洗濯物を洗い終えるまで暇なのでブログ(笑)

新潟中越地方の地震で、被災者への送金を装った詐欺が出てきているそうです。(10月26日付 読売新聞)
本当に、こういう奴等こそ被災地でその苦労を実感しやがれ!!って感じなのですが、オレオレ詐欺というのでふと思い出しました。

あれは、去年のこと。結婚して仕事も有給消化に入っていた6月頃。まだまだ荷物の整理がついておらず、1〜2週間ダンナの引越しの手伝いをした後、実家へ帰ったときのこと。
夜分(恐らく夜10〜11時くらいだったかと)に突然電話が鳴り。普段は家の電話には出ない(私に用がある人は専ら携帯にかかってくる為)のですが、生憎親機のある一階には誰もおらず親は寝ているのか二階で子機に出る様子もないので、仕方なく鳴り続く電話に出たのです。

私「はい、もしもし。(←防犯対策の一環として、私は相手が分からない場合自分からは名乗らないことにしてます)」
?『あー・・・もしもし?・・・オレだけど。』
私「(オレ?誰じゃい!?)・・・はい?」
?『オレ・・(相手も少し様子がおかしいと思ったらしい)あれ?』
私「・・・・?」
?『○○だけど・・・誰?(←訝しげ)』
私「あぁ、何だ。お兄ちゃんか。私、しまりすだよ(笑)」
兄『あー、なんだお前か。』

飲みに行った帰りで、駅まで誰かに迎えにきてもらおうと兄が電話をかけてきたのでした。

ほんの数週間前まで同じ屋根の下で暮らしていたというのに。
確かに、お互い仕事が忙しかったからあまり長く顔を合わせることはなかったけど・・。
まさか、お互いの声が分からないほどとは(^^;
20代の我々がこうなんだから(それとも、ウチの家族がダメ人間なのか)、お年寄りがしばらく会ってない子どもや孫の声なんてはっきり覚えてるもんじゃないのかもしれませんね。
まして、相手が泣きながら電話してくるとかだと「声」なんてものでもないし。

お年寄りに限らず、
「家族の声ぐらい、私なら判るわよ〜」
と思っていらっしゃるそこのアナタ!!(▼▼;)σ
油断大敵。己の記憶を過信するなかれ(笑)
家族まで疑うのはアレですが、用心するに越したことはないなぁ・・と思った一件だったのでした。

さ、洗濯物も干し終えたし。
ゲームでもするかな♪(←働け)

今夜はかぼちゃのポタージュスープと鮭のムニエル(ただし、タルタルソースは出来合いのものを使う)だわさ!