Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








パソコン・デート
桶川の得意先のフクシマさんに、二人目の子どもが産まれた、という明るいニュース。

めでたい!
(たちくらみ、めまいが少しだけ和らいだ気がした)

男の子。
しかし、フクシマさんに似ないことを祈る。

だって、似たら、あまりにも惨めじゃないか。

みんなから、「タレ目!」「タレ目!」と石をぶつけられるなんて。


というめでたい話の後で、少しだけ憂鬱な話が舞い込んできた。

しかし、その電話が、ひとつのヒントになった。

だから、人生は面白い(・・・のかな?)。

電話をかけてきたのは、さいたま市の団地に住んでいたころ、PCの操作を教えた今年70歳になる、キシさんだ。

「先生、あのー、こんなことは本当はお耳に入れたくないんですけど、馬鹿げた噂が、ばら撒かれているようなので、先生のお耳に届く前に、お知らせしようと思いまして」
こんな短い話の間に、ため息を何度もつきながら、ためらいがちにキシさんが、私にとってあまり嬉しくない話題を持ち出した。

ただ、この話は、すでに今年の2月ごろ、団地に住む同業者から聞いたことがあった。

「借金取りから逃げ回って、夜逃げをした」
「お義母さんを見殺しにした」
「お義母さんが亡くなったのだから、団地に戻ってくればいいのに、戻れないのは何かやましいことがあるからだ」
「実は、デザイナーはとっくに辞めていて、人様に言えない良からぬ仕事をしている」
などなど。

誰が、こんな悪意ある噂を流したか、私は、そのことに関して興味がないので、同業者には「噂の主人公になれるなんて光栄です」と答えておいた。

だから、ご心配のキシさんにも、そう答えた。

「いいんですか、先生」と心底から心配したキシさんの声に癒された私は、キシさんに心配していただいただけで、充分救われました、と礼を述べた。

「あらあら」と言って笑うキシさん。

引っ越して一年以上もたつのに、人様が話題にしてくれるなんて、有名人になった気分ですよ。
有名人のゴシップって、きっとこんな感じなんでしょうね
噂だけが一人歩きして、その人がまるで「噂のような人間」に見えてくる。

まあ、私は埼玉に戻るつもりはありませんから、どんなことを言われても、ダメージは少ないです。

極悪人、大泥棒、恩知らず、ムショ帰り、刺青もの、人殺しと言われても、本当の有名人と違って、私のところまでその噂が、ばら撒かれることはないでしょうから。

団地の方々も、わざわざ武蔵野まで来て、そんな噂を流す無駄な時間はないと思いますよ。

私がそう言うと、「おやおや」と言ったあとで、キシさんが少し声を落として「先生、こちらに戻る気ないんですね。では、私は誰にパソコンを教わればいいんでしょうか。まだまだ、わからないことだらけなのに。どうしましょう、本当に」と溜め息を漏らした。

そう言われると、つらい。
キシさんのような「いい人」とは、どこかで繋がりを持っておきたい。

だから、私は言った。

団地に戻る気はありませんが、大宮までだったら、行く気はあります。
大宮駅から15分程度のところに、同業者の友だちがいますから、そこでパソコン・デートしませんか。
彼の事務所の応接セットを借りて、また講義を再開しましょう。
どうでしょうか。

「まあまあ」と言ったキシさんは、声のトーンを、ふた目盛りほど上げて「パソコン・デート! いいですね! 嘘じゃないですよね。年寄りをからかっていませんよね、先生!」と若々しい声を上げた。


パソコン・デート講習。


もしかしたら、新しいジャンルを開拓したかもしれない?




2011/05/28 AM 08:19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.