Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [すくすくBLOG]








『苦笑いで終わった私のお盆』へのコメント
FROM:Meguri [HOME] 2008/08/18 14:24:59
ちょっと話がズレますが、昔ウチの夫が小さな本屋でウロウロしていたら、店主から「“月刊 柔道”をお探しですか?」と声を掛けられたそうです(笑)
違います、探してなんかいません。いかにも柔道家の様に見えたのでしょうけど、当時は雑誌の編集長です。
店主の購買者に対する思い込みも困ったものです。

FROM:茶尾 [HOME] 2008/08/19 0:25:23
う〜ん、差し出がましいようなのですが、チラシは結果が出てこそいいチラシ。美しいチラシでも結果がでなければ自己満足に終わってしまいます。
数多の新聞折込みの中で目を引いてもらうために意図的に奇をてらうことはよくあります。

またチラシのレスポンス率も片面チラシと両面チラシとでは違ってきます。

なんでこのチラシでこんなに効果が出るんだ!
また逆に反応がないんだ?なんてことがよくあるので何年やっても難しいです。

キジマさんデザインのレスポンス率に興味心身です。

FROM:ネクピー [HOME] 2008/08/19 12:13:38
matsuさんの「できるだけいいものを作りたい」という気持ちは私も同感ですし、その気持ちがないとプロとして失格だと思います。

しかし、デザインには「答えが無い」というのも本当の所だと思います。

とても難しいですが、同時にデザインの楽しさでもあるとも私は思います。

茶尾さんと同様私もキジマさんデザインのレスポンス率に興味心身です!


FROM:茶尾 [HOME] 2008/08/20 0:26:00
×興味心身
○興味津々

FROM:sawaタン  2008/08/20 6:47:23
四年前までマーケティングの会社で働いていました。そこで、チラシの動向や消費者の傾向などを調べていたことがあります。
チラシで一番嫌われるのは、まず下品なこと。そして、自己主張が激しいもの。色がケバイもの。文字が多すぎるものなどでした。
消費者は、下等なチラシを見ると感覚的に自分が馬鹿にされたと感じるようです。
そのキジマさんが考えたチラシがどうなのかはわかりませんけど、matsuさんの文面を読む限りでは、「自己主張が強く自己満足」傾向が強く感じられます。
つまり、健康器具のチラシとしては、もっともふさわしくないものという結論になります。

でも、今回matsuさんが言いたかったのは、自分の主張ばかりして、他人の忠告を聞かない人がいるということですよね。
そんなクライアントに付き合わされるのはウンザリだ、というように理解しましたが、どうでしょうか。

FROM:matsu  2008/08/20 8:06:11
Meguri さん

思いこみは、誰にでもあります。
先日、初めて行った定食屋に入ったところ、「日替わりね」と言われました。
きっと、日替わりしか頼まない顔をしていたんでしょう。
当然、「日替わり」を頼みましたが。

茶尾 さん

チラシは結果がすべて。確かにどんなにバランスの悪いチラシでも、反響があれば勝ちです。
ただ、私としては「うるさいだけのチラシ」は作りたくないです。

ネクピー さん

デザインは、答えのない仕事。
確かにそうです。
だからこそ悩み、苦しむのですが、反響が良かったときは、たいへん嬉しいものです。
面白い仕事だと思います。

sawaタン さん

私も独立当初、マーケティング理論を勉強しました。消費者の傾向は多種多様で、奥が深いと思いました。
ただ、理論だけでは掴むことができない消費者の傾向というものもあるようです。
それを「時流」と表現している人もいます。
時流を読むこと、それが、いい商品を作る条件だというのです。
しかし、今回のチラシは、ただ賑やかなだけのもの。時流とは、まったく関係ありません。
そして、今回私が言いたかったのは、sawaタンさんがご指摘したように、「ひとの忠告をまったく聞かない人間には困ったもんだ」ということです。
そんな人と付き合うと、無用なエネルギーを使います。
「もう勘弁してくれよ」
単純に、そう言いたかっただけなんです。



FROM:好恵 [HOME] 2012/10/21 4:44:20
乳娘・美人OL・清楚・綺麗で個性豊かな女性とプレイして報酬あり!d(´∀`*) http://www.gffz.biz


この記事へコメントを書く

名前
Mail
URL
内容


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.