Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








娘と過ごした八月
学校の夏休みが終わって、一週間以上がたった。
正直、気が抜けている。

高校一年の息子は、夏休み中、部活や合宿があったので、忙しい毎日を送っていた。
それに対して、小学五年の娘は、夏休みの最初こそ、友だちと遊んだりしていたが、八月になると夏風邪を引いて、それが予想外に長引いた。

咳が三週間以上続いた。
泣き言を言わない子なので、こちらが症状の重さに気付くのが遅れて、医者に連れて行ったときは、気管支炎になる寸前だった。
申し訳ないことをした。

その結果、娘は八月いっぱいをほとんど、家で過ごすことになった。
パソコンをいじる時間が増えた。

我が家にはウィンドウズ2台とマック3台のPCがある。
ウィンドウズは、ヨメと娘が一台ずつ使い、マックは私が使っている。
娘はいつもなら、自分のPCを動かすのだが、この夏は私の仕事部屋のマックを使って、インターネットやお絵かきソフトを動かしていた。
ウィンドウズよりマックの画像の方がキレイだという理由で。

三台のうち一台は、「Tiger」を使って、「iTunes」で音楽を流しっぱなしにしている。
これはG3/300MHzに800MHzのアクセラレーターを付けて、使っているものである。
ほとんどMP3プレーヤー化していて、たまにAGFAのスキャナを使うときに活躍する程度である。

この夏、娘はこのPCをいたく気に入っていた。
このPCには、「iTunes」の他に、AdobeのPhotoshop,Illustrator,GoLiveのCS版とShade8が入っている。
娘は、この中のPhotoshopとIllustratorを連日動かしていた。

つまり、八月いっぱいは、ほとんど私の隣にいたことになる。
仕事の邪魔をする子ではないので、仕事に支障をきたすことはない。
「iTunes」で、お気に入りのYUI倖田來未ジャンヌダルクを聞きながら、「ベジェ曲線」と格闘していたのである。

マウスではやりにくいだろうと思って、ペンタブレットを買って取り付けたが、使ってみた結果、マウスの方がしっくり来るということで、ペンタブレットはお蔵入りになった。

PCでお絵描きするに当たって、基本的なことは私が教えたが、娘はマニュアルも読まずに、独自の方法で「オリキャラ(オリジナルキャラクター)」を書くことに熱中した。
そして、私の仕事が一段落したのを見計らって、「おまえ、よくこんな面倒臭いソフト使ってるな」といいながら、疑問点を聞いてくる。

教えたあと、娘はうまくいかなかった箇所を、何度も繰り返して練習していた。
私よりはるかに根気が続くようだ。
見直した。
冒頭の画像は、フォトショップで作った始めての作品である。
たいしたものだ(親バカ)。

昼は、一緒に料理タイム。
我が家のメシは私が一手に引き受けている。
夕食は工程が複雑になるので、娘は邪魔になると悪いと思ったらしく、「昼メシ作るの手伝ってやるぞ、教えろ」と言って、昼飯の時だけキッチンに立つようになった。

シーフードスパゲッティ、ドリア、ラザニア、グラタン、リゾットなど、イタリアンを中心に教えていった。
時に強力粉を使ってパンを焼いたり、ホットケーキミックスを使ってドーナツなどを作る。

娘は、私に似て不器用である。
ただ、根気を持続させるという能力は人一倍持っている。
だから、集中力が高い。
メモを取りながら、料理を覚えていった。
小学校のクラブでは、「料理クラブ」に入っているから、これらの料理はきっと彼女にとってかなり役に立ったと思う。

「こんな簡単に美味い料理が作れちゃっていいのかよ」
と言いながらも、娘は嬉しそうだ。

そんな八月だった。
しかし、学校が始まると、当然ながら娘は学校へ行く。
私のそばで懸命にフォトショップを動かしている姿を探しても、今はない。

最初のうちは、その状況に慣れることができなかった。
気が付くと、いつの間にか娘の姿を探しているのだ。
そして、いないことに気付いて、ため息が出る。

「おまえは、娘が結婚したら、絶対泣くだろうな」
とみんなから言われる。

あー、絶対泣くさ。
もしかして、この世の終わりが来たと思うかもしれない。

だが、今は実感がない。
娘に彼氏ができて、彼氏を紹介されて、そして結婚。
このお決まりのパターンを想像することができない。

娘は、野蛮な馬鹿が嫌いだ。
そして、小学生の男の子のほとんどは「野蛮な馬鹿」だから、今は安心である。

「あいつら、同じ人間とは思えないぜ」
と嘆く娘に、当分は彼氏ができる気配はない。
しかし、いつかはきっと……。

いや、そう思うことがすでにおぞましい

だから、今はただ、早く冬休みが来てくれないか、と思う今日この頃である。



2006/09/08 AM 11:39:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [子育て]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.