Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








エビちゃん、もえちゃん、優ちゃん
今週は、昼間は営業が多いので、夜中ばかり仕事をして、かなり寝不足。
先週は後半が暇だったから、体が「ゆるい時間」を覚えてしまったせいか、ちょっとばかりしんどい。

月曜日は、朝8時に家を出て、高崎まで行った。
新規の客なので、説明やら打ち合わせが長くなり、午後の打ち合わせの予定を2時間ずらしてもらった。

午後3時半に大宮の印刷会社に行き、3週間越しの仕事をその場で仕上げて、めでたく校了。
しかし、終わったのは夜の9時半。
遅れたこちらも悪いが、「夕食はどうしましょうか」くらい、聞くのが礼儀というもの。

自分たちだけ、宅配を頼んで、横で食っていた。
急いでいるのはわかるが、働かせっぱなしというのは、どんなもんでしょうか。

家に帰ったのは、10時半ごろ。
焼きおにぎりを食べながら、すぐ仕事にかかると、「ずるいよ」と子どもたちに言われたので、1個ずつ「焼きおにぎり」を分け与えた。

夜中の3時過ぎまで仕事をして、自棄(やけ)焼酎を飲んで寝る。

火曜日の朝は、母親が、退院して初めて「国立病院機構東京病院」に診察に行くので、東京の清瀬までついていった。
母の病気は「気管支拡張症」。
これは治る病気ではないが、だからといって、深刻な病気でもないらしい。
普段通りの生活をしていて、薬を忘れずに飲んでいれば、悪化することはないという。
しかし、この病名がわかるまで、有名な病院を4つハシゴ(そのうちの3つは入院)して、5つめで、やっとわかったのだから、大病院というのが、いかに怪しいところか身に染みてわかった。

「広尾日赤病院」「聖マリアンナ医科大学病院」「日医大武蔵小杉病院」「川崎市立井田病院」(井田病院は抗議のメールを送ったが、無視された)
反省してもらいたい。しかし、こんな病院を信じた私も悪いのか……

午後は、飯田橋の得意先で、プレゼンテーション。
FLASHでプレゼンをしたが、他の2社はオーソドックスなものだったので、スベッた感がしないでもない。
まあ、ダメモトかな。(期待度4パーセント。消費税以下)

そのあとは、午後7時から近所の印刷会社で1時間ほど作業して帰宅。
餃子、春巻き、小籠包の中華3本建ての夕食を作って、しばしの休息。

午後11時から仕事を開始。
2時間で終わると思っていた仕事が、倍の4時間もかかってしまい、前夜と同じく、午前3時、自棄(やけ)焼酎を飲んで寝る。

水曜日は、朝から「スイミングスクール」の写真を撮った。
ここの担当者は大変丁寧な人で、気持ちよく仕事ができた。
仕事をしている最中に、突然泳ぎたくなったので「海パン、売ってますか?」と聞いたら、レンタルがあると言われた。
「レンタルといっても、毎回クリーニングに出して消毒もしてあるから綺麗です」と言われ、借りることに。

ほぼ1年ぶりの泳ぎは快適。調子に乗って、300メートル泳いだ。
しかし、これが寝不足も重なって、後々ボディブローのように徐々に効いてくる。

午後久々の「Mac出張講習」をしているうちに、疲れて眠くなってしまった。
300メートル泳いだだけで、こんなに疲れるなんて、以前なら有り得ないことだが、これが現実だ。

90分の講習は、何とか無事やり遂げたが、あくびをかみ殺す私を、「生徒」はどう思っただろうか。

次の打ち合わせに行く途中、あまりにも眠いので、マクドナルドで爆睡。
気が付いたら、6時を過ぎていた。
マクドナルドに入ったのは、4時半だった。

幸い、次のクライアントとの打ち合わせは6時半だったので、何とか間に合った。
私の腫れぼったい目を見て、「寝不足ですか、忙しそうですね」と言われ、「いやあ、貧乏暇なしですよ」と、一番芸のないフレーズを言って誤魔化した。
なぜ、もっと気の利いたことが言えなかったのか。

自己嫌悪。

8時に家に帰り、「肉団子のトマトソース」と「ミックス野菜のカレースープ」を作って、食べ終えたのが、10時前。

この「肉団子のトマトソース」は、初めて作ったのだが、子どもたちに好評で、私の分も半分食われてしまった。
仕方ないので、「ミックス野菜のカレースープ」にハッシュポテトをぶち込んで食べたら、これがまたうまい!

でも、大袈裟に「うまい!」と言うと、また子どもたちに取られる恐れがあったので、「う〜ん」と首を傾げながら食べた。

10時半から仕事を始めて、真夜中の4時前に終了。
メールチェックを丸一日していなかったことを思い出し、アドレス3つ分をチェック。

その中で、リアルイラストの達人シマくんから、「新しい作品が出来上がったので、批評して欲しい」というメールが来ていた。
添付されていた「イラストレータデータ」を開けてみると、見事な車のイラスト。

完璧すぎて、ケチの付けようがない。
車のボディに映りこんだ街の風景まで、リアルに表現している。
これをどう批評すればいいというのか!
「見事」と言うしかない出来栄えだ。

しかし、私にそんな言葉は期待していないだろうから、こう返信した。

こんな素敵な車に乗る、君の彼女は、幸せな人だ。
ええと、確か君の彼女の名前は、エビちゃん? もえちゃん? それとも優ちゃんだったっけ?


返信したあとで、自分の文章を読み返し、あまりのひどさに鳥肌が立ったが、今さら遅い。

シマくん、このメール、削除しといてください。


話は変わって。

いささか旧聞に属する話題だが、村上ファンド代表の村上氏が逮捕された。

そのことに対して、野党が小泉改革を「市場万能主義」として、批判した。

しかし、株式市場がある限り、「市場万能主義」は当然の帰結だろう。
証券取引が公正になされることは、資本主義では、基本中の基本。
ただ、「とにかく儲けたい」という人間が出てきて、ルールを都合よく解釈して、いいとこどりしたくなるのも、金の魔力という点では、分かる気がする。

金の魔力を知っている議員センセイの言うことだから、「批判した」と言っても、本気で言っているわけではないだろう。

それを、ソーリは「何でも小泉批判に結びつけたがる」と、まともに反論している。

行政機関のトップなのだから、批判されるのは当たり前。
だいいち、自分だって、どんな些細な成功でも「小泉改革は大成功」などと言って、何でも「小泉改革のおかげ」的な態度を取っているのだから、どっちもどっちだ。

それに、毎日首相官邸で「ぶらさがり記者会見」を開いて、小泉内閣宣伝隊の番記者に向かって自己主張をしているのだから、バランス的には批判されすぎるくらいが丁度いい。

大政治家(ヨイショ)なんだから、「キレてないっスよ」(もう流行ってない?)と言うくらいの余裕がほしいものだ。



2006/06/08 PM 12:15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.