Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








歌舞伎役者アベ
フクダ氏が総裁選に出馬しない意向を示したことで、アベ氏が自民党総裁になることは既定の事実となった。

しかし、メディアというのは、時に理解しがたいことをする。
誰も出馬宣言をしていない段階で、「次の総理には誰が相応しいか」という人気投票をするのである。

まだ、どの馬も出ていないのに、当たり馬券の予想をする「予想屋」などいるわけがない。

この「人気投票」では、アベ氏が最初から1位を走っていた。
重ねて言うが、誰も出るとは言っていないのだ。
出ないかもしれないのに、無理矢理「人気投票」をするというのは、何らかの異図があると思わざるを得ないではないか。

なぜ、立候補者が確定してからの世論調査ではいけないのか?

メディアはこぞって、アベ氏を「総裁候補」として、認知させようとしているかのようだ。
つまり、早々と「勝ち馬に乗る」方式を取ったのだと言える。
ここで、アベ氏に恩を売っておいて、「ぶら下がり記者会見」の権利を得たいのだろうか。

「靖国問題」で、理性的な発言をしているフクダ氏より、中・韓・鮮に敵対的発言をしているアベ氏の方が、新聞の見出しになりやすいから、彼をクローズアップしたいのか。
あるいは、アベ氏の方が、コイズミソーリのように、センセーショナルな見出しを付けやすいという、「タブロイド誌」的な発想に毒されているからか。

メディアは、「対話」より「敵対」が、好き。
その方が新聞が売れる! 視聴率が取れる!

外交とは「対話」の技術によって、自国を有利なポジションに置くことである。
厳密な意味で、コイズミソーリに外交の技術はない。
初めから、けんか腰である。
俺はすべての「抵抗勢力」と戦うヒーローだ。敵は多ければ多いほどいい。その方が、同情と関心が集まるから!

アベ氏とソーリは一見したところ、似ていない。
アベ氏には、ソーリほどの軽薄さはないし、虚勢も張らない。
ただ、穏やかな笑みに隠しながらも、しっかりと敵の存在を政治に利用している。(ソーリの軽薄さの陰に隠れているので、得をしているが)

アベ氏は、ソフトな語り口、甘いマスクの持ち主。
政治家の家系で育っているから、血統の良さは折り紙付き。

極めつけの、政治家ブランド一家である。

アベ氏の父「安部晋太郎」は、憲政史上、トップクラスの「超タカ派」だった。
他国との融和は、二の次の人だった。
親がそうだからといって、子もそうとは限らないが、今までの言動を見ていると、父の影響を色濃く受けているように思われる。

だが、アベ氏の華やかな血統甘いマスクにしか興味がない、「おばちゃん」(ミーハー)ファンには、それがどんなことかは、全く理解できないだろう。

政治音痴の有権者から見れば、アベ氏は「歌舞伎役者」的な存在に映る。
代々受け継がれた、伝統美。
衣の下に、「必殺の武器」を隠していても、見えなければ、「素敵」としか感じない。

失笑もののパフォーマンスを繰り返す「丸投げの殿」から、おばちゃん殺しの「歌舞伎役者」にバトンが移る。(他の人が総理になる可能性も数パーセントは残されているが)

そして、アジアの中で、日本は孤立する。
北朝鮮を笑っている場合ではない。

北朝鮮と日本の違いは、極端に言えば、アメリカが付いているかいないかの違いだけなのに、メディアはそれに気付かずに、虚しい「人気投票」を繰り返している。
孤立する「極東の島国」の認識がない。
「政策」ではなく「名前」だけで、候補を選ばせている。

メディアは、明らかに退化している。


2006/07/25 AM 09:05:48 | Comment(0) | [メディア論]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.