Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








ドタバタ、DOTABATA
私の身辺がドタバタしているときに、民主党もドタバタしていた。

同じドタバタ同士。しかし、そのドタバタの中身は、当然のことながら、まったく異なる。
私のドタバタは、少なくとも誰にも迷惑をかけてはいない。

党の未熟さは、党首の未熟さでもある。
党首が政界再編に関してどんな青写真を書いていようが、こんなドタバタを見せられては、その青写真は説得力のない、ただの空(から)構想としか思えなくなる。

党首は、マスコミに対する恨み辛みを述べているが、今さら何を、という感は否めない。
もともと読売と産経は、公権力の保護者を任じて紙面作りをしているように思える。
朝日は、公権力に逆らう紙面作りだ。
毎日と日経は、中立のふりをしているが、その振り子は、いつも中途半端に揺れ動いている。

こんなマスコミにいちいち反応する党首のどこがいったい「剛腕」なんだ?
ただの神経質な引きこもりオヤジじゃないか。

インターネットを見ると、色々な憶測が書き綴られているが、「剛腕」に期待している人が少なからずいることに、驚かされる。

先の参院選で大勝したから剛腕だ、というのは結果論にこだわる人の考え方である。
大勝した結果、「議会が膠着している」ことを必要以上に負担に感じて、次の一手に悩んでしまった党首の姿は、私にはとても滑稽に思える。
それでは、まるでピエロだ。

動かなくていいときに動く人間は、私には道化としか思えない。
また、責めるべき時に、相手に同調する人間も同じ道化である。

悩むと、人には必ず隙ができる。
そして、そんな人は、その隙に乗じて暗躍する人の餌食(えじき)となる。

噂では、陰で某大新聞の会長が、党首に「大連立」を吹き込んだと言われている。
これは、真偽の確かめようがない噂だから、それが真実かどうかはわからない。
デマかもしれない。しかし、本当である可能性もある。
これは、当事者以外、誰も確証を持つことができない「高次元の」噂である。

だから、このことで某大新聞の会長を責めるのはフェアではない。
噂だけで人を批判するのは、理論の根本が間違っている可能性があるのだから、その推測に説得力はない。

私は、何度も書いてきたが、筋金入りの讀賣アレルギーだ。
私は、讀賣新聞という存在を、心の中で抹消したいと常に思っている人種である。
そんな私であるが、いくら認めていない存在であっても、噂の段階で批判する勇気は持ち合わせていない。

それに・・・、と思うのだ。
大新聞の会長が、まさか政界を手玉にとろうなどという思い上がったことを考えるだろうか?
新聞は、自由に意見を言う媒体ではあるが、世の中をリードする権限は持っていない。
彼らが持っているのは、事実を脚色することなく、公に知らしめる役割だけだ。

そして、彼には政治に関する結果責任はまったくないのだ。
なぜなら、彼は選挙で選ばれた存在ではないからである。
選挙で選ばれた人なら、その人は政界の真っ直中で、正しくても間違っていても、自分の理論を披露し行動する権利と義務がある。

しかし、選挙という手続きを経ていない人が、政界をリードする権利を主張するのは、明らかに越権行為である。
まさか、位を極めた人が、それほど身勝手で盲目的な思考に陥ることはないであろう、と私は思う。
よほど、頭がボケていない限りは・・・・・、あるいは、甚だしい思い上がりを持っていない限りは・・・・・。

そして、国や国民、国益をリードする役割を持った党首が、権利や責任を持たない人間の言うことを聞くことはあり得ない、と私は信じている。
もし党首が、そんな思い上がった人間の意見を真に受けたとしたら、彼はピエロどころではなく、ただの操り人形に過ぎなくなる。

「剛腕」という名のミニ独裁者だけでも、十分に道化なのに、資格を持たない劇作家に操られる政治家など、危うくて日本の将来を託す価値はない。
だから、そんな噂は信じたくない。

ただ、ドタバタした党と党首の姿は、間違いなく私に幻滅を与えた。
私の生活もドタバタしているが、私の場合は、社会に及ぼす影響はゼロである。
私がどんなにドタバタしようが、社会は真っ当な方向に動いていく。

しかし、党首が本当のピエロになってしまったら、サーカスの指揮はいったい誰がとるのか。
ライオンも象もいない集団の指揮なら、ピエロでもできるかもしれないが、彼の戦う相手は、ライオンのふりをしたライオン、象のふりをした象を操る「時代遅れのピエロ」だ。

ピエロと時代遅れのピエロが、真面目に政局を語り合うなど、程度の低い喜劇としか思えない。

このドタバタ劇は、実は党首のシナリオだった、などとまことしやかに解説する人がいるようだが、もしそれが本当にシナリオなら、公人は説明責任を果たす義務がある。

それが説明できないのなら、彼はただのフィクサーであって、政治家とは言えない。
フィクサーは、表に出るべきではない。某大新聞の会長と引退した妖怪のそばで、井戸端会議をしていた方がいい。

民に選ばれた人は、選んだ人の期待に敬意を払うべきである。
涙目で茶番を演じる姿を公衆に見せるなど、政治家としての資格以前の問題である。

辞める、と言ったら辞めるのが、かろうじて彼に残された潔い選択だったはずなのに、彼は前言を撤回した。
その結果、お粗末なドタバタだけが残った。

ドタバタしたPIERO、ドタバタしたへっぽこデザイナー。

ドタバタ、DOTABATA、怒他罵汰、Don\\\\\\\\\\\'t you batter?

ここまで書いて、いつもブログをアップする前に、自分のことを悪く書いていないか毎回チェックしている小学6年の娘が、呆れた顔でこう言った。

「お前大丈夫か? なんだこれ? 意味がまったく通じないぞ。誰がこんなの読むと思ってるんだ。お前の真面目なブログなんて誰も読まないぞ。書き直せ!」 

まあ、たまには、オチのないブログも新鮮でいいかな、と・・・・・。
それに、最近ストレスが溜まっていたので、鬱憤晴らしにいいかな、と・・・・・。

「こんな中途半端なブログ、読むと思うか?」

う〜〜〜〜〜〜ん・・・・・・?
しかし、オチが思い浮かばない・・・。


2007/11/11 AM 08:09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.