Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








生姜忌
コーヒーが、値上がりするらしい。

ブラジルなどの大手原産国が、好景気により、自国内の需要が上がったため、外国に回す豆の総量が減ることになるから、とネットの記事には書かれていた。


インスタントコーヒーは、よく飲む。

友人のWEBデザイナー・タカダ君(通称ダルマ)が、お中元、お歳暮に必ずインスタントコーヒーの詰め合わせを贈ってくれるからだ。
それも、けっこう高級そうなやつ。
ただ、インスタントコーヒーに、高級なものがあるかどうかは知らない。

何となく高級そうで、俺だったら絶対に買わないな、というような買うのをためらう趣のラベルが貼ってあるから、高級そうに見えるだけかもしれない。


味は・・・・・うまいような気がする。


ダルマがインスタントコーヒーを送り続けてくれる限り、我が家はコーヒーには困らないのだが、いくら私よりはるかにダルマが金持ちだとは言っても、コーヒーの値上がり幅が予想を超えていたら、ダルマも贈答品の内容を考察しなおすだろう。

いつか、コーヒーが飲めなくなる日が、来るかもしれない。

しかし、私は、それでもかまわない。

あれば、美味しくいただくが、なければ飲まない。

それだけのことである。

マクドナルドが、「コーヒー無料キャンペーン」をしているときだけ飲みに行けばいい。
コーヒーは、その程度のものでいい。


飲み物といえば、我が家の人間が、月曜の朝に必ず飲んでいるのが「ショウガ湯」だ。

これは、先日死んだ義母が、ショウガが好きだったからだ。
だから、義母が死んだ月曜の朝に、ショウガ湯を飲むことにしている。

私は、その日を勝手に「生姜忌」と名づけている。

義母がショウガが好きだったのは、私が勝手に糖尿病にいいと思って、ショウガ料理を必ず出したからではないか、と思っている。

最初のころは、肉しか食わず、野菜をまったく食べなかった義母だったが、ある日、ショウガで濃く味付けをすると、白菜や大根を残さず食べるということを発見した。

冷奴なども、ショウガを山のように積むと、残さず食べた。
厚揚げの生姜焼きは、普段の3倍くらいのショウガを入れて作っても食べた。
豆腐ハンバーグにショウガ味噌を乗せると「美味い」と言った。
ブリ大根にショウガ味噌を乗せると、「おかわり」と言った。

義母が死んで、部屋を整理していたとき、ベッドの下に、大きな平たい缶の入れ物があるのを見つけた。
熱風は、下までは及んでおらず、缶は少々の煤はついていたが、中は被害をこうむっていなかった。

開けてみたら、ショウガ湯の粉末が、大量に入っていた。
その全てが、試供品と書かれていた。
数は、200個近くあったかもしれない。

なぜ、こんなにもショウガ湯の試供品があるのか。

それは、今となってはわからない。

とにかく大量のショウガ湯が、あった。

それを毎週月曜日の「生姜忌」に、家族と居候の5人で飲んでいるのである。
私だけは、毎朝飲んでいる。

だから、コーヒーを飲む回数が、少し減った。

このまま地上からコーヒーが消えても、私は「ショウガ湯」だけで生きていけそうだ。


ショウガ湯は、飲むだけではない。

風呂に入ったとき、洗面器にショウガ湯を入れ、それを溶かして、足湯にする。
さらに、左足の薬指を長い時間ショウガ湯に浸して、マッサージをする。

それが正しい方法なのかどうかは、わからないが、私は勝手に、いいと思ってやっている。
血の巡りがよくなりそうな気がしたから、続けている。

自己流だから、誰に薦めようとも思わない。
私だったら、足の薬指の血の巡りが悪くなって、痛みも何も感じなくなったら、医者に行くことをお薦めする。
その方が、絶対に治る確率は高い。

民間療法なんて、非科学的だ。
本当に治したいなら、専門家に任せるべきだ。

無駄なことは、しない方がいい。

絶対に、そうだ。


しかし、最近、左足の薬指が、熱を持つようになってきた。
感覚が、少し戻ってきたのである。
2ヶ月以上、黒くて不気味な姿をさらしてきた指が、紫色に変わってきた。

その指の変化を見て、これは、期待が持てる、と思った。

このまま続けていけば、末端まで血が通うのではないか・・・・・と。



しかし、、だからと言って、それが義母のおかげだとは思っていない。

そんなことは、絶対にない。

ありえない。




2011/02/18 AM 06:44:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.