Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








社会の末端から見る「格差社会」
ニュースなどを見ると、日本の経済はかなり回復してきたように感じられます。
デフレからの脱却はまだのようですが、家庭の支出は多少上向きになって、景気のよい話が聞かれるようになりました。

しかし、そんな「オイシイ話題」も末端デザイナーを巻き込むことはありません。
見事に素通りです。

私のまわりの零細企業もいまだに青息吐息。
ボヤキ節しか聞こえません。
景気がいいのは一部の一流企業だけで、その他はこの10年来まったく景気政策の恩恵を受けていないというのが現実です。

格差は広がるばかり。

先頃も国会で「格差が広がっているのは、けしからん」と話題になっていました。

それに対してソーリは「私は格差が出ることは悪いことだとは思っていない。ようやく景気回復で光が見えてきた。光が見えてきたら影のことを言い出す人がいる。」と、いつもながらの的を外した答弁。

前半の「格差が出ることは悪いことだとは思っていない」はいいが、後半の「光と影」は余計だ。
本人は「景気回復で光が見えてきたのは、私のおかげ」と言いたかったのでしょう。
しかし、経済に光が射したのは、彼が自慢する「(幻想の)構造改革」によるものではなく、民間企業の血がにじむような努力の結果です。

それに、格差を「影」と言ってしまったら、「格差の拡大は悪くない」という開き直りそのものが、「影」ということになってしまう。

このソーリは、他人にわからせようと思って説明するのではなく、個人的な感想を正当化するために言葉の断片を発しているに過ぎない。つまり、言葉に繋がりがない。

例えば「靖国問題は、外交カードにはならない」という答弁がありました。
一方的にそう断言しても、外交とは一国だけではできないことを忘れています。中国、韓国、北朝鮮がどんなに我が儘を言ったからといって、問答無用と斬り捨てたら、交渉にはならない。言葉の接ぎ穂がない。
「靖国問題は、外交カードにはならない」と強がれば、確かに彼の支持者には受けがいいでしょう。
しかし客観的に見れば、「俺は悪くないモン。向こうが悪いんだモン!」と言わんばかりの、幼稚な態度にしか見えない。

このソーリの支持率と、実際の指導力との格差も広がるばかり。

「社会格差が出ることは悪いことだとは思っていない」と表現してしまうと、ただの感想文になってしまって、このソーリでは論理として組み立てることはできないでしょう。

なぜ「自由主義社会に格差はつきもの」と、感情論を廃して言えないのだろう。
公正な競争原理を取れば「格差」「差別」は避けて通れないことを、なぜ冷静に説明できないのだろう。
自民党と支持者(マニア?)にしか向き合っていないから、こんなエキセントリックな答弁しかできないのか。(エキセントリックな答弁を好むマスコミや支持者にも問題はあるが)

横並びが美徳のこの国では、格差の広がりは大騒ぎだろうが、今はソーリが率先して冷静な言葉で、その熱を冷ますべきではないでしょうか。感情論で応酬している場合ではないはず。

私には「格差の拡大」は、優先して取り上げる争点とは思えない。(他に取り上げるべきものはたくさんあるはず)
私はこのソーリを認めていないが、「格差の拡大」は決してソーリの失点ではない。

私も所得格差を実感している一人ですが、それは私が至らない(能力がない)からで、ソーリの政策のせいではありません。
だから、自分の能力を棚に上げて「格差論」に便乗する気はありません。

話は違いますが、「ライブドア事件」に関してもソーリに失点があるとは思えません。
マスコミがこぞって「時代の寵児」と持ち上げた堀江氏が、年明け早々逮捕されるなど、誰が予測したでしょう。
よほど神懸かり的な予言者でない限り無理でしょう。

堀江氏が立候補するのは、選挙資格のある人であれば当然の行為です。また、政策を同じくするのなら、それを応援するのは当たり前のこと。どの政党もやっていることです。
当然の選挙活動に対して、今さら「不謹慎」だと言うことはできないはず。
これでは、ソーリは予言者でなくては務まらなくなる。

世の中の人は本気で、ソーリやタケベなんとかいう人は「けしからん」と思っているのでしょうか。
あるいは「格差社会」はあってはならない、と本気で思っているのか?
もしかして、変なのは私だけなのか?

私は、法に背かない限り、株でボロ儲けをしている人がいても妬(ねた)む気にはならない。
「金儲けのうまい人が勝ち組」「金がすべての世の中になった」「金儲けばかり考えているやつは品がない」などとも思いません。
ただそういう価値観もある、と思うだけです。

確実に言えるのは、真っ当な努力をした人は、必ず報われて欲しいということだけ。

国会の質疑の合間に居眠りをするようなヤツは、とても真っ当な人間には見えない。
だから、こういう輩(やから)こそ「差別」すべきです。



2006/02/27 AM 10:20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.