今年の9月に発売されたハリポタシリーズの第5弾です。
これまではダンナが会社へ持っていって昼休みに読んでいたので私は今月になってから読み始めたのですが・・。
(ちなみにネタバレはしませんが、内容を知らないと分からないかと)

どうしたんですか、今回のハリーは!
上巻が始まった頃から現在読んでいるところ(下巻の半ば)まで、とにかくやさぐれてます。すべてを悪い方にばかり捉えてて、いっつもイライラして、人に当たって、浮いたと思ったらまた落ちて・・反抗期?っていうくらい、大変です。扱いにくい子になっています。
そんなハリーに辛抱強く対応しているロンとハーマイオニー・・偉いなぁ、君たち(笑)
しかし周りの人々にしても、ダンブルドアは冷たいわ、シリウスはハリーに首っ丈(←表現が違います)だわ、スネイプ先生が動揺してるわ、モリーさん(ロンの母)もまた情緒不安定だわ・・。

でも、相変わらず内容はなかなかおもしろいです。
もうスルスル読めちゃう。
すごいな〜・・。だんだんと読書が億劫になってくるのに、ハリポタだけはあれだけの厚さ(まぁ字は大きめで読みやすいけど)にも関わらず、一冊読むのにそんな時間かからないし、どんどん先を読みたくなります。

ファンタジーというのは、その世界観がしっかり描かれていないとついていけなくなり、やがて放置されてしまいがちだと思うのですが。
自分とは異世界の話なんだから、その世界に入り込むのはけっこう難しいと思うのですよ。いや、少なくとも私は。
だって、想像ができないんだもん。きちんと描かれていないと。
だから、ハリポタの世界というのは非常に読み易く(よほど構想の段階でしっかりした世界を作っているのでしょう)、想像もし易いので読むのが楽しいのではないかと。

ハリポタの世界で難しいのは魔法生物や吸魂鬼なんかの姿を文字だけから想像するのと、登場人物の多さですかね(笑)
登場人物は、もうあまりに多すぎて本当に分からなくなります。本のカバーの袖口や本に挟まっている「ふくろう通信」に載っていたりもするのですが、それだけでは追いつけないという・・。
ハリポタに出てくる生物にしても、映画とかで見てようやく形がはっきりするというくらい、難しいものは難しい。アズカバンの囚人が映画公開されたとき、それまで漠然としかしなかった吸魂鬼の姿が明確に描かれ、またそれが違和感なく「あぁ、なるほど!」と納得できる姿だったのでびっくりしました。
作者のJ.K.ローリングも映画製作の時に加わったのかな?それで、「こんな感じなんです」って絵に描いたりしたのかな?

う〜む、それにしても表現力というのは小説にしろ映画にしろ、すごいものですね。
下巻の後半も楽しみです♪
(しかしダンナが「『炎のゴブレット』の方がおもしろかったかも」等と人の気持ちを萎えさせるようなことを言いおって、なんか悔しい気分でございます)

今夜はタラを食べるのですが・・調理しづらいなぁ、タラちゃん。タラちり鍋しか浮かばんよ(笑)んでも、きのことかと一緒にホイル焼きにしようかと計画中。