翌朝。

少しは調子が良くなってきたらしいがまだ本調子ではないダンナを引き連れ、とりあえずチェックアウト。荷物だけしばらくホテルで預かってもらい、私が行きたがっていたお菓子屋さんへ。
外側が丸いウェハースのようになっていて、中に小さなゼリーがいくつか入っている「かみふうせん」というお菓子が、雑誌を見たときから買いたかったのです♪ただ、そのお菓子屋まで少し遠い・・。

途中、呉服屋さんがありそこに売っている加賀友禅の小物に惹かれる。さんざん悩んだ挙句、母・祖母・義母にきんちゃく袋を購入。一枚2000円くらいするのでわりと高い(^^;
そこを後にして、住宅街の中っぽい所にある目的のお菓子屋さんに到着。ダンナの会社用と自分たち用に16個入りを2箱購入。(4種類の味があるのだが、一番少ない9個入りだと最後の1種類が入っていないので)
そして、そのまま「ここ行かずして、金沢を語るな」(?)の兼六園へ。

紅葉にはまだまだのようですが緑がとても鮮やかで、晴れてて良かったなぁって感じでした。しかし、修学旅行の中学生と遠足(?こっちも修学旅行か?)の小学生と、次から次へ来るおじちゃんおばちゃんの団体客に辟易したりして・・。
やっぱり見所で「どう写真撮ろうかな〜」とダンナがやっていたりすると、すぐ傍でガイドさんが皆さん集めて解説始めたりするので(笑)
「オレは絶対、団体観光はしない!!」
と言うほど、ダンナは団体行動が苦手なのですが、そんなこと言ってたらどこに旅行行ったって団体客だらけなのにねぇ。

園内の休憩所でそばをすすりつつ、見て回るのにけっこうな時間を要しました。しかもカメラ関係の仕事をしているダンナは写真大好きなので、なんか細々とこだわりをつけながら撮るのでなかなか進まない・・。(彼の仕事はカメラと言っても一般のデジカメとか小型のものではなく、報道用のでかいカメラとかのはずなんだが。)
それにしても広い庭園でした。
もうちょっと別の季節に来たら花とか咲いてていいのかな〜。
帰りがけ、金沢城公園の中を通ってホテルへ戻ることに。見るべくはいろいろあれど、日も暮れてきたし次のホテルへの移動もあるので、外から城壁や二の丸等を見るだけにとどめる。

して、次のホテルは駅前です。
そこは朝夕食付きなので、食べ物屋探しをする必要はないが、結局せっかく北陸へ来たのに寿司を食べられず(本当は前の晩行く予定だった)、ダンナは無念の思いだったろう。(←大の寿司好きだから)
なんかフレンチのコース料理みたいですが、私はけっこうお腹一杯になってしまい最後のピラフが食べられなかった。
されど、デザートのチョコレートケーキが入るのは何故か。

明日は高山まで長距離移動を控えているので、体調を整える意味でも早く寝よう・・と思っていたけど、『大奥』が始まっていたので思わず見てしまった(笑)前回もずっと見てたんだもーん。

そんなこんなで続きはまた来週♪(多分)

※写真は兼六園の時雨亭。何か食べたり飲んだりすれば中に入れたのだろうけど、ここでは外から。