Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








ダイエットのごほうびはサーティワンのアイスクリーム
お盆の仕事は、3件。
そのうちの1件は、WEBデザイナーのタカダ君(通称ダルマ)が、一週間実家に帰るというので、溢れた仕事を回してくれたものである。

「師匠に全部おまかせしますので、師匠の好きなようにやってください」という、考えようによっては、いい加減な仕事の押し付けられ方をしたが、仕事がないよりはいい。

ダルマの実家は、岩手県久慈市
リアス式海岸で有名なところらしい。
風光明媚。
人間も素朴で、口べたな人が多い、とダルマは言っていた。

確かに、ダルマは素朴で、口べたである。
「あのー」と言ってから、次の言葉を聞くまで、8秒待たされる。
自分の言葉に自信がないのか、同じ内容を必ず2度繰り返す。

「一回言えばわかるから」と私が言うと、「ああ、そうですよねえ」と頷くが、また同じことを繰り返すのである。
だから悪いが、私は2回目は聞いていない。

「そうだ!」と、突然大きな声を出すダルマ。
「俺、26キロ落としたんですよ!」
明るい声である。誇らしげ、と言ってもいい。

26キロ、落とした?
鉄の塊でも落としたのか?
それとも、今流行の札束を?
札束26キロはいくらになるんだ! 君はそんなに金持ちだったのか!
え? ダイエット?

なんだその中途半端な数字は。
ダイエットの努力は認めるが、26キロというのは、あまりにも半端ではないか。
どうせなら、30キロしてみろ。

「何を言ってるんですか、師匠。師匠が言ったんですよ。26キロ減量したら、サーティワンのアイスクリームを好きなだけ食わしてやるって。だから俺、頑張ったのに」

そうだっけか?
26キロの減量? 覚えがない。
何か意味があったのだろうか。
ダルマを勇気づけるために言ったのだろうが、全然覚えていない。
それはいつの話だ?

「今年の2月4日午後8時25分です!」
半年前のことなど覚えているわけがない。
一昨日の夕メシのことさえ忘れているというのに。
本当に、そんな約束した?

「そうですよ。実家から帰ってきたら、お願いしますよ。約束ですから」
ダルマの息が荒くなってきた。
いい年をして、アイスクリームを腹一杯食いたいなんて、君もお子様だねえ。

しかし、いまアイスクリームを腹一杯食ったら、せっかくの減量が台無しになるぞ。
リバウンドしたら、どうする?
29.5キロ減量するまで、我慢したらどうだ。
それなら、アイスクリームをたらふく食っても、安心だろう。

「29.5キロですか・・・?」
ダルマは、考えた。
沈黙の時間が、32秒。

重いため息の後、ダルマは、か細い声で言った。
「わかりましたよ。あと3.5キロ、頑張ります。1ヶ月で減量して見せますから、師匠も絶対に約束忘れないでくださいよ」

ああ、そうすれば、君は65キロだろ。
理想の体重じゃないか。

「えっ! なんでわかるんですか、俺の体重のこと? ど、どうして!」
ダルマが絶句する。

もちろん、テキトーだよ。タカダ君。
私の言っていることは、すべてテキトーなのだ。
とにかく、減量を頑張ってくれ。

今回3.5キロのダイエットに成功したら、次は1.75キロ。その次は、0.875キロ
いつサーティワンのアイスクリームが食えるかは、私の気分次第だ。

悪いね。
底意地の悪い師匠で。


2007/08/13 AM 08:23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.