Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








捨て台詞のフクシマ
いま桶川の得意先からいただいた自費出版の仕事をしている最中だ。

260頁ほどの本だが、それほど難しいものではない。
もうすでに3回している仕事だったから、以前と同じフォーマットにそって文章を流し込み、章ごとに体裁を整え、指定された箇所に写真や資料を貼り付けるだけだから、作業としては楽と言っていい。

ただ、今回は、文字打ちも全部自分でしたので、その分仕事に関わった時間は長い。
いい外注先が見つからなかったので、自分で打つことにしたのだ。

文字打ちは得意ではないが、遅い方ではなく、不正確でもない。
神経を使うだけだ。

今日の午前中には、初稿の体裁が整う。
初稿は、7月5日の午前中だから、余裕を持って内稿をすることができる。

そんなことを思っていた昨日の夜、桶川のフクシマさんから電話がかかってきた。

催促の電話か。
まだ、丸二日以上あるぞ。
せっかく気持ちよく仕事をしているのに、やる気を削ぐようなことはするなよ、と心の中で悪態をついた。

しかし、受話器から聞こえてきたのは、空気よりも軽い笑いを含んだ声だった。

「Mさん、お歳暮、何がいいですか?」

お歳暮? お歳暮は、年末。いまは、お中元の季節ですが。

「ああ、でも、基本は同じでしょ」

そうでしょうか・・・・・・・。
しかし、お中元は、お世話になった側がお世話になった人に贈るものだから、発注者が請け負い業者に贈る必要はないと思いますが。

「だから、俺、Mさんにお世話になっていますから」

さあ・・・・・、俺はフクシマさんのオムツを代えたわけでもないし、ミルクをあげたわけでもなく、離乳食を作ったわけでもないですからね。
お世話はしていないと思いますよ。

ただ、抱き上げて頬ずりして、ほっぺにチュウをしたことはありますけどね。

「・・・・・・・・・・・」

どうかしましたか? フクシマさん。

「Mさん、大丈夫ですか?」

いや、たいへん大丈夫じゃありません。

はぁー、と大きく息を吐いたあとで、フクシマさんが言った。
「俺、Mさんのこと、一部分は尊敬しているんですけど。なんか、心配だなあ。最近、どんどん社会からずれていっているような気がするんですけど・・・・・」

それは、私も大いに感じています。
なかなか、鋭いところを突きますねえ、フクシマさん。

「今ごろわかったんですか。俺は、鋭い男なんですよ。先日も・・・・・」

(話を遮って)鋭いと言えば、この間、公園の木のベンチに座ったら、それが半分風化しているような傷んだベンチだったんで、左の手のひらに鋭い棘が刺さってしまったんですよ。
化膿してはいけないと思って、無理やり歯で棘を抜いたあとで、公園の水飲み場の水で傷口を洗ったんです。
自転車に乗っている時も、ズキズキ痛みましてね。家に帰って、娘に棘が刺さって、大変だったよって報告したんです。
しかし、いざ娘に傷を見せようとしたら、どこに棘が刺さったのか忘れてしまいましてね。
どこだどこだどこだ、って二人で懸命に探したのに、見つからないんですよ。
逆の手を出していたんですね。
ハハハハハ、二人とも大笑いですよ。

「・・・・・・・・・・・」(小さなため息が聞こえた)

まあ、そういうことですので、ご心配なさらずに。
では、失礼します。

電話を切った。

それで、話が終わったと安心していたら、またフクシマさんから電話がかかってきた。

催促の電話か。
まだ、丸二日以上あるぞ。
せっかく気持ちよく仕事をしているのに、やる気を削ぐようなことはするなよ、と心の中で悪態をついた。

はい、なんでしょう!

「いや、一方的に電話を切られたものですから」
下手に出た声の響きだ。
なんか、魂胆があるのか。

お中元を寄こせ、とでも言うのだろうか。

「あのぉ、お中元は、一番搾りの詰め合わせでよろしいでしょうか?」

お中元は、お世話になった側がお世話になった人に贈るものだから、発注者が請け負い業者に贈る必要はないと思いますが。

「俺、Mさんにお世話になっていますから。会社から送るのではなく、個人として贈らせていただこうかと」

いや、だから・・・・・・・、
俺はフクシマさんのオムツを代えたわけでもないし、ミルクをあげたわけでもなく、離乳食を作ったわけでもないですからね。
お世話はしていないと思いますよ。

ただ、抱き上げて頬ずりして、ほっぺにチュウをしたことはありますけどね。

もしかしたら、唇にチュウをしたこともあるかもしれないな。

ウッ! き・も・ち・わ・る・い!

「・・・・・・・・・・・・・・・」(大きく息を吸う音が聞こえた)。

「意地でも、一番搾り、贈ってやる!」

なぜだかわからないが、フクシマさんが、捨て台詞を残して電話を切った。




一番搾り、待ってます。




2010/07/03 AM 07:41:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.