Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








巨人・コイズミ・読売新聞
知人や得意先の人たちは、圧倒的に巨人ファンが多い。
野球ファンでなく、スポーツファンでもなく、「巨人ファン」である。

なぜ「巨人ファン」と限定して言うかというと、彼らのほとんどが、他のチームに興味がないから。
巨人の勝敗や選手には興味があるが、他のチームの知識を得ようとしない。
そして、野球のルールをそれほど知らないし、知ろうとしない。

また、彼らには、他にも共通点がある。
サッカーのワールドカップには興味があるが、日本が負けると、途端にトーンが落ちる。
オリンピックなども、日本選手にしか興味がない。
そして、競技のルールを知らないし、知ろうとしない。
彼らの思考方法は、スポーツ新聞の論調を踏襲(とうしゅう)している。

彼らにとってスポーツは、勝ち負けだけが重要だ。

だから、巨人が弱くなると、彼らはテレビを見ない。

巨人は強くなきゃ、嫌だ!

これを本当の意味の「ファン」と言っていいのか。
本当のファンは、そのチームがどんなに弱くても、応援はやめない。
負けても、何度負け続けても、東京ドームに足を運ぶ人こそ、本当の「(尊敬すべき)巨人ファン」である。

負けるところをみるのが嫌だから試合を見ないファンというのは、ただのにぎやかしではないか。
かつて、負け続けだった頃の「タイガースファン」、「ロッテマリーンズファン」と比べてみて欲しい。
どちらが、純粋なファンと言えるだろうか。

この2チームは、今や優勝争いの常連チームになっている。
これこそ純粋なファンがもたらしたパワーの結果、というのは都合のいい解釈だろうか。

さらに、「巨人ファン」のもう一つの共通点は、コイズミ内閣を支持する比率が多いこと。(少々こじつけ)

つまり、寄らば大樹の陰付和雷同型人間。

彼らは「改革」という言葉に弱い。
「改革」という実態ではなく、ただ単に「改革」というブランド的な響きに弱いのだ。中身はどうでもいい。
「巨人」というブランドに、疑うことなく反応するのと同じだ。
それを威勢のいい調子で言われたら、一も二もなく「感動する!」

節目節目のわざとらしい(寒々しい)パフォーマンスも、惚れた目から見ると、最優秀主演男優賞並みの名演技に見えるらしい。

彼の信奉者はこういう。
「今までの派閥を無視しているところがスゴイね」

確かに他派閥は影が薄くなったが、自派の森派は、膨張している。
それを言うなら、「他派閥無視」と言って欲しい。


「それは結果論だよ。偶然そうなっただけだ」

派閥を無視するということは、逆に言えば派閥を認めているということ。無視ではなく、派閥を解消することが本当の「改革」ではないのか。

「いいじゃない。政党自体が派閥みたいなものなんだから。そこまで目くじら立てることはない」

では、「自民党をぶっ壊す!」と言った人間が、派閥である自民党をぶっ壊さずに膨張させているのは何故?
それも結果論?
「改革」というのは「オレの言うことだけを聞く議員を増やすこと」なのか。
普通、それは「独裁者」と言うんじゃないのか?!


「国が良くなるのなら、『独裁者』でもいいんじゃない」

それは、「巨人だけが強ければいいんだよ」という読売新聞社の考え方と一緒だな。

そうすると、読売新聞が「コイズミ内閣」に肩入れしているのも、独裁的な体質が似ているからか、
と勝手に合点がいった。

見事な? 三段論法


2006/07/21 AM 08:50:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [メディア論]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.