Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








大食いショー
私が外食をする場合は、たいていは駅の立ち食いそばか、ノリ弁やおにぎりを買って公園や駅のホームで食う場合が多い。
たまに自分で弁当を作って、公園で食うこともある。

ごく稀にだが、得意先と打ち合わせをしながら、近所のすかいらーくでランチを取るときもある。
その時は、私は一番安い日替わりランチを頼むのだが、得意先の担当者の中で、平気で高いものを頼む人がいるのである。

クライアントに金を払わせるわけにはいかないので、私が払うが、そんなときは、いつもハラハラするのだ。
私の財布は大変痩せているので、相手がデザートなどを頼もうものなら、自分でも顔が強張るのがわかる。

打ち合わせの最中に、デザートなんか食うんじゃねえよ!
もう一品頼んだりしたら、払えねえぞ! もっと、気をつかえよ! デザート食うんなら、もっとでかい仕事を出してからにしてくれ!


相手に文句を言うわけにはいかないから、心の中で身悶えしながら叫ぶ。
こんなときは、ランチがちっとも美味しく感じられない。

ただ、昨日の打ち合わせは、違っていた。
同業者Nさんが仕事を出してくれるというので、すかいらーくで打ち合わせをしたのだが、仕事を出す側のNさんの方が、奢ってくれたのである。
それだけで、Nさんがとてもいい人に見える。

しかも、「美味しいものを食べましょう。遠慮しなくていいですから」とまで言ってくれたのである。
同業者Nさんとは、付き合いは短い。
去年の1月に一度だけ、パンフレットに載せる立体的な地図を請け負っただけだ。
そして、今回も地図の仕事である。

今回はさらに複雑な立体的地図がご要望らしい。
ただ、納期は一ヶ月先なので、多少複雑でも、何とかなるだろう。

Nさんが、まず頼んだのは、「和牛手ごねハンバーグステーキ」である。
それに、「オムライスシチューソース」を追加した。合わせると、2000キロカロリー近くあるらしい。
それを嬉しそうに、10分もかからずに平らげた。
隣のテーブルでランチを食っているサラリーマンが、Nさんの食いっぷりを目を丸くして見ている。

その後、水を3杯立て続けに飲んだ後、「スパイシーカレーアジアンテイスト」と「すかいらーくサラダ」を頼んだ。この二つで1300キロカロリーはある。
注文を受けるウエイトレスの目が、激しくまばたきをしている。
しかし、Nさんは平然としている。幸福な目で、メニューを見つめているのである。

私は、Nさんの豪快で幸せそうな食いっぷりを見ながら、地味に「海老とツナのトマトスパゲティランチ」を食べていた。これは、約700キロカロリーである。

Nさんは、身長はおそらく160センチくらい。やせ形である。華奢と言ってもいいくらいだ。
この体のどこに、これだけの食い物が入っていくのか。

追加オーダーも10分とかからず、Nさんの胃袋に格納された。
もうさすがに満足だろう。
見ている方が疲れる。

しかし、まだまだ「大食いショー」は、終わらないのである。
Nさんは、それから「クラシック・ショコラ」と「アイスの盛り合わせ」を頼んだ。
この二つで約350キロカロリー。
それをまた美味しそうに、嬉しそうに食っている。

総カロリー、約3600キロカロリー。さすがに、もう満足だろう。
いや、顔を見ると、まだ食い足らなさそうなのである。
なんと! また、メニューに手が伸びた!

Nさんの口から「野菜たっぷりあんかけ海老ラーメン」という言葉が出たとき、隣のテーブルの男が、「ほえー!」と叫んだ。
ウエイトレスも「ウッ!」と言って、他のウェイトレスと顔を見合わせた。
私は、ただ笑うしかない。
しかし、Nさんは涼しい顔をしている。

Nさんは、5分弱で「野菜たっぷりあんかけ海老ラーメン」を食い終わった。
そして、水を立て続けに2杯飲んだ。
まだ、「ごちそうさま」を言う気配はない。

Nさんは、私に爽やかな笑顔を向けながら、またメニューを手にしようとしている。

この姿を見たら、きっと誰もがこう言うはずである。
「大丈夫ですか?」

「大丈夫ですよ。ワタシ、回転寿司で八十皿以上食べたことありますから」

信じられますか。
Nさんは、女性なんですよ。


2007/07/12 AM 07:13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.