Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








イライラ その2
友人の極道顔・ススキダの事務所に行ったときのこと。

ススキダは、顔が怖いので友だちが少ない。
しかし、色々なネットワークを持っているので、一万回に一回程度は役に立つ。

そこで、昨年の11月から展開している友人のチャーシューデブ・スガくんのラーメン店開業の手伝いをさせてやろうと思ったのだ。
まず、難航している店舗選びを頼んだ。

東京、横浜で高立地条件の物件を探せ。

そう頼んだら、迅速に、いくつかの店舗を探してくれた。
ススキダは、顔は怖いが、いいやつなのだ。

候補物件は4つ。
それをスーパードライ(発泡酒じゃない!)を飲みながら、吟味していた。

そのとき、我がiPhoneが震えた。
ディスプレイを見ると、印刷会社B社である。

嫌な予感。
イライラしてきた。
イライラの原因物質は以前、コチラのブログに書いた。

B社のパソコンを無料でメンテナンスをする代わりに、レーザープリンタと大型インクジェットプリンタを無料で使わせてもらっていたのだが、今年からプリント代金を払えと言われたので、メンテナンスをやめたのだ。

しかし、無視しようとして、「拒否」ボタンを押したつもりが、「応答」ボタンを押すという初歩的なヘマをやらかしてしまった。

「Mさん? Mさんだよね」
汗臭い顔が思い浮かぶような、せっかちな声が聞こえた。

はぁ〜(わざと不機嫌に対応)

「まいっちゃったよ、パソコンの修理。4万3千円も取られてしまったよ」

以前、パソコンが起動しなくなり、すべてのパソコンでサーバと繋がらなくなったと泣きついてきたが、あまりにも身勝手な言い分に腹を立て、拒否したことがある。

結局B社長は、メーカーに修理を頼んだらしい。
その金額が、4万3千円だったという。
出張費やら、修理代、作業代。
私としては、それは適正価格だと思うのだが、B社長は、「高い、高い」とお怒りのご様子。
そんな話をダラダラと・・・・・・・。


すみませんが、社長。いま仕事の打ち合わせ中なので。


「ああ、悪かったね。じゃあ、後でかけなおすから」
そう言ったから、電話を切るかと思ったら、「また頼めるかね、メンテナンス」と話を続けてきた。

そして、「毎回毎回こんな出費をしてたら、俺の会社持たないよ」
B社長は、パソコンは壊れないものと思っていたらしい。
俺んちのテレビは、買ってから今まで10年以上壊れていないからね。
パソコンは、テレビと同じようなもんだろ。

ダラダラ、くどくど・・・・・・。

すみません。社長。いま打ち合わせをしていますので。

「ああ、わかった。じゃあ、また後で」
と言いながら、「しかし4万3千円って、ぼったくりだよねぇ」と、話が続く。
パソコンが直ったのはいいが、一日作業が遅れたから、仕事が溜まって大変だったと嘆く。
サーバのデータにもアクセスができないので、他のパソコンでも作業ができなかったようだ。

ただ、サーバの認識に関しては、以前オペレータに手順を説明しておいたはずだ。
サーバのアイコンがデスクトップに現れなかったときは、簡単な手順を踏めば、すぐに復活する。
しかし、そのオペレータが辞めてしまったとき、新しいオペレータにその手順を引き継がなかったようである。

子どもでもできる簡単な手順なのだが、「サポート」という名目なら、その程度のことでも確実に金を取る。
聞いてみたら、「サーバ修理」という名目で1万500円請求されているという。

それは「ぼったくり」か。
いや、適正価格でしょうね。
直したことは、間違いないのだから。

しかし、B社長は言う。
「こんなに高い修理代は、想定してなかったね」

今さら、何を言ってるのか。

とにかく、社長。俺いま打ち合わせ中なんですよ。

「ああ、そうかそうか。じゃあ、後で」
しかし、B社長は、またダラダラと話を続け、信じられないことを言うのだ。

「今日、メンテナンスに来れるかな? ホントにまいっちゃってるんだよ」
これみよがしに、ため息をついている。

ため息をつきたいのは、俺だよ!

電話を切った。

奥歯を噛みしめて、怒りを抑える。
両手の震えを、かろうじて抑えながら、iPhoneをポケットにしまった。

クソオヤジめ!

その私の顔を見て、極道顔のススキダが言う。
「おまえ、悪徳取り立て屋みたいな顔してるぞ」

ああ、何かイライラするんだよ!



2010/03/05 AM 06:19:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.