Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








しつこい!
しつこい! と思われることを承知で、「仏頂面」の話を(慢性的な寝不足で多少イライラしているせいかも)。

数人から、なんで仏頂面をしちゃいけないんだ、ということを言われたからだ。

誤解しないで欲しい。
私は仏頂面をするな、とは言っていない。
仏頂面で安い仕事を出すな、と言っているだけである。

想像してみてほしい。
こちらが友好的に話しかけているのに、何の感情も表さず、できの悪い彫像のように口を真一文字に結んで、細い目をして無言で睨まれたら、誰だって気持ち悪く思うのは当然だろう。

それが性格なんだから仕方ないよ、と思う人は、私よりはるかに大人で、人間の器がでかい人だ。

私は、我慢ができない。

たとえば、こんなやりとりになったら・・・・・・・、


私としては仕事をいただくのはありがたいことですが、仕事の労力を考えたら、その金額では折り合いません。
もう少し額を上げていただけませんか。
もしそれができないのであれば、その金額でやれる他の業者を探してください。

(無言)

定期的に仕事をいただいていれば考慮いたしますが、2年以上連絡のない御社には、申し訳ありませんが、義理を感じません。

(無言)

私の存在を思い出してくださったことに関しては、感謝いたしますが、今回のご依頼は、お断りいたします。
申し訳ありません。

(長い無言)
そして、突然、「あんたは、埼玉から夜逃げした、と言われている」と、目を見開いて、にらまれたのだ。


こんな人間を好きになるほど、私はお人よしではない。

だから、事実を書いたのだが、いまだに「客の悪口はよくないよ」と非難される。

悪口を書いたつもりはない。
それは事実を書いただけなのだが、なぜか、そう言われる。

では、仏頂面でも、条件のいい儲かる仕事を出したら、嫌いにならないのか、と言われた。

当然だ。
いい仕事を出してくれたら、私は相手が仏頂面でも我慢する。
私は、お客様から、報酬を得て生活をしている。

そのお客様が、いい仕事を出してくれるのなら、彼が死ぬまで仏頂面でいても、私は構わない。
なぜなら、彼が、私の生活の一部を支えてくれる「いいお客様」だからだ。

なんで、そんな簡単な理屈をわかってもらえないのだろうか。

フリーランスは、人間関係プラス報酬である。

割のいい仕事を出してくれるクライアントは、多少性格が悪くても、こちらが「いい人間関係を築いている」と錯覚すれば、我慢できる。

それが、「仕事」というものの本質だと私は思っている。

いい仕事の中には、クライアントの人間性も含まれている。
だが、たとえ、その人間性に疑問符がついたとしても、報酬がそれを上回るのであれば、少なくとも私は我慢できる。

仏頂面の前で、「誠実な請負人」の振りをすることができる。


2年以上、こちらが何度コンタクトをとっても、何の反応もなかった会社が、突然仕事を出すと言った。
まったく期待をしないで行ったら、本当に期待はずれの仕事だった。

そして、社長は、相変わらずの仏頂面で、私の前で固まっているだけだった。
あげくの果ては、「誠実な請負人」の振りさえもさせてもらえず、報酬額を聞いて拒否したら、「埼玉から夜逃げした負け犬」呼ばわりである。

これでは、良好な人間関係を築くことはできないではないか。



たとえば、少々極端な話をしてみよう。

友人のWEBデザイナーのタカダ君(通称ダルマ)は、自分で手に終えない仕事を、たまに私に回してくれることがある。

彼は、かつて私の弟子だった人間である。
だから、私は彼から高い報酬を要求しない。

彼は、ときに不愛想で、世間知らずであるから、私に対しての折り合いのつけ方に戸惑っている部分がある。
私に対しての遠慮も混じっている。
だが、私が忙しくても、無理矢理仕事を押し付けてくる無神経さも併せ持っている。

そして、その報酬額は、決して高くない。

しかし、私は、彼の仕事なら喜んでやらせていただく。
彼とは信頼関係があると思っているし、彼のことが好きだからだ。

好きだから、忙しい思いをしても、私はそれを苦に感じない。

それは、彼と私が長い時間をかけて、人間関係を築いていったからにほかならない。


だが、仏頂面は、永遠に仏頂面で、自分の要求を押し通すだけである。
そして、気に食わなければ、「埼玉から夜逃げした負け犬」という。


もっと冷静に、とか、大人気ない、とか、お客様は神様だ、などという奇麗ごとの批判は、ただの感情論だ。
私には、批判している方が、「冷静さ」を欠いているとしか思えない。



繰り返すが、仏頂面で安い仕事を出さないで欲しい。

しかも2年以上も、ほったらかしにして(ときに居留守を使って)。





2010/08/30 AM 08:24:09 | Comment(2) | TrackBack(14) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.