Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








ふくよかハーフ予報士の予言
突然の雨。

梅雨の季節には、よくあることだ。
自転車で外出するときは、いつもボロに近いビニール傘を自転車の脇に刺すことにしている。

そのビニール傘は、ところどころに穴が空いているから、長い時間さしていると、豪雨のときは役に立たない。
しかし、急の雨には、短い距離であれば、とりあえず使える。

OKストアで、四日分の食材を買い込んだ日の夕方、店を出たら、外は雨が降っていた。
それなりにまとまった雨だ。

傘がなければ、相当濡れるだろうということは、幼い子どもでもわかる。
しかし、傘は持っている。
だから、傘をさして帰ろうと駐輪場に行こうとした。

そのとき、店の出口から駐輪場に向かう半分くらいのところで「自転車?」と聞かれた。
声のした方を向くと、30代のラテン系のハーフと思われる女の人が、険しい顔をして、私を見ていた。

険しい顔、とは言ったが、彫りの深い濃い顔立ちだったので、そう見えただけかもしれない。
南米のどこかの国と日本とのハーフ。
美人と言っていい。
首から上を見ただけなら。

しかし、下に目を移すと、テレビで見かける森公美子さんの体型だった。
つまり、驚異的にふくよかなボディをしていた。

圧倒された。

彫りが深く濃い顔に、驚愕のボディ。
ふくよかハーフは、こちらが思わず、「ごめんなさい」と謝ってしまいそうな迫力を、その全身から発散させていた。

「自転車?」と、もう一度聞かれた。

はい。

「傘、さすの?」

はい。濡れますので。

当たり前の答えを返したのだが、ふくよかハーフは、目に力を込めて、私を睨んだのだ。

「傘さして自転車乗るのは、ドウコウホウイハン」

ドウコウホウイハン?

ラテン系の顔から出た言葉は、私の耳には、一瞬ラテン語のように聞こえた。
しかし、7秒考えて、それが「道路交通法違反」であることが、理解できた。

「知ってますか? 傘さして自転車に乗ると罰金なんですよ」

ああ・・・・・・・、いちおう、知っていますが。

「みんな守らないですよね。日本人は、規律正しい国民なのに、あれだけは守りませんね」

申し訳ありません。
日本人を代表して、お詫び申し上げます。

頭を深く下げたところで、「家、近くですか? 近くなら、家まで送りますよ」と、とても魅惑的な微笑で言われた。

冗談ですよね、見ず知らずの人間に、そんなことを言うなんて・・・。

ナンパ? それとも、拉致して、焼いて食おうとでもいうのだろうか?
そのふくよかなボディは、焼いて食った男のエキスが蓄積されたものなのだろうか?
私は、恐怖に足元を震わせた。

あ、あ、あの・・・、遠いんで、ご遠慮いたします。
お気遣い、ありがとうございます。

「あ、そうですか。でも、この雨は10分以内に止むから、店の中で待っていれば、大丈夫ですよ」

そこまで断定できるとは、もしかして、気象予報士か?
テレビ画面いっぱいに映るふくよかなボディ。
その迫力ある姿で説得力ある予報をしたら、石原良純など、きっと霞んでしまうに違いない。

それは、見てみたい気がする。

そんな妄想をしていたら、「じゃあ、気をつけて」と手を振って、バイバイされてしまった。

迫力ある後姿を見送りながら、私は考えた。
ふくよかハーフ予報士の言葉を信じて、このまま店内にとどまるべきか。
あるいは、道路交通法違反を犯して、雨の中を突っ切るべきか。

頭髪が白くなるまで悩んだが、結局、違反を犯すことにした。
私は、申し訳ござらぬ、と念仏を唱えながら、駐輪場まで走っていった。
しかし、荷物をカゴに入れて、自転車の脇を見てみると、そこにあるべきはずの傘が、消えていた。

盗まれた。

突然の雨に困った人が、私に断りもなく、傘を持ち去ったようだ。

馬鹿だなあ。
あんなボロボロで穴だらけの傘をさしても、濡れるだけだろうに。
それに、道路交通法違反のほかに、窃盗という罪まで背負うなんて。

盗んだ人に同情しながら、私はまた店内に戻った。
店の入口には、200円で傘が売られている。
多くの人がそれを買っていたが、私は買わなかった。

道路交通法違反を犯したくなかったからだ(今さら?)

私は、傘をあきらめて、店内の野菜を鑑賞する作業に没頭することにした。
チンゲン菜の瑞々しさ。ミズナの謙虚さ。トウモロコシの愛らしい粒立ち。パプリカの健康的な輝き。
そんな風に野菜の美に酔いしれていたとき、「雨、やんだらしいよ」という店員の話し声が聞こえた。

え? 本当に?

ふくよかハーフ予報士の予報が、当ったではないか。

よかった、よかった。
傘を買わないでよかった。
違反を犯さないでよかった。

でも、今度雨が降ったら、私はきっと・・・・・・・。





2010/07/09 AM 06:45:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.