Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








Macな子どもたち?
売れないデザイナーにとって、正月やゴールデンウィークは、結構かきいれ時です。
いつもは、処理能力の高いデザイン事務所に出す仕事が、ゴールデンウィーク休暇のため、特に急ぎの仕事などは、当方のような弱小デザイナーに回ってくるからです。

このように、正月、ゴールデンウィーク、お盆にだけ仕事を回してくれる会社が4社あります。すべての会社が必ず、ゴールデンウィークに仕事をくれるわけではないですが、最低でも2社から仕事が来るのが通例です。

今回は、ゴールデンウィーク前半に1社と、昨日1社、そして今日1社の仕事が来ました。
どれも仕事のボリュームはたいしたことはありません。1日で終わってしまう程度の仕事です。
「こんなときにしか、仕事を回さないなんて、虫が良すぎるぜ!」
と正直思ってしまうのですが、もしこの時期仕事が回ってこなくなったら「おれも終わりだな」とも思います。

最近では、子どもたちもその辺りの親の気持ちを察しているらしく、「どこか連れて行ってよ」という言葉より先に、「今回も仕事が来て良かったね」ということを言ってくれます。

子どもって、こちらが想像している以上に、親の仕事を理解しているのだなと、感動させられます。

「NINTENDO DS 買えるくらいの仕事は来たよね」
「NIKEのシューズも買えるよね」

なかなか、計算高い、賢い子どもたちです。
この子たちを私は「Macな子どもたち」と名付けています。


2005/05/03 PM 01:55:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Macなできごと]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.