翌朝。
親しい方ならご存知の通り、私は朝が非常に弱い。
特に吐き気がするので物が食べられないので、昔から母親がサプリメント系の仕事をしているためそんなもので済ませることが多かったのだが、それすら食べられないほどひどいこともある。
ええ・・そんな朝でしたとも。

すでに予定していた出発時間は遅れ気味。母に「これだけは飲め!」と無理やり飲まされたものの、母の荒い運転(急いでくれたのかもしれんが)がまた拍車をかけたらしく、駅に着いた途端ダンナに
「ごめん・・・・・トイレ・・・・・。」
と言ったまま、トイレに駆け込みしばし吐く(;_;)
平日、朝の新宿方面急行と言ったら通勤ラッシュ!
なので、座れるはずもなく。ぐったりしながらひたすら「まだか・・まだか・・」と念じる。
新宿に着いてからの東京方面は座れましたけども。
上越新幹線に乗ってからも体調が戻らず、先日買ったMP3プレーヤーのたまごっちを聞きながらひたすら寝る。
なぜか周りは年寄りばかりで、となりのおばちゃん3人組がうるさかろうとも、とにかく寝る。

越後湯沢に着いた時には少し良くなっていたので駅弁を食べながら、また金沢まで寝る。
で、ようやく着いた金沢なんですが生憎の雨。
ホテルまで歩いていけない距離ではないけど、何しろ4泊5日2人分の荷物を一つにまとめて持っているダンナがその状態で傘をさすのは大変じゃ・・ということでバスで行くことに。
なんか、金沢のバスって近距離だと高いのね。200円もする。
都内のバスは料金均一でどこまで行っても210円だから、それは納得するとして。
普通、距離制で運賃が変わるバスって始めは100円くらいからだよねぇ?駅前の活性化を狙ってるのかもしれないけど、駅から近距離というのはお手頃な運賃のはずなんだが・・。
まぁ、金沢の駅前もビジネス街っぽいからあんまり「ショッピング〜」という感覚でもないのかなぁ?よく分からない。でも高い。

で、バスを降りてからの道はダンナが自信を持っているようなので任せておくと・・・着かない。
次の停留所が見えてきてようやくおかしいことに気づく(笑)
雨宿りしつつ地図を確認したら、どうやら少し分かりづらい所にあった模様。ようやくたどり着く。
なぜかスタッフが皆女性で、どぎまぎしてしまう。
意外ときれいなホテルで(まぁHP見てたからそのへんは分かってたんだけど)、部屋も安いわりにはいいお部屋でした。

さて、一休みしたら今日の夕飯と明日の朝食探し!
素泊まりプランだったもので。
まぁガイドブックを見て目星を付けていたのでそんなに困ることはなかったんですがね。
まずはおにぎり屋さんへ。
小さな飲み屋みたいな外観だけど、ご主人もバイトらしき女の子もとても親切でいい雰囲気のお店でした♪イート・インも可能らしい。
オススメとか、サイズとかいろいろ説明してくれた。
「いつ頃食べるの?」と聞かれたので「明日の朝のつもりですが・・」と答えたら、ちょっと困った顔をされてしまった。
「本当は早めに食べた方がいいんだけど・・」
というご主人の言葉が身にしみて分かるのは明日になってからだ。

夕飯は、何故かダンナが行きたがったおでん屋。
ここは完全に飲み屋ですね。
でも、金沢の地酒をちょこちょこと飲みながらおでんや、てんぷら(これがけっこうおいしい)をつまむのもなかなか良かったですわ。
加賀野菜のれんこんのてんぷらが特に我々の中で好評でした。

あとは、ぐったり疲れていたのでホテルに帰ってテレビをうらうら見ながらそのうち眠ってしまったのでした。

明日へ続く。

※ちなみに、写真はホテルの目の前にあった尾上神社。分かりにくいのですが、上のほうがステンドグラスになっており夜間ライトアップされる模様。