Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








仕事はコミュニケーション
どんなに売れないデザイナーでも、ゴールデンウィークに仕事は来るものです。

昨日は、小学校4年の娘につき合って、ショッピングのお供をしていたら、携帯が鳴り出しました。
出ると、正月かゴールデンウィークかお盆にしか仕事をくれない会社からの仕事の依頼でした。

今までのパターンで、ゴールデンウィークに仕事が来るのは予測していましたが、いつもは、ゴールデンウィーク後半なので、油断をしていました。
「とにかく急いでいます」とのことなので、外で会うことにしました。緊急なので、娘も一緒です。あとで、ゆっくりと買い物には付き合うからと、娘をなだめて、待ち合わせ先に向かいました。

待ち合わせのカフェに行くと、先方も娘さんを連れていました。
お互い、急な仕事だったので、プライベートを引きずっての仕事でした。

先方の娘さんは、小学3年ですから、私の娘より1学年下です。
私は人見知りをする性格で、娘も少々その性格を受け付いていますが、相手の娘とは気があったらしく、すぐにうち解けて、楽しくお話をしています。

担当者の方は、しきりに恐縮をしながら、時間がないと言うことを強調して、ひたすら低姿勢で仕事の説明をします。
いつもは、世間が休みの時にしか、仕事をくれない勝手な会社だと思っていましたが、お互い同じような年頃の娘を持つ父親という親近感から、こちらからは注文を出すことなく、仕事を受けました。

おかげで、昨日は徹夜でしたが、自分でもなかなか良いものができあがったと、自信満々で、できあがりをメールで送付。
部分的な文字の直しだけで、先ほど一気に「校了」となりました。

思うに、仕事を気持ちよくできるかどうかは、相手とのコミュニケーションにかかっていると思います。今回は、お互いの娘が、ほぼ同年代と言うことで、親近感を感じて、仕事がスムーズに運びました。
普段なら、「こんなときにばっかり頼みやがって」と悪態をつくのですが、そんな気にはならず、気持ちの良い仕事ができました。

こういうコミュニケーションも、仕事には大事なんだと、つくづく思った一日でした。


2005/04/30 PM 01:07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]



(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.