Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








ポスターに萌える
それを見たとき、落ち着かない気持ちで、私はソファに腰を下ろした。

友人の京橋のウチダ氏の事務所でのことだ。

壁に貼ってあった「それ」。

友人のスガさん、ウチダ氏、ススキダたちと共同ではじめた飯田橋のラーメン屋。
「そのことで、ちょっと話があるんだが」と言われて、ウチダ氏の事務所に足を運んだ昨日だったが、それを見た途端、私は落ち着かない気持ちを懸命に抑えて、ウチダ氏の差し出すクリアアサヒの500缶を手に取った。

「俺はいつもスーパードライなんだけど、Mさんはクリアアサヒの方がいいんだよな。だから、大量に買って冷蔵庫に入れてあるから、俺のいないときでも遠慮なく飲んでいいよ」

私はウチダ氏の恋人でもないのに、ウチダ氏の事務所の鍵を預かっているのである。
彼がいないとき、数回ソファを貸してもらって、仮眠を取ったことがある。
そのとき、もちろんスーパードライを無断で飲ませていただいたこともある。


恋人ではないけれど・・・・・。


「Mさんは、安上がりだから助かるよ」
そう言いながら爽やかな笑顔を見せるウチダ氏は、イケメンだ(俳優の坂口憲二からワイルドさを取ったといったら、わかりやすいか)。
そして、彼は私より5歳年下である。

このイケメンは、できる男でもある。
ビジネスに厳しいし、彼のそのヒラメキはたいしたものだ、と私は常々感心している。
だから私は、5歳年下にもかかわらず、彼のことを「ウチダ氏」と尊敬の意味を込めて呼んでいるのだ。

そのウチダ氏が、ノートを広げて言う。
「開店して2ヶ月は、想定したとおりの売り上げだな。場所柄から言えば、そんなに爆発的に売り上げは上がらないと思っていたからね」

ウチダ氏が、そう言うのなら、安心していいだろう。
私も店長代理から毎日の売り上げを聞いているから、大体のことは把握している。
だから、現状認識はウチダ氏と同じと言っていい。


しかし、この壁にあるものは・・・・・・・?


カマンベールチーズを冷蔵庫から勝手に出す間も、横目でチラリ。
丸いカマンベールをそのまま丸ごと噛み、クリアアサヒを飲む。

それを見て、ウチダ氏が笑う。
「Mさんには、皿とフォークという概念はないのかね」

皿もフォークも使ったら洗わなければいけない。
水の無駄だし、洗剤を使うなら洗剤の無駄だ。
エコじゃない。

「まあ、理屈は通っているな」と納得顔のウチダ氏。

カマンベールを食い終わったが、何か満たされないものを感じたので、また冷蔵庫を漁る。
ローソンで買ったらしきマカロニサラダがあったので、それをゲット。
ソファに戻る間に、また壁をチラリ。

ウチダ氏に、私のその挙動不審を覚られた。
「Mさん、そのポスター、ずいぶん気になるみたいだな」

ばれてたか。
さすが、ウチダ氏。
おまえの勘は、鋭い。

「いや、それだけ露骨に気にしていたら誰でもわかるさ」

露骨だったか?

「ああ、あまりにもわかりやすくて笑うこともできないくらいだ」

いや、笑ってくれ。
俺は・・・・・好きなんだよ。
気づいたのは最近だが、実は数年前から、オレ、好きだったみたいなんだ。

実際、鈍感だよな。
自分のそんな感情にいまさら気づくなんて。

「・・・・・・・・・・」

笑ってくれよ。
いや、軽蔑してもいい。

「軽蔑はしないさ。俺も好きだからな」

好きなのか?
おまえも?

「ああ、女房には笑われるがな」

そうか・・・同類だったのか。
で・・・・・、それはどこで手にいれたんだ。

日本橋の古いスーパーの再生を頼まれたんだが、そのとき汚い倉庫の片隅に埋もれているのを発見して貰ってきたんだよ。まあ、俺にとってはラッキーだったな。店主は、まったくそれに執着がなかったからな」

そうか。
いい仕事をしたな、おまえ。
そんな羨ましい仕事もしてるんだな。

俺は、そんなおまえに、嫉妬するよ。


「実は、このポスター、もう一枚あるんだが、Mさん、いるかい?」


それを聞いて、私は一瞬呼吸が止まりそうになった。

「ホ、ホ、ホ、ホ・・・!」

「本当だよ」とウチダ氏が、大物の風格を見せて、大きくうなずいた。

私はそのとき、一生ウチダ氏について行こう、と固く誓った。
こいつは、間違いなく信頼できる男だ。


ウチダ氏にいただいたポスター。

それはいま私の仕事場の壁に、ラミネート加工をして貼られている。


サントリーの「ALL-FREE」のポスター。

それは、短髪の榮倉奈々が浴衣を着て、オールフリーを持って微笑んでいるポスターだった。
(三浦友和さんも映っていたのだが、ゴメンナサイ、カットしてしまいました)



2011/01/14 AM 06:54:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.