Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








お盆の仕事はオイシかった
8月9日朝、メールを開いてみると、同じ内容の仕事の依頼が4件入っていた。
差出人は同じ。内容もまったく同じ。
時刻を見てみると、8時7分から9分までの間に、同じ内容のものを立て続けに送ってきている。

内容は、とにかく急ぎでHPを作ってほしい、というもの。
8月19日の美容室の開店までに間に合わせたい。とにかく急いでいるので、今すぐにでもお会いしたい。
こちらから伺うので、都合のいい時間をとにかく教えて欲しい。

大変せっかちなメールである。
急いでいるのはわかるが、同じ内容のメールを4件も送ることはない。
いつもなら断っているところだが、今年のお盆は仕事が激減。細かい仕事が2件しかない。
いつもなら、大汗かいて仕事をするところだが、2件では、暇つぶし程度だ。
だから、メールの主に会ってみた。

来てくれるというので、近所のスカイラークを指定した。
約束の時間に行くと、サワダ氏は先に来ていた。
そして、恐ろしく細身の女性が隣にいた。半袖のボレロから出た両腕が異様に細い。そして白い。
夫人だと紹介された。運転手も兼ねていると言う。この細い腕でハンドルが回せるのか。

美容室のオーナーだというから、なよなよした男を想像していた。
メールから判断しても、優柔不断な優男(やさおとこ)を思い浮かべていたのだが、予想は見事に外れた。

身長は私とほぼ同じで、180センチくらい。
胸板が厚く、色は浅黒い。髪は長めだが、品の良いローアンバー(焦げ茶)で、ゴールドに煌めくピアスと合っている。
年は30歳前後か。顔も一昔前のアイドルという感じで、悪くない。
客商売には向いているかもしれない。
物腰は柔らかく、声は低音で、相手に安心感を与えるトーンをしている。

ただ、やはりせっかちだ。
依頼主サワダ氏は、30秒ほどの自己紹介のあと、いきなりテーブルの上に資料を広げて説明をし始めた。
まだ、ドリンクの注文もしていない。
係員を呼ぼうと、呼び鈴に手を伸ばしかけたら、「ああ、もう注文しておきましたから」と言われた。(何を注文したんだ!)

これをこうして、ここにこれを入れて〜、と一気に話し始め、「これを16日までにアップしてください」で締めくくった。
その間、約10分。相づちを打つ暇もない。
呆気にとられていると、ウェイトレスのおばちゃんが、飲み物を運んできた。

生ビール、しかもジョッキだ!(喜)

しかし、もし私が酒の飲めない人間だったら、どうするつもりだったのか。
あるいは、車で来ていたとしたら…、という想像力はないのか。
普通は、相手の好みを聞いてから注文するのが、常識というもの。
しかも、枝豆まで注文してるし…。
まったく、居酒屋感覚。
さすがに、枝豆までは食う気にはならなかった。
枝豆は、全部サワダ氏と夫人が食った。

あまりにも、サワダ氏のペースに乗せられすぎた気がしたので、こちらとしては面白くない。
そこで、ストレートに聞いてみた。
なぜ、こんなにギリギリになるまで、HPを先延ばしにしていたのか、と。

サワダ氏曰く、
「ああ、資金繰りですよ」
左手の親指と人差し指で丸を作って、右手では頭をかいている。
「綱渡りでしたね。ギリギリまで開店できるかどうかの瀬戸際で、それどころじゃなかった」
夫人と顔を見合わせながら、また、頭をかいた。

「だから、実は……」
サワダ氏は言いにくそうだったが、顔は笑っている。
「HPに関しても、予算があまりないんです。急がせてこんなことを言うのも何なんですが、これからも引き続きお付き合いをしていただくということで、是非この金額でお願いします」
サワダ氏は、テーブルに触れるほど深く頭を下げて、広げた資料の隅っこに金額を書いた。

私としては、予想通りの額で、特別安いものではない。
相場としては、この3割から5割増だろうが、ディスカウントストアの当方としては、不満はない。
商談成立である。

そして、お盆はほとんどが、このHPにかかり切りだった。
サワダ氏のいいところは、ほとんどクレームをつけないところ。
ページができるたびにその都度メールで確認を取るのだが、「満足してます」という反応だけ。

予定より早く15日にアップしたが、それを伝えても「大満足です」のひとこと。
少々拍子抜けしながら、仕事を終えた。

嬉しいことに、昨日、作業代が振り込まれていた。
クレームが少なくて、支払いが早い客は、フリーランスにとって、最上の客である。

ということで、今年のお盆は、なかなか良かった。



2006/08/19 PM 12:35:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.