Macでお仕事?
Mac歴22年。独立して15年。日に日に減っていく仕事……。そんな売れないデザイナーのひとりごとです。
[TOP] [すくすくBLOG]








『モンスターになれなかったオヤジ』へのコメント
FROM:つぶやきママ [HOME] 2008/04/28 8:48:35
すっごく解ります!! 高2の息子はギター部の一応部長してますが、時々7時40分くらいに帰ることがあって… 「いつまでクラブしてるんやろ」
そんな時は食事がいつも8時…。(晩御飯は一緒に〜というのが我が家の基本ルールなので…)散々待ちくたびれた後、父親のため息混じりで食事が始まります。
「 もう少し早めにクラブを終えて帰るようにしてよ、せめて7時過ぎに帰ってこれないの? 」   
高校でもこんな感じだから中学生なら尚のこと、子を待つ親としては当然だと思います。 それにしても、叱り方を知らないモンスターティーチャーは問題ですね、頭ごなしでシツコイのはイカンですねえ!

FROM:murano  2008/04/29 18:53:15
教室は、密室だというのは本当ですね。
一人の人間が、たくさんの生徒たちの評価を下すのですから、そこに主観が入らないことはありえません。

もともと教師には、特別な資質が求められているわけではありません。
プロとは言っても、塾の講師ほどのテクニックを求められてもいません。
未熟です。
その未熟な人間が、数十人の上に君臨するのですから、それこそ、モンスターです。

親だけがモンスターという昨今のマスコミの風潮には、私は憤りを感じています。

FROM:matsu  2008/04/30 7:04:51
つぶやきママ さん

部活は、なぜあんなにも無駄に長いのでしょうか。高校3年の息子は、卓球部に入っていますが、時に9時を過ぎることがあります。
大会が近いというならわかりますが、大会がなくても意味もなく遅くなるときがあります。

「寄り道したのか」と聞くと、「顧問の説教が長かったから」と言うのですから、「なんじゃ!」と思います。

一度、教師をネチネチと叱ってみたいものです。
そうすれば、彼らも目を覚ますのではないでしょうか。
無理かな?

murano さん

モンスターペアレントは、教師側とマスコミの共同キャンペーンだと私は思っています。
確かに非常識な親は多いでしょうが、それ以上に非常識な教師も多いのではないでしょうか。

ただ、あと半年くらいすると、マスコミも飽きて、また教師を攻撃しだすかも知れません。

そのときは、彼らは教師のことをモンスターティーチャーと呼ぶのでしょうか。


この記事へコメントを書く

名前
Mail
URL
内容


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.