らぬ街まで来ていた。

自転車を降り、押しながら歩いた。

特に理由があるわけじゃなかった。ただ何となく、この街をゆっくり見ていきたいと思っただけ。

遠くから叫ぶ声が聞こえていた。でも振り向きはしなかった。

1歩1歩ゆっくり進む。何故だか、懐かしいような感じがしていた。

叫ぶ声は、誰かを呼んでいる声だと分かった。少しずつ、声が大きくなっている気がした。

どんどん、どんどん大きくなって…。

いつの間にか、私の真後ろで叫ぶ声がした。

と同時に、ぐいっと大きな力で引っ張られ、後ろを振り返る形になった。

私より数十センチも低い身長の、お婆ちゃんがいた。

ずっと叫んでいたのはこの人。でも、呼んでいたのは私の名前じゃない。

お婆ちゃんは“どこに行ってたの”、“探したんだよ”と私に向かって泣き叫んだ。

お婆ちゃんが私の胸をしわしわの手で叩くので、止めようと腕をつかんだ。

…瞬間、叫び声がピタリと止まった。

お婆ちゃんが叫ぶのを止めたわけでは、なかった。

お婆ちゃんから力が抜けていく…腕をつかんだ事で、私が支える形になった。

本当に、あっという間の出来事だった。

お婆ちゃんは、そのまま、還らぬ人となってしまった…。

付き添っていった病院で、お婆ちゃんの息子さんだと名乗る人と話す機会があった。

“本当に良く似ています”…その人は私に向かって言った。

その人の、お姉さんに似ているのだそうだ。つまり、お婆ちゃんにとっては娘。

お姉さんは、まだ年端もいかないうちに病で亡くなったのだと聞いた。

お婆ちゃんは、病気で記憶障害が起こり、娘が行方不明になってしまっていると認識してしまっていた…らしい。

最近は寝る間も惜しんで、いなくなった娘を探し続けていたそうだ。

“最期の最期に貴方に出会って、幸せだったと思います”と息子さんは続けた。

“きっと今頃、天国で本当の姉と会っているでしょう”と、息子さんは言う。

“私も近いうち仲間に入れてもらいますしね”…息子さんも実は末期の癌で、余命がないのだと教えてくれた…。

母を残しては逝けない、と頑張ってきたのだと笑ってはいたけれど…。

…話を聞きながら、私は、ただ、泣く事しか出来なかった…。


…早朝、まだ辺りが薄暗い頃に見た夢の内容です。

目が覚めたら、本当に私は泣いていました。あまりにも悲し過ぎる。

この夢が私に何を伝えたかったのか…それは分かりません…。

PM 10:14:38 | [どうでもいい独り言]

2006年11月16日  無事終わった〜
今日1日を無事終える事が出来ました。

とりあえず出勤したら挨拶をしなければと思い、ひたすら低姿勢で行きました。

その場にいた職員さん方にペコペコ頭を下げながら“ご迷惑をお掛けしてすみませんでした”と平謝り。

…不思議な事に、職員さんのほとんどが“点滴を打った”という事実を知っていたのにビックリです。

そんな噂、一体ドコから広まったんだい…。

復帰しての配属場所は、1階の算定席。

しかもお隣は研修中の方。ひ〜大変だ!!

途中、この休暇中にも出なかった熱が出たんじゃないかって勢いでした。頑張った私!

遅番だったはずの今日。先輩が“業務命令だからね!”と代わって下さいました。優しい先輩です。

…ホントは今日、ルミネあったんだけどさ。

さすがにこんな状態で行ったら親に怒られちゃうんで止めました。

ただでさえ良く思われてないってのにね。

まぁ、行ける時に行こうじゃないのさって事で。

どうにか1日終了。グッスリ休んで、明日に備えます。

PM 09:43:07 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月15日  どうにか回復
ご無沙汰しております。sakiです。

こんなにメインである“どうばな”を放置していたのは久し振りです。

…まぁ、過去にさかのぼって更新ができるわけで、土曜〜火曜分を簡単にアップしちゃいましたけどね。

それにしても、今回の風邪はキツかったです。

事の起こりは土曜日の帰宅中。電車に揺られている間にどうにもならないくらいの気持ち悪さから始まりました。

家に帰るなりベッドに横になり、うとうとするも胃の辺りがモヤモヤしていて寝付けない。

そのモヤモヤがピークを迎えると…嘔吐。

それから2〜3時間後にもまた嘔吐。胃薬を飲んでまたベッドに入りました。

…数分後に胃薬を吐きました。その後も水分補給に飲んでいたアクエリアスを嘔吐。

何とか眠りにつけたのは多分深夜だったと思います。

日曜日も回復の見込みなし。とりあえず何か食べようと桃の缶詰を開けて2切れ食べました。

…が、食べて数分後に嘔吐。そして夕方頃にもまた嘔吐。

吐いてしまったので、結局この日は何も食べられませんでした。

月曜日になりやっと病院へ。原因が判明し、点滴を打ってもらいました。

薬を出してもらったので嘔吐と、同時に症状が出ていた下痢も落ち着きましたが…とにかく体力がない。

“また吐いてしまうのでは”という恐怖感があって、食べたいという気持ちにならないんですよね。

結局食べられたのはお昼のうどんだけでした。

火曜日になると少しずつ回復の兆しが見え始め、食欲も出てきました。

明日は出勤できるかなと思いつつ、医師の許可が出ず、ひたすら寝てました。

…時々はマンガも読みつつ…ですが。

今日になり、医師の診察も“やっと顔色が良くなってきたかな”と安心した感じになりました。

点滴は今回もしましたけど。

“今週中はゆっくりした方がいい”と言われましたが、そうも言ってられないので明日は出勤するつもりでいます。

…確かにまだ、万全ではないけど。明日人足りないんだよね〜。

う〜ん。久々のパソコンでちょっと目が疲れたっぽい。何だかクラクラする…。

ってマズいじゃん。早く寝よう。そうしよう。

PM 08:59:36 | [どうでもいい独り言]

2006年11月14日  まだ微妙…
大分良くはなりましたが、まだ医師の許可は下りてませんです。

今日も病院行ってきました。そして明日も来るようにと。

今日は昼にレトルトのお粥を、夜は母親お手製の蟹粥を食べました。

ちょっと量が多いかも…と思いましたが、どうにか完食。

少しずつ食欲が出てきたみたいで一安心です。

さ、それではグッドナイト。

PM 08:42:00 | [どうでもいい独り言]

2006年11月13日  原因判明
平日になり、ようやく病院に行く事が出来ました。

問診表を書き、それを見て先生はすぐに判断されたようです。

何でも、今大流行中の風邪だそうで。入院されてる人もいるとか。

うつりやすい病気のため、明日もくるように言われました。

嘔吐と下痢は薬で何とか止まりましたが、食欲が戻りません。

結局、口にしたものって昼に食べたうどんだけですし。

とりあえず、安静にして横になります。

PM 08:32:35 | [どうでもいい独り言]

2006年11月12日  無題
気持ち悪いのが治りません。

PM 08:26:45 | [どうでもいい独り言]

2006年11月11日  無題
気持ち悪い…。

PM 08:25:42 | [どうでもいい独り言]

2006年11月10日  今更ながら
よーやく、契約更新されました。時給制から月給制に。

もちろん更新日は11月1日付け…っておかしーだろー!!

たまたま居合わせた4人でまとめて説明を受けたのも何だかなって感じです。

せっかくの機会なんだから話し合いの場を設けろよなぁ。

普段、何か気になる点はあるかとかそういうミーティングみたいなものって一切してません。

現場で働いてる者がどんな思いでいるか、知っておくのがリーダーってもんじゃないんかい?

まぁとりあえず気になるところは給与だったわけですが。

一応、若干は増えたのかなって気がしなくもないですね。

でもまだまだ少ないなって気持ちの方が多いです。頑張ってる割に。

…あと、資格手当てってのがあるんですけど。

私、面接を受けた時に一通りの資格認定書のコピーを提出してるんです。

そのうちの1つは手当ての対象なのに、私には入っていませんでした。

嫌がらせですか?

ってか、入ってないって事は私が提出した資料の存在が不明って事?

なーんか、不満が溜まってます。

探しとくって言ってたけど、こっちからアクション起こさない限り絶対何もしなさそうだよ。まったく。

PM 10:42:36 | [どうでもいい独り言]

2006年11月09日  ありゃ?
明日までに来月、12月分の休み希望を提出する事になっています。

…最終日に休んじゃダメかな?

ライブのチケット取っちゃったし、仕事終わりじゃ間に合わないもんね〜。

と、28日にバツ印を付けました。

…ん? 何で29日にバツ付けてる人がいるんだろ…。

帰り掛け、職場の出入り口前にある看板をチラリと見ました。

“休診日:日曜、祭日、12月30日〜1月3日”

アレ、29日って病院やってるんだっけ…?

あちゃ、チケット取っちゃったよ。だって休みだと思ってたんだもん。

ま、こっちは仕事終わりで行っても間に合う時間帯だから大丈夫かな。

昼間の公演チケットじゃなくて幸いでした。危ない危ない。

PM 11:00:43 | [どうでもいい独り言]

2006年11月08日  水曜マジック
水曜日は気になるモノがいっぱい!

14才の母…今見てます。毎週続きが気になります。

そして何より“良きおじちゃん”役の河本さんが気になります。

ガッチャガッチャ…リアルタイムで聞くと翌日の仕事が辛いので毎週録音してます。

忘れないように携帯のタイマーもセットしてます。今日もバッチリ予約済み。

…まぁ最近聞いてないんですけど。いつかまとめて全部聞く予定です。

そんなこんなで水曜日は気になるモノがいっぱい!

…が、1つ忘れていたモノが…。

“はねるのトびら”…うっかりすっかり。アハ。

他のテレビ出演はちゃんと覚えててビデオ撮るなりそのまま見るなりしてるんですけどね。

でも見逃して悔しい気持ちもしない…何だかなぁ。

PM 10:42:05 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月07日  とりあえず
今日も自主的に早く出勤して終わらなかった仕事をしました。

そして遅番の手伝いもしてました。

…1日どんだけ働いてるんだろう私。

明日も早く出勤して自分の終わってない業務をこなす予定です。

指導する立場になってるのでパソコンがなくて、自分の仕事が出来ないんだよね…。

どうにかならんもんかね、全く。

…とりあえず寝るか…。お休みなさい。

PM 11:36:37 | Comment(20) | TrackBack(0) | [どうでもいい独り言]

2006年11月06日  最後の願い
昨日見た夢の話です。

私は、ある方と共に旅に出ました。

行き先など知らない、いつ帰るのかさえ分からない旅です。

…いえ、いつ帰るのかだなんて、分かりはしない旅…だったのです。

ある方の事を、私は“ご主人様”と呼んでいました。

旅の始まりは電車に乗るところから始まりました。

多くの人に見守られながら、私はご主人様と肩を組み、必死で支えながら1歩1歩電車に向かって進みました。

電車を乗り継ぎ、船乗り場へ到着。

ここでも私は必死でご主人様を支えながら船に乗り込みます。

…あっという間の、出来事でした。

船に乗って幾日も経つ前に、ご主人様は永遠の眠りにつかれてしまったのでありました…。

…とまぁ、そんな夢を見たんですね。

今こうして振り返ってみて、憶測ながらに状況を考えてみました。

まず、私とご主人様の関係。私は多分、ご主人様の家で働いている使用人だったのではないかと。

つまりはお手伝いさん。きっと…ご主人様の傍に残った、最後の使用人。

なぜ最後なのかと言えば、ご主人様は不治の病に侵されていて、もう何日も生きていられない状態。

人生の幕を閉じるのに、病院はおろか自分の家さえも拒み、2度と戻れない旅に出る事を決意。

そんなご主人様を、最期の時まで傍にいて支えようとしたのが私。

…私は、ご主人様を愛していたから…。

愛していたから、傍にいたくて。

愛していたから、最後の願いを叶えてあげたくて。

愛していると、その想いを打ち明けられない代わりに、自分に出来る精一杯の事を彼に。

…実らない恋だから。主人と使用人の関係は、決して結ばれはしない。

だから愛する人のために、一緒に旅に出て、最期の時を、見守った…。

…これが、自分自身で考え抜いた夢の解釈です。

実らない恋…か。

私の中にはまだ、実らなかった恋が心の奥底で引っ掛かっているみたいです。

もう、彼に振られて2年が過ぎようとしているのに…な。

前の仕事辞めて、もう1年半にもなるってのに…な。

私の心は今もまだ、彼への感情が消えきっていないのか…。

…ご主人様が死んでしまった事で、恋は永遠に実る事無く幕を閉じました。

形に違いはあれど、もう2度と実る事の無い恋心。

いつになったら、私の心は歩き出すのだろう。

あとどれくらい月日が流れたら、私の想いは消えゆくのだろう。

最後の願い…届く時は来るのだろうか…。

PM 10:32:06 | [どうにもならない話]

2006年11月05日  お笑い祭り
連休最終日はやっぱりお笑いで終わります。

…インパの営業、日曜日多いからなぁ。

それにしても、ルミネ3公演全部と学園祭2校って…相変わらずのハードスケジュール。

私は明治大学の学祭と、4じ6じ、7じ9じ枠の“コントの祭典!”に参加しました。

明大ライブは人数盛り沢山。当初の5組に3組が追加されていました。

8組中、全く初めてだったのが1組。まだまだ勉強不足です。

時間が押してしまったらしく、ライブが終わったのは15時過ぎ。

4じ6じに間に合いたい私は急いで会場を出よう…と思ったのですが、1番近い出口が塞がっていました。

他の出口はどこ〜とあちこち見ていたら、塞がれていた理由が発覚。

芸人さんがゾロゾロ…。出口の外にはタクシーがスタンバイ。

あぁ、もっと近くにいれば堤下さんが見られたのに!

そう思ってもどうしようもなかったので駅へ向かいました。

明大前から新宿までは約8分。う〜ん都会です。

テレビ通りでお菓子とマンスリー買って中に入りました。

4じ6じ、ルミネで発売日に買っただけあってかなりいい席でした。芸人さんが近い!

インパルスは人身御供とでも言うのでしょうか。初めて見ました。堤下さんが良く見えないので個人的には微妙ですが…。

若干、笑い疲れた状態で最後は“コントの祭典!”。

イザとなれば途中で抜けて帰ろうと思ったのですが、真ん中辺りの席だったので結局最後までいました。

だから今、気持ちは焦って帰宅中。

あーあ、明日から仕事かぁ。しかも遅番だし。

でもまぁ、3連休最終日独特の鬱な感じはないですね。

お笑い様々です。明日から1週間、頑張ろっと。

PM 10:14:45 | [どうにもインパルス]

2006年11月04日  あたたたたた…
3連休、2日目。

今日は何となく食べてばっかりだったような気が…。

まず朝、軽めに食べておこうとお餅を1つ。

でも当然足りなくて、チョコレート菓子をポリポリ。

それからちょっと経って両親とランチを食べに外出。

思ったより食べられなくて、最後はお腹がキツくなっちゃいました。

そして友達と会い、カラオケでパフェを食べて夕食は飲み。

…結果的にかなり食べた感じが。現にお腹パンパン。

腰ベルトをはずしたら若干の開放感こそありますけど、それでもやっぱり苦しい。

ま、多分明日あんまり食べられないから、プラスマイナスで丁度いいかも。

う〜ん眠い! 明日に備えて寝まーす。

PM 11:24:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [本当にどうでもいい話]

2006年11月03日  まずはお買い物


















3連休、1日目。

南船橋にある“ららぽーと”まで買い物に行ってきました。

前回行ったのは6月。5ヶ月振りです。

昨日、お財布の中身が見事にスッカラカンになったので銀行に寄ってお金を下ろし、いざ出発!!

いや〜すごい人でした。何でも、今日クリスマスツリーの点灯式があるらしくて。

ま、独り者にとってはそんなもん関係ないんですけどね。

まず向かったのは100均。大きなダイソーがあります。

仕事の時のランチを楽しみたいと、紙コップやらスプーン、インスタントコーヒーやお味噌汁を買いました。

それから靴屋さんへ。ブーツ欲しいけど、脚が太いから厳しいのよね…。諦めました。

続いて買ったのが写真左下の鞄です。仕事用の物がもうボロボロでA4サイズの書類が入るのを探していました。

“HusHusH(ハッシュアッシュ)”というお店なのですが、今回が初買い。

鞄目的で中に入りましたが普通に洋服も売ってて、子供服も並んでました。

今度はそっちも良く見てみようと思います。

…それからはいつものコースです。

写真の、残りを全て買った、お馴染みのお店。

“BUONA GIORNATA(ボナジョルナータ)”…コムサで有名なファイブフォックス系列のお店です。

私は決まってこの店でまとめ買いしてショッピングを締めくくってます。

おまけに大抵ダブルとかトリプルポイントキャンペーン中に行くので、今回も貯まりました。

あと13ポイントでゴールドの仲間入り。頑張るぞぉ〜。

…ってなわけで、今回は厚手のニットやコート等、今まさに着たい物を買いました。

上に着るものばっかり…毎度の事ですが。

はるばる南船橋まで行って、いつものお店で終わってしまう私。

ま、いっか。好みの服があるから行くんだもんね。

次はいつ行けるかな〜。年始に福袋とかやるなら、行ってみたいんですけどね。

PM 09:19:32 | [本当にどうでもいい話]

2006年11月02日  学びゆく生き物
人は生まれたその瞬間から、学び始める。

息をして泣き声をあげ、母親の無償の愛を学ぶ。

言葉を聴き、言葉を知り、言葉を話し、言葉を覚えゆく。

自分を確立させ、自分の意思で歩み始める。

1日1日、1歩1歩、その全てが学びの記憶と結びつく。

生きているだけで。

生きているというだけで。

それだけで、人は必ず何かを学んでいる。

学校で机に向かっている時間だけが学びではない。

今、目の前に見ているもの。

今、この瞬間に聴こえてくるもの。

今、まさに考えている事。

その全ては脳に刻まれ、記憶されてゆく。

こうしているだけで。

そこにいるだけで。

それだけで、いい。

何か1つでも感じる事があれば。

それは、それを学んだという事になるのだ。

さあ、また新しい学びを求めて。

明日という希望の世界へ旅立とう。

PM 11:17:52 | [どうでもいい独り言]

2006年11月01日  自己紹介
忘れてました。自己紹介の日です。

それなりに今日は書こうと思っていた事があったんですけどね。

パソコン立ち上げたらハッと気付きました。

…お陰で、自己紹介として何を書こうか迷ってます。はてさて…。

とりあえず、いきますか。

名前:saki

年齢:25歳4ヶ月

性別:ほっぺのニキビが気になるおなご

職業:派遣社員8ヶ月

業務内容:算定+算定…あと未収担当

最近の傾向:指導するって大変ね

健康状態:腰は相変わらず。そして右手が危険信号

追っ掛け状況:回数減らし気味。2〜3回に1回のペース

困ってる事:今月から月給制に変わるらしいが、契約書にサインをしてない

悩んでる事:どうやったらスムーズに仕事を覚えてもらえるか分からない

気が付いた事:前の仕事より楽しいとは思う

今後の目標:点数本の内容を1つでも多く覚える

最後に一言:2ヶ月で1枚のカレンダー。もう1枚しかないよ…

以上、2006年11月1日分でした。

PM 10:50:50 | [本当にどうでもいい話]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp