Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








イクメン? ケッ!
「俺、イクメンなんです」と桶川のフクシマさんに言われたとき、何言ってんだ、この人、と思った。

どこが、イケメンやねん!
タレ目の金子貴俊が!

「いやいや、Mさん、イケメンではなくイ・ク・メ・ン! です。知りませんか、その言葉?」

知ってる・・・・・・ような気がする。
昨年の流行語大賞の中に、あったような気がする。

イクララーメン、を略したものだろう。

あまり食欲をそそらないが。

あるいは、イクラソーメンを略したものだったか。

食いたくないが。

まさか、田斗真が表紙のメンズノンノのことか。

いくらなんでも、それは無理があるだろう。

そんな妄想の世界に浸りきっていたら、フクシマさんが、あっさりと「育児をする男」と鼻息とともに吐き出した。

「ほら、嫁さんが、コレでしょ」とフクシマさんは、両手でお腹を膨らませるポーズをした。

奥さんが、女相撲を始めたんですか?

私の洗練されたジョークを完全に無視して、フクシマさんが「二人目ですから、なかなか上の子にまで手が回らなくて、俺が育児を手伝ってるんですよね。だから、俺、イクメン」と、胸を張った。

イクラのパスタを食べるボンビーメン(『しつこい!』 と睨まれた)。

そうですか、フクシマさんが、育児をねえ。
意気地のないフクシマさんが、育児を・・・・・。

また、睨まれた。

まあ、えらいといえばえらいですが、今さらですよ、フクシマさん。

あなたは、出産に立ち会ったことがありますか?

「いや、そんな大それたことは・・・」

私は、二回とも立ち会いました。
そして、最初の子のとき、初めは母乳を与えていたのですが、だんだんヨメの乳の出が悪くなって、粉ミルクに代えました。
夜中に、ヨメと交代で、私はミルクを与えましたよ。
そのときは、まだ独立前でしたから、昼は会社勤め、そして夜は子どもを風呂に入れ、真夜中はミルクです。
慢性的な睡眠不足でございました。

子どもが成長したら、離乳食作り。
幼稚園にあがったら、お弁当作り。
下の子が生まれたときも、上の子とまったく同じことをしました。
ミルク、離乳食、弁当作り。

そして、二人の学校行事には、どんなことがあっても参加しました。
ほとんど皆勤賞と言っていいでしょう。

そんな俺に言わせたら、イクメン? ケッ! ですよ。
まるで、男が育児に参加するのが、なにか特別で偉そうな話になっていませんか?

参加しないほうが、おかしいんですよ。


(テーブルを叩いて)仕事を言い訳にすんじゃねえぞ!
俺は、仕事もして、育児もしたんだ!


それは、少しも特別なことじゃない。
俺には、普通のことなんですよ。

男は仕事、女は育児、家事なんてのは、「根拠のない常識」に逃げているだけだ。
安易で居心地のいい方を選んで、大変ぶっているだけだ。

「仕事が忙しくて、育児どころじゃないよ」
「家事は大変だわ。そのうえ育児までするんだから、女は大変」

ケッ! ケッ! ケッ!

だから、フクシマさん。
イクメン、なんて気取ってないで、普通に育児をしましょうよ。
何も力まなくたっていいんです。

それは、普通のことなんですから。


いいですか、フクシマさん。

神は、乗り越えられる試練しか与えないんですよ。 by 仁〜JIN〜 。


「Mさん、惜しい! 完璧だったのに、最後に滑りましたね。途中まで説得力があったのに、ああ、惜しい、ほんとに惜しい!」


こら、フクシマ。
指をさすんじゃない、指を!



2011/05/10 AM 06:06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [子育て]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.