Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








庄司は何と読む?
新規の会社からメールがあり、仕事の件でお話ししたいので、都合の良いときに来ていただけないか、と書いてあった。

暇なので、すぐ返事を書き、日曜日だったが、昨日行ってきた。
大宮の高島屋の近くにある、比較的新しいビルの10階にその会社はあった。

まず、10階というのが気に入った。
昇り甲斐がある。

エスカレーター、エレベーターをほとんど利用しない人間にとって、10階というのは、それだけで大変魅力的な会社に見える。
ご馳走を与えられた犬の心境である。(犬の心境はわからないが)

そのビルの階段は、エレベーターの右隣のドアを開けるとあった。
重い灰色のスチールドアを、向こうに押すと、階段がすぐ目に入る。
階段を利用する人が少ないのだろう、新築並みの真新しい白い階段だ。

それを嬉々として上がっていく。
外は、じめっとしているが、階段のある空間は乾燥しており、心地よい。
階段を一段飛ばしで、駆け上がる。
7階辺りから、膝が少々重くなるが、苦しくはない。

10階まで、2分弱。
少々息が切れたが、歩いているうちに収まった。

社名を確かめてドアを開けると、受付らしきものがあったが、誰も座っていない。
見渡すと、一つの会社で1フロアを全部占領しており、デスクが50以上あった。
しかし、日曜日ということもあって、机に貼り付いているのは4人で、部外者が入ってきても、全く気にも留めず、顔も上げない。

「すみません」
と大声を出して、顔を上げたのが一人だけ。
あとは知らんぷり。
なんか寒い……。

勢いよく駆け上がって来て昂揚した気持ちが、いっぺんに萎(しぼ)んだ。
顔を上げた男は、顔を上げただけで、立ち上がりもしない。

「すみません。スカイデザインのMと申しますが、ショウジさんをお願いします。10時の約束をしているのですが」
と言って、頭を下げても、立ち上がらない。
中腰でまわりをキョロキョロと見回すだけ。
そして、口元に中途半端な笑みを浮かべている。
感じが悪い。

他の社員は、いまだに一人も顔を上げない。
いったい、どういう会社!

まるで、異国で、言葉の通じないひとを相手にしているようだ。
確か、ここは日本だったはず。(パラレルワールドに迷い込んだか)
オレ、日本語で喋ったと思うのだが。

だんだん自信が無くなってきた。
社内を見回すと、「今月の目標」という貼り紙がしてあるのが見えた。
良かった! 日本であることは間違いないようだ。
と、喜んでいても、何の解決にもならない。

ショウジさんに繋いでもらわないと、話が前に進まない。
そこで、もう一度言ってみた。
「ショウジさんと10時の約束をしているのですが」
そう言いながら、壁の時計を見ると、9時53分だった。
男は、まだ中途半端に笑いながら、中腰になってキョロキョロしている。

時間は間違えていない、会社も間違えていない(それは入口でしっかりと確かめてある)。
そもそも、1フロアに一つの会社だから、間違いようがない。

ん? もしかして、担当者の名を間違えたのか。
「庄司」というのは、普通「ショウジ」と読むはずだが、もしかして、違う読み方があるのだろうか。しかし、他にどんな読み方が?
また、自信が無くなってきた。

心が不安で押しつぶされそうになったとき、後ろでドアが開いた。
ひとが入ってきた気配がしたので振り向くと、坊主刈りの小柄な男が「Mさんですか」と聞いてきた。

「はい」と思わず大声で答えてしまった。

そして、相手が名乗った。

ショウです。お待たせしました」

は? ショウ? ん? ショウ?
まさか!


「ショウジ」じゃなくて、「ショウ ツカサ」!?
そう言えば、メールの最後の名前が、「庄 司」となっていた気がする。

名刺交換をして、もう一度確認。
「庄  司」となっている。
これじゃ、まるで笑い話じゃないか。

聞いてみると、父親が中国人だという。
「庄」は、中国語では「ゾァン」と読むらしい。

よく「ショウジ」と間違えられるので、メールでは、「ショウ ツカサ」と括弧書きを添えるのだが、今回は忘れてしまったという。

私が「ショウジ」と言ったとき、無視したのではなく、みんな笑いをこらえていたというから、ほとんど道化師だ!

宇都宮線の車内で、今日の出来事を思い出して、つい口からでた言葉。
「わー、恥ずかしい」

「やばい!」と気付いて見回すと、まわりの乗客が引いていくのがわかる。

わー、恥ずかしい……(;^_^A。



2006/07/31 AM 08:58:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.