Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








バカな親
友人の子どもが、いじめに遭っているらしい。
クラスの子の一部から無視されているようである。

ただ、親にその自覚があまりない。

「本人は、それほど深刻でもないみたいだよ」

バカな親である。だから、叱った。
当たり前のことだが、子どもにも色々なタイプがいる。
感情をそのまま出す子や、我慢する子、気持ちを押し込めて隠す子など、様々である。

平静に見えたとしても、いじめられて平気な子などいない。
深刻そうに見えるか見えないかは関係なく、いじめられているという事実が重要なのである。
親の主観など、どうでもいい。

友人は、その事実を知っても、担任に相談することもなく、夫婦で話し合ったりもしなかったという。
バカな親である。
親がやるべきことを、まったくしていない。

「君は、親なのか、それとも教師と同じく傍観者なのか」
私がそう言っても、反応は鈍い。
詳しく聞いてみると、中学2年の彼の息子は、あまり勉強は出来ないらしい。
運動も苦手である。人付き合いもそれほど上手ではない、という。

友人は自分の息子に対して、こんな思いを持っている。
「出来が悪いから、どうしても学校行事なんかも参加しづらくてね。他の出来のいい子を見てると、嫌になっちゃってさ」

何度も言うが、バカな親である。
これではまるで、出来が悪いから、愛情が持てないと言っているのと同じではないか。
彼には2歳下の妹がいて、こちらは出来がいいらしい。
娘の学校行事には、夫婦して積極的に参加しているというのである。

ため息が出る。
情けない、と言ってもいい。

「本人は、それほど深刻でもないみたいだよ」と言うが、親のお前が真剣に受け止めていないだけの話ではないのか。
つまり、親の怠慢である。

そこで、「お前、もし自分が会社の同僚から無視されたら、どんな気がする? 泣き喚くのか? 喧嘩するか? 会社辞めるか?」と聞いてみた。

「いや、とりあえず、我慢するかな」
「だったら、お前の息子も我慢してるんじゃないのか。自分の息子に我慢させておいて、親のお前は知らんぷりか。『深刻に見えない』のは、お前に想像力がないだけじゃないのか。自分に置き換えて考えてみろよ。お前が嫌なことは、息子も嫌に決まっているだろ!」

しかし、このバカな親は、反応が鈍いままだ。
「ああ・・・」と言い、「でもなあ・・」と言い、「何かなあ・・・」と言うだけである。

腹が立ったので、奥さんを出せ! と怒鳴った。
しかし、彼の奥さんは、近所の奥さんと飲み会に行っているのだという。

彼の息子が可哀想である。
親にも無視されている。

「じゃあ、お前の息子を出してくれ」
お節介だとは思ったが、そう言った。
そうすると、彼は怒ったのである。
「お前にそこまで言われる筋合いはない!」

確かにそうである。
親としてのプライドは、かろうじて持っているようだ。

そこで、私はこう言った。
「学校に金八先生はいない。ヤンクミもいない。グレートティーチャーオニヅカもいない。いるのは、傍観者の教師だけだ。親はこんな傍観者には何も期待してはいけない。そして、親は教師のように傍観者になってはいけない。そばで見てるだけではダメなんだ。子どもを感じなければいけないんだ。子ども全体を感じるからこそ、親なんだ」

こんな言い方で、彼に伝わったのかどうか。
彼は、「でもなあ・・・」とモゾモゾ言うだけだったので、私は一方的に電話を切った。

「親バカ」はまだいいが、「バカな親」は救いようがない。
そして、バカな親を持った子どもは、いっそう哀れである。



2007/02/22 AM 10:16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [子育て]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.