Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








三つのありがとう
いい日は、続く。

先日、いま使っているジョギングシューズの底が抜けたら、ジョギングを止める、と宣言したことがある(コチラ)。

その後、立て続けに、宅急便が我が家に届いた。
極道コピーライターのススキダとWEBデザイナーのタカダ君(通称ダルマ)、そして先日我が家にやってきたハゲ(シバタ)からだった。

中を開けてみると、三つとも、ジョギングシューズだった。
ナイキ製一つとアシックス製が二つだ。

ナイキは、ススキダ。
しかし、ススキダというよりも、この心配りは、ススキダの奥さんのものだと断言できる。
ススキダも気配りのできる男だが、照れ屋だから、送りたいと思っても、彼は送らないだろう。

小泉今日子似のススキダの奥さん。
40過ぎなのに、あの可愛らしさは、一体なんだ!

ススキダの奥さんを見るたびに、私はススキダを絞め殺したくなるのだが、まだ小伝馬町の牢屋には入りたくないので、寸前のところで抑えている。
殺意を胸に秘めながら、ススキダにお礼の電話をかけた。

すると、「えっ? ジョギングシューズ? 俺は・・・・・知らんな」と言われた。
やはり、ススキダ夫人の心配りだったようだ。

天使のような奥さんに、ありがとうございます、と言っておいてくれ。

「ときどき鬼になるがね」

一生極道よりはマシだろう。


次は、ハゲ。

会社を辞める決心をしたハゲは、雑事に忙しくて電話に出る暇はないかもしれない。
そう思ったが、二回のコールで本人が出た。

ヒマなのか?
退屈なんで、ハゲー・ダビットソンのプラモデルでも組み立てているのか?

「フィットネスジムから帰ってきたばかりだから、疲れてソファに横になろうとしたところだ」

何? フィットネスジム? 
それは、増毛に効果があるのか?

「今さら、どうでもいいわい!」
なぜか、ハゲがむくれた。4、5本、抜けたかもしれない。

なぜだろう。わけがわからん。
これ以上、怒らせるとまずいので、私は早めに電話を切ることにした。

靴を送ってくれて、ゾウモウありがとう。
これで、より一層ジョギングにハゲむことができるよ。

向こうから、切った。


最後は、ダルマ。
天才WEBデザイナー。
しかし、その容貌は、お笑いコンビ「」の太った方に、そっくり。
奥さんは、笑顔百点の「微笑みの天使」トモちゃん。

ススキダのところと同じく、ルックス的なギャップが激しい。

まずは、奥さんのことを聞いてみた。

もう、安定期に入ったかな。

「はい、6ヶ月目に入りましたので」
幸せを声だけで表現したらこうなる、という見本のような幸福感あふれる声で、ダルマが答えた。

お礼を言う前に、一つだけ言っておきたいことがある。

銀河高原ビールが、飲みたいな。

数あるビールの中で、私は銀河高原ビールが世界で二番目に好きだ。
ただ、高価なので、自分では一度しか買ったことがない。
金持ちのダルマに、数ヶ月に一回、送ってもらっている。
それを、嬉しいことがあったときだけ飲むのだ。

ただ、嬉しいことがあまりない淋しい日常を暮らしている私にとって、それを消費するには数ヶ月かかる。
それを知っているダルマは、頃合いを見計らって、銀河高原ビールを送ってくるのである。
それが、今回、思いがけないW杯日本代表の決勝トーナメント出場で、底をついた。

「師匠、師匠も徹夜したクチですね。俺もトモちゃんと抱き合って喜びましたよ」

抱き合わなくても、いいだろう。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

壁に頭をぶつけて、血だらけになるとか。
時には、そんなワイルドな喜び方をしてもいいんじゃないか。

「・・・・・・・わかりました! 銀河高原ビール、送ります」

なんか、拗ねてしまったようだぞ。
俺、何か気にさわるようなこと、言ったか?

危険な空気になってきたので、靴ありがとう、奥さん大事に、と早口で言って、電話を切った。


目の前にある、三つのジョギングシューズ。
それを見つめていると、ありがたくて、涙が出る。

彼らは、私からジョギングを取ったら、抜け殻になってしまうことを知っているのだ。
だから、私のブログを見て、すぐに送ってきた。
その気配りに対して、あふれるほどの感謝の意を込めて、私は彼らにお礼を述べた。

それは、非の打ちどころがないほど、心のこもった「ありがとう」だったと思う。

そして、今あらためて言わせてもらいたい。

ススキダ、ダルマ、ハゲ。

ありがとう。
ありがとう。
ゾウモウありがとう。



2010/06/29 AM 06:34:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.